« ジュリア | トップページ | 第33節 名古屋戦 1-2 »

2010/11/22

蒲原の宿場まつり

日曜日は晴天に恵まれ、絶好の行楽日和。
町内の女性グループ7人で蒲原の宿場まつりへ行ってきました。

静岡から新蒲原まで電車で約30分。
駅前で案内パンフレットをいただいて、いざ出発。

町の郷土芸能、蒲原太鼓の演奏あり。
尺八を吹きながら歩いている虚無僧の集団を発見。
昔ながらの大道芸、南京玉簾を披露している人たち、
時代劇の恰好をした中学生の姿も。男子学生の女装姿がきれいでした。

旧東海道の街並みに、ずらりと並んだ出店をのぞきながら、
ほんのちょっと買物をしている間に、仲間とはぐれてしまいました。
でも最初の目的地へ進むと入口で待っていてくれたので助かりました。

旧五十嵐歯科医院(旧五十嵐邸)の中では、竹下夢二展を開催。
中庭では抹茶やコーヒーを飲むことができる喫茶スペースも。
前日の夜には2階でジャズコンサートも開かれたそうです。

10112101

桜海老、シラス、イワシの削り節など色々な地場産品、アルミ鍋などの工業製品、
里芋やさつま芋、ゆで落花生など農産物の展示販売だけでなく、
自宅前で自家製のお菓子や手作り品を並べて販売している人たちも。
大人だけでなく子供たちも一緒に、町中みんなが参加しているお祭りでした。

自分としては興味があるので、じっくりと見たいイベントだったのですが、
今回は団体行動のためサラッと流して見学。

10112102

店の人に「こっちも写して~」と差し出されたので(笑)。
1枚200円なので夕食用に買えばよかったな~。

10112103

蒲原宿の街並みは、もう1度ゆっくりと歩いて見学してみたい場所。
玄関口を「みせの間ギャラリー」として開放されているお宅も何軒かあり、
たくさんのつるし雛を飾っているお宅もありました。
美しい格子戸のある増田屋さんでは、四国巡礼で集めた札の掛け軸などを展示。

10112104

昼食は予約していた新蒲原駅近くの鮨屋「やましち」へ。
3組に分かれてしまった7人が無事に合流。
桜海老、シラス、マグロが乗った、ちらし寿司を美味しくいただきました。
みそ汁とデザート付きで1,500円のランチ。

これって何だろう?と思っていたデザートは、イチジクの甘露煮だったらしい。

10112105

静岡駅に戻り、少しおしゃべりしながらお茶してから帰ることに。
同じ町内に住みながらも、なかなかゆっくり話すことがないので良い機会でした。
そして美味しいもの情報をいくつかゲット♪

|

« ジュリア | トップページ | 第33節 名古屋戦 1-2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジュリア | トップページ | 第33節 名古屋戦 1-2 »