« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/10/25

第27節 浦和戦 2-1

嬉しいことに逆転勝利ですよ!
以前に比べて驚くほど勝負強くなりましたね。
失点してもバタバタ慌てることなく、精神的にも少し図太くなったのでしょうか。
順位は11位のままですが、勝ち点が38に伸びて残留確定まであともう一息。

前線からの守備も激しく、選手たちの気合を感じるようになりました。
監督の試合後のインタビューを聞くと、
すでにナビスコ杯決勝の戦い方を見据えているような感じでした。
勝つために必要なこと、しっかり分析して準備して下さい。

■10月23日(土) 観衆18,301人(エコパ)

電車でエコパへ。
隣に赤い人が座ったのですが混雑していて移動できませんでした。
掛川駅からドドッと赤い軍団が乗車。
たくさんのご来場ありがとうございました。

メインスタンドのコンコースはヤマザキ一色!!
準決勝の第2戦で決勝ゴールを決めた山崎の写真ポスターがズラリ。
2010ナビスコ杯の優勝カップが展示され、勝利を祈って千羽鶴を折るコーナーも。

10102301

再入場可能だったため、エントランス広場へ。
まずは福西さんのDVD「23ボランチ」を手渡しで購入。
握手、サイン、写真もOKとサービス満点でした。
2ショット写真は、しゃがむ位置を失敗し残念な結果に。

昼食はコシがある麺を使用した本物の富士宮やきそばを選択。
でも味が濃くて少し辛かったかな。
200円の買物券を利用して、デザートはお気に入りのバナナアイス。

10102302

ゴール裏中央の席へ入れていただいたので、この日は応援に専念。

      前田  ジウシーニョ
  船谷               西
    岡田         那須
山本(脩) イ・ガンジン 古賀 山本(康)
           川口

10102303

前半開始からお互いに激しくプレスの掛け合いから。
2分ドリブル突破したジウシーニョが倒されFKのチャンス。船谷の直接FKは右に外れる。
相手のセットプレーが続き、DF陣が体を張って守る展開。
攻撃陣は前線からプレス、プレス、プレス。
8分ジウシーニョの右クロスが左に流れ、船谷が追って初めてのCKのチャンス。

10分高橋がドリブル突破から強烈なシュートも川口がセーブ。
12分宇賀神のスルーパスからエスクデロに抜け出されるも川口が飛び出しキャッチ。
13分ジウシーニョが相手GKへ激しくチェック。
16分エジミウソンの反転シュートは右上に外れて助かる。
28分原口の右クロスにエジミウソンがヘッドもミートせず。山本(脩)がマークにつく。

33分相手の右クロスを船谷がブロックしCKに逃れる。
カウンターのチャンス生かせず。
37分船谷がサイドチェンジ→西→山本(康)のクロスはDFに阻まれる。
45分ジウシーニョが強引にミドルを狙うも大きく外れる。
前半は押し込まれる展開も粘り強く守って、0-0で終了。

控えメンバーが鳥かご。
八田、大井、金沢、菅沼、上田、成岡、山崎。

10102304

後半は両チームともにメンバー交代なしでスタート。
ジウシーニョと西が前線から鬼プレス。
1分ジウシーニョ→山本(康)→那須→西の右クロスは左に流れる。
4分イ・ガンジンがドリブルで駆け上がるもカットされ→エスクデロを古賀がタックル
→原口のドリブル突破を山本(康)がブロックしCKに逃れる。

7分原口の右クロスをエジミウソンがシュートも川口がキャッチ。
山本(康)がしっかり体を寄せてマーク。

11分船谷→成岡に交代。
その直後に相手GK→エジミウソン→エスクデロ→エジミウソンのシュートで失点。
13分高橋の突破を阻止した岡田にイエローカード。

10102305

14分相手の左クロスをイ・ガンジンがクリアしてCKに逃れる。
15分西→菅沼に交代。
16分山本(康)がカットされ、奪い返そうとしてイエローカード。
17分川口のGK→前田が山田からボールを奪うと、絶妙なフェイントで
相手DFをかわしエンドラインを突破→フリーのジウシーニョが押し込み同点ゴール。

カメラを取り出す間もなく、周りからハイタッチの手が次々と伸びてきてビックリ。
イエ~イ♪
前田の得点と言ってもおかしくないほど。
日本代表監督の見ている前で素晴らしい個人技を見せつけた前田、笑顔全開。
エンドライン際のボール運びは、まるで昨年の大宮戦(ホーム)でのイ・グノのようでした。

20分成岡の横パスをカットされ、柏木のシュートは右に外れて助かる。
23分エスクデロのシュートは古賀がブロックしCKに逃れる。
25分こぼれ球を拾った菅沼のミドルシュートはGKにセーブされCKのチャンス。
26分山本(康)の左CKから古賀が飛び込みGKがパンチでセーブも、
こぼれ球を那須が角度のない位置から右足でダイレクトシュートで勝ち越しゴール。

10102306 10102307

32分山本(康)の左FKはエジミウソンにクリアされCKのチャンス。
33分山本(康)の左CKからイ・ガンジンのヘッドは右に外れる。
39分ジウシーニョ→成岡がフリーでシュートも左へ外れる。

広島戦に続き、絶好のチャンスをまたまた決められずガックリ。
ダメ押しの3点目だったのに~。

10102308

ここから相手の怒涛の反撃に合う。
ロスタイムは4分の表示、長かったです。
菅沼が細貝と競り合い倒れ込むも無事に復帰。
ジウシーニョ→金沢に交代。
ゴール前で那須がヘッドでクリア。岡田もヘッドでクリア。

こぼれ球を拾えず苦しい展開も、体を張って守り切る。
エジミウソンのシュートを川口がキャッチしたところで終了の笛。
2-1の逆転勝利でワッショイ、ワッショイ!!

10102309

選手たちも笑顔で挨拶に。

10102310

いわしんマンオブは岡田選手。

10102315

ゲーフラでよく見えない・・・

10102311

行っちゃった・・・

10102312

那須キャプテンのインタビュー

10102313

サポーターと一緒に万歳!

10102314

最後に那須キャプテンが笑顔でサポーターに挨拶。

「勝利は続くよ どこまでも」の後に、ゲットゴールのダンス。
久しぶりだったので足がもつれそうで結構きつかったです。

喜びいっぱいで軽やかに愛野駅まで向かったもののトラブル発生。
16時半頃、掛川の踏切内で下り列車が自転車で横断していた男性と接触。
男性と乗客にケガはなかったものの、現場検証のため上下線とも運転見合わせ。
愛野駅を遅れて発車するも、掛川駅で停車。
運転再開の時間が読めないので、仕方なく新幹線に乗り換えることに。

ところが特急券を買う自販機が長蛇の列。
乗り換え証明の用紙をもらって、ギリギリ17時31分発のこだまに乗車。
降りてしまうのが勿体ないくらいに、あっという間に静岡に到着すると、
約1時間遅れの17時41分に運転が再開したというアナウンスが流れました。
ああ840円損した。もう少し待っていれば発車したのね。

| | コメント (1)

2010/10/20

浅草を歩く

吾妻橋から人の流れに乗って歩いていくと雷門に到着。

人力車を引く若者たちが「頑張ります!」と熱心に勧誘していました。

向かって右が風神像、左が雷神像。

10101831

平日でも仲見世の表通りは大賑わい。

のんびり歩きたい場合は裏通りがおすすめですね。

浅草ラスクを試食。

10101832

10月18日は金龍山浅草寺のご縁日。

本堂では菊供養会が行われ、14時から五重塔前で金龍の舞が奉演されました。

10101833 10101834

金龍を追いかけ、鱗にも触れてみました(笑)。

10101835 10101836

10101837

浅草のグルメ情報を見て、甘味処の花月堂へも立ち寄ってみました。

10101838

名物のジャンボめろんぱん(お持ち帰り用)を購入。(1個170円)

すぐに食べる場合はアツアツの焼きたてパンを売ってくれます。

10101839  直径15センチ

あづまのきびだんご(5本300円)を店頭でいただきました。

10101840

元祖・木村家の人形焼(あん入り 1袋8個入り 500円)を購入。

提灯、鳩、五重塔、雷様、4種類の型で作られた人形焼。

常盤堂の各種おこしを試食して、大学芋のような味で美味しかったので

季節限定の芋おこし(500円)をお土産に購入。

10101841

増田園さんの抹茶ソフトミックス(320円)を食べて一休みした後、

地下鉄・東京メトロで浅草→日本橋→九段下へ移動。

はとバスツアーよりも格安で観光できました。

| | コメント (0)

55!

今回の日帰りの旅、本来の目的地は初めての武道館。

開場時間の1時間前に到着。

すでに多くのファンが武道館の周りに集結していてビックリ。

10101842

2010年の全国コンサートツアー55番目は、“ 55!伝説 FINAL~Big Birthday~”。

10101843

10月18日は55歳のお誕生日。

関係者から届けられたお祝いの花がたくさん飾られていました。

10101844 10101845

チケットは一般発売開始日にネット購入したので、2階席の後ろから3番目、

立見席とほとんど変わらない位置。

でも360度の円形ステージで、花道も四方に伸び、端から端までダッシュする場面も。

舞台が回り、舞台がせり上がり、高い位置からでも十分に楽しめる演出で大満足。

アンコールに入り、何と本人からサプライズなプレゼントが♪

この1曲に限って写真撮影OKですって!!

10101846

生GOさんを初めて撮った(笑)。

10101847

紙ふぶきが舞う中、客席に投げ込まれたサインボールは55個らしい?

10101848

着替えのため控室へ戻った際に、13,000人が「HAPPY BIRTHDAY」の大合唱。

出だしが揃わず、まるで輪唱のようになってしまったのが笑えたけど、

とても楽しく幸せな時間でした。

2回目のアンコールでは、10月20日発売の新曲「愛している」を披露。

帰りの新幹線の時間があるので、最後は時間との戦いでしたが、

手を振りながら舞台から姿が消えるのを待って九段下駅までダッシュ。

東京の地下鉄利用は初めてだったので乗り換えで少し戸惑ったものの、

無事に最終のひかりで帰宅。

このライブの模様は10月31日(日)17時55分からWOWOWで放送。

再放送は11月22日(月)15時45分から。

| | コメント (0)

2010/10/19

隅田川クルーズ

昨日は日帰りで東京へ。
せっかくなので今回は観光を付けてみました。
はとバスツアーも考えたのですが、やっぱりフリープランで♪

品川で乗り換え浜松町へ。日の出桟橋まで徒歩8分。
乗船場の駐車場に、はとバスの「ハローキティーバス」を発見。
バスのラッピングだけでなく、車内もキティちゃんでいっぱいでした。

10101801 10101802

12時20分発の水上バスで隅田川クルーズ。(片道760円)
景色を撮りたかったので、ガラス窓がない最後尾の席を選択。

10101803

レインボーブリッジ

10101804

フジテレビ

10101805

東京タワーは小学校の修学旅行で行ったきり。
手前の緑の森は浜離宮。

10101806

勝鬨橋のすぐ近くに築地市場。こちらも行ってみたいです。

10101807

勝鬨橋は隅田川の最も河口にかかる橋。

10101808

佃大橋

10101809

中央大橋

10101810

斬新なデザインが高層マンションとマッチ。

10101811

永代橋

10101812

隅田川大橋

10101813

清州橋

10101814

昼間のブルーもいいけど、夜景はもっと綺麗らしい。

10101815

新大橋

10101816

両国橋

10101817

JR総武線の鉄橋

10101818

両国らしい錦絵が飾られている隅田川テラスギャラリー。

10101819

この辺りから次々と橋が出てくるので大忙し(笑)。

蔵前橋。

10101820

厩(うまや)橋

10101821

駒形橋

10101822

吾妻橋

10101823

東京スカイツリーと墨田区役所。

10101824

アサヒビール本部ビルは、ジョッキに入ったビールがモチーフ。
隣の炎をイメージしたオブジェはスーパードライホール。

10101825

手前が桜橋、その奥に見えるのが言問橋。

10101826

吾妻橋のたもとの乗船場はリニューアルオープンしたばかり。
団体客の多くが、浅草から日の出桟橋へ。

10101827

言問橋付近から見た東京スカイツリー

10101828 10101829

橋を渡ってもっと近づいてみようと思ったのですが、
面倒になったのでUターンして吾妻橋へ。
撮影ポイントなので人がいっぱいでした。

10101830

| | コメント (0)

2010/10/15

天皇杯3回戦・甲府戦

水曜日は天皇杯の甲府戦の応援に行って来ました。
選手にとって中2日というのは相当ハードな日程なんですね。
苦しみながらも何とか90分以内に逆転できて本当に良かったです。

前半はメイン席から「川崎戦と全然違うじゃん!」という声が聞こえてきたほど。
記者席に座っていた皆さんも、アゴに手を置き憮然とした表情で試合を見つめ、
同様にベンチに座っていた監督、コーチ陣の表情もさえなかったです。
このままではマズイ!とばかりに次々と選手交代していったのでした。

■10月13日(水) 観衆2,506人(ヤマハ)

磐田駅17時35分発のシャトルバスでスタジアムへ。
乗客わずか5人。
日が暮れるのが早くなり、Bゲート前のイベントも特になかったため、
スタジアムの外はひっそりとしていて少し寂しい雰囲気でした。
試合前にも甲府サポに観客が少ないことを指摘されてしまいました。

最前列中央が取れたので、いつものようにゴール裏2階席で観戦。
選手入場。
韓国から戻ったばかりの前田は社長の隣で観戦。

10101301

新聞の予想スタメンと少し違いがあり、西、荒田、菅沼、金沢が先発。

     荒田  ジウシーニョ
 菅沼            西
    上田     那須
金沢 イ・ガンジン 古賀 山本(康)
         八田

10101302

ベストメンバーでなかった甲府相手に、前半は何度か決定的なピンチも。
相手FKを八田がハンブルし、危うくゴールの中に入りそうになりヒヤッ!
カウンター攻撃からCKのピンチ。シュートミスにも救われました。

ジウシーニョが相手選手と競り合って倒れ込み担架で外へ。
もうこれ以上のケガ人は勘弁して欲しいと願いながら双眼鏡で確認。
メディカルスタッフが○のサイン。ジウシーニョがピッチに復帰し、ひと安心。

チャンスを与えられたはずの荒田はイマイチなプレー。
菅沼はもう少し落ち着いてプレーした方が・・・
バタバタしていてボールが足についていない感じでした。
ロスタイム2分、前半0-0で終了。

10101303

ハーフタイム、サブメンバーがアップ。
竹重、大井、山本(脩)、岡田、成岡、船谷、山崎。

10101304

後半は両チーム共に交代なしでスタート。
甲府のGK荒谷がピッチに一礼、そして磐田のゴール裏サポにも一礼。
そんな礼儀正しい姿にプチ感動。

10101305

後半も相手のシュートミスに救われる。
11分荒田→山崎に交代。20分西→船谷に交代。
少しずつチャンスが増えてくるも、このまま延長戦に突入したらどうしましょう?
ところが31分、松橋のシュートがイ・ガンジンの体に当たり、
こぼれ球を畑田に頭で押し込まれて失点。
2,506人の観客が青ざめた瞬間でした。

10101306

33分上田の左クロスを菅沼が頭で合わせて同点。
とにかく早く追いついて良かったです。

10101307

山崎が力強くドリブル突破からミドルシュートを狙うも決められず。

10101308

40分山本(康)のミドルシュートが見事に決まって勝ち越しゴール。
ゴールを決めた本人、表情を変えることなくクルッと背中を向けてしまいました。
あれ???
疲れていて喜ぶパワーもなかったとか。

10101309

那須キャプテンが真っ先に駆け寄り、
そしてチームメートの手痛い祝福でやっと笑顔に戻った康裕でした。

10101310

甲府が慌てて3人の選手交代をするも、2-1のまま試合終了。
どうにかこうにか次につながりました。

10101311 10101312

1階席に降りて、初めてのハイタッチに挑戦。
何とか手を伸ばして、康裕の指先にタッチ。
お疲れ様でした。

10101313

次の試合も中2日でアウェー広島戦、大事な大事なリーグ戦です。
広島はこの日、延長の末PK戦で敗れて天皇杯終了。
お互いに疲れはピークだと思うので、気持ちでの勝負になりそうです。
頑張れー!!

| | コメント (1)

2010/10/14

秋色のアレンジ

今日は月1回のkazaru倶楽部のレッスンへ。

少し寂しかった我が家の玄関が一気に秋色に様変わりです。

雪柳が少し重たい感じがするという先生のアドバイスで、

枝を1本、2本、3本と減らして生け直しました。

生け花は引き算することも重要なポイントですね。

101014 (MKマエダ家具ショールームにて)

・雪柳(塗り)
・雲竜柳
・紅すもも
・スカシユリ
・赤バラ
・ケイトウ

(花材費 3,000円)

| | コメント (0)

2010/10/12

ナビ杯準決勝・第2戦

山崎のプロ初ゴールが決勝ゴールとなり、ナビスコカップ9年ぶりの決勝進出!!
代表やケガのためレギューラー5人を欠いたメンバーで、川崎相手に
まさか3点も取って勝てるなんて予想もしていませんでした、ゴメンなさい。

どれだけ選手の力を信じていなかったのかという話になりますが、
気迫がこもった見応えのある良い試合でした。
この大事な試合で、控えメンバーが結果を出せたことが何よりうれしいです。

そして等々力に行かれた皆さん、力強い応援と大ブーイングお疲れ様でした。
あと1つ大きな山を乗り越えるために、みんなで力を合わせて戦いたいですね。
賞金額が大きいのでクラブも今まで以上に力が入りそう(苦笑)。

■10月10日(日) フジテレビTWOで生観戦

      ジウシーニョ  成岡
 船谷               西
     岡田        那須
山本(脩) イ・ガンジン 大井 山本(康) 
           八田

前半1分西が倒されて得たFKをジウシーニョが直接狙うも壁に阻まれる。
3分岡田→ジウシーニョのポストプレーから船谷がシュートも右に外れる。
6分ジュニオールの突破を山本(康)がスライディングで阻止しCKに逃れる。
8分森のクロスを岡田と山本(脩)が対応しCKに逃れる。
右CKから黒津のヘッドは八田の正面。

10分船谷のクロスは前線に飛び込んだ那須に合わずラインを割る。
12分ジュニオールの突破を山本(康)が再び阻止。
13分ジュニオールの突破を大井が、ジュニーニョの突破を那須が阻止。
15分成岡→西→山本(康)がサイドをドリブル突破するも、ボールはラインを割る。
16分船谷から那須へのパスを奪われカウンターを受ける。山本(康)がヘッドでクリア。

17分船谷が西へサイドチェンジパスを送るも長くなりラインを割る。
18分那須→成岡のキープから船谷が裏に抜け出すもシュート打てず、惜しい。
19分山本(康)が田坂に振り切られクロスを入れられるも、イ・ガンジンがクリア。
20分森の右クロスを大井がヘッドでクリア。
21分岡田→ジウシーニョが反転シュートもGKキャッチ。

23分那須が右サイドから仕掛けて折り返す→こぼれ球を西がシュートも右へ外れる。
24分那須が倒されFKのチャンス→船谷の右FKはDFクリア。
25分左クロスを大井がヘッドで落とし、ジウシーニョがオーバーヘッドもGKセーブ。
26分西→山本(康)のクロスを那須がシュートもジウシーニョの足に当たって外へ。
28分中盤でボールをつなぎ、山本(康)が仕掛けるもDFに引っかかりファールに。

31分大井がジュニーニョにうまく対応したものの足を引っ掛けた形でイエローカードに。
その相手FKは大井が自らヘッドでクリア。
33分西→山本(康)が右サイドで仕掛け、稲本のクリアでCKのチャンス。
35分船谷の右CKを大井がヘッドで押し込み待望の先制点。

ゴール裏に向かってアピールする大井。

38分ジュニオールのクロス→黒津のシュートをイ・ガンジンがブロックも、
こぼれ球をジュニーニョに押し込まれて失点。

41分山本(脩)のロングパスに成岡が走るもボールはラインを割る。
44分山本(康)がサイドで仕掛けるもDFに引っかかってしまう。頑張れ、康裕!!
45分相手の速攻を阻止した那須にイエローカード。

ロスタイム那須が田坂と激突。田坂が頭から出血し治療。
前半はシュート数6対2と積極的にサイドから攻める展開も、1-1で終了。

後半は両チーム共に交代なしでスタート。
西が前線から激しくプレスにいき、キーパーまで追い込む。
3分ジュニオールと稲本のワンツーからジュニーニョがシュートも右に外れて助かる。
7分こぼれ球を山本(脩)がマイナスに折り返し、成岡のミドルは惜しくもGKセーブ。
8分山本(康)のクロスは合わずにファーに流れて悔しがる。

9分ジュニーニョがドリブル突破からシュートも八田がキャッチ。
11分相手の突破をファールで阻止した山本(康)にイエローカード。
12分岡田がボールを奪われるもイ・ガンジンがカバーし弾き出す。
ジュニーニョのスピードある攻撃をゴール前で粘り強くクリア。
ジュニーニョのシュート、田坂のシュートも右に外れて助かる。

23分ついにベンチが動く。西→菅沼、船谷→山崎と選手2人を交代。
不安がよぎったのですが、この采配がズバリ当たった形に。
菅沼のFKに大井が飛び込むも合わず。
24分山本(康)のクロスはジウシーニョに合わず。
27分ドリブルで仕掛けた山崎が倒されFKのチャンス。

28分足がつった山本(脩)→金沢に交代。
ジウシーニョのFKは壁に当たり、相手カウンター。
ジュニオールのシュートは右に外れて助かる。
29分川崎も選手を2人交代。稲本が下がる。
30分大井のロングパスに菅沼が走るもボールはラインを割る。

33分那須のスルーパスに山崎がDF裏に抜け出し、GKとの1対1を冷静に流し込み
勝ち越しゴール。アウェーゴール2点目!!

岡田が激しくプレスにいき、菅沼が積極的に仕掛ける。
38分森の突破を金沢が冷静に対応しゴールキックに。
菅沼が相手GKへプレスをかけると、ゴールキックがラインを割る。

40分川崎の黒津→矢島に交代。
41分ジウシーニョが右コーナーでボールをキープ。菅沼もカバーに入る。
ジウシーニョが左コーナーでボールをキープ。金沢もカバーに入る。そして
43分金沢の左クロスを成岡がダイビングヘッドでダメ押しゴール。
アナウンサーの「くっきりと神宮外苑が見えてきました!!」にホッとひと安心。

谷口のシュートは大きく枠の上。
山崎がドリブルで仕掛けて倒される。
ロスタイム3分、川崎のボールを弾き出し、試合終了。
第2戦を3-1で勝利し、トータル3-2で決勝進出が決定。
ついに国立だー!

水曜日には天皇杯もあるし、等々力はピッチが見えにくいこともあって、
今回はテレビ観戦を選んだのですが、
やっぱりスタジアムと違って感激の度合いが違いすぎました。
喜びの余韻に浸る間もなく、終了後すぐに夕食の支度でしたから。

| | コメント (0)

2010/10/11

タイ文化に触れる

昨日は静岡市の浅間通り商店街で開催された日タイ友好・長政まつりへ。

25回目にして初めての見学なので、ちょっと興味津々。

5番街ではタイの国技・ムエタイのデモンストレーションが行われ、

浅間神社に近い1番街では、白いスーツ姿の男性2人が昭和のムード歌謡を披露。

安倍の市では地元の特産品や加工品が販売され、美味しそうなものがいっぱい!

静岡市内、県外のタイ料理のお店が屋台を出店していたので

昼食用にパッタイとグリーンカレーを購入して、一旦帰宅。

私はグリーンカレーを試食。ココナッツミルク入りでちょっと独特な味でした。

10101001

そして昼食後に再び浅間通り商店街へ。

中町の赤鳥居前にタイのオート三輪タクシー「トゥクトゥク」が展示されていました。

そういえば先日、試合後スタジアムの外でジュビロ仕様の「トゥクトゥク」が

ジュビロ・オレの音楽を流しながら走っているのを見かけました。

10101002

着ぐるみの像さんが歩いていました。中の人、ご苦労様です(笑)。

タイでは神聖な動物とされているそうですね。

10101003

中央ステージでコン・チュート・コン(繰り人間)の踊りが始まりました。

人形に扮した男性を、もう1人の男性が棒で操りながら踊るユニークなダンス。

10101004

民族衣装をまとった若い女性たちが紙ふぶきをまき散らせながら華麗なダンスを披露。

10101005

タイ料理の屋台を見学しながら商店街を何度も往復。

色々なタイ料理をつまみにタイビールを飲んでいる人たちも。

スタンプラリーでスタンプを5個集めて特製の瓦せんべいをゲット。

10101009

木遣りを先頭に、戦艦図絵馬奉納行列がやってきました。

10101006

山田長政に扮するのはイケメン俳優の大関正義さん。

この冬タイで公開される映画「ヤマダ アユタヤの侍」で

若き日の山田長政を演じているそうです。

10101007 

静岡市内のタイ料理店・サバーイ・ディールの屋台でこの日だけの特別メニュー、

カノムチンナムヤー(魚そぼろ入りカレー味ソーメン)を持ち帰り用として購入。

店にはないメニューで、まかない料理だそうです。

グラパオガイ(挽肉の辛み炒め)などの3種盛りはすでに売り切れでした。

10101008

着ぐるみ像のダンスも見たかったのですが、時間切れのため急いで帰宅。

| | コメント (0)

侍のプリン

ユニークなネーミングのスイーツ、マルキタプリン本舗の「侍のプリン」。

今日まで松坂屋静岡店で開催されていた大北海道展で見つけました。

男性が喜ぶスイーツとして考えられ、ほろ苦いカラメルが特徴だそうです。

*五箇条のご誓文4より

3口目までカスタード生地を楽しみ、
5口以降は「ほろ苦いカラメル」をソースにして楽しみ、
2口ほど残した時点で冷えた牛乳をよくかき混ぜて・・・

今夜この食べ方で、主人と分け合って美味しくいただきました♪

101008

物産展では定番のお菓子を購入。

六花亭のマルセイバターサンド、マルセイビスケット。

ロイズのチョコレートはビターを。

| | コメント (0)

2010/10/08

引っ越し完了

データの引っ越しが完了し、昨日から新しいパソコンに切り替えました。

WindowsXPからWindows7に変更です。

先日、今まで使っていたパソコンのディスプレーが故障し、

ディスプレイだけ新しく買おうかどうか悩んでいたのですが、

いい機会なので思い切って新しいパソコンに買い替えることに。

パソコン本体が無事なうちにデータの引っ越しを!が決め手かな。

最近のディスクトップは一体型が主流となり、セパレート型の種類が少なく、

最終的に絞り込んだメーカーは、FRONTIERとNECの2つ。

そして最初から各ソフトが入っているNECのVALUESTARに決定。

7年前と比較して価格もかなり安くなりました。(PC-VL150CS)

*追記

秋冬モデルの新商品なので価格がある程度下がったところで10月2日に購入。
ところがその1週間後チラシを見ると、さらに-5,000円。
今後まだまだ下がるかもしれないので、チラシは見ないようにしましょう(苦笑)。

101007

店舗で購入を決めた際に、初期設定などセキュリティパックの案内が提示され、

サポートの数によって松・竹・梅とパック料金に違いがありました。

そのサポートメニューを見た限りでは自分でもできそうだったのでパス。

心配だったプリンター設定もWindows7に対応している機種だったので

インターネットに繋げるだけでOKでした。

再セットアップディスク作成も簡単、簡単!

今まで使っていたソフトも無事にインストールできました。

| | コメント (0)

2010/10/05

第25節 横浜FM戦 0-0

川口の好セーブもあったけど、試合後のインタビューで木村監督がぼやいていたほど、
横浜のシュートが枠外ばかりで本当に助かりました。

木村監督:「何であんなガチガチになってシュート打つんじゃろうな!余裕がない。」

最近のジウシーニョもそんな感じかな。
献身的に動き回り、攻守に十分すぎるほど貢献はしているのですが、
絶好のチャンスを2度も外してしまい残念でした。

そして後半ロスタイム、菅沼の決勝ゴールは・・・
幻に終わりました。次だ、次。
やっぱり勝ち点3が取れましたよね~、水沼さん。

■10月3日(日) 観衆11,528人(ヤマハ)

12時過ぎに磐田駅到着。シャトルバスでスタジアムへ。
昼食はパン王国のエビサンド(350円)。
財布にお金を追加してくるのを忘れてしまったので、電車賃とバス賃を差し引いたら
残金は小銭のみ。あまりにも心細くて、赤い羽根募金をする余裕もないほどでした。

この日のサイン会は岡田と大畑。
もちろん見学のみ。

選手入場。
映画「書道ガールズ 青い青い空」に出演している2人の女性から花束贈呈。
試合前には映画のPRを兼ねたトークショー、サイン会も開催された模様。

10100301

スポーツ新聞の予想スタメンが珍しく外れて、
左足ひ骨骨折で長期離脱のパクの代わり、左サイドバックは山本(脩)。
上田がベンチに下がり、ボランチは山本(康)。

  ジウシーニョ  前田
 船谷           西
   山本(康)   那須
山本(脩) イ・ガンジン 大井 駒野 
       川口

10100302

前半4分西→駒野のクロスをジウシーニョがフリーでヘッドもミートせず。
5分ジウシーニョが倒され、駒野のFKは壁に阻まれる。
7分西からのパスを船谷がヒールでコントロールした際にボールを奪われる。
山本(脩)が簡単にボールを奪われるも、イ・ガンジンがカバーに入る。
再び山本(脩)がボールを奪われ、相手の右クロスはファーに流れて助かる。

川口が「脩斗(落ち着け)!!」と指示。
予想はしていたとはいえ、いきなりのミス。サポも「脩斗、脩斗!」と何度もコール。

10100303

8分狩野のミドルは枠の上に外れる。
12分船谷の右FKをファーの古賀がドンピなヘッドでゴール!もファールの判定。
15分山瀬のドリブル突破から中村がキープ。西と船谷でボールを奪う。
17分天野と兵藤のワンツーをカットした船谷がボールを持ちすぎて奪われる→
相手の右クロスはラインを割って助かる。

19分船谷のトラップが大きくなり、那須がカバー。
西のパスは前田に合わずGKキャッチ。ジウシーニョがファーでフリーだった。
20分松田がロングシュートを狙うも左に外れる。
26分ジウシーニョ→前田→西→駒野のクロスを山本(康)がヘッドも左に外れる。
29分ジウシーニョが強引にシュートを狙うも枠の上。

32分駒野の右FKからこぼれ球を西がシュートも右に外れる。
33分ジウシーニョがサイドチェンジパス→駒野からのボールは前田におさまらず。
35分後ろからDFにいった古賀にイエローカード。中村のFKは壁が阻止。
39分中村の左クロスはラインを割る。
41分山本(康)のスルーに船谷が抜け出すもGKキャッチ。

43分中盤でボールを失い、古賀が後ろから山瀬を倒してしまいイエローカード。
2度目の警告で退場。超スピードでピッチを去る古賀。
中村の左FKは前田がヘッドでクリア。山瀬のクロスもクリア。
45分前田の落としを船谷がシュートもGK正面。
ロスタイム1分、前半0-0で終了。

ハーフタイム、大井が準備。
ナビスコ杯川崎F戦でも調子が良かったので、不安は特になし。

10100304

浜北西高吹奏楽部のマーチングバンド演奏。

10100305

サブメンバーが楽しそうに鳥かご。
八田、金沢、成岡、上田、菅沼、荒田。

10100306

後半開始から船谷→大井に交代。
横浜は長身FW長谷川から小柄FW17歳の小野に交代。

10100307

後半は数的優位に立った横浜の猛攻が続く。
2分中村→山瀬のシュートを川口がナイスセーブ。
山瀬の折り返しを小野がダイレクトシュートも右に外れる。
9分ジウシーニョが激しくチェックでイエローカード。次節出場停止。
狩野のミドルは再び枠の上に外れて助かる。

13分山本(康)がボールを奪いドリブル突破。
そして左サイドを駆け上がるジウシーニョへパス。
ジウシーニョはDFをかわしてシュートも大きく枠を外してガッカリ。
西→菅沼に交代。

10100308

14分山本(康)のパスミスから山瀬→小野が大井をかわしてシュートも枠の上。
15分駒野の右FKからこぼれ球を菅沼がクロスを入れるもラインを割ってしまう。
ことごとく相手のシュートが枠外で、クロスも合わず助かる。
相手セットプレーが続くも全員でしっかり守備。
22分狩野のミドルはまたまた右に外れる。

24分前田が頭から競りにいった際、栗原が足を高く上げ危険なプレー。
猛抗議した柳下監督は怒ってスーツを脱ぎ捨てる。
26分菅沼のカットから前田がドリブル突破で前線へ。
左を菅沼、右をジウシーニョと那須が走るも、
前田が自らシュートを狙うもDF2人に阻まれてしまう。

10100309

27分右サイドで前田がキープ→前線へ走り込む山本(康)へのパスは通らず。
29分狩野のヒールパス→山瀬→中村のシュートを川口が右手1本でセーブ。
中村の左CKから天野のシュートは枠の上。
32分山本(康)→成岡に交代。
33分ジウシーニョがエリア内で粘ってDFを交わし→成岡のシュートはブロックされる。

36分中村→山瀬のシュートは枠の上。
ジウシーニョからのパスに菅沼が中央に抜け出すもDFに阻まれシュート打てず。
37分中村のCKはクリアするも、セカンドボールが拾えず。
菅沼のクロス、山本(脩)のクロスも精度が悪くつながらない。
40分山瀬→坂田が裏に抜け出しシュートも、枠の上に外して助かる。

41分ジウシーニョのミドルがDFに当たって後半初めてのCKのチャンス。
駒野の左CKから前田のヘッドはクロスバーの上に外れる。
43分菅沼がクリアミス→天野のクロスから端戸のヘッドは外れる。
天野のクロスを栗原がヘッドも外れる。
川口が右足内転筋の違和感からイ・ガンジンにゴールキックを任せる。

ロスタイム3分の表示。
菅沼が倒されFKのチャンスも、駒野の左FKはGKが直接キャッチ。
駒野の大きなクロスから菅沼がフリーでシュートもGKセーブ。
駒野のクロスから菅沼がファーサイドでヘディングシュート。
歓喜の決勝ゴールか!?と思いきや、オフサイドの判定でノーゴール。

10100310

残り時間わずかで中村のクロスが入るも栗原のファールでピンチを逃れる。
粘り強く守り切り、スコアレスドローで試合終了。

10100311

前半は磐田ペース、後半は横浜ペース。
それでも終盤はカウンターからチャンスもつくりワクワクしました。
10人で何とか勝ち点1。お疲れ様でした。

10100312_2

地元の祭りで道路が渋滞。
シャトルバスの駅到着が遅れたため、16:31発には間に合わず、
16:50発の電車で帰宅。

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »