« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013/05/30

アンスリウム

今月のkazaru倶楽部のレッスンは紫色のアンスリウムを使ったアレンジ。

同系色でまとめたkazaruらしいセンスが大好きです。

今回はモンステラの角度を先生に手直ししていただきました。

130529

・三又(シルバー)
・モンステラ
・アンスリウム(ブレビア)
・トルコキキョウ
・モカラ カラプソ
・セダム
・カーネーション

(花材費 3,200円)

| | コメント (0)

2013/05/28

旧古河庭園 5.23

先週の木曜日は、国立競技場へ行く前に東京プチ観光。

ホテルに荷物を置き、地下鉄で西ヶ原駅まで行き、徒歩7分。

「春のバラフェスティバル」開催中の旧古河庭園へ。

まずは、アプリコット色の琴音。

13052301

今年は開花が早かったということで、バラの最盛期は過ぎていたのですが、

それでも多くの観光客が訪れていました。

13052302

ガイドブックを真似て、洋館を背景に赤いバラ♪、コンラッド ヘンケル。

13052303  

ピンク色のクイーンエリザベス。

13052304

色の変化も楽しめるリオサンバ。

13052305

黄色いバラ、ゴールデン メダイヨン。

13052306

バラを眺めながら喫茶室で、のんびりお茶を楽しんでいる方々も。

13052307

斜面につくられた西洋庭園を下りていくと、広い日本庭園があり、

所々に配置された大きな石灯篭がとても印象的でした。

(入園料150円)

| | コメント (0)

2013/05/21

第12節 川崎F戦 2-4

前半の立ち上がり6分間で2失点はきつかったです。
前田の久しぶりのゴールで勢いがついたものの、やっぱり決めるべき時に決めないと。
攻守ともに、まだまだ問題あり。

12試合終わった時点で勝ち点6の17位。
次節は勝ち点で並ばれた最下位の大分と対戦。
非常に厳しい状況の中、関塚さんがジュビロ磐田の新監督に就任。
大変有難いことです。

でも指揮を執るのは大分戦終了後から。
契約期間は8カ月。
中断前のアウェー決戦、プロ魂を見せて絶対に勝って欲しい!!

■5月18日(土) 入場者数10,429人(ヤマハ)

開門後、席を確保してからジュビロプラッサへ直行。
12時から2回目の販売となる「浜松家康弁当」を求めて♪
麦飯焼きおにぎり味噌と醤油、じゃがいも蒸し焼き、さつま芋甘露煮、
茹でたまご醤油煮、しその葉、あさり佃煮、干しブドウ、梅干、おはぎ(650円)。

13051801

そして選手へのメッセージを書いて静産大の学生手作りの勝守をゲット。
中には駒野選手着用のジャージの一部が入っているそうです。

控えメンバーは八田、菅沼(駿)、山本(脩)、ペク、チョン、山崎、金園。

13051802

「浜松デー」ということで、出世大名家康くんが登場。
サポの応援に合わせて拳を突き上げていました。

13051803

選手入場。

13051804

今日こそは!!と思っていたはず。

13051805

     金園 松浦
 山田        山本(康)
   小林(裕)  田中
宮崎 藤田  チョ 駒野
       川口

鼻骨骨折のチョはフェースガードを着用。

13051806

前半4分、中盤でパスをつながれ、大島の右クロスを小林のヘッドで失点。
さらに6分、縦パスを受けた小林からレナトのシュートで2失点目。

いきなり2点のビハインドで、チョがフェイスガードを外す。
7分山田のミドルシュートはGK正面。
9分パスミスからボールを奪われ、大久保のミドルは枠の上で助かる。

12分駒野が仕掛けてシュートもGK正面。
21分大久保に抜け出されるも藤田がクリア→小林が胸で落とすも田中が拾えず。
そこからボールをカットされ中村からのパスをクリアしCKに逃れる。
22分相手CKからカウンター。山田→小林(裕)が左サイドからシュートも枠の上。
24分レナトのFKから田中がフリーでヘッドも外れて助かる。

28分山本(康)→駒野→小林(裕)のクロスに前田が飛び込むもDFクリア。
29分右CKからファーサイドの山田がダイレクトシュートもGK正面。
32分駒野の右クロスに前田が飛び込むもGKとDFに阻まれる。
43分チョのロングボールに前田が競り勝ちループシュートで1点を返す。
ロスタイム1分FKから山田が抜け出しシュートもGK正面。前半1-2で終了。

13051807

後半5分小林(裕)が左サイドで仕掛けてシュート→こぼれ球を拾った山田がシュート
→GKが弾いたボールが山田の手に当たりハンドの判定。
7分山田から横パスを受けた前田が反転しシュートもGKキャッチ。
8分チョから田中へのパスをカットされ、矢島のシュートは藤田がクリアしCKに。
9分左CKを川口がパンチでセーブ→カウンターのチャンス生かせず。

13051808

10分山本(康)の仕掛けからCKのチャンス。こぼれ球から山田のシュートはDFブロック。
駒野のクロスはDFに阻まれ、小林(裕)のミドルは左に外れる。
駒野が何度もクロスを入れるもDFに阻まれる。
24分松浦→金園に交代。
27分山田が縦パス→前田のヒールパスを受けた山田がシュートもGKブロック。

13051809

29分宮崎→山田のクロスを金園がヘッドもGKにブロックされる。
こぼれ球から山田のシュートもブロックされ、相手カウンターはCKに逃れる。
32分CKのこぼれ球を再び中村がクロス→矢島のヘッドは川口がセーブも
こぼれ球をジェシに押し込まれ3失点目。

33分田中→山崎に交代。

35分駒野のCKからチョのヘッドはGKセーブで再びCKのチャンス。
駒野の右CKからチョがヘッドで決めて2-3の1点差に。

13051810

38分前田がつぶされFKのチャンス→金園が飛び込むもDFの足に当たりGKキャッチ。
川口→金園→山崎がシュートを狙うもDFに阻まれCKに。
44分相手GK→藤田がバックパスの処理を誤り、矢島にカットされ4失点目。
ロスタイム表示は5分。小林(裕)→ペクに交代。
パワープレーで反撃も、2-4で試合終了。

13051811

藤田が号泣し、顔を上げられず。

13051812

サポーターの藤田コールが続く中、バックスタンドを上りスタジアムの外へ。
もう言葉になりません。

| | コメント (0)

2013/05/17

担担麺ランチ

ランチパスポート第3弾は、四川料理・火鍋の躍飛(やくと)へ。

前菜、小ライス、小皿2品、デザート付き。

担担麺のスープはクリーミーなゴマ味で美味しかったです。

でも、付け合せの内容が少し寂しく感じたのですが、

パスポート料金の500円では仕方がないのかな。

130516

| | コメント (0)

2013/05/13

日本平動物園

混雑するGWを避け、平日の9日に日本平動物園へ行ってきました。
案内板の指示する通り、ぐるりと大きく迂回して第一駐車場へ。
土日は駐車場へ行くまでが大渋滞で、かなり時間がかかるようです。

まずはビジターセンターにて、動物の糞(実物)を見てお勉強。
次に向かった先は、ふれあい動物園の施設へ。

オオバタンのヤッコちゃん♪
「おはよう」、「こんにちは」と何度もおしゃべりしてくれました。
口笛を吹いたり、頭をぐるぐると回転させ、サービス満点!

13050901

ヤギの餌やり体験をしている子供達がいて、私も落ちたキャベツを拾って餌やり体験。
期待していたウサギの抱っこはできず、触るだけ。

13050902

モルモットの可愛い子を見つけました。

13050903

レッサーパンダ館へ移動。
双子のアーヤとアーニャが室内をぐるぐる。
白っぽいシッポがアーニャ。

13050904

4月2日にオープンしたオランウータン館へ。
見た目はかなり強烈ですが、癒し系男子のジュン君。
見ていて飽きない子です。

13050905

大人気の猛獣館299へ。
ゴマフアラザシが円筒水槽を上下にスイスイ泳ぐ姿が見どころ。

13050906

ホッキョクグマのロッシーとバニラのじゃれ合う姿は迫力満点!

13050907

油断大敵。
水槽をじっと見つめていると突撃してくるからビックリ。

13050908

クマが泳ぐ♪

13050909

水中トンネルをロッシーが何度もバック転しながら泳ぎます。

13050910

肉球をガラス面に押しつけてターン!

13050911

猛獣館から一旦、屋外へ。
アメリカバイソン、糞も迫力あり。

13050912

アジアゾウが足と鼻で竹を器用に割って食べていました。

13050913

マサイキリンが長い舌で草を食べる姿を間近で見学。

13050914

猛獣館3階にはアムールトラ。

13050915

ジャガーの肉球を真下から見学。

13050916

美しい毛並ですね。

13050917

雄ライオンのキング。

13050918

ラストはペンギン館。
思っていたより数が少なかったです。

13050919

水中を泳ぎ回る姿は必見です。

13050920

見応えのある新しい動物園に生まれ変わったのですが、
レストハウスや売店など昭和チックな部分もまだ残っています。
改善の余地ありですね。

| | コメント (0)

第11節 柏戦 0-1

暫定で長沢コーチが監督に就任し、システムを4-4-2に変更。
前節のアウェーFC東京戦では2点のリードを守り切れず2-2の引き分けに。
選手たちの表情は負けたかのようでした。

そしてホーム柏戦は、課題の攻撃がギクシャクしていてイマイチかみ合わず。
1点を追いかけ最後まで攻め続けても、ゴールの匂いはあまり感じられず。
何とか早くトンネルを抜けたいのに、残念な結果に終わってしまいました。

■5月11日(土) 入場者数9,444人(ヤマハ)

雨予報のため主人用にメインSチケットを購入したものの、当日にドタキャン。
勿体ないので私がその席に座り、おかげで雨に濡れずに助かりました。
でもアウェー側なので柏サポに囲まれ、精神的にも厳しい観戦でした。

藤田さんが「磐田市民賞特別賞」を受賞し、
渡辺市長から表彰状と記念トロフィーを贈呈されました。

13051101

「磐田市小学生一斉観戦授業」として磐田市内の小学5、6年生、
約3,200名が応援に駆け付けてくれました。

13051102

選手入場。

13051103

     金園 前田
 山田        山本(康)
   小林(裕)  田中
藤田 伊野波 チョ 駒野
       川口  

13051104

前半9分スルーパスから相手シュートは川口が片手1本でセーブ。
10分こぼれ球を拾った金園が左サイドからグラウンダーのクロス→
右サイドで前田がキープしクロスもシュート打てず。
11分山本(康)のシュートがブロックされ、こぼれ球を駒野がクロス→
前田の前でDFブロック→金園がこぼれ球を拾うもシュート打てず。

13051105

15分山本(康)のスルーパスに金園が抜け出すもオフサイド。
スルーパスでなく自らシュートの方が良かったような。
相変わらず前田へのマークが厳しい。
互いに中盤で激しくつぶし合いシュートまで行かず。

13051106

27分田中のバックパスからピンチも伊野波がカバー。
37分田中→山田がドリブルで持ち込みミドルシュート→GKが弾き前にこぼれるも
前田の反応が一歩遅れ押し込めず。
40分金園が右サイドでこぼれ球を拾いCKのチャンス。
41分駒野の右CKを伊野波が落とし、藤田がシュートも枠の外。

13051107

45分前田のキープから小林(裕)が飛び出しシュートもGKに阻まれる。
前節のFC東京戦の再現ならず。
前半0-0で終了。

隣のカップルが試合中にタブレットでジュビロのHPを見ながら何かを探している模様。
目の前のプレーよりもスタグルメが気になっていたらしいので
「柏戦のホームゲームゲームイベント」のページを教えてあげたのですが、
ハーフタイムに買ってきたのが飲み物だけというのが何とも…。

控えメンバーが鳥かご。
八田、山本(脩)、櫻内、松浦、松岡、山崎、阿部。

13051108

後半メンバー交代なしでスタート。
4分相手の突破を山田がファールで阻止→FKはヘッドでクリア。
7分相手クロスからクレオのシュートはクリアしCKに逃れる。
10分山田の右クロスを前田がニアでヘディングシュートも決まらず。
14分前田の落としを金園がシュートもGK正面。

13051109

相手への寄せが甘くなった瞬間でした。
17分縦パスをクレオが落とし→ジョルジワグネルのミドルで失点。
ゴール前での守備が続く。相手CKはファールの判定で助かる。
25分山本(康)→山崎に交代。
28分前田のキープからFKのチャンスも生かせず。

33分金園→阿部に交代。
35分山田→駒野→前田が振り向きざまにシュートを狙うもGK正面。

40分駒野のクロスから山田がシュートもGK正面。
42分小林(裕)→松浦に交代。
44分右CKから波状攻撃→山田のループシュートは惜しくも枠の上。

相手カウンターからピンチも川口がセーブしCKに逃れる。
ロスタイム表示は3分。
チョを前線に上げてパワープレーも、クロスをことごとく跳ね返され
0-1のまま試合終了。

13051110

激しい雨の中、応援を続けてくれた小学生の皆さんに感謝。
1点も入らず、つまらない試合でゴメンなさい。

13051111

| | コメント (0)

2013/05/04

第8節 湘南戦 4-0

9試合終わって1勝2分け6敗という結果を受け
今日の昼前、ついに森下監督退任のニュースが!

昨季後半の失速原因となった課題がなかなか解消されず。
いくらボールを支配しても崩し切れずにいると、守備陣が耐え切れずに失点。
追いつこうと攻め続けるも、最後まで守り切られて終了。

同点、逆転を信じていないわけじゃないけど、監督の采配や選手の動きを見ていると、
いつもと同じパターンになる予感がしてしまうんですよね。

湘南戦の勝利はやっぱり先制点が大きな要因。
相手が引き込まらずに攻め続けてくれたので助かりました。
念願の初勝利でホッとしたのもつかの間、甲府戦では選手の動きがアウェー仕様に。
途中出場の金園と山崎に気迫を感じたのがせめてもの救いかな。

■4月27日(土) 入場者数9,272人(ヤマハ)

キックオフ1時間前にスタジアム到着。年に1度の「ファミリーJoinデイズ」ということで、
バックスタンドは多くの家族連れでいっぱいでした。
何とかアウェーよりの席を1つ確保し、まずはジュビロプラッサで開催されていた
「ジュビロ シーパラダイス」へ。

滋賀県の「堀井動物園」からやってきたケープペンギンのぎんちゃん。

13042701

小さな可愛いウサギ♪

13042702

置物のようなフクロウ。

13042703

ゴマフアラザシのチーズちゃん。

13042704

未だリーグ戦勝ち星なし。最下位脱出を目指し、気合が入るゴール裏。

13042705

選手入場。

13042706

前節の広島戦でJ通算300試合出場を達成した前田選手にご家族から花束贈呈。

13042707

1トップ、ダブルボランチにシステム変更。

      前田
  山田     松浦
山本(脩)       駒野
 小林(裕)  山本(康)
  藤田 チョ 伊野波
      川口

13042708

前半1分、駒野→山本(康)の右クロスを松浦がスルー→山田のシュートで先制。
今までクロスバーに嫌われていたばかりだったのに、この日は見事にゴールイン。

13042709

2分相手CKからのカウンター、山本(脩)のドリブル突破からCKのチャンス。
6分駒野の左CKから伊野波がヘッドもGKに阻まれ再びCKのチャンス。
8分相手FKから頭で合わせられるもファールの判定で助かる。
9分山本(脩)の左クロスを小林(裕)がフリーでシュートも大きく枠の上。

14分、18分と相手FKのピンチを凌ぎ切る。
25分駒野の右クロスをゴール前でフリーの山本(康)が頭で合わせるも枠の上。
29分川口→前田が競って落とすと、こぼれ球を拾った松浦がDF3人をかわし
華麗なドリブル突破で2点目。

一目散でベンチに駆け寄る松浦でした。

13042710

32分相手右クロスからのヘディングシュートは伊野波が体を張ってブロック。
36分山本(康)のミドルはDFブロック→こぼれ球を拾おうとW山本が衝突!
41分左サイドで仕掛けた松浦が相手に倒されると報復行為でイエローカード。
ロスタイムは2分、前半2-0で終了。

ハーフタイム、控えメンバーが鳥かご。
八田、金沢、櫻内、松岡、山崎、金園、阿部。

13042711

後半1分、山本(康)のキープからFKのチャンス。
そのこぼれ球を拾った山田の右クロスはGKに阻まれる。
3分相手シュートは伊野波がブロックしCKに逃れる。
6分右CKからニアの藤田が競り、ゴール前で混戦となるも決まらず。
7分相手ミドルシュートはワンバウンドの後に川口がキャッチ。

7分松浦→駒野のクロスに前田がニアで合わせるもGKにセーブされる。
10分松浦→前田→山本(康)の右クロスを山本(脩)が蹴り込み3点目。

やっぱりワンタッチプレーが効果的ですね。

13042712

12分自ら交代を要求した伊野波→リーグ戦デビューの櫻内と交代。

13042713

18分バックパスのミスから相手CKのピンチは何とかクリア。
藤田がドリブル突破で攻撃参加→パスミスからカウンター失敗。
22分山本(康)がボールを奪い、山田のスルーパスに前田シュート打てず。
23分藤田がボールを奪われシュートを打たれるも川口がキャッチ。
ミスが目立ち始める。

25分松浦→山崎に交代。
27分相手右CKから頭で合わせられるも川口がキャッチ。
31分前田→金園に交代。
36分チョ→駒野のスルーに飛び出した山本(康)が右クロス→
山崎が華麗なボレーシュートで決めて4点目。

13042714

39分FKのこぼれ球を拾った山崎がシュートも大きく枠の上。
41分山本(脩)の左クロスを山崎がシュートもGK正面。
44分櫻内のトラップミスからボールを奪われ、相手シュートはクロスバーに救われる。
ロスタイム3分、山田のミドルシュートが外れたところで試合終了の笛。

今季リーグ戦初勝利!!
いわしんマンオブは山田キャプテン。

13042715

*山田選手のインタビュー

試合前の円陣を組んだ中で、ロッカーの中にしてもサポーターの方の声が聞こえてきて、
選手はホントに感謝しながら気が引き締まる思いでした。
こういった苦しい状況の中でも足を運んでくれたスタジアムの皆さんに
ホントに感謝したいと思います。ありがとうございます。

13042716

*山崎選手のインタビュー

まだ今シーズン1回勝っただけなんで、しっかりそれを認識して、
次も勝てるように頑張ります。

13042717

初勝利おめでとう!

13042718

リーグ戦8試合目にしてようやく、勝利は続くよ どこまでも~♪

13042719

| | コメント (0)

第7節 広島戦 0-2

勝てないジュビロでございます。
試合後の中山さんの解説に注目です。

■4月20日(土) 入場者数8,377人(ヤマハ)

中山さんがヤマスタにやって来ました♪

「初めてです、あれ(2009年11月28日ホーム最終戦の広島戦)以来です。」

13042001

磐田サポーターの声援に笑顔で応える中山さん。

13042002

広島サポーターにもご挨拶。

13042003

13042004

13042005

名波さんも、田中さんも、新井さんもカメラを向けていましたね。

13042006

静岡放送は名波さん、FMハローは茶野さん、スカパー解説は中山さんと田中さん。
送別試合のPRに藤田さんもヤマスタへ。

13042007

映画のPRに訪れたアイアンマンと一緒に集合写真撮影。

13042008

スタメンは

   前田 金園
 山田    松浦
宮崎    駒野
    小林(裕)
 藤田 チョ 伊野波
     川口

13042009

前半5分、川口のパスを佐藤にカットされ無人のゴールに決められ失点。
14分佐藤がサイドから仕掛け青山のミドルは大きく枠の上に外れる。
パスを回すもゴール前をガッチリ固められ、こじ開けられず。
23分駒野の右CKをチョがヘッドも右に外れる。
33分伊野波のスルーパスに金園が抜け出しシュートも右に外れる。

41分ドリブルで持ち込んだ松浦の右クロスから金園のヘッドは外れる。
山田から前田のミドルも外れる。

42分山田のスルーパスから金園がシュートも外れる。
43分山田のミドルでCKのチャンス→左CKから金園がヘッドもGKセーブ。
再三のチャンスを生かせず、前半0-1で終了。

13042011

ハーフタイム、控えメンバーが鳥かご。
八田、菅沼(駿)、山本(脩)、小林(祐)、山本(康)、松岡、山崎。

13042012

中山:「相手にとって脅威になる(パス回しの)感じはしないですよね、まだ。」
田中:「時間をかけてしまうとブロックをかけられてしまうので奪って早く裏を取る動きを。」

13042013

後半スタート。

13042014

後半もCKのチャンスが何度もあるのに決まらない。
16分相手CKからフリーでヘディングシュートを打たれるも川口がキャッチ。
19分駒野の右クロスに宮崎がダイビングヘッドもGKの正面。
20分相手シュートを川口セーブでCKに逃れる。
27分こぼれ球を山田がミドルで狙うもGKにセーブされる。

13042015

28分松浦→小林→山田のスルーを金園がシュートもGK正面。
29分松浦→山本(康)、金園→山崎に交代。

中山:「山崎は僕と全くタイプが違いますし、彼独特なリズムを持っていて面白い選手。」

13042016

31分駒野の左CKから前田がニアで競り、伊野波のシュートはポストに嫌わる。
35分宮崎→小林(祐)に交代。
42分相手スルーパスから左サイドを抜け出されクロス→石原に決められ2失点目。

44分DFのチョが前線に上がり攻撃参加。連続のCKのチャンスも生かせず。
ロスタイム表示は4分。0-2のまま試合終了。

冷静な解説をしていた2人でしたが、表情はやっぱり暗かったですね。

*中山さんの解説

ジュビロがボールを持っていながらも、きれいな形に持ち込めなかったのかな。
サンフレッチェが上手く守り切ってしまったのかな。ジュビロには持たせるけれども、
ここぞというところには体を張り、守ったところからのカウンター、効果的な攻めが
随所に見られてましたから。サンフレッチェの術中にはまったという印象。

内容が良かったっていうものを、どこで内容が良かったとみるかですよね。
シュート数からみたら確かに相手よりも上回っている。だた結果、スコアを見たら0-2。

そう考えるとより効果的な攻め、効果的な守備ができてたのは広島と考えるならば、
それが内容のいいものだったのかと思い返した場合、どうなんだろうと疑問に思うところ。
それを思って、じゃあ次に生かす、次にどう修正していかなければいけないか。

例えばカウンターが相手が鋭かったら、そこへのリスクマネージメントは的確に
できていたのかっていうところにまた目を向けなければいけないんじゃないかな。
内容がいいからこれを続けていく、当たり前のことなんですけれども、
そこで問題点をしっかりと把握した上で、それを継続するもの、そして変化を加えるもの、
そういうものに変えていかなければいけないんですよね。

攻守の切り替えから相手のボールを奪取して、より厚みのある攻撃にもつながっている。
ただ最終的なところゴールですよね。それを決める、そこは形ができているんだったら、
あとは個人の力ですよね。個人がそれをどれだけゴールに結びつける力をつけるか。

確かにシュートは打ってる、コースも消されてる、いろんな部分で制限のある中での
シュートなのかもしれないですけれども、それでも決めるだけの強さが欲しいですよね。
そこで落ち着けるだけの冷静さが欲しい。キーパーに止められるスピードだったら
それ以上のスピードを自分でつけるしかないし、それ以上力強いシュートを打つしかない。

後は選手それぞれが足りないものを見据えた上での練習にそれを生かしていくしかない。
そしてそれを試合に出す、生かす、そこにつなげていければと感じます。

まあ、だから後は、前田に頑張ってもらうしかないでしょ!!

13042017

珍しく森下監督も挨拶にやって来ました。

13042018

*名波さんの解説

5バック気味になる相手に対してスペースがなかったのが原因。
背後を狙う動きはあったが1人単発。コンビネーションで崩す形はほとんどなかった。
(今後は)背後を継続的に続けることと、あとは同サイドに組み立てをして、
その逆サイドという広大なスペースというサイドチェンジ、横幅をいかに有効に使うか。

| | コメント (0)

2013/05/02

四川料理ランチ

ランチパスポート第2弾は、静岡第一ホテル1階の渓邦(けいほう)へ。

メイン料理は四川麻婆豆腐を辛さ控えめでお願いしました。

サラダ、卵スープ、ごはん、杏仁豆腐、コーヒー付きで500円。

こちらのお店もランチパスポートの利用客でいっぱいでした。

担担麺も食べてみたいです。

130502

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »