« 第17節 大分戦 3-1 | トップページ | 山形遠征その2 »

2009/07/22

山形遠征その1

1泊2日の山形遠征は、「観光」という保険付きで行って来ました。
昨年の札幌遠征でもヒドイ試合を見せつけられましたからね。

開幕戦での悔しい思いがあるから、今度こそ大丈夫だと思っていたのですが、
同じ相手に完敗。情けないったらありゃしない。
気合が空回りするどころか、最初から怖がってどうするのよ。
空回りして負けた方が、よっぽどスッキリして良かったです。

試合の90分間はガッカリでしたが、それでもまた行きたいなと思えるほど
楽しい山形遠征でした。
山形弁って、耳に心地よくて好き♪

■7月19日(日)

静岡駅のホームでSBSの松永さんを発見。
取材のついでに山形の実家に帰るのでしょうね。
7:42発のひかりで出発。

東京駅のホームで何人かのジュビサポを発見。
その中の2組は鉄道ファンでもあるらしい。
1組は「やまびこ」と「つばさ」の連結部分を、もう1組は先頭部分をチェックしていた模様。
私もマネして座席を確保してから撮影してみました。

09071901  09071902

東京9:00→10:36福島で「Maxやまびこ」と切り離されました。

山形新幹線は在来線と同じ線路を走るんですね。

車窓からこんな風景を見て、近くの座席にいた子供が
「あっ、芝生だ!」と叫んだので笑ってしまいました。

09071903  09071904

あらかじめ車内販売のスタッフに予約注文しておくと、
米沢駅で積み込まれたお弁当を席まで届けてくれるサービスがありました。

「牛肉どまんなか」!!

ご飯は山形県米「どまんなか」。
牛肉煮とそぼろ煮は、もちろん国産和牛肉。
里芋、人参、昆布の煮物、玉子焼き、蒲鉾、漬物。

09071905  1,100円

山形11:45に到着。駅弁売りの声が響いていました。

(乗車券は静岡→山形と静岡→天童と同じ値段)

乗車券を天童まで購入していたので改札を出ずにいたら、
何と次の奥羽本線(下り)は12:28発。30分近く駅のベンチに座ってのんびり休憩。

12:46天童駅に到着。
ワンマン運転の電車のドアは開閉ボタン付き???
1番先に降りる人がボタンを押してくれたので助かりました。

天童駅での嬉しいおもてなし♪
風鈴の音も優しく涼しげでした。

09071906  09071907

商店街には多くののぼり旗が掲げられていました。
各アウェーチーム専用ののぼり旗を作るなんて太っ腹!
おもてなしの下手な磐田さんにとって、見習うべき点がいっぱいです。

09071908

天童温泉にはワンコイン(500円)で入浴できる旅館があるということで、
駅のとなり、パルテ2階の観光センターで「女将おススメぐるっとマップ」をゲット。

駅から雨が降る中、天童温泉へ歩いてGO!
各旅館のお風呂チェックをしてこなかったので迷った結果、天童ホテルへ。
(11時~15時まで利用可能)

まだ13時過ぎだったので、ほとんど貸切状態。
露天風呂の中から、早く雨が止まないかな~と思いながら
ひとり癒しの時間を過ごしました。

汗が引くのを待ってホテルの外へ。
スーパーに立ち寄り、しばらく雨宿り。
和牛ステーキ肉1枚698円!
素敵なお値段ですが、お土産には出来ませんね。

そういえば15時から天童駅で先着50人のジュビサポに駒のプレゼントが。
駅に戻った時には、すでに長い行列ができていました。
慌てて最後尾に並ぶも、残念ながら整理券配布でアウトが決定。

先着順に好きな文字が入った駒を選んでいくのですが、
最後の方に残った駒は「ジュビロ」、
そして「ゴン中山」だったのが、ちょっと寂しかったです。

09071909  09071910

シャトルバス(300円)でスタジアムへ移動。

|

« 第17節 大分戦 3-1 | トップページ | 山形遠征その2 »

コメント

>ちゅんさん
 勝ち点のお土産は持ち帰れなかったのですが、
 それ以外はとても充実した遠征ができました。
 山形は駅員さんも親切なんですね。
 ボーッとベンチに座って時間を無駄にしてしまいました。
 次回はお願いしてみますね。ありがとうございました。

投稿: パセリ | 2009/07/23 19:50

山形サポですが、遠いとこ山形まできてくださってありがとうございました♪

来年もお互いJ1で戦えると信じていますので…ひとつ情報を(^^)

山形の電車は連絡が悪いことも多々ありますので、そういうときは改札で駅員さんに言うと通してくれますよ~♪

来年もよろしくです!

投稿: ちゅん | 2009/07/22 18:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第17節 大分戦 3-1 | トップページ | 山形遠征その2 »