« 葵のご紋に握りっ屁 vol.5 | トップページ | 震度5強 »

2009/08/03

第20節 千葉戦 3-2

前半の3点リードで借金が返せるかもと思ったのに、やっぱり甘かったです。
相手の猛攻を受ける時間があまりにも長すぎて、もし同点にされていたら
柏戦のように逆転されていたかもしれません。
ですから終盤は昨年の入れ替え戦のような思いで叫び続けてしまいました。

実力的にはおそらく下位のレベルなので
内容はともかく、勝ち点3を取ることができて本当に良かったです。

そんなにすぐには課題が克服できるわけじゃないけど、それにしてもね~。
前節の横浜戦を見て、三浦ヤスさんが「あの辺へのパス禁止」とアドバイス。
中盤でボールを保持できないことが問題ですね。

■8月1日(土) 観衆11,297人(ヤマハ)

15時過ぎから降り出した雨が小降りになった後、自転車で自宅を出発し、
電車で磐田へ向かいました。
今回テレビ観戦を選んだ主人は負け組だったのか、それとも勝ち組だったのか?

スタジアムに到着し、まずは楽しみにしていた、ゆるキャラとご対面。
「おいどんくん」と「さくらじまん」。

眉毛のあたりが少し似ているけど、クレヨンしんちゃんではありませ~ん。

09080101 09080102

ジュビロの公式ジュニアチアリーダーズ「Jubies」がデビュー♪
「ジュビロ オレ!」の音楽に合わせて可愛いダンスを披露。

09080103

控えメンバーは八田、鈴木、加賀、成岡、犬塚、萬代、カレン。

09080104

残念、今回もメンバー入りできず。
この後、控え室の中の様子を双眼鏡で覗き込んでいると、
シュート練習のボールが目の前に飛んできました。
誰ですか、2階まで打ち上げたのは?

09080105

横浜戦で右ひざを負傷したジウシーニョは大ケガだったことが判明。
上田も右ひざ半月板を手術して離脱。
右足首捻挫の西は大事を取って欠場。

その代わりチャンスが回ってきた村井と岡田が先発出場。

     イ・グノ  前田
村井           山本(康)
   岡田      那須
山本(脩) 茶野 大井 駒野
        川口

選手達が円陣を組むのを見ている間に、鹿児島副市長がキックイン。

09080106

前半の立ち上がりから相手の勢いに押される展開。
相手左CKから駒野がヘッドでクリア→ゴール前で何度も跳ね返し、
最後は村井がタッチに逃れる。右からのCKもクリア。
3分中盤でこぼれ球を拾えず、深井がフリーでシュートも右に外れて助かる。
深井のシュートに巻が足から飛び込み川口と接触しヒヤッ。

09080107

ボランチ2人のボールタッチがほとんどなく、ズルズルと下がるDFライン。
8分アレックス→青木の左クロスに巻が飛び込み、大井がブロック川口がキャッチ。
11分村井の横パスを受けた岡田が右足で思い切りよくミドルシュート!
これが見事に決まって先制ゴール。岡田Jリーグ初ゴール。

シュートを決めた際に天に向かって手を合わせたのは、
6月29日に亡くなられたお父様に捧げるゴールだったからだそうです。
まぐれのシュートだと思ってしまってゴメンなさい。
このゴールのお陰でスタジアムの重苦しい雰囲気がガラリと変わりました。
見守っていらしゃるお父様にも感謝。

09080108 09080109

12分村井が相手のパスをカットし、そのままドリブル突破からシュート。
GKに弾かれたボールを再び村井がシュートで2点目。
村井は今季初ゴール。

09080110 09080111

23分縦に抜け出した谷澤を駒野が阻止するもファールなしでホッ。
相手がボールをキープすると、再びDFラインが下がり出す。
30分アレックスの左クロスに巻が飛び込むも合わずに助かる。
山本(脩)から茶野へのパスをカットされ、谷澤がシュートも大井がクリア。
34分村井の左CKから前田が頭で落とすもイ・グノに合わず。

35分イ・グノのキープから岡田が再びミドルを狙うも枠を外れる。
36分駒野の裏をつかれてフリーでシュートを打たれるも川口がキャッチ。
相変わらずプレスはなし。
37分村井→山本(脩)→村井のクロスを前田がヘッドで3点目。
効率よくシュートが決まって、3-0と嬉しい展開。

09080112

相手のサイド攻撃をゴール前で那須や茶野がヘッドでクリア。
川口が飛び出しタッチへ逃れる場面も。
43分相手の右FKからゴール前で何度も跳ね返すも、クリアが小さくピンチの連続。
スローインの練習だけでなく、クリアの練習も必要な感じ。
ロスタイムなし、3-0で前半終了。

09080113

鹿児島デーということで、ハーフタイムにも「おいどんくん」が登場しグラウンドを1周。

09080114

綺麗な花火も打ち上げられました。

09080115

お仕事体験の親子は芝の補修作業。
ジュニアチアリーダーズ「Jubies」が再び登場しパフォーマンスを披露。

09080116

後半メンバー交代なし。
千葉は益山に代わり、ネット・バイアーノ(187cm)に交代。
江尻監督が秘密兵器を投入してきました。

いきなり山本(脩)のパスがラインを割る。
山本(康)がミドルシュートを狙うもGKキャッチ。
珍しくスローインからチャンスが生まれる。前田バックヘッド→イ・グノがキープ→
山本(康)が右に動き直してフリーでシュートもGKに弾かれてしまう。
再びシュートを狙うも左に外れ、康裕の初ゴールは、またまたお預け。

09080117

6分相手の縦パスからネット・バイアーノが大井の裏を抜け出すも川口がキャッチ。
7分岡田→山本(康)の左クロスを駒野がボレーシュートも枠の上に外す。
8分山本(脩)が倒され→FKからイ・グノがヘッドで落とすもGKキャッチ。
9分村井がボールを奪い前田へパス→DFブロックで前田シュート打てず。
10分相手の左クロスからネット・バイアーノに飛び込まれるも川口がセーブ。

11分山本(脩)の裏をつかれ、深井の右クロスからネットに飛び込まれるも川口キャッチ。
12分谷澤の縦パスから巻に抜け出されシュートでついに失点、3-1。
14分ネット・バイアーノのポストプレーから谷澤がフリーでシュートで失点、3-2。

あっという間の2失点で、1点差に詰め寄られてしまいました。
17分深井のクロスを大井がヘッドでクリア→アレックスのシュートは外れて助かる。

19分谷澤→太田(兄)に交代。
20分村井→加賀に交代。加賀が左サイドバックへ。山本(脩)が左アウトMFへ。
21分駒野のクロスにイ・グノがシュートも枠を外れる。
22分ゴール前のポジション争いで茶野がネット・バイアーノを倒してイエローカード。
警告累積で次節は出場停止。

25分那須が中央からシュートを狙うも枠の上。
26分山本(脩)のシュートもブロックされてしまう。
解説によると、ボールを回してDFが休む時間を作る必要があるとのこと。
名波も同感し、「いわゆる遊びですね」と。
でも今の選手達にそんな余裕はありません。

29分加賀のクロスをイ・グノがヘッドも枠を外れる。やはりまだコンディション戻らず?
太田(兄)のクロスからネット・バイアーノが起点となり危ない展開が続く。
ネット・バイアーノへ簡単に縦パスが入り、シュートを打たれる場面も。
相手の猛攻を受け、失点も時間の問題と思えるほどの防戦一方。
36分ついにイ・グノが交代し、鈴木がボランチへ。

09080118

37分岡田のシュートは枠の上。
39分アレックス→ネット・バイアーノから太田が倒れながらシュートも川口キャッチ。
鈴木が体を寄せて太田をブロックしていました。
41分太田(兄)が加賀の裏に抜け出しシュートも川口が飛び出しセーブ。
43分相手の左クロスから大ピンチも川口がこぼれ球を素早くキャッチ。

ロスタイム3分。前田の1トップ、岡田がトップ下で動き回る。
自陣でキープする余裕もなく、ゴール前に放り込まれたボールを必死でクリア。
どうにかこうにか1点差を守り切り、3-2で試合終了。
勝ち点3ゲットで、お祝いの花火も打ち上がる中、
もうあなた達、何やってるのよー!という思いでいっぱいでした。

09080119

いわしんマンオブは、1ゴール2アシストの村井選手。
鹿児島デー最優秀選手賞の鹿児島産黒豚もゲット。
サポーターにペコリペコリと挨拶する姿がとても可愛かったです。

29日の練習時には、
「こんな慎ちゃんは初めて」と茶野さんも驚くほど気合が入っていたとか。
それだけにゴールを決めた時も本当に嬉しそうでしたね。

勝利チーム賞は、みかんジュース。勝利監督賞は、焼酎セット。
ゴール賞は黒牛1キロだから、磐田が3キロで千葉が2キロでした。

09080120 09080121

村井さんの挨拶を見届けてからスタジアムの外へ。
シャトルバスに乗り、やはり21:29発にはわずかに間に合わず、
21:53発の電車で帰宅。 

|

« 葵のご紋に握りっ屁 vol.5 | トップページ | 震度5強 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 葵のご紋に握りっ屁 vol.5 | トップページ | 震度5強 »