2017/01/22

第17回 中部いけばな展・第3部

いけばな展の第3部は、日曜日とあって大変な賑わいでした。

今日も各流派の中から個人的に選んでピックアップ。

17012201 [草月流]

カラー(ゴールドクラウン)、スモークグラス、テマリソウ、ミスカンサスの葉

17012202 [国風華道会]

石化柳、キングプロテア、エリンジウム、ドラセナ

17012203 [国風華道会]

雲竜桑、エビデンドラム、スイートピー

17012204 [池坊]

ボケ一種

17012205 [小原流]

ボケ、松、アンスリューム

会場の外に飾られている作品も可愛くて素敵でした。

17012206

17012207 [古流松寿会]

セローム、コチョウラン、カスミソウ、スチールグラス

17012208 [池坊]

コデマリ、ハボタン、バラ、ブルースター、ソリダコ、カラタチ

| | コメント (0)

2017/01/21

第17回 中部いけばな展・第2部

20日から第2部の作品に入れ替わり、初日よりも会場が賑わっていました。

17012001 [国風華道会]

雲竜梅、シンピジューム

17012002 [国風華道会]

土佐水木、青木、シンピジューム


17012003 [花芸安達流]

満月ロウバイ、ビワ、ポンポン菊


17012004 [池坊]

椿、ボケ、コプロスマコーヒー、シダレ柳、松(枯木)


17012005 [花芸安達流]・・・右端

ボケ、ラナンキュラス、スイートピー、ヒペリカム、ドラセナ

友人が出展した作品は、自然の景色を表現した写景盛花。
3人の合作だそうです。

17012006 [小原流]

苔梅、椿、水仙、紅ツゲ、フキノトウ、裏白シダ、日陰


17012007

第3部は明日の22日から。

| | コメント (0)

第17回 中部いけばな展・第1部

18日から静岡松坂屋で始まった中部いけばな展へ。

17011801 17011802

たくさんの作品の中からお気に入りを。

17011803 [草月流]

カサブランカ、シベリア、バラ、ミモザ、姫リンゴ


17011804 [国風華道会]

ボケ、カラー、ドラセナ


17011805 [池坊]

異国の竹、デンファーレ、シュスラン

17011806 [国風華道会]

アオモジ、シンピジューム、ドリーミー

会場の外には小さな作品も。

17011807

静岡新聞の女性記者が県華道連盟中部会副会長さんに取材していたので

19日の朝刊をチェックすると…

「1~3月に咲く花木を使った作品を見て、早春の雰囲気を楽しんでほしい」と話した。

とのことです。

| | コメント (0)

2016/03/21

いけばな国風展

20日、松坂屋静岡店で開催中のいけばな国風展の第二部へ。

1603201

作品がすべて入れ替わりました。

1603202 

(キウイのつる、モンステラ、カサブランカ、トルコキキョウ、カスミソウ)

1603203

(コデマリ、ダリア、千鳥草、キウイのつる)

1603204

(三又、菊、ゴット)

モノクロ写真を背景にした作品も入れ替わりました。

1603205

| | コメント (0)

2015/10/06

第64回 静岡県華道展・第3部

10月5日、華道展の最終日も大変なにぎわいでした。

15100501

*コンテスト席

今回のテーマは「私の好きな花」。

15100502

迷った結果、こちらに投票させていただきました。

15100503

クレマチス、キイチゴ、ブラックコニカル、ワレモコウ

第3部の2人席、いよいよ友人の作品が登場。

15100504 [小原流]

柿、ナナカマド、ケイトウ

15100505 [石州流]

リンドウ、ワレモコウ、クジャク草、サンキライ、ミシマサイコ、菊

15100506 [池坊]

沖縄シャガ、ライデン、トルコキキョウ

*しずおか花セレクション

15100507

はまなこガーベラを使って

15100508 [池坊生麗派]

ガーベラ(オレンジケーキ)、サンキライ、カスミソウ、カスピア、レザーフワン

15100509 [龍生派]

バラ(ボルドー)、バラ(マフィーユ)、バラ(スプレーウィット)、カラタチ、シダ

*いけばな体験教室(500円)

[古流松樹会]

15100510

2回のいけばな体験のお花を使って投げ入れアレンジ。

15100511

| | コメント (0)

2015/10/03

第64回 静岡県華道展・第2部

10月2日、作品がすべて入れ替わりました。

*コンテスト席も

15100201

お気に入りの作品に投票。

15100202

アンスリューム、ヤツデ、万両の実、リキュウソウ

第2部も各流派の中からピックアップ。

15100203 [国風華道会]

ドウダンツツジ、リンドウ、ミシマサイコ

15100204 [池坊]

ラン、風船トウワタ、ヤツデ、アケビのツル、ブルースター、
カラー、日日草、グロリオサ、ケムリ草

*しずおか花コレクション

2種類の浜松PCガーベラを使って

15100205 [松風華道会]

カニクサ、ガーベラ(プチアカネ)、ガーベラ(プチクラウディ)

| | コメント (0)

第64回 静岡県華道展・第1部

9月30日から静岡松坂屋で始まった県の華道展へ。

各流派の作品の中からピックアップ。

15093001 [京古流]

サンゴミズキ、菊、ケイトウ、オミナエシ、キキョウラン

*しずおか花コレクション

アプリコットピンク、オレンジ、イエロー、3種類のバラを使って。

15093002 [国風華道会]

サラシホウキ、バラ(マフィーユ)、バラ(ミルバ)、バラ(ゴールドラッシュ)、クッカバラ

*コンテスト席

12作品の中から

15093003

こちらを投票。

15093004

トクサ、シュウカイドウ、イタリアングラス、イソキラスリネアリス、
ダンギク、プテリス、エノコロ草

*いけばな体験教室(500円)

[池坊正流]

細かくアドバイスを受けながら完成。

15093005

持ち帰った花で自己流にアレンジ。

15093006

| | コメント (0)

2015/01/26

第16回 中部いけばな展・第3部

日曜日から始まった第3部は、多くの来場者が詰め掛けていました。

15012501

17流派の中からお気に入りの作品をピックアップ。

15012502 [石州流]

サクラ、シンピジュウム、クジャク草、ヒペリカム、スイートピー。

15012503 [池坊]

椿、梅、水仙、アブライト、ストレチア、ヒマヤラユキノシタ、カシワッパゴムノキ。

15012504 [勅使河原和風会]

ユーカリ、ダリア、コブシ、ストック、スイートピー、キク、モルセラ。

そして大きな白いダリアと黄色いヤシの花が印象的だった友人の作品♪

15012505 15012506 [小原流]

ポトス、やしの花、ダリア、ロマネスク、ドラセナコンパクター。

15012507 [勅使河原和風会]

はんの木、ガマズミ、シンピジュウム、アジサイ(2種)、トルコキキョウ。

会場の外に飾られた10作品もチェック。

15012508

15012509 [龍生派]

松、菊、ネコヤナギ、千両。

21日から始まった中部いけばな展は26日の午後5時で終了。
今回も素晴らしい作品の数々を拝見させていただきました。

| | コメント (0)

2015/01/23

第16回 中部いけばな展・第2部

いけばな展の作品がすべて入れ替わりました。

15012301

今回もお気に入りの作品を何点か選んで撮影してみました。

15012302 [小原流]

苔梅、ダリア、糸芭蕉。

15012303 [国風華道会]

雪柳、チューリップ、スイートピー。

15012304 [国風華道会]

雲竜柳、モンステラ、シンピジウム、エリンジウム。

15012305 [池坊]

シラビソ、ツバキ、アブライト、グリーントリフ、多肉植物、白樺、カルーナプルガリス。

15012306 [国風華道会]

青もじ、アンスリューム、ドラセナ。

会場の外にある10作品も入れ替わりました。

15012307

中でも、こちらは自宅にも飾れそうな可愛らしい作品。

15012308 [日本古流]

ガーベラ、カーネーション、スイートピー、カスミ草、松。

| | コメント (0)

2015/01/22

第16回 中部いけばな展・第1部

21日から静岡松坂屋で中部いけばな展が始まりました。
友人から招待券をいただいたので早速行ってきました。

今回のテーマは「駿府の春」。

15012101

水仙だけをシンプルに。でもこういう作品が意外と難しそうですね。

15012102

会場内には17流派の個性的な作品が。

15012103 [国風華道会]

木蓮、オバケアンスリウム。

15012104 [龍生派]

黄金ミズキ、ハラン、バラ、さらしシダ。
ハランの使い方が面白かったので。

15012105 [池坊]

水仙、カスミソウ、ホワイトスター、万両。
白いカスミソウに万両の赤い実をさりげなく。

15012106 [国風華道会]

レッドウイロー、カラー(ウエディングマーチ)、ブルースター。

15012107 [龍生派]

小ミズキ、青モジ、デルフィニュウム、アルストロメリア

23日から第2部、25日から第3部と作品が入れ替わります。

| | コメント (0)