« シフォンケーキ | トップページ | 種ありピオーネ »

2010/08/20

第19節 神戸戦 3-2

やっと、やっと勝つことができました。3ヶ月ぶりの勝利で13位に浮上。
まだまだ安心できる状況ではないのですが、
リーグ戦再開後の初勝利ということで素直に嬉しかったです。

アウェーの山形戦、大宮戦は同じような展開。
前半パスを回してボールを保持しても、引いて守る相手を崩せずノーゴール。
後半は運動量がガクンと落ちて防戦一方。交代選手もパッとせず。
遠征された皆さん、猛暑の中お疲れ様でした。

そして、ようやくジウシーニョをFWに戻してのホーム神戸戦。
ところが立ち上がりCKのこぼれ球をダイレクトで決められ失点。
後手後手ながら2点のビハインドを前半の内に追いつくことができて良かったです。

後半8分の西のゴールで勝ち越した後は、スタンドの応援がさらにヒートアップ。
残り時間がたっぷりあったため、失点しないことが重要。
ジュビサポ全員が守りたい、勝ちたいの気持ちでいっぱいだったはずなのに、
交代選手が出てくるたびに隣の席の男性がネガティブな言葉を発するのでイライラ。

ネガティブな言葉は周りにもマイナスのエネルギーを流すので止めて欲しいです!
その男性が発するマイナスのエネルギーにも負けず、前田のPKが決まったことも、
逆転勝利できたことも嬉しい限り。

■8月18日(水) 観衆8,049人(ヤマハ)

自宅をのんびり出発し、スタジアムには18時過ぎに到着。
3月のファン感以来2度目、「くるり」のロールピザ(400円)を買ってみました。
種類は同じくトマトとバジルのマルゲリータ。
バジルの生葉入り。以前より具が充実して、とても美味しかったです♪
追加で購入したライスランドのツナおにぎり(100円)も満足な味でした。

選手がアップに登場。
那須選手の投げたサインボールが目の前に飛んできたのですが、
隣の親子が必死に飛びついていました。良かったですね。

選手入場。
かごしま親善大使から那須キャプテンに花束贈呈。

10081801

駒野選手がC大阪戦でJ通算250試合出場を達成。
家族からお祝いの花束贈呈。

10081802

同じくC大阪戦でJ通算100試合出場を達成した菅沼選手に花束贈呈。

10081803

ジウシーニョがFWとして先発復帰。

 ジウシーニョ  前田
船谷            西
    上田   那須
パク イ・ガンジン 大井 駒野 
       川口

10081804

前半2分サイドから崩され、抜け出したイ・ジェミンをイ・ガンジンと大井が対応し
何とかCKに逃れるも、3分右CKのこぼれ球をポポに拾われミドルシュートで失点。
4分前田のスルーパスからジウシーニョのシュートはGKセーブ。
11分エジミウソンがドリブル突破からシュートも川口がキャッチ。
12分イ・ジェミンにも簡単にシュートを打たれ、川口が怒鳴る。神戸に押し込まれる展開。

15分駒野のクロスは前田の前でDFにクリアされる。
17分船谷のサイドチェンジパスが大きくなり、西が追いつけず残念。
20分駒野→西が2人のDFをかわしながらエリア内に進入し右足シュートで同点。
相手にフリーでミドルシュートを打たれ、再び川口が怒鳴る。「(チェックに)行けよー!!」
24分ジウシーニョのキープから西がヒールパス→上田のシュートは左へ外れる。

10081805

スローインのボールを奪われると、エリア内に抜け出したイ・ジェミンをパクが倒しPK。
31分ポポにPKを決められ失点、1-2と再びリードを許す。
パクが勢いよくドリブル突破→前田がゴール前に抜け出すもオフサイド。
33分相手CKのこぼれ球をジウシーニョが奪い、船谷→前田で速攻をしかけ、
西のクロスに前田が飛び込み倒されるもファールなしとの判定。

大井→パク→ジウシーニョの左クロスが北本の腕に当たりハンドの判定。
神戸の選手たちの邪魔が入るも集中する前田。

10081806

36分前田がグラウのようなステップからど真ん中にPKを決めて2-2の同点に。
GKの動きを見て途中で蹴る方向を変えたらしい。

10081807

振り返ってコールに応える前田。

10081808

39分イ・ジェミンの浮き球パスからポポに抜け出され、川口が飛び出しキャッチ。
ピンチを救うもポポと激突した川口が倒れ込む。
昨年のケガが頭をよぎり、トレーナーが急いで川口の元へ走りチェック、プレー続行。
42分船谷のシュートは枠の上に外れる。
44分駒野のクロスに前田がヘッドで狙うもGKにキャッチされてしまう。

川口が自ら×のサイン。八田がユニに着替えて準備。
ロスタイム船谷がドリブル突破から倒されるもファールなし。
イ・ガンジンがボールを奪いパスを送るも、前田が反応できず奪われる。
西がボールを奪い返そうとスライディングもイエローカードで累積4枚目。
三原のミドルシュートが大きく外れたところで前半終了。

川口は神戸の菅野コーチに肩を借りて歩き、そして足を引きずりながら控え室へ。

10081809

「鹿児島デー」のハーフタイムは、「おいどんくん」と「さくらじまん」が登場。

10081810

高宮杯全日本ユース選手権に出場するジュビロ磐田ユースの激励会。
再開後いまだ勝利がないトップチームを
「僕たちが盛り上げていきたい」と反対に和久田キャプテンに激励されてしまいました。

10081811

控え組が鳥かご。
金沢、古賀、菅沼、山本(康)、成岡、山崎。

10081812

後半開始から川口→八田に交代。
経験を積んできた八田なので安心して見ることができました。
らしいキックミスが1回あったものの、落ち着いてプレー。

10081813

2分駒野→前田→上田→船谷のシュートはGKセーブでCKに。
イ・ジェミンを大井が体を入れて抑え込む。
6分中盤でボールをつなぎ、駒野のクロスをジウシーニョがニアでヘッドもGKセーブ。
8分パクのクロスをGKパンチでセーブ→こぼれ球を拾った西が冷静に
「エイッ!」とシュートを決めて勝ち越しゴール。

10081814 

3-2とリードしたここからが非常に長かった・・・
2階席から「健太郎、集中!!」の声が何度も。

相手の波状攻撃をブロックし守備を固めながらカウンター狙い。
ポポのシュートを八田がセーブでCKに逃れる。
交代して入った都倉のヘッドは外れて助かる。
20分ボールを奪いジウシーニョがドリブル突破→上田のミドルシュートはGKキャッチ。
22分西→山本(康)に交代。

23分前田のキープから駒野のシュートは力なくGKキャッチ。
24分ジウシーニョ→山本(康)が右サイドで仕掛けてシュートもサイドネット。
25分ジウシーニョ→山本(康)がサイドを駆け上がりCKのチャンス。
27分ジウシーニョが慌ててミドルシュートを狙う。
名波の解説によると、相手DFを下がらせるためにもドリブルでキープすべきとのこと。

28分こぼれ球を競りにいった船谷が倒れるも相手FKに。ポポのFKは枠の外。
35分山本(康)がドリブル突破からクロスも前田の前でDFクリア。
38分船谷→成岡に交代。
40分ドリブル突破したパクに蹴りを入れた石櫃が一発退場となり数的優位に。
FKはパクとジウシーニョでキープ。

44分成岡が後ろから倒されFKゲット。成岡が倒れ込んだまま起き上がれず。
担架に乗ってピッチの外へ。ここでなぜか成岡にイエローカード。遅延行為???
ロスタイム5分の表示。
ボールキープした前田が倒されFKゲット。駒野のFKは壁に阻まれる。
いつの間にかピッチに戻った成岡のシュートは右に外れる。

無事にロスタイムが過ぎ、3-2の逆転勝利で試合終了。
ようやくつかんだ勝利にホッとひと安心。

10081815

いわしんマンオブマッチは、もちろん2ゴールの西選手。
「鹿児島デー」の最優秀選手賞も獲得し、鹿児島産の黒豚もゲット!

10081816

勝利チーム賞として、みかんジュースを受け取る那須キャプテン。
柳下監督には焼酎セットのプレゼント。

10081817

勝利後の恒例イベントは、2階席から眺めるだけ。
淡々とハイタッチをしていく選手もいる中、
ゴール裏サポと笑顔全開でハイタッチする大井選手。
那須キャプテンも体全体で喜びを表現していました。

10081818

最後に全員で横一列に並んでご挨拶。
次も勝ちたいね!

10081819

ワッショイ!で盛り上がる中、階段を下りてスタジアムの外へ。
すると偶然にも久しぶりに、あるジュビサポさんと遭遇。

勝ち点が増えず心配している私に「大丈夫だよ!」と励ましの言葉。
そして選手もサポも自信を失っているとのこと。

残留争いの時の強烈なイメージが抜け切れないのか、
選手をイマイチ信用できないのか、最近は負ける恐怖と戦いながらの観戦ばかり。
いけませんね~、反省です。

とりあえず安心できる順位に上がってもらって、昔のようにサッカーを楽しみたいですね。
ワクワクするプレー、感動できる試合もいっぱい見たいです。

|

« シフォンケーキ | トップページ | 種ありピオーネ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シフォンケーキ | トップページ | 種ありピオーネ »