« 日本うさぎ祭2011 | トップページ | 第14節 名古屋戦 0-1 »

2011/06/09

ナビスコ杯福岡戦 2-0

前半と後半で内容がガラリと変更も、終わってみれば2-0の完封勝ち。
スポーツニュースの映像では快勝したかのように見えますが、
とにかく後半のいい時間帯に追加点が取れて良かったです。
何より小林君のプロ初ゴールでしたから、それまでのイライラする気持ちも
一瞬で吹き飛びました。

後半は相手DFが真下にいて、思わず「マコ、危ない!」と言ってしまったのですが、
すでに前半にやらかしていたわけですね。あらまあ~。

■6月5日(日) 観衆9,440人(ヤマハ)

サイン会の整理券がサポーターズ会員限定(先着順)で配布されることになったので
珍しく私もサイン会の列に並んでみました。
リハビリ中の西君が笑顔でサインに応じていて何か良いことあったのかな。
ファンにひとこと言葉を返す場面も。

Pさん活動停止のため、応援のリードをするグループが変更。
当然ながら太鼓をたたく人も年齢がアップ。
試合前から入念な打ち合わせが行われたとかで、ご苦労様です。
1人1人の声がいつもより大きかったのか、力強い応援がスタンドに響き渡りました。

11060506

スタメンは

     山崎 金園
山田         山本(康)
     那須 小林
山本(脩) 藤田 加賀 駒野
       川口

代表の前田に代わって金園、左足打撲のパクに代わって山本(脩)が先発。

11060507

いつも通りにボランチの2人が気合のポーズ。

11060508

山崎と金園の2トップでスタート。

11060509

前半はボールをテンポよく回しリズムを作り、磐田ペースで進む。
山田がいつものようにドリブルで仕掛ける場面が目立つ。
7分駒野のCKから金園のヘッドは左へ外れる。
その後もCKのチャンスが続くも生かせず。

11060510

前半13分田中のバックパスをカットした山崎がGKをかわして先制ゴール。

11060511

17分、19分と山崎が決定的なシュートを放つも決まらず残念。
37分松浦のドリブル突破は要注意。シュートは枠に飛ばず助かる。
44分加賀と重松が空中で競り合い激突。
熱くなった2人にイエローカード。
前半は押し込みながらも1-0で終了。

11060512

控えメンバーが鳥かご。
八田、イ・ガンジン、金沢、岡田、菅沼、ジウシーニョ、荒田。

11060513

後半は福岡の速いプレスに苦しみミスを連発。
ペースを握られ守備に追われる展開も、相手のラストパス、シュートミスに救われる。
8分柳下監督が山田を呼び、山崎とポジション変更するようにと指示。
前線の金園にボールがおさまらず攻撃のチャンスを作れず。

18分駒野が中央へパス→小林→金園→こぼれ球を小林がボレーシュートで
ついにプロ初ゴールが決まる。バンザイして喜ぶ小林。

待望の追加点、待ちに待った小林の初ゴールにサポーターも大喜び。
2点リードで「ワッショイ、ワッショイ」は、まだ気が早くないですか?

11060514

山本(康)、金園が駆け寄り祝福。この後、山田も。

11060515

これで金園、山田、小林と3人全員ゴールを決めたことに。

11060516

24分金園→ジウシーニョと交代。
ジウシーニョは気合が空回りしていた感じでした。
26分、39分と小林が積極的にシュートを狙うも決まらず残念。
41分山本(康)→菅沼に交代。
カウンターのチャンス。菅沼が抜け出しシュートも決まらず。

11060517

ナビスコ1回戦の第1戦は決定力の差で2-0の勝利。
次は7月、アウェーで第2戦。

11060518

エコパの試合が終わって主人が磐田まで迎えに来てくれたので
車で一緒に帰宅。

|

« 日本うさぎ祭2011 | トップページ | 第14節 名古屋戦 0-1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本うさぎ祭2011 | トップページ | 第14節 名古屋戦 0-1 »