« ビタミンカラーのアレンジ | トップページ | ブームに乗ってみる »

2009/06/11

ナビスコ杯大分戦 2-2

昨夜の代表試合(カタール戦)は前半で見るのを止めてしまいました。
選手入場と国歌斉唱、OGまでは盛り上がって良かったのですが。

隣の部屋でテレビ観戦していた主人が「酷い、酷い」と連発。
先日の大分戦と比べて、どちらの消化試合の方が酷かったのでしょうか。

ボランチの位置でボールを奪われると、やっぱり失点に繋がりやすいですね。
ああ怖い、怖い。

今更ですが、大分戦を簡単に振り返っておきます。

■6月7日(日) 観衆6,298人(ヤマハ)

1人だったので電車で磐田へ。
シャトルバスも空いていたので、ある程度想像はついていたのですが、
ゴール裏2階のフリー席が前後左右と広々としたスペースがありました。
招待客込みの6千人は、やっぱり心配ですね。

控えメンバーは川口、鈴木、犬塚、太田、ロドリゴ、中山、押谷。

09060701

ホームでは3月25日のナビスコ杯横浜戦以来のベンチ入り♪

09060702

アウェーのナビスコ杯は応援に行けなかったので、凄く久しぶり。
フラッグも久しぶりに振ることができました。

09060703

ナカヤマ、ナカヤマ!

09060704

前節の浦和戦に敗れ、早くも予選敗退が決定。
消化試合となってしまった試合でも普段、試合に出れない選手にとっては
大事な大事な公式戦。

09060705

上田が急性胃腸炎で欠場したため、
お試しボランチ、那須のお相手は成岡に。

    前田   萬代
 村井          西
   成岡      那須
山本(脩) 茶野 大井 加賀
        八田

09060706

CKのチャンスを生かせないのは、いつも通り?
すると前半8分、成岡がボールを奪われ相手カウンター。
左サイドを一気に崩され、低いクロスを押し込まれて失点。

ワンチャンスで決められてしまった感じ。

何度かあったFKのチャンスも決まらず。
村井のFKから、こぼれを西がシュートも枠を外れる。
ボールを支配しているように見えても、動き出しが遅いのかパスは繋がらず。
相手の寄せが早く、イージーなミスも増えて、徐々に静まり返るスタジアム。
前半0-1で終了。

前半はお金を取って見せるような試合ではありませんでした。
イージーなミスの多さに、もう~いやだ~!と呟くこと数回以上。
もし主人が隣にいたらキレていたかも。1人でよかった(^_^;)

09060707

後半開始から萬代→太田に交代。西がFWへ。

09060708

22分西→押谷に交代。
押谷が前田との2トップで公式戦デビュー。

ところがその1分後、今度は山本(脩)がボールを奪われると右サイドを崩され、
家長のシュートで失点、0-2に。

09060709

2点ビハインドとなり嫌なムードの中、CKのチャンスに大井が猛ダッシュ。
相手GKの足元にあるボールを拾って素早くコーナーへ。
そして大きな声でチームメイトを鼓舞する姿に感動。
28分右CKから上本のオウンゴールで1点を返す。
これは大井が気合で入れたゴールと言っていいと思いますね。

35分山本(脩)→犬塚に交代。
41分村井の左クロスに前田が高い打点のヘッドで決め、2-2の同点に。
チームにとって今季ナビスコ初ゴール。
勝ち越しを目指し、決定力のある押谷に期待するもシュートゼロ。
スルーパスの選択は前田に合わず残念でした。

ロスタイム4分。終了間際にビックチャンス。
村井のクロスに成岡が飛び込みCKのチャンス。
太田のCKから大井がヘッドも決まらず、引き分けで終了。
大井君、地面を叩きつけて悔しがっていました。

09060711

09060710

試合後、会った人達と「追いついて良かったね、帳尻合わせのようだったけど」
と苦笑いしながらスタジアムを後にしました。

|

« ビタミンカラーのアレンジ | トップページ | ブームに乗ってみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビタミンカラーのアレンジ | トップページ | ブームに乗ってみる »