« セノバでランチ | トップページ | 第14節 C大阪戦 2-2 »

2013/06/30

書家 金澤翔子展

昨日はミライエ呉服町で開催中の金澤翔子展へ。

午前中に整理券をゲットし、14時から翔子さんの力強い揮毫(きごう)を見学。

13062901

翔子さんが登場し、片手を下げて会釈するレディーのご挨拶。

大きな紙を前にして、最初に両手を合わせ目を閉じて精神統一。

この後はカメラ撮影OKでした。

13062902 13062903

「慈」「愛」という2文字の作品が完成。

13062904

母、泰子さんのトークショーでは翔子さんの誕生から28歳となった現在までのお話。

辛い時期を何度も乗り越えながらも、書家としての道を切り開くことができ、

お母様の幸せそうな笑顔が印象的でした。

ピュアでチャーミングな翔子さんの現在の夢は、ひとり暮らしをすること。

それもディズニーランドの近くの家で、という条件付き。

この後、翔子さんが得意なマルモリダンスを披露。

続いて、今一番大好きだというマイケルジャクソンのダンスも。

13062905

お客さんを喜ばせるためには力惜しまず。

イベント終了後、気軽に写真撮影にも応じていらっしゃいました。

13062906

展示作品には、何十万、何百万という価格が!!

|

« セノバでランチ | トップページ | 第14節 C大阪戦 2-2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セノバでランチ | トップページ | 第14節 C大阪戦 2-2 »