« 春の換毛中 | トップページ | 初節句 »

2011/05/02

第8節 広島戦 1-1

体調がようやく回復し、ホーム開幕戦にギリギリ間に合いました。
とにかく風邪をひかないように、しっかり寒さ対策をして観戦。
攻守にファイトしていて、なかなか面白い試合でした。
勝ち点1にとどまったものの、試合後は拍手で選手たちを迎えたほど。

悔やまれるのは、もし違う審判だったら
李は2枚目のイエローで退場だったかも。

新人の山田選手、嬉しいことに存在感がありますよ。
やっぱり10番はこうでなくっちゃね。
同じく新人の金園選手、新潟戦でのシュートもバー直撃で惜しかったのですが、
今度こそ!という感じで貴重な同点ゴールを決めてくれました。

■4月29日(金・祝) 観衆11,319人(ヤマハ)

17時半過ぎにスタジアム到着。
「東日本大震災復興支援~みんな仲間だ。~」の活動が行われていて、
福島県産の野菜(ネギ、キュウリ、なめこ)をいただきました。

11042901

ジュビロプラッサで新しいお店を発見。

11042902

夕食は江南の海鮮チヂミ(500円)。

11042903

新発売のジュビロパイ(8枚入り700円)も美味しかったです。

11042913

サイン会を終えて、選手を出迎える西&金沢。

11042904

選手入場。
あれ?広島のアウェーユニが・・・
サーモンピンクというか、フラミンゴみたいな色。

11042905

応援の中心がバックスタンドのサポーターズゾーンに変更され、
ゴール裏2階席にも声援がはっきり聞こえて応援しやすかったです。
今までより一緒に手拍子する人たちも多かったように思います。

11042906

1分間の黙とう。

11042907

 ジウシーニョ 前田
山田        山本(康)
        小林
    那須
パク 藤田 加賀 駒野
     川口

当日朝、山崎が急性胃腸炎を発症し欠場。
代わってジウシーニョが今季初の先発出場で気合入りまくり。

11042908

前半は広島に主導権を握られる。
8分佐藤→李のシュートを川口がキャッチ。
9分今度は李→佐藤のシュートは右に外れる。
17分青山のミドルシュートがバー直撃→こぼれ球を李に拾われ那須がブロック→
佐藤のシュートをパクがクリア→高萩のシュートは左へ外れて助かる。

3連続の相手シュートを凌いだ後、川口がパクに感謝。

11042909

26分ジウシーニョが右サイドからドリブル突破し思い切りよくシュートも左へ外れる。
これが前半唯一のチャンス。
28分山本(康)が佐藤との接触プレーで足を痛める。
佐藤のラフプレーにカードなし。ジュビサポの猛抗議に佐藤がキレかかる。
前半を無失点に抑え、0-0で終了。

控え選手が鳥かご。
八田、イ・ガンジン、山本(脩)、菅沼、船谷、金園、荒田。

11042910

Jubiesのチアダンス。
笑顔もバッチリ、とても踊りの上手な子がいました。
注目です!

11042911

後半メンバー交代なし。
ここでデジカメの電池が早くも終了、大失敗。

5分パクのロングフィードに前田が抜け出すもGKキャッチ。
10分駒野のクロスを李がハンドでイエローカード。
13分駒野の左FKからジウシーニョがクロス→青山の手に当たりPKゲットのはずが
高山主審の笛はなく、ジュビサポ怒る。副審も見逃したのか?
17分山田→ジウシーニョのシュートは枠の上。

11042912

19分広島は同時に2人交代。
22分交代で入ったムジリのドリブル突破→佐藤→李がエリア内に抜け出し、
そして勝手に倒れ込む。
マークについていたパクもビックリ。
ダイビングといえばナビスコ決勝の槙野を思い出します。
23分李のPKが決まってしまい0-1。

25分オーバーラップした加賀のシュートはダフってしまい残念。
27分ジウシーニョ→金園に交代。新潟戦に続き、選手交代がズバリ的中。
28分山田の左クロスを金園がヘディングシュート。
ボールの行方をしっかり見つめる。ゴールラインの右から左へ転がる。
金園のJ初ゴールが決まって1-1の同点に。

金園がゴール裏サポの下へ走る、走る、走る。そしてベンチへ駆け寄る。
スタンド大盛り上がりで、ますます白熱した試合展開に。
31分那須のクロスから前田がゴール前でつぶされるも笛なし。PKじゃないのか?
こぼれ球を山田がシュートもGKにセーブされCKのチャンス。

32分相手カウンター→李→佐藤→ムジリのクロスを李が落とすも大きくクリア。

相手のミスをついてエリア内に抜け出した前田がGK西川と接触しPKの判定。
33分前田が自らPKを蹴るも西川にセーブされ勝ち越しならず。

山田のクロスに前田が頭から飛び込むも左へ外れる。
34分ミキッチがドリブル突破→李のシュートは川口が左足でセーブ→
佐藤のシュートは那須がクリア。

36分パクがミキッチと接触し右足首を負傷。
38分パク→山本(脩)、山田→菅沼と交代。
43分金園のシュートはブロックされてしまう。
ロスタイム3分。相手左CKから川口がパンチでクリア→こぼれ球をクリア。
菅沼のドリブル突破からCKのチャンス。
駒野の左CKから金園が飛び込むもファールの判定。

最後どちらにもチャンスがありドキドキの展開も、
1-1の引き分けで試合終了。

3試合負けなし、勝ち点4の5位。
内容は悪かったけど甲府から勝ち点3が取れたことは大きかったですね。

|

« 春の換毛中 | トップページ | 初節句 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の換毛中 | トップページ | 初節句 »