« 第1節 山形戦 2-6 | トップページ | 和モダンな蕎麦屋さん »

2009/03/10

投げ入れのアレンジ

今日のkazaru倶楽部のレッスンは曜日変更のため、
初めてお会いするメンバーさん達と一緒でした。

色々お話をしていくうちに、お1人の方が元・女子プロサッカー選手と聞いてビックリ。
望月監督の指導を受けたことで辛かったサッカーが大好きになったとのことでした。
そして中山選手のプロとしての姿勢が好きで尊敬していると聞いて嬉しくなりました。
現役を続けていくためには陰で相当な努力をしているはずだと言っていました。

トレーニングというものは本当に辛いものだそうです。
小学生の頃から始めたサッカーで、体もかなり酷使して続けていたとのこと。
経験者ゆえに、1つ1つの言葉に重みがありました。
プロは本当に厳しい世界なんですね。

そんな彼女が幼なじみの親友に手作りのブーケを贈ったという素敵な話も。
そのブーケをもらった新婚さんも今日一緒にレッスンを受けたのですが、
そのブーケは重かった、重かったと何度も言うので笑ってしまいました。
緑のバラが開かなかったので花をたくさん挿して埋め、
水もたっぷり含ませたのが原因だとか。

重かっただけに、一生忘れられない思い出になりましたね。
こうして色々な出会いがあるので、
時には曜日が変更になるのも楽しいですね。

今回のアレンジはオアシスを使わない「投げ入れ」という挿し方でした。
花留め用にアルミワイヤーを丸めて花器の中へ。
さらにセロテープを花器の口に何本か格子状に貼るという裏技も。

最初は花が上手く留まらず、くるっと後ろを向いてしまうので難しいのですが、
何本か挿していくうちに形ができてきました。
自然な茎のラインを生かして、ふわっと横に流れる感じで。

口が広い花器を持参したので、同じ種類の花をまとめて挿すグルーピングで
とのアドバイスで右にスイートピー、左にチューリップを挿してみました。
凹凸をつけて動きを出すのがポイント。

090310

・コデマリ
・キンギョソウ(スナップ・ホワイト)
・スイートピー(ビオラ)
・チューリップ(バレリーナ)
・コアニー
・花留め用アルミワイヤー

(花材費 2,500円)

|

« 第1節 山形戦 2-6 | トップページ | 和モダンな蕎麦屋さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第1節 山形戦 2-6 | トップページ | 和モダンな蕎麦屋さん »