« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/22

完熟待ち

今日は午前中にJA静岡市・北部じまん市の開店4周年記念イベントへ。

新聞の折込広告の影響か、新茶の詰め放題には驚くほど長い行列が!

野菜の詰め放題、用宗の釜揚げしらす、ちりめんも大人気でした。

そしてJA沖縄による特産品の試食販売コーナーもあり、

パッションフルーツ(5個 350円)、ピーチパイン(500円)をお買い上げ。

どちらも完熟を待ってからのお楽しみです♪

パッションフルーツ・・・表面の皮がシワシワになって香りが強くなったら食べ頃。

ピーチパイン・・・果肉が白くて甘い。表面の皮が黄色くなって香りが強くなったら食べ頃。

100522

午後から札幌の試合(アウェー徳島戦)をスカパー観戦。

横パスが多い、連動した守備ができていないと解説者から何度もダメ出し。

見所がなく、90分がとても長く感じました。

結局0-0で終了するも、負けなくて良かった試合でした。

| | コメント (0)

2010/05/18

第12節 川崎F戦 3-1

期待しても、あっさり裏切られることが多いので、最近はある程度
覚悟して試合に臨むのですが、3位の川崎に勝っちゃいましたね。
特に前半は完璧に近い形だったので、さらにビックリ。
やっぱり試合の入り方、先制点が大事ということですね。

これでガンバ大阪、浦和、広島、川崎Fという強豪チームに勝利し、
暫定ながら10位でリーグ戦の中断期に入り、ホッとひと安心。
下位との勝ち点差が開いていないので、あくまでも取り合えずですが。

ところで駒野選手はドイツ大会にも出場していたんですね。
このところ日本代表に関心がないことがバレバレですが、
川崎F戦での駒野選手は攻守に渡ってキレキレなプレーが目立ち、
W杯に向けてモチベーションがグーンとアップしたのでしょうね。

そして代表23人の中には選出されなかったものの、前田選手のキープ力、
シュート力は半端ないです、感動ものでした。
守備が安定していると、スタジアムに行く楽しみが出てきます、よ、ね?

■5月16日(日) 観衆14,760人(ヤマハ)

まだ2分咲きでしたが、島田のバラ園に立ち寄ってからスタジアムへ。
フリーゾーンのチケットが完売ということで、早めに席を確保。
選手がスタジアムに到着し、サポーター(事前募集)がハイタッチでお出迎え。

10051601

お帰りなさい!
昨年7月に右ひざを大ケガ。ブラジルに帰国し、8月に手術。
長く辛いリハビリ生活から復帰したジウシーニョに温かい声援が送られました。

10051602

サイン会は川口と松浦。ジュビロプラッサは今年最高の賑わいでした。
売店も行列ができているなんてビックリ。
メインスタンド裏側の「かどや」さんで、バナアイスを買って席に戻ると、
あら残念、主人が席を離れていたのでバナアイスは独り占め♪

10051603

選手がアップに登場。
成岡選手が投げたサインボールがまたまた目の前に!
前列の小学生たちに向かって投げたようで、お母さんが見事キャッチ。
控えメンバーは竹重、大井、金沢、成岡、山本(康)、船谷、荒田。

10051604

ダッシュを何度も繰り返し、いつもより念入りにアップを続けていた前田。
代表入りは期待していなかったと言っていたものの、(思っていても言っちゃダメ)
やっぱり心の中では相当な悔しさがあるのね。
ジュビサポも同じ思いです、精一杯の前田コールで声援。

10051605

選手入場。
両チームのW杯代表メンバー7名に花束贈呈。
川口、駒野、イ・グノ、中村、稲本、川島、鄭 大世。

10051606

ジウシーニョが10ヶ月ぶりに公式戦復帰し、いきなりの先発出場。

     イ・グノ 前田
ジウシーニョ         西
        上田
        那須
パク イ・ガンジン 加賀 駒野
        八田

10051607

那須キャプテンがコイントスで負けたため、通常のエンドでスタート。
神戸戦でジンクスは破れたため、気にしな~い。

10051608

前半2分イ・グノからパスを受けた前田が右サイドでキープ→
駒野のピンポイントクロスをジウシーニョが頭で合わせて先制ゴール。

10051609

ベンチにいる仲間の元へダッシュして、みんなから祝福を得た後、
メイン席の家族へ喜びのポーズを。
わずか2分で復活ゴールを決めたジウシーニョ!!
頼もしい選手が戻ってきてくれました。

10051610 10051611

3分稲本→鄭 大世→中村→黒津が裏に抜け出すも、駒野が素早くカバーに入る。
5分前田が相手DF3人に囲まれながらもキープ。
6分中村からレナチーニョへのパスは駒野と西がしっかりブロック。
神戸戦では全くできなかったコンパクトな守備で相手をマーク。
カバーリングもOK。

10分西がボールを奪い→イ・グノが右サイドのライン際までドリブルで持ち込み、
巧みな切り返しからクロス→ファーサイドの前田が頭で押し込み2点目。

超攻撃的な相手に対し、2点のリードをどこまで持ちこたえられるか。
もっと貪欲に追加点を!

10051612

11分駒野のクロスを前田がヘッドもクロスバー直撃→イ・グノのヘッドはGKセーブ
→こぼれ球をジウシーニョが狙うもゴールならず。

17分駒野の低いクロスを前田がニアで飛び込むも触れず残念。
18分駒野の縦パスにイ・グノが抜け出すもGKキャッチ。
22分西→前田→西がダイレクトでシュートも右に外れる。

29分イ・グノが右サイドで仕掛けるもDF2人に阻まれる。
相手の縦パスを那須がスライディングでカット。
40分相手ゴールキックから前線へのボールはイ・ガンジンと加賀がしっかりマークし、
西もカバーに入り相手に仕事をさせず。
イ・グノが1人で打開しようとボールを持ちすぎて奪われてしまう場面が目立つ。

44分中村→黒津のシュートは右に外れ、小宮山の左クロスも枠の上。
ロスタイム1分、前半はペースを握り相手を圧倒、2-0で終了。

後半開始から川崎は2人同時にメンバーを交代。
鄭 大世→ヴィトール ジュニオール、稲本→楠神に交代。

後半4分イ・グノがボールを奪われ、ジュニオールがドリブル突破
→黒津の左クロスをレナチーニョに決められ失点。2-1と1点差に。

5分パクがドリブル突破→こぼれ球をイ・グノ→駒野→西→前田に合わず残念。
パクが楠神に体をしっかり寄せてハードな守備。
那須がボールを奪い左サイドへパス→ジウシーニョが走るも追いつけず。

10051613

7分ジュニオール→レナンチーニョがシュートも右に外れる。
判定に猛抗議したレナンチーニョにイエローカード。
こぼれ球を拾えなくなり、相手の反撃が続き我慢の時間帯。
西のプレスでGK川島がミス。
10分森のドリブル突破をジウシーニョが阻止し、ファールの判定。

13分ジウシーニョの突破を今度は森が阻止し、イエローカード。
金沢が準備を始めたものの、急きょ交代を変更。14分ジウシーニョ→成岡に交代。
成岡のクロス→右サイドに流れた前田→上田のクロスはイグノに合わず残念。
18分成岡のパスからイ・グノが抜け出すもGKキャッチ。
21分前田→右に流れたイ・グノの折り返しを走り込んだ成岡が合わせ追加点。

成岡らしいゴールで3-1と突き放し、チームメートも駆け寄り祝福。
先発から外された悔しさからか、胸のエンブレムをつかんで猛アピール。
ジウシーニョとの違いを、ベンチから見てぜひ感じ取ってね。

10051614

この日はアウェーサポが何台ものバスで応援に駆けつけ、
さらに招待客による動員のおかげでバックスタンドとゴール裏2階席はいっぱい。
入場者数が14,760人と発表されると、スタンドから拍手が沸き起こりました。
サポーターも観客数を気にしているんですよね。

10051615

26分CKのこぼれ球を西がシュートもブロックされ、
相手の速攻を阻止したイ・ガンジンにイエローカード。
29分西→金沢に交代。上田→那須のミドルシュートは枠の上。
加賀がボールを奪い→イ・グノが仕掛けてCKのチャンス。
30分上田の右CKからこぼれ球をパクがダイレクトシュートも右に外れる。

33分イ・ガンジンがボールを奪い、前田がドリブルで持ち込み、オーバーラップした
イ・ガンジンがシュートもGKキャッチ。

35分駒野のクロスからCKのチャンスは生かせず。
39分パクのドリブル突破を黒津がファールで阻止。
前田のキープからパク→成岡が倒されFKのチャンス。

10051616

40分金沢のファールでFKを与えてしまうも、相手FKはラインを割って助かる。
前田とイ・グノで時間稼ぎのキープ。
相手の攻撃がジワジワと続くも体を張って守る磐田。
ロスタイム1分、パクが守備にいきファールの判定。
怒った森がパクに詰め寄り、ジュニオールやイ・グノも参戦し不穏なムードに。

両足を負傷しているパク→山本(康)に交代。
森がパクに早く出ろ!とイライラを募らせる。
ロスタイム3分、3-1で試合終了。

10051617

勝利の後は、サポーターとハイタッチするのが恒例に。
そしてメイン席にはタオマフのプレゼントも。

10051618

いわしんマンオブはジウシーニョ選手。
サポーターの温かい声援が力になったと感謝のメッセージ。

10051619

ジュビロ君&ジュビィちゃんも一緒に勝利のダンス。
肩組んでゲットゴールも。

10051620

菊川IC付近の事故による渋滞で約1時間のノロノロ運転が続いたため、
牧之原SA(上り線)のレストランで夕食。
川崎サポのバスも停車し、SAは水色ユニで溢れ返っていました。

牧之原SAの上り線で、今回いいものを発見。
自由にトッピングしてオリジナルパフェ(680円)が作れるコーナーがあり、
ぜひ機会があったら利用してみたいです♪

| | コメント (2)

2010/05/14

グリーンベル

昨日のkazaru倶楽部のレッスンは、リング状のオアシス使ったテーブルアレンジ。

四方から見えるように通常は低めに丸くなるように挿していくのですが、

玄関に飾るため、あえて凹凸をつけてアレンジ。

先生のアドバイスで、バラとガーベラを3本ずつグルーピングで。

1005131

今回の注目すべき花材は、グリーンベル。

ナデシコ科で和名をフウリンカ(風鈴花)。

白い花が咲き終わると茶色くなるので、やさしく摘み取れば

風船状のガクだけでも可愛らしい表情を出してくれます。

1005132

・バラ(アップルティ)
・ガーベラ(ツーステップ)
・スプレーカーネーション(ロイヤルグリーン)
・セダム
・アイビー
・レモンゼラニウム
・グリーンベル
・リボン

(花材費+器代 3,500円)

1005133

この写真だけ一眼デジカメで撮影。

ん~イマイチ。マニュアルをしっかり読まないと。

| | コメント (0)

2010/05/13

第10節 広島戦 2-1

連勝を狙ったはずの神戸戦(0-3)があまりにも酷すぎて、広島戦の喜びが半減。
やる気が薄れて更新が遅くなってしまったというわけではなく、
ただ単に忙しかったという理由だけなんですけどね。

ということで今更ですが、広島戦の様子を簡単に。

■5月5日(水・祝) 観衆12,020人(ヤマハ)

ギリギリに到着したこともあり、フリーゾーンの空席が少なくて焦りました。
選手がアップに登場。
成岡選手が投げたサインボールが目の前に飛んできたのですが、
つい避けたしまった自分に思わず苦笑い。
後ろの席の人が嬉しそうにゲットしていました。

10050501

西が休養のため、船谷が先発。

     イ・グノ 前田
 船谷          成岡
        上田
        那須
パク イ・ガンジン 加賀 駒野
        八田

那須キャプテンが、いつものようにエンドを右に選んで試合開始。
勝てるかも~♪(ゲン担ぎは神戸戦で終了か?)

10050502

こどもの日ということで、久しぶりに多くのサポーターが駆けつけました。
前半2分加賀がボールを奪い→イ・グノがDFに阻まれシュート打てず。
4分相手ロングボールに山岸が抜け出し、佐藤→森崎(浩)のシュートで失点。
立ち上がりは相手がボールを支配。
10分相手スローイン→高柳→こぼれ球を佐藤がシュートも八田がセーブ。

10050503

13分パクがドリブル突破→駆け上がった船谷のクロスはDFに当たりCKに。
船谷のCKのこぼれ球を那須がシュートも枠の上。
18分上田の縦パス→中央で成岡がつぶれ、拾った船谷のシュートはブロックされ、
こぼれ球をイ・グノがシュート→弾いたボールを前田がヘッドで押し込み同点。

前田の長男誕生を祝って、サポーターも一緒に“ゆりかごダンス”。

10050504

相手のプレッシャーが弱く、この時間帯のポゼッションは磐田。
20分パクのドリブル→前田がイ・グノとのワンツーからGKとの1対1を止められる。
21分那須がボールを奪い→前田→イ・グノのクロスに那須がヘッドも左に外れる。
23分上田がボールを奪い前線へパス→イ・グノのシュートは枠の上。
30分佐藤のポストプレーから槇野のミドルがクロスバー→八田の体に当たりCKに。

42分パクのクロスをイ・グノが落とし、船谷がダイレクトシュートも枠の上。
船谷→イ・グノのシュートはブロックされてしまう。
ロスタイム1分パクがドリブルで中央に切れ込むとボールを奪われ、
奪い返そうとしてイエローカード。
11対3とシュート数で圧倒し、前半1-1で終了。

ハーフタイムはジュビロ君&ジュビィちゃんが鯉のぼりを持ってグランド1周。
もう少し工夫があってもいいんじゃないのかな。

10050505

後半スタート。
2分成岡がミドルを狙うも枠の上。

10050506

9分上田→船谷→イ・グノ→船谷→イ・グノのシュートはブロックされる。
10分イ・グノがボールを奪って中央へパス→前田が巧みなフェイントでDFを交わし
左足シュートで、2-1と逆転。

10050507

13分加賀がオーバーラップ→パクがボールを奪われ、加賀がフォローに行き
相手を倒してイエローカード。
相手FKの場面で足をひきずりながらも壁に入ろうとしていた成岡でしたが、
前のプレーで足を痛めたため、成岡→山本(康)と交代。
相手FKは壁でブロック、跳ね返りをパクが拾ってカウンターを狙うも倒されFKに。

パクから上田へのパスを奪われ、那須がファールで阻止。
パク→イ・グノの左クロスを前田が落とし、船谷のシュートはブロックされる。
20分山本(康)がボールを奪いカウンター→イ・グノのドリブルシュートはポスト。
1点リードでベンチが動く。ボードを使って金沢に指示する監督。
21分船谷→金沢に交代。

10050508

24分那須が相手の反撃をファールで阻止しイエローカード。
ゴール前をブロックで固め、しっかり体を寄せて守る磐田。
27分服部の左クロスに佐藤が飛び込みボレーシュートも外れて助かる。
前田→山本(康)がゴール前に飛び込むも、GK西川が飛び出し山本(康)と交錯。
西川にイエローカード。

その左FKをイ・グノが直接狙うも壁に当たり、こぼれ球をパクがシュートも枠の上。
33分駒野のクロスにイ・グノがヘッドもGKにセーブされてゴールならず。
39分パクのシュートのこぼれ球を金沢がシュートもポストに当たり、
そのこぼれ球を右サイドからイ・グノがシュートも枠の上。

近づいているとは思うのですが、イ・グノのゴールがどうしても決まりません。

10050509

後半44分、スタンドは「ジュビロオレー、ジュビロオレー♪」の大合唱。
細かくパスをつないでキープ。
ロスタイム1分イ・グノ→荒田に交代。
ロスタイム3分、2-1のまま試合終了。
とびきりの笑顔で喜びを分かち合う選手たちでした。

10050510

いわしんマンオブは2ゴールを挙げた前田選手。

10050511

選手たちはバックスタンド最前列、そしてゴール裏1階のサポーターとハイタッチ。

10050512

勝利の後に何かやるのかなと一瞬期待したのですが、何もありませんでした。
ワッショイやゲットゴールは、選手と一緒にやれば楽しいのにね。

10050513

| | コメント (0)

2010/05/07

なんじゃもんじゃ

すでに写真を撮ってきていたのに、静岡新聞に先を越されました(苦笑)。

静岡市の城北公園内に植えられているモクセイ科のヒトツバタゴ、

別名「なんじゃもんじゃ」と呼ばれている珍しい木。

話には聞いていたのですが、実際に見るのは初めて。

どんな花が咲いているのか、4日の午後に確かめに行って来ました。

10050401

真っ白な花がモコモコと、まるで雪が積もったように咲いていました。

10050402

細長い4枚の花びら、そんな小さな花が徐々に密集して咲いていくようです。

10050403 10050404

*「なんじゃもんじゃ」の名の由来

水戸黄門が神崎神社の大木(御神木)をご覧になり、「この木はなんじゃ?」と尋ねられ、
その土地の人が聞き取れずに「なんじゃもんじゃ?」と問い返したところ、
黄門様は木の名と勘違いし、「なんじゃもんじゃであるか」と言われたことから、
それ以来、この御神木を「なんじゃもんじゃ」と呼び、大切に保護している。

長崎県対馬市、岐阜県、愛知県、長野県の木曽川流域のみに自生する落葉樹。
公園内に植えられている木は、昭和59年に明治神宮外延と
岐阜県端浪市の篤志家から譲り受けたもの。

10050405

藤棚の下に立つと、とても甘い香りがしました。

車で通り過ぎることが多い公園ですが、

来年こそは桜の時期にも、ぜひ散歩したいと思います。

| | コメント (2)

2010/05/06

甲府遠征

GWは試合が立て込み、さらに2チーム分となると、
録画を見直す時間さえありません。ハイライトを見るだけで精一杯です。
出番がなかった試合は、サクッと削除でいいのかな?

先週の木曜日は甲府まで行って来ました。
岐阜戦に続き、2回目の札幌の応援でしたが、またまた完敗。
パスミスのオンパレード。出し手と受け手の意思疎通がなし。
セットプレーの失点も相変わらずで、残念な結果となってしまいました。

昨日はヤマスタから携帯で速報チェック。
2日のアウェー・熊本戦に続き、5日のホーム・東京V戦もスコアレスドロー。
失点はなくなったものの得点が取れず、厳しい試合が続いていますね。

■4月29日(木・祝) 観衆11,779人(小瀬スポーツ公園陸上競技場)

静岡8時17分発の特急ふじかわ1号(3両)でGO!
甲府駅で東京組の皆さんと合流し、レンタカーでシャトレーゼ・ベルフォーレワイナリーへ。
垣根式ブドウ畑を見下ろす展望台から南アルプス連峰が一望。
朝からの雨が止んで、晴れ間が見えてきました。

10042906

まず最初にミニシアターでワインとローマンガラスの歴史に触れた後、
製造工場、ワインセラーをさっと通り抜け、一気に展望ハウスへ。
ワイン、スモークチーズ、チーズケーキ、アイスを無料で試飲・試食。
赤、白と7種類ぐらいのワインを次々と試飲させていただきました。

お土産は、1番最初に試飲した無添加わいん(1,000円)。
甘口でフルーティーな香りの赤ワインで、酸化防止剤無添加。
「開封後は速やかにお飲み下さい」・・・
美味しくて、あっという間でした。

10042907

開門時間(13時)に間に合うようにスタジアム入り。
昼食はスタジアムグルメに。

甲府サポさんが多く並んでいたので、吉田のうどんをチョイス。
具がたっぷり入った上に、揚げ玉と辛味は自由にトッピング。
最初に600円支払って、器を返却すれば100円が戻ってくるシステム。

10042908 10042909

馬肉が入った、うま丼も甲州名物らしい。

10042910

札幌の選手がアップに登場し、ゴール裏サポーターに挨拶。
そのアウェーゴール裏の中に見慣れた顔も発見!
やっぱり中山さんに会いに来たのね。
メイン席には東京からのバスツアー組30人(ジュビサポ)も。

10042911

柏戦、水戸戦と2試合続けて出場機会なし。
そして甲府戦も近藤の1トップということで、試合前のアップが大事です。
テンションが一気に上がりました。

10042912 10042913

選手入場。

スタメンは

     近藤
岡本  宮澤  藤田
  上里   芳賀
岩沼 石川 藤山 堀田
     高原

控えは佐藤、西嶋、李、砂川、古田、キリノ、中山。

10042914 10042915

前半途中、控えメンバーがアップを開始すると、
携帯のカメラで中山選手の動きを追う人が目立ちました。
なるべく目線はピッチへ向けようとしたのですが、やっぱり目の前に来るとね~。

10042916

前半16分、岡本がボールを奪われ相手のカウンター。
藤田のスルーパスからマラニョンに決められ失点。
33分に相手CKから秋本のヘッドで2失点目。前半0-2で終了。

ハーフタイム、控えメンバーが登場。
砂川が呼ばれ、後半の頭から出場する模様。
岡本→砂川と交代。

10042917

後半6分に上里の3試合連続ゴールが決まって、1-2。
16分またしてもセットプレーでした。FKからマラニョンにヘッドで決められ3失点目。
控えメンバーがアップを続ける中、21分堀田→キリノに交代。
1つ1つの動きが他の控え選手と違って、すべてが100%。
さらに32分芳賀→古田に交代。

10042918

交代枠が終了しても40分過ぎ位まで、1人アップを続ける中山選手。
44分、近藤→上里のスルーパス→キリノがシュート→GKと交錯しボールが転がる。
中山選手だったら倒れ込みながらも体で押し込んでいたかも!
ロスタイム1分、パウリーニョの右クロスをマラニョンがボレーで決めて4失点目。

10042919

今季最悪の試合内容で、1-4の完敗。
サポーターからのお説教が長く続いていたのも驚いたのですが、
それを選手たちがしっかりと聞いている姿も印象的でした。

メイン席から声を掛けられても、この日は振り向くことなく控え室へ。
仕方がないですね。

10042920

甲府サポが喜んでいるうちに、駐車場から無事脱出。
夕食は駅前の小作で、かぼちゃほうとう。
大きな野菜がゴロゴロ入ってボリューム満点でした。

10042921

前回、ホームが遠くて予定の列車に乗り遅れるという失敗があったので、
今回は乗り遅れると困るので早めに駅へ。
静岡行きの最終の特急18時43分発で帰宅。

新幹線と違って、特急電車の旅は味わいがあっていいものですね。
ガタン、ゴトン、ガタン、ゴトン。
車内放送の初めに流れるチャイムに、とても癒されました。

車内チャイムを集めたサイト

10042922

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »