« 藤田俊哉送別試合・その2 | トップページ | 東京観光・その2 »

2013/06/05

東京観光・その1

久しぶりの一泊旅行は、JR東海ツアーズの新幹線+宿泊代のパック旅行を利用。
ホテルは地下鉄半蔵門駅から徒歩2分のグランドアーク半蔵門。
WEB限定プランで17,000円。

5月23日(木)14時過ぎにチェックイン。
希望していた皇居側の部屋が取れて嬉しかったです。
客室からの眺めが良いという口コミは本当でした。

13052308 13052309

正面には国会議事堂と東京タワーも。

13052310

この後、地下鉄を乗り継いで旧古河庭園経由で国立競技場へ。
今回初めて利用したTOICAでしたが、最初の東京駅で戸惑ったものの、
だいぶ慣れてきました。便利ですね。

楽しみにしていたホテルの部屋からの夜景はこんな感じ。
戻った時間が遅かったため、ビルの明かりが少し消え始めていたかも。

13052311

翌朝7時、ホテル1階のパティオで朝食。
サラダ、オレンジジュース、イングリッシュマフィン、レーズントースト、コーヒー(740円)。

この日もお天気に恵まれ、眺めも最高♪

13052401 13052402

チェックアウトする前に皇居の周りを散歩することに。

13052403

午前8時、ホテル前をスタート。
国立劇場の前を通り過ぎ、三宅坂を下っていくと桜田濠へ。
ジョギングする人達に追い越されながら、ゆっくりウオーキング。

13052404

時々振り返りながら国会議事堂の屋根を確認。
桜田門は工事中のためシートでおおわれていました。
右手には警視庁、赤レンガの法務省。左折して内堀通りへ。

歩き始めて30分、お馴染みの美しい風景が見えてきました。
手前の2連アーチ橋が「正門石橋」。
奥に見えるのが伏見櫓。

13052405

「正門石橋」は水面に映る様子から「眼鏡橋」の愛称もあるそうです。

13052406_2

奥に見える橋が「正門鉄橋」で、こちらが通称「二重橋」。
木造の橋だった頃、橋桁が上下2段に架けられていたため。

13052407

坂下門は宮内庁への出入り口でもあり、職員らが出勤する姿も見られました。

13052408

桔梗門(内桜田門)と桜田二重櫓。
皇居の一般参観者の出入り口。

13052409

旧江戸城の正門、大手門。

13052410 13052411

東京消防庁、気象庁を右手に見ながらカーブを曲り、
大手濠の奥に見えるのが平川門。

13052412

平川門前の木造の橋、平川橋。

13052413

歩き始めて1時間、国立近代美術館付近で携帯のアラームが鳴り出しました。
北桔梗門を通り過ぎ、さらに乾門辺りからは下り坂になるはず。
でも半蔵門まであとどれくらい???
不安になったので、地下鉄の竹橋駅までUターンしてホテルへ戻ることに。

無事にホテルに戻り、シャワーを浴びて身支度しチェックアウト。
半蔵門駅から東京駅へ移動。
次の予定があったので、かなり焦りました。

|

« 藤田俊哉送別試合・その2 | トップページ | 東京観光・その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤田俊哉送別試合・その2 | トップページ | 東京観光・その2 »