« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/04/30

他クラブに学ぶ

昨日は札幌のアウェイ甲府戦に行ってきました。
スタジアムに着いて感じたのは活気があること!!
今の磐田に何か参考になる部分がないかチェック。

まずはチームマスコットの利用法。
開門を待つサポーターへ、マスコットがカートに乗ってイベント案内。
手書きの紙ゲーフラを掲げて登場。
「14時からライブするよ」、「ライブみにきてね」 。

10042901

そのライブでは歌に合わせキーボード、バイオリン、アコーディオンを演奏。
芸達者ぶりにビックリ!

10042902

ハーフタイムには手書きのボードを持ってグラウンドを1周。
「後半もこの調子で」、「絶対勝ち点3」。
手を振るだけより全然いいですよね。

10042903

資金集めの努力、スポンサーへの感謝が感じられること。
スポンサーの数が多く、特にバックスタンドはスポンサーの看板でいっぱい。

両ベンチの屋根はもちろん、担架にもスポンサー名が書かれていて、
(関西のクラブは当たり前かな?)
試合前にその担架を持った少年達がバックスタンドへ走り、
またメインに走って戻りスポンサー名をアピール紹介。
その担架はスポンサー看板として立て掛けておきます。

10042904

ボールボーイの紹介にも動きを入れた演出で。
お金をかけなくてもアイデア次第でできることばかりでした。

リユース食器の利用でゴミ削減。
コップだけでなく、丼の器も返却時に100円が戻ってくるシステム。
エコ活動をしっかり実行していることが素晴らしいと思います。

10042905

スタジアム内に美味しいパン屋さん。
菓子パンだけでなく調理パンの種類が豊富。150円〜200円。
大きなピザナンが200円で満足感あり。

4月29日(祝)観衆11,779人 小瀬
1万人を超えました!!

うち札幌の中山さん目当てな方は何人位来ていたのでしょうね。

| | コメント (0)

2010/04/24

名波さんのトークショー

昨夜はスポニチ愛読者 感謝の集いが、しずぎんホール・ユーフォニアで開催され、
スポニチ評論家でもある名波浩さんのトークショーへ行って来ました。
観客の反応から想像すると、やっぱりジュビサポが多かったような気がします。

テーマは「世界を知るレフティがW杯を占う!」
司会進行は静岡支局長の大西純一さん。

最近ほとんど代表の試合を見ていないので、正直なところテーマには
あまり関心はなかったのですが、ジュビロについての話題も出るかなと期待。
すると思いがけず中山さんの話題もあって嬉しかったです。

質問コーナーでは、観客の多くが知りたいと思っている質問も飛び出し、
名波さんは1つ1つ丁寧に応えて下さいました。

1004231

[対戦国について]

・3ヶ国は日本戦で確実に勝ち点3を取り、さらに日本から何点取れるかがリーグ突破のカギになるので日本が標的になると思う。

・カメルーンが日本をなめてくれて組織力でなく、個々の能力だけで90分戦ってくれれば、綻びが出る可能性も。初戦としては戦いやすいのかも。

・カメルーン戦で勝ち点を取らないと、残り2戦は厳しくなるので最低でも引き分けに。

・オランダ戦は残り30分の戦い方が重要。自分達でボールを保持している時しか休めないので、いかに自分達の時間がつくれるか。

・デンマークは1、2戦でどんな戦いをしてくるか。3戦目はW杯後の大会を見据えて若手を出してくる可能性も。

・ポジティブに考えて、勝ち点1+1+3=5。あるいは1+0+3=4。1次リーグ突破のためには初戦で勝ち点を取ることが大事。

[名波が考える日本代表メンバー]

岡田監督は1トップで2トップの考えなし。でも個人的には2トップが好きなので・・・

    前田  岡崎
本田        中村(俊)
  長谷部    遠藤
長友 闘莉王 中澤 加地
       楢崎  

・右サイドバックは内田のコンディションが問題なので経験がある加地を。本人が首を縦に振れば間違いなく入る。自分なら毎日のように電話とかメールをする。

・中村(憲)、松井、稲本。小野と小笠原のどちらかも選んで欲しいけど。

・DFは内田、駒野、阿部、岩政、牧野。GK控え2人。

・平山はなし。状況判断が悪いので。昨シーズン4点の平山が選ばれて、20点の前田が選ばれないのはおかしい。佐藤(寿)にもチャンスが。泥臭い矢野、森本、田中(達)が当落選上。

[岡田監督との思い出]

・リラックスルームでお笑いのビデオを見ていた時に後ろに気配を感じて年上の選手だろうなと思っていたら・・・。岡田監督を真似る岡村さんを見ていて「ソックリだよね~」と言い終わらないうちに後ろから頭をパコーンと叩かれた。

[代表での思い出]

・ドーハの試合は大学の1人暮らしの部屋でテレビ観戦。ウトウトして先制点のリプレイで目が覚めた。

・1998年フランス大会の最終予選突破はホッとした。終わってしまえばいい思い出ばかり。

・自分が代表に入れたのは奇跡。親孝行できた。時代も良かった。レフティーも珍しくて重宝された。加茂さんに「亀にブレーキ」と言われたほどの鈍足。

・ケガのため2002年はメンバー外。時期的に間に合ったがトルシエが選んでくれなかった。あさってトルシエと対談するけど。10番は名波→中山→中村俊輔に受け継がれた。

[余談]

中山さんとの電話ネタを披露。札幌の若手に相当いじられているらしい。

札幌からアウェー遠征に行く際、キャリーバックに鉄アレイを入れられ、
行きの空港でX線検査をそのまま通り抜け、前泊のホテルへ。
ホテルでも気づかず、試合後、帰りの空港でもX線検査を無事通過し、
札幌のクラブハウスでシャワーを浴びて、さあ帰ろう と思って
バックを開けて初めて気づいたという。

その前に若手は「中山さんはホテルでも筋トレしますよね」と色々
前振りしていたのにO型のトンチンカンは全く気づかなかったと。
クラブハウスの荷物は几帳面に整理していたのに。
磐田では考えられない。中山さんをいじっていたのはイ・グノぐらいだったので。

[W杯予想]

・優勝はブラジル。ドゥンガの堅実なサッカー。ベスト4はブラジル、イタリア、アルゼンチン、イングランド。やはり優勝経験国になる。決勝トーナメントの組み合わせも問題。ダークホースはガーナ、アメリカ、フランス。

・注目選手はメッシ、ロナウド、カカ。

[日本で鍵を握るのは]

・遠藤が心臓。1試合に60~70回ボールに触る。

[スポニチを選んだ理由]

現役時代から読むのはスポニチ。番記者さんも自分の性格を考慮して空気を読んでくれる人だった。

[解説者としての心構え]

・ライブ感、自分らしさ、臨場感を出せれば。1プレーの中の駆け引きなど。本能で動くのが中山さん。

[W杯の見所]

・自分が予想した以外の新発見を探す。冬のW杯の難しさ。標高が高い場所なのでよく飛ぶボールをどのようにコントロールするか。

[将来はJの監督]

・S級まではまだ遠いが目標はJリーグの監督。早くても再来年以降。代表監督は100%なし。岡田監督を見ていると「人間不信」という言葉が頭の中をぐるぐる回る。3日前に3人目も生まれたし、家族に迷惑をかけたくない。でも代表コーチなら考える。

1004232

*質問コーナー

[低迷するジュビロについて?](必ず聞かれる質問)

・連動性が少し欠けていると思う。トレーニングや意識付けが乏しい。ケガ人も多かった。能力を考えたらJリーグで15位のチームではない。あと10個くらい上に。

・勝ち点3を取り切る力が必要。開始5分、10分、終了間際の10分、5分のケアが大事。

・言葉で言っても解決しない。やっている選手達がどう感じているのかが1番大事。

[代表に近い選手は?]

・清水では本田、岩下。磐田は飛ばして(苦笑)。FC東京の梶山、浦和の柏木、山田直紀、鹿島の遠藤、G大阪の平井。U-19では宇佐美、原口。

・2014年大会は不安。センターバック、中盤の心臓がいなくなるので。

[足が遅いので頭を使えと言われるが]

・俺のビデオを見ろ!それは冗談だけど、ボールタッチを少なく、判断よくプレーすることが大事。ボールをはたいて動く、はたいて動けば早く見える。

*お楽しみ抽選会

サイン入りミニボール、ジュビロタオル、ジュビロTシャツ、パネル写真。

1004233

スポニチからお子様(次女)誕生を祝って花束贈呈。
締めの挨拶をして終了。
5月28日にも浜松でトークショーが開催されるようです。

1004234

| | コメント (2)

2010/04/20

オープンガーデン見学

17、18日の2日間、春の園芸市が駿府公園で開催され、昨日はそのイベントの1つ

オープンガーデン見学のバスツアーに参加してきました。

最初に向かった先は、ミュージアムカフェ「Pili Pala(ピリパラ)」。

Pili Palaとは、イギリスのウェールズ地方の言葉で「蝶々」という意味だそうです。

テラスに置かれたテーブルと椅子はユーカリ木製。

10041801 10041802

毎日、丹精込めて庭の手入れをしているご主人がおっしゃるには、

「綺麗な庭ですね」と褒めてもらうこと、そして「大変ですね」の言葉が1番嬉しいとのこと。

10041804 10041803 

樹木、草花、ハーブ、野菜が伸び伸びと育つナチュラルガーデン。

10041805 10041806

柱はディズニーランドと同じ造り。

今月のギャラリーは、「花」がテーマの絵画を展示。

手頃な価格でランチも楽しめるので機会があれば是非もう1度。

10041807 10041808

次に向かった先は、ある個人の新築住宅を訪問。

沿道を通る人達も花が楽しめるようにと、低めの塀の上に草花を植栽。

2階のバルコニーもお洒落な造りです。

プランターのサフィニアが成長すれば、フェンスに垂れ下がって咲くのでしょうね。

10041809 10041810

次の見学先へ移動。

2階はエステ&アロマのお店「ベル・エキップ」。

10041811 10041812

1階は、フレンチレストラン「セ・ラ・ヴィ」。

以前は芝生の庭だったものをナチュラルガーデンに変更。

10041813 10041814

最後に向かった先は、自分で作る食器ポーセラーツのお店「ラ・キャロット」。

築40年の一般住宅を洋風な店舗にリフォーム。

狭いスペースでも素敵な庭ができます♪という見本。

ただ花を植えるのではなく、石やレンガなど色々なガーデン資材と

上手く組み合わせることがコツだそうです。

10041815 10041816

庭の花々を眺めながら店内でコーヒーをご馳走になりました。

八重のオダマキ、フランネルフラワー。

10041817 10041818

オープンガーデン見学ツアーのつもりで参加したのですが、

実は建築屋さんの手がけた建物紹介+各店のPRも兼ねていたような。

バスで駿府公園に戻り、園芸市でフランネルフラワーとユーカリを購入。

さて、どんな組み合わせで植えましょう。

| | コメント (0)

第7節 大宮戦 1-1

追いついたことは良かったけど、今後の対戦相手を考えれば
絶対に勝ち点3を取っておかないといけない試合でしたね。
下位から脱出する上でも、非常に勿体無かったなという悔しい思いが強いです。
満足度でいえば今季1番だった横浜戦の後だっただけに、残念な試合でした。

西がシュートを大きく外しても、成岡の守備がファールになっても、それはいつものこと。
でも成岡が走っているだけで驚いてしまうってどうなのかしら。
自分の中では、それだけ珍しい光景ということなんでしょう。
とにかくこの2人が、もっと攻撃に絡んでいかないと難しいですね。
90分フルがダメなら、早めの交代か他の選手起用をお願いしたいものです。

驚いたといえばテレビ中継で見た、あの真っ赤に染まった埼玉スタ(46,313人)。
びっしり隙間なく埋め尽くされたスタンドに、ただただビックリ。
5,000人を割った水曜日のナビスコ杯の後だったので、7,030人のヤマスタでも
多く感じられたなんて言ったら笑われてしまいそうですね。
でも人数が発表された時は、やっぱりショックでしたけど。

■4月17日(土) 観衆7,030人(ヤマハ)

試合前の暇つぶしに売店巡りと、ジュビロプラッサでサイン会を見学。
川口選手の登場とあって、いつもより長い列ができ、
さらに私のような見学者の姿も多く見られました。

夕食は迷った末に、いずみ食品の辛口カレーを注文。
ところが、すでに容器の底が見えて売り切れの状態だったので、
普通のカレーの上に、その辛口カレーの残りを乗せてもらい、
海老芋コロッケと一緒に美味しくいただきました。

10041701 10041702

選手入場。
真冬並みの防寒対策をして観戦。
でも水曜日より風がなくて寒くなかったです。

10041703

ケガのため出場が心配されたイ・グノとパクが2人揃って先発。
韓国代表のコーチが視察に来ているということで強行出場か?

      イ・グノ 前田
 成岡           西
        上田
        那須
パク イ・ガンジン 加賀 駒野
        八田

またエンドを右に選んでスタート。

10041704

前半開始25秒、相手ロングボール→ゴール前でイ・ガンジンのクリアが小さくなり、
こぼれ球に走り込んだ橋本のシュートを八田が右足だけでセーブ。

イ・グノがボールを受けてキープするも、相手DF3、4人に囲まれてしまう。
簡単にはたくとか、味方のフォローが欲しいですね。
7分上田のFKからファーの那須がヘッドでCKのチャンス。

10041705

11分イ・グノが抜け出しキープ→前田→西のクロスはマトに阻まれる。
13分前田→西が足を滑らせ前田がフォロー→駒野のクロス→ニアのイ・グノに合わず。
16分加賀のファール→相手FKは右に外れて助かる。
17分駒野のクロスにイ・グノがヘッド。同時に飛び込んだ那須と重なったのか。
18分大宮の深谷が膝を痛めるアクシデント。青木と交代し、ポジション変更。

21分上田のFKをGKパンチ→こぼれ球を西がミドルシュートもヒットせず。
中盤を支配し始める。駒野のクロスに前田が走り込むもGKキャッチ。
24分イ・グノが粘って左サイドからFKのチャンス。駒野のFK→競り合いでファールに。
29分イ・グノが右サイドをドリブル突破し強烈なシュートを狙うもGKセーブでCKに。
イ・グノの突破と同時に、前田がファーに走り、成岡もダッシュで前線へ。

10041706

32分西がボールを奪われ、橋本がフリーでシュートも外れて助かる。
34分前田が巧みなトラップからミドルシュートも左に外れる。

35分那須のロングボールに成岡が走る→追い越したパクが仕掛けるもDFに阻まれる。
40分相手スローイン→相手DFが縦1本のロングボール→ゴール前の混戦から
橋本のシュートは八田が弾くも、
最後は石原に押し込まれて失点。

ワンチャンスで決められてしまい残念。ゴール前の人数も足りていたのに。
那須→駒野の右クロス→前田がファーに飛び込み、こぼれ球を成岡シュートも
DFに阻まれCKに。上田の左CKはDFクリア。
ロスタイム1分。前半0-1で終了。

ハーフタイムのイベントは特になし。
控えメンバーがボール回し。竹重、大井、金沢、山本(康)、松浦、船谷、荒田。

10041707 10041708

後半メンバー交代なし。
ボールを支配するも相手のプレスがきつく、後ろへ戻す場面あり。もっと前へ前へ!
イ・ガンジンのロングボールは長身マトがヘッドでクリア。
藤田→青木がシュートもCKに逃れる。大宮は初めてのCKでした。
加賀のロングボールもマトがクリア。八田のゴールキックもDFクリア。

10041709

10分パクがドリブル突破→こぼれ球を駒野が中央からシュートも右に外れる。
西→船谷に交代。成岡が右へ、船谷が左へ。
11分成岡がファールで相手FK→イ・ガンジンがヘッドでクリア→
こぼれ球からの相手クロスを前田がクリア。
12分こぼれ球を拾ったパクが倒されFKのチャンス。

13分上田→成岡→駒野のクロスは大きく外れる。飛び込んだ船谷に合わず。
14分右サイドを駆け上がった駒野の低いクロスを前田が頭で合わせて同点。
前田の動きが素晴らしいです!
前田のプレーを見るためにスタジアムヘ行きましょう!!

10041710

16分駒野の右FKはマトがヘッドでクリア→駒野の右CKからのこぼれ球に
船谷が飛び込みFKのチャンス。
17分上田のFKはバーの上に外れる。

10041711

20分パクがボールを奪って切れ込みパス→前田の前でDFクリアでCKのチャンス。
上田のCKはクリアされ、21分船谷の再CK→こぼれ球を駒野がシュートも枠の上。
23分成岡が続けてクロスを入れるも中央ではね返されるだけ。
25分駒野が仕掛けて抜け出そうとして相手タックルを受け倒れ込む。無事に復帰。
相手DFハンド→駒野のFKはマトがヘッドでクリア。

29分駒野のクロスを前田がDFと競り、こぼれ球をイ・グノがシュートもGK正面。
32分駒野のFKはマトがヘッドでクリア。
33分相手シュートを何度もブロックして弾き返す。
34分成岡→松浦に交代。
松浦が中央から仕掛けるもDFに阻まれシュート打てず。

40分パクが倒され→八田のFKを前田が落とすも繋がらず。
42分上田→イ・グノのシュートはGKキャッチ。
43分縦パス1本の大宮。シュートは枠を外れて助かる。
44分キープできなくなったイ・グノ→荒田に交代。
ロスタイム1分、船谷のヒールパス→右サイドから中央へ入った松浦シュート打てず。

こぼれ球を拾った駒野がドリブル突破もボールがラインを割りクロス上げられず。
ロスタイム3分、1-1のまま試合終了。
笛が鳴った瞬間、シーン!と静まり返ったスタジアムでした。

10041712

ジュビロオレのメロディで、「寒いよ~寒いよ~♪」と歌いながら階段を下りる少年達。
気持ちは十分過ぎるくらいに分かりますよ。

磐田21時31分発の電車で帰宅。

| | コメント (0)

2010/04/17

豆餅に並ぶ

静岡伊勢丹で開催中の大京都展では、16日(金)から18日(日)までの3日間限定で

出町ふたばの名代豆餅を1人1点限り/各日50点限りで販売。

整理券が14時から配布ということで、昨日は13時過ぎに8階催事場へ。

最後尾に並び店員さんに聞いたところ、43番目だったので滑り込みセーフ。

50番目に並んだ人は思わず声を上げて喜んでいました。

その後エレベーターから降りてダッシュで列に並ぼうとした人達は

すでに予定数終了の旨を店員から伝えられ、驚きとガッカリの表情。

最前列の人はいったい何時から並んだのでしょうね。

土日はさらに厳しい状況になると思われるので、金曜日にして正解でした。

行列を見ながら「並ぶなら京都へ行けばいいのに」と呟いていたオジさん、

京都のお店では開店と同時に行列ができるそうですよ。

タイミングさえ合えば、JR京都・伊勢丹や大丸で購入できる日もあるみたいですけどね。

1004164  (5個入り800円)

この豆餅は、2008年10月松坂屋の大京都展で初めて購入して以来2度目。

「本日中にお召し上がり下さい」でしたが、今日も朝食として1個いただきました。

| | コメント (0)

2010/04/16

茶っふる

静岡市の茶町通りに、お茶とお菓子のお店「茶町KINZABURO」がオープン。

開店の10時には1階の店舗に入りきらないほど多くのお客さんが詰めかけました。

11日のプレオープンも賑わったそうですが、それ以上の人気でお店の方々もビックリ。

新聞の折込広告に載っていた「茶っふる CHAFFEL」

5個セット(通常550円のところ、お試し価格450円)を購入。

天竜茶っふる、本山茶っふる、岡部茶っふる、ほうじ茶っふる、安倍川和っふる。
(100円)    (120円)     (100円)    (100円))    (130円)

中でも「ほうじ茶っふる」のクリームが香ばしくて新しい味だなと思いました。

1004161

ワッフルラスク(1枚50円)、お茶チョコレート(600円→500円)。

菓子工房をガラス越しに見学できるもの楽しいですね。

オープンフェアということで、入り口で整理券(先着100名)が配布され、

帰りにお土産(ブッセ、ようかん、お茶)もいただいてきました。

1004162

2階のフリースペースでは香り茶の試飲サービスもあり、

桜葉の香り茶、ぶどうの香り茶、クリームの香り茶の3種類を試飲。

1004163

1階の試飲コーナーで三代目のご主人(TVチャンピオンお茶通王)が

入れて下さったお茶をいただき、美味しかったブレンド茶「響」を追加で購入。

夕方のSBSテレビでもお店が紹介されたのですが、

「茶っふる」は午前中で完売したそうです。

オープンフェアは18日(日)まで。

| | コメント (0)

2010/04/15

ナビスコ杯・横浜戦 2-1

たった1つの勝利でも、こんなに清々しい気分になるものなんですね。
自分にとって半年ぶりの勝利だったので、すっかり忘れていました。
ちなみに横浜を相手に磐田が勝利したのは、
08年6月28日のリーグ戦以来、何と655日ぶりだったそうです!

前半の磐田は目を疑ってしまうほどの動きっぷりでした。
もう少し上手かったら前半のうちに追加点を決められたのですが。
後半の失点後は相手の反撃を受けて、またいつもような危ない展開に。
でもロスタイム4分を全員で凌ぎ切ることができて、ナビスコ杯初勝利。

次の大宮戦でも最初から同じように激しいプレスができるかどうかが重要なところ。
チームの勢いを持続させるためにも、また荒田が先発かな???
あの我武者羅さがいいですね。

■4月14日(水) 観衆4,886人(ヤマハ)

Dゲートでファン・ソンス君からマッチデープログラムを受け取って入場。
「お疲れ様です」。

いつもより風通しのいいゴール裏を通り抜け、
グッズ売り場で「ジュビロくんの☆手」ストラップを確認。
いったい誰が考えたのか・・・
売店の手伝いにやってきた本田君、
自分の番号が入ったグッズがなく、ちょっとガッカリした様子でした。

ヤマスタのグルメ調査。いつもは遠くて行かないバックスタンド最上段の裏側へ。
スタッフの人数の方が多く、次々と「こんにちは~♪」、「いらっしゃいませ~♪」
と挨拶されて、まるでデパートの開店直後のようでした(笑)。

公式ブログで紹介されていた、いずみ食品の「さぬきうどん」。
かけうどん、かけそば各350円、トッピングに各種天ぷら。(てまりかき揚げ200円)。
冷凍うどんを使用。つゆは関東風。底が安定した容器。ネギたっぷり。七味かけ放題。

やっぱり寒い日は熱々の麺類が嬉しいです。
夏は冷たい麺も食べたいので、ゴール裏の売店でも始めて欲しいですね。
特産の海老芋を使ったコロッケはPOP広告を書いて宣伝すればいいと思います。

10041401 10041402

控えメンバーが鳥かご。
竹重、岡田、大井、金沢、山本(康)、山崎、イ・グノ。

10041403

選手入場。
風が強く、あまりにも寒かったのでカイロを左右のポケットへ。

10041404

スタメンは駒野、船谷、荒田が先発。

      荒田 前田
 船谷           成岡
        上田
        那須
パク イ・ガンジン 加賀 駒野
        八田

ゲン担ぎなのか、再び逆のエンドでスタート。

10041405

前田vs中澤、なかなか面白い対決でした。

10041406

前半5分駒野のクロスから荒田がオーバーヘッドもGK正面。
13分相手CKから頭で合わせられるも、八田が片手1本でセーブ。
14分成岡からのパスに上手く抜け出した前田が1対1から強烈なシュート。
GKが弾いたボールに素早く反応した荒田が押し込んで先制。J1初ゴール!
残念ながら“シーサーダンス”は見逃しました。

10041407 10041408

運動量のある荒田の勢いがチームメートにも良い影響を及ぼしたのか、
全員が激しいプレスでボールを奪っていました。
38分のイ・ガンジンのイエローは厳しいというか、あれは遅延行為でなく、
タイミング的には前線へのフィードだったはず。

味方のシュートがゴール前で成岡の体に当たって外れてしまった場面あり。
試合のペースを握り、追加点のチャンスがありながらも、1-0で前半終了。

10041409 10041410

寒いー!!ひざ掛けを持参して正解でした。
ハーフタイムにホットコーヒーを買って来る人も。

10041411 10041414

後半開始から前田→イ・グノに交代。
横浜は藤田→山瀬に交代。

10041412

ジュビサポの声援を背中に受けて戦う八田。
リスタートとなるゴールキックやFKは深呼吸して落ち着いてから蹴りましょう。

10041413

後半3分パクが左サイドを駆け上がり、そのままシュート。
栗原の足に当たったもののパクのゴールと判定。2-0とリード!

10041415

ところが後半22分に山瀬の強烈なシュートが決まってしまい失点、2-1。
一瞬サイドネットの外に見えたのですが、内側に吸い込まれていました。
1点差に詰められると、ここから横浜の反撃を受けて防戦一方。

35分接触プレーで足を負傷したパク→金沢に交代。
41分荒田が積極的にシュートも枠を外れる。イ・グノがフリーでした・・・
44分船谷→岡田に交代。やっと出番が来ました。岡田は今季初出場。
ロスタイム4分を体を張って守り切り、2-1のまま試合終了。
ハイタッチして喜び合う選手達でした。

10041416 10041417

リーグ戦のガンバ大阪戦に続き、今季公式戦2勝目。
平日の夜にもかかわらず応援に駆けつけた4,886人のサポは勝ち組。

10041418

ヒーローインタビューは、先制ゴールを挙げた荒田選手。

10041419

前半のような戦いができればいいんです。次の大宮戦も頑張ってね!

10041420

パクの2点目が決勝点に!
でも足の具合が心配ですね。

10041421

バックスタンドからゴール裏へ丁寧に挨拶する荒田。

10041422

J2では当たり前、挨拶は手慣れたものです。

10041423

ゴール裏の端から端までハイタッチ。
まさに荒田祭り♪

10041424

最後までご苦労様です。
ボランティア体験の締めは、前売りチケットの案内でした。

10041425

急いでシャトルバスに乗り、磐田21時31分発の電車に間に合いました。

| | コメント (0)

2010/04/12

第6節 湘南戦 0-0

絶対に勝ち点3が欲しかった試合なのに、負けなくて良かった、
勝ち点1でラッキー♪みたいな、そんな試合内容でガッカリだった湘南戦。
相手のプレスがきついと何もできませんね。
次々と交わされてゴール前へ突進された時には悲しくなりました。
ピンチの連続に、メインスタンドから声出して応援してしまいましたよ。

昨年の7月以来、連勝が1つもないんですよね。
調子がイマイチな選手でも、スタメンから外せない特別な理由があるのかな???
それとも代わる選手がいないのか・・・。

■4月10日(土) 観衆10,406人(平塚競技場)

当初はスカパー観戦の予定でしたが、珍しく主人がアウェーの試合に行くというので
小田原まで新幹線を利用して平塚へ一緒にGO。
ですからゴール裏立ち見ではなく、今回はメインのアウェー自由席を選択。

シャトルバスを降り、桜の広場を通り抜けて4ゲートへ。
開門待ちの列は5ゲートほど長く延びていなくて助かりました。
11時30分、選手がスタジアムに到着。

10041011

名前を呼ばれるとチュホのように手を振る選手もいれば、
目線を合わさずにロッカールームへ戻る選手も。

10041012

食事をしていると、チームマスコットのキングベル1世が挨拶にやってきました。
上半身裸って知っていましたか?

10041013

G大阪戦で今季初勝利し、関東アウェーということもあり、
連勝を期待して多くのサポーターが集結。
12時30分、選手がピッチに登場し、ゴール裏サポに挨拶。

10041014

控えメンバーが鳥かご。岡田が今季初のベンチ入り。
竹重、岡田、大井、金沢、松浦、船谷、荒田。

10041015

那須キャプテンが胸を叩き、拳を突き上げるポーズ。

10041016

バックスタンドのB指定席の横もホーム自由席で、かなり閑散としていました。
昨年まではゴール裏を閉鎖し、ここがアウェーの応援席だったようです。
ちなみにチケットの売れ行き次第ではアウェー自由席に変更されるとのこと。

10041017

選手入場。
2,500円のチケットでメイン席はちょっと得した気分。
もっと中央寄りがいいと、わざわざホーム側席に座るジュビサポの姿も。
主人はもっと高い位置から試合を見たいと言って席を移動。

10041018 10041019

貸し出しフラッグのおかげでゴール裏とメインが水色でつながりました。

10041020

オーロラビジョンがないスタジアムのため、選手名はボードで紹介。
選手交代の際も、チャイムのような音楽が鳴ってから選手名が紹介されました。

10041021

スタメンは

      前田 イ・グノ
 成岡           西
        上田
        那須
パク イ・ガンジン 加賀 山本(康)
        八田

10041022

前半は立ち上がりからボールを支配され、完全に相手ペース。
12分成岡が相手のスパイクを顔に受けて倒れ込み、担架で外へ。すぐに復帰。
18分中村のミドルシュートを八田がセーブ。
19分相手左サイドからのスローイン→坂本が素早く反応しシュートも八田がセーブ。
32分パクからパスを受けた成岡がゴール前にクロス?シュートも決まらない。

34分こぼれ球を寺川がミドルシュートも枠の上に外れて助かる。
ボールを奪っても相手の激しいプレスから再びボールを奪われパスが繋がらず。
39分スルーパスから新居に抜け出されるも八田が飛び出しセーブ→DFクリア。
CKから新居がシュートもオフサイドで救われる。
43分坂本のFKからジャーンにヘッドで合せられるも前田がクリア。

八田の好セーブで何とか前半を0-0で凌ぎ切る。

後半開始直後に西が激しくプレスに行き、倒れ込んだ際に首を痛める。
松浦が交代の準備をするも、西は担架に乗って様子を見た後すぐに復帰。
7分阿部のミドルは八田がセーブ。
11分山本(康)がドリブル突破しクロス→前田がフリーでシュートもGKセーブ。
こぼれ球を拾ったパク→上田のシュートはDFブロック。

10041023

控えメンバーがメインスタンドの前でアップを開始。

10041024

17分山本(康)→前田→西→山本(康)→イ・グノがエリア内でシュートもGK正面。
18分西→松浦に交代。
21分パクがドリブルで前に仕掛け、思い切りよくシュートも枠を外れる。
23分相手CKから阿部がミドルシュートも八田がセーブ。
24分那須のミドルシュートは右に外れる。

10041025

30分成岡の左クロスを那須がヘッドも右に外れる。
38分イ・グノの仕掛けから成岡のシュートはDFブロック。
41分成岡→金沢に交代。G大阪戦と同じくパクを上げて金沢が左SBへ。
ロスタイム1分にイ・グノ→荒田に交代。
坂本のシュートが枠を外れて助かり、0-0のまま試合終了。

10041026

スコアレスドローも、シュート14対9、CK11対3と、内容的には負けに等しい数字。
もし違う対戦相手だったら無失点で終わることはなかったはず。

那須キャプテンの表情に対して、後ろの席から
「こんな試合でよく笑えるな!」という厳しい声が聞こえてきました。

10041027

気分転換に、公園内の日本庭園に立ち寄り、しだれ桜を観賞。

10041028 10041029

亀の甲羅干し、中山さんに見せてあげたいですね(笑)。
といっても昨日の柏戦はベンチ入りも出場機会なしでした。

10041030

シャトルバスが何台も待機し、スタッフの誘導もありスムーズに乗車。
予定より早めに平塚駅に到着し、小田原から16時37分発のこだまで帰宅。

| | コメント (0)

2010/04/11

湘南グルメ

初めての平塚競技場、席を確保した後、再入場が可能だったため
平塚総合公園内にあるフードパークの視察へ。

10041001

食事の前に、無料のフィットネスチェックコーナーで筋肉量を測定。
3年前にも同じTANITAの体組成測定器で測定しているので、
ちょうどいいタイミングでした。

測定データから専門コーチのアドバイスを受けることができたのですが、
「何か運動されていますか?維持するためにも続けて下さいね」とのことでした。
はい、頑張ります!
アドバイスをして下さったスポーツクラブのコーチは藤枝出身の方で
名波さんと同期だと言っていました。

10041002

湘南のフードパークは地元の食材を使ったメニューだけでなく、
沖縄、佐世保、宮崎、ブラジル、ハワイなどとバラエティ豊かなメニューで驚きました。
開門後は長い行列ができ、カレーパパの弁当、富士宮焼きそばは早々に完売。

[POPOPEKU]

ベルマーレロコモコ(650円)、ハワイアングリルチキン(700円)。
行列が長かったのでロコモコは断念。

10041003

[丼もの屋]

5種類の海鮮丼(各800円)、牛サーロイン串炭火焼(400円)。

10041004

[ほのぼっくる]

オーガニック移動カフェhonobono号&野菜ソムリエのスープ屋さんkurumi。
はちみつジンジャー、ジンジャー泡盛、オーガニックパン。

10041005

春野菜とチキンの玄米カレー、たっぷり春野菜のスープ&玄米リゾット。
(三浦市たかいく農園の無農薬野菜を使用)

10041006 10041007

玄米ご飯が終了してしまったのでカレーを諦めて、
地元の野菜がたっぷり入ったスープ(350円)を購入。

10041008

そして、ランチランド舟平の釜上げしらす丼(680円)を昼食用に購入。
野菜とカルシウムたっぷりなヘルシーメニューを選びました♪

10041009

小田原駅で偶然見つけた、鎌倉「紅谷」のクルミッ子。
「湘南ブランド認定商品」と書かれていたので試しに購入。(5個入り630円)
くるみがたっぷり入った生キャラメルをクッキーではさんだお菓子。

10041010

| | コメント (0)

2010/04/08

テマリソウ

今日のkazaru倶楽部のレッスンは、2枚のお皿を重ねた個性的なデザインでした。

そして今回、新登場した花材は、ナデシコ科のテマリソウ。

苔玉のような、マリモのような、ユニークな可愛い花ですね。

1004081

金葉コデマリの枝をオアシスの側面に挿していくのですが、

このアバウトさがとても難しいんです。

先生が「こんな感じで枝を少し立てて入れたらどう?」

と1本加えただけで全然違ってきます。

1004082 (いつものカメラで撮影)

上のお皿の花はアルミワイヤーを花止めとして使用。

1004083

・金葉コデマリ
・スプレー菊
・テマリソウ
・カーネーション(ネボ)
・ワイヤープランツ
・モス

(花材費+器代 3,000円)

初めてデジタル一眼カメラで撮影してみたのですが、

やっぱり間接照明の部屋では自然な花色が出ませんでした。

1004084

| | コメント (0)

2010/04/07

J2応援デビュー・その2

長良川競技場は2012年の岐阜国体開催に向けて改修工事中。
スタンドはメイン席のみで、他はブルーシートで覆われていました。
芝生の色が悪く、ピッチコンディションもあまり良くなかったとか。
でもこれが完敗の理由にはなりませんけどね。
とにかくミスが目立ち、セットプレーからの失点も多いのが気になりますね。

■第5節 FC岐阜戦 0-3 (観衆5,133人)

キックオフ30分前、GK2人がピッチに登場。
「タカハラ、タカハラ!」、「ユウヤ、ユウヤ!」
ユウヤって誰?まだ名前と顔が一致しない選手が多くてごめんなさい。
応援席のすぐ近くまでやってきてコールに応えてくれるんですね。
驚きつつも、ちょっと感激♪

10040415

引き続きフィールドプレーヤーがピッチに登場。

10040416

中山さんが来ましたよー。

10040417

「コーンサドーレ、コーンサドーレ!」、「さっぽろ、さっぽろ!」
違和感なく、普通にコールできてホッとひと安心。

10040418

控え組はバックスタンド側で鳥かご。
佐藤、堀田、李、上里、砂川、古田、中山。

10040419

スタメン組はフィジコの指示でウォーミングアップ。

10040420

シュート練習は、まあいつもの通り。枠を大きく外した後、反省してもう1度。
ゴール前で足を広げてストレッチもしっかりと。

10040421

久しぶりの中山コールは周囲を気にせず力を込めて。バレちゃったかな?
「ナカヤマ、ナカヤマ!」のコールには、振り返って両手を広げて応えていました。
そしてスタンドの後方から「中山、頼むぞー!!」の男性の大声に少し驚いた様子。

10040422

ホーム側のスタンドからの声援も受け、控え室へ戻る中山さん。

10040423

選手入場。
一緒に応援コールを始めたのですが、ふと横を見ると・・・
自分だけマフラーを掲げるのを忘れていました(^_^;)

スタメンは、内村を右に藤田を左に入れ替えた布陣。

   近藤 キリノ
 藤田      内村
   芳賀  宮澤
岩沼 石川 藤山 西嶋
     高原

10040424

前半4分近藤→宮澤のシュートは左に外れる。
6分内村→西嶋の右クロスを相手DFクリアでCKのチャンス。
7分藤田のパスミスを奪われ相手カウンターも石川が対応し難を逃れる
9分キリノが倒されて得たFKを近藤が狙うも左に外れる。
14分パスミスから相手カウンターでシュートまで打たれてしまう。

15分キリノとのワンツーから藤田が切れ込んでシュートもポスト直撃。
17分相手FKのこぼれ球を拾えず、ここからピンチの連続。
18分嶋田のミドルシュートをGK高原がセーブでCKに逃れる。
19分左CKからボレーシュートを打たれるもGK高原がスーパーセーブ。

20分相手のセットプレーが延々と続く。

21分近藤が相手GKと接触し、着地した際に左足首を痛める。
ベンチ裏で中山がアップを開始するも、近藤が無事にピッチへ戻る。

24分近藤がドリブルで持ち込み→左から駆け上がった内村がシュートミス。
25分芳賀→キリノ→内村が切れ込んでCKのチャンス。
岩沼の右CKのこぼれ球を再び岩沼が拾ってクロスもGKキャッチ。

途中、控えメンバーがベンチの後ろでアップを開始。
できるだけ視線がそちらへ移らないように努力しました。

30分近藤がボールを奪うもDFに阻まれ繋がらず。
33分キリノの左クロスを走り込んだ宮澤がミドルシュートも左に外れる。
37分パスミスからボールを奪われ嶋田にシュートを打たれるもGK高原セーブ。

39分西嶋がミドルシュートを狙うも左に外れる。
前半はGK高原の好セーブにより、0-0で終了。

ハーフタイム、控えメンバーがボール回し。
今度は席から近いです♪

10040425

岐阜大学チアリーダー部のパフォーマンス。

10040426

岐阜の西川選手と挨拶。この選手にやられてしまうとは・・・

10040427

メンバー交代なしで後半スタート。

10040428

3分相手に中盤でパスを繋がれゴール前まで運ばれるも石川が素早く戻って対応。
4分芳賀がパスカット→キリノがドリブルシュートも右に外れる。
6分西嶋のファールでFKを与えてしまう。
7分左サイドのFKから西川に頭で合わせられて失点。
GK高原が弾き出したかのように見えたのですがゴールインの判定。

11分内村→砂川に交代。この交代でようやく札幌の攻撃が活性化
14分砂川が左から右へサイドチェンジパス→西嶋のクロスはGKキャッチ。
17分砂川→岩沼→近藤→砂川が抜け出しシュートも右に外れる。
19分藤田の右クロスにキリノが飛び込むもDFクリア。
20分宮澤→砂川のクロスはDFにクリアされる。

21分近藤がドリブルで持ち込もうとするもDF2人に阻まれ抜け出せず。
近藤→藤田のクロス→DF→西嶋のクロスもDFクリア。
26分砂川のドリブルからCKのチャンス。藤田のCKはDFクリア。
藤田の再CKもクリアされ、こぼれ球を競り合った近藤が相手を倒しファールに。
相手の粘り強い守備に苦しみ、なかなか得点ならず。

後半の途中から、応援のリードを取る女性が小さなメガホンを持って目の前に。
「(選手を)呼ぼうよ、呼ぼうよ!」と。応援に自然と力が入ります。
ピッチに背を向けてリードを取っているため、危ないシーンで私が叫ぶと
慌ててピッチへ顔を向けていました。
キリノコールを繰り返すも、なかなかいい動きが見えないキリノ。

29分岐阜の西川の右クロスを嶋田がボレーシュートも枠の上に外れて助かる。
32分相手のドリブルシュートを石川が守りCKに逃れる。
ここで中山が準備開始。
33分相手CKからファーで頭で合わせられるもクロスバーの上に外れて助かる。
34分藤田のハンドで相手FK→クリアするも、こぼれ球を拾われてしまう。

36分藤田→中山、岩沼→上里に交代。
3バックに変更、近藤が中盤に下がり、キリノと中山の2トップ。

10040429

38分藤山のロングボールにキリノが走るもGKキャッチ。
相手の左CKを西嶋ヘッドでクリア→こぼれ球を嶋田のダイレクトシュートで失点。
40分砂川の右クロスをキリノがダイレクトでシュートも右に外れる。
石川がパスを出した際、左足に相手の足が・・・
41分上里の左クロスは中山の前でDFがクリアしCKのチャンス。

44分石川が負傷退場。すでに交代枠がなく、10人で戦うことに。
45分右クロスを中山が頭で落とし、近藤が拾って右サイドでキープ。
近藤がDFに阻まれ抜け出せずイライラ。そして審判に抗議してイエローカード。
近藤の欠点ですね、もっと冷静にならないとチームに迷惑をかけますから。
ロスタイムは4分の表示。

10040430

相手のゴールキックを中山が胸で落とすも、キリノ反応できず。
中山が競ったこぼれ球に砂川が走るもDFを倒してファールに。
高原のゴールキックを近藤が落とし、中山が走るもDFクリア。
ロスタイム3分ゴールキックをはね返され、西川にDF裏に抜け出されて3失点目。
中山がボールを拾って素早くセンターサークルへ。

砂川のクロスはGKキャッチ。
交代枠を使い切り3バックにした後にDFの石川が負傷退場するという不運もあり、
セットプレーから2失点、ロスタイムにも失点。0-3の完敗で試合終了。
前半序盤のチャンスをしっかり決めていれば、また違った展開になったかもしれません。
岐阜相手に残念な結果で終わり、札幌は連勝ストップ。

10040431

石川の負傷した場面が気になり、中山選手は試合終了後すぐに
相手選手と審判に状況の説明を求めたそうです。
幸いなことに骨折ではなく、強い打撲で済んでよかったのですが、
あの場面は笛を吹いて、しっかりプレーを切るべきでしたね。

[バモ札幌]・・・歌詞が分からず一緒に歌えませんでした。

バモ札幌 行こうぜ 我らと共に
自らの力信じ 熱い気持ち見せて戦え

[赤黒の勇者]

俺たちの誇り 赤黒の勇者 勝利を目指し さぁ行こうぜ
俺たちの誇り 赤黒の勇者 勝利を目指し さぁ行こうぜ

[俺たちを揺らせ]・・・最後は延々と歌い続けました。

熱いプレーで 俺たちを揺らせ
もう焦らさないで 我慢できない

10040432

札幌サポへ挨拶にやってきた中山さん、とても険しい顔つきでした。

10040434

岐阜駅行きの路線バスを待っている間、
札幌から応援にやってきた女性たちの会話にずっと耳を傾けていたのですが、
どこのチームにも色々と悩みがあるものですね。
監督の目指すサッカーと、選手の力量が合わないとやっぱり難しいですから。
攻撃よりも、まずは守備が大事でしょ!と言っていました。

そして監督への不満から次は誰がいいか?という話になり、
「柳下監督」の名前が出た瞬間、みんなが拒否していました。
そんなに嫌いなの?

名古屋16時58分発のこだまで帰宅。

| | コメント (0)

2010/04/06

J2応援デビュー・その1

この機会を逃したら、いつ行けるか分からなかったので
日曜日はジュビロの応援をパスして、コンサドーレの応援に行って来ました。

ですからジュビロの半年ぶりの勝利は、携帯の速報で確認したのですが、
札幌の試合が終了した後、何度も何度も更新して速報チェック。

前半が終わって1-1。ガンバ相手になかなか頑張ってるじゃん。
後半9分、2-1。前田の2点目で勝ち越し!でもまだ時間がたっぷりあるしね。

そしてバス待ちの列に並び、後半29分、2-2。やっぱり~。
30分、3-2。やったー、パクの初ゴールで勝ち越し。
31分、3-3。早っ!もう追いつかれたの?
37分、4-3。えっ、また勝ち越した。でもこれからが勝負。

44分、交代で大井が入る・・・・・ドキドキドキドキ
終われ、終われ、終われー!!ロスタイム4分を守り切り、4-3で試合終了。
スタジアムは残留争いの仙台戦のようだったとか。
録画を見ると、何だか悲鳴に近い声が聞こえてきますね。
勝てて本当に良かったです。応援お疲れ様でした。

■4月4日(日) 観衆5,133人(岐阜メモリアルセンター長良川競技場)

岐阜駅からバスで競技場へ。初めてのスタジアムです♪

10040401

手書きのイベント案内ボードは経費節約になりますね。

10040402

満開の桜を眺めながら、のんびりベンチに座って開門を待ちました。

開門前に応援リーダーが挨拶。
札幌でプレーしたことがあるパラグアイ人FWデルリス選手が交通事故で亡くなり、
メッセージフラッグをご家族に送りたいので協力をお願いしますと。
前日に磐田まで出向いて柳下監督にもメッセージを書いてもらったとのこと。

10040403

開門後、アウェー側の応援席に行くと、ちょうど選手バスが到着したところでした。
サポもビックリでしたが、バスから降りてきた選手達も驚いた様子。
慌ててカメラを取り出したのでボケちゃいました、久しぶりの中山さん♪

応援団の邪魔にならないように、席はホーム寄りのアウェー左端を確保。
初めてなので、もちろん知らない人ばかりだけど気にしな~い。
関東組など、アウェーには札幌出身のサポーターが全国から集まるそうです。

10040404

ベンチ外の選手達が売店でお手伝い。
気軽に話しかけることもできるんですね。
グッズの売れ行き向上のためにも、毎回ジュビロもやればいいのに。
押谷君のストラップは早々に完売し、本人も嬉しそうでした。
(今回は警告累積で出場停止)

10040405 10040406

充実したグルメが揃うと評判の屋台村があるサンサンデッキへ。
座って食事できるベンチも用意されています。

10040407

岐阜グランドホテルの飛騨牛カレー(600円)が美味しいと評判だったので
混雑する前に購入。新登場のオムライス(500円)と迷ったんですけどね。
特製あんぱん(200円)も気になりました。

10040408

隣は高山らーめん。飲み物、酒のつまみ類も充実。
ヤマスタのようなパック詰めの商品は比較的少ないです。

10040409 10040410

串焼きの種類も豊富で、どれにしようか迷うほど。

10040411

1番人気は、やっぱり飛騨和牛の串焼きでしょうか。

10040412

グルメ調査を終え、飛騨牛カレーを試食。福神漬けのパック付き。
しっかりとした中辛の味が嬉しかったです。

10040413

デザートは、みたらし団子(200円)♪

10040414

FC岐阜のオフィシャルスポンサー・山中製菓の応援のど飴を購入。(200円)
味は黒糖、ゆず、梅の3種類。

飴は選手の顔写真とプロフィールが印刷された袋に入っていて、
ファンにとっては嬉しいお土産になりますね。
残念ながら押谷君の飴は入っていなかったので、
ランダムに袋詰めされているのでしょうか。

10040433

| | コメント (0)

2010/04/03

第54回 静岡まつり

迷ったらGO!なので、ごめんなさい。明日のチケットを買ってきました。
そして出掛けたついでに、大御所花見行列を見学。

3日の大御所役は、俳優の筧 利夫さん。
多くの見物客が一斉に携帯カメラを構えるので驚いたかも。
顔を少し白く塗りすぎた?

1004031

サービスでポーズを決めてくれた後、
「ブログに載せてよ。あとでしっかり検索するからね。」みたいなことを言っていました。

1004032

御台所と上ろうは、’10しずおかクイーンに選ばれた女性たち。

1004033

御台所からカメラ目線をいただきました♪

1004034

4日の大御所役は、錦野 旦さん。
明日は岐阜へ行く予定なので、スター錦野には会えません。

| | コメント (0)

また来年食べましょう♪

松坂屋静岡店で開催されていた東北6県大物産展は

最終日の30日に狙いを定めて行って来ました。

1番の目的は、福島の会津柳津町「小池菓子舗」のあわまんじゅう。

「災難に合わないように」の縁起物、やっぱり食べておかないとね。

玉こんにゃく(タレ付き)1袋399円が3袋で1,050円。

青大豆も500g+@、おまけしてもらって750円。

100330

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »