« スタジアムグルメ | トップページ | 投げ入れのアレンジ »

2009/03/09

第1節 山形戦 2-6

小さな期待と大きな不安を抱きながら迎えた山形との開幕戦でしたが、
チームワースト記録更新の6失点という恥ずかしい結果に。
まだ1試合が終わっただけとはいえ、この現実をしっかりと受け止めなければ。

判断の遅れからボールを動かすスピードが非常に遅い。だから狙われる。
スローインから味方へのパスをあっさり奪われるのは相変わらず。
相手のプレスに戸惑い、苦し紛れなパスや、逃げの横パスが目立つ。
ロングパスの精度が低すぎて、チャンスに繋がるどころかピンチになる。

守備に関しても寄せが甘いので簡単にサイドを崩される。
クロスボールやセットプレーからのボールに対しても、
人へのマークが全然できていないので相手にフリーで打たれている。
失点しそうな場面は見ていて分かるので余計に歯がゆい。

キャンプでの走り込みが足りないので、途中で運動量が落ち足が止まる。
だから昨年からの課題でもある終了間際の失点に繋がる。
失点するとバタバタと慌ててしまい、修正できずに連続失点に繋がる。
肉体的にも精神的にも弱いということ。

「原点回帰 スピーディーアクション2009!」
今季がラストJ1にならないように、とにかく声を掛け合って動け、走れー!!
そしてボランチが、もっとしっかりボールをコントロールしていかないと。

■3月7日(土) 観衆12,141人(ヤマハ)

肩は組まないけど、今年もやるんですね!
選手バスを体育館前で出迎えた後、サポーター達は応援歌を歌いながら
行進してゴール裏へと戻っていきました。
私も早く新しい曲を覚えなければ。

09030703

いつものように控えメンバーが鳥かご。
八田、大井、岡田、村井、ロドリゴ、松浦、萬代。
柳下監督が最後まで悩み、コンディション重視で選んだ7人らしい。

09030704

深夜、中日サイトの携帯ニュースで中山選手のベンチ外を知る。
ついに来たか!という感じ。
ベンチ外ということは、当然ピッチの上で姿を見ることができません。
寂しいな~と思いながら双眼鏡でチェックしていると・・・

見つけました♪

09030705

放送席に名波さんの姿も発見。
スカパーの解説ですね。

09030706

アップする選手を見つめる中山&山崎。

09030707

今季からゴール裏2階席が少し変更されました。
シーズンシート席が狭まり、両端ブロックがフリーシート席に。
バックスタンドに近い左側は、ほぼ満席でしたが、メイン寄りは空き有。

昨年は空き空きだった2階のシーズン席、範囲が狭くなったこともあり、
さらに開幕戦ということで空席がないぐらいギッシリ。
年齢別に席を決めたと思えるほど、周囲の年齢層が高くて何か笑えました。
自分達を含め、おじさん&おばさん大集合。

09030708

選手入場。
「ジュビロ オレ!」を歌いながら
ゲートで配布されたプーマのボードを掲げました。

09030709 09030710

スタメンは・・・

 ジウシーニョ 前田
西           太田
  山本(康)  犬塚
駒野 茶野 那須 加賀
      川口

09030711

どこで観戦するのか気になっていたのですが、やっぱりベンチ横でした。

09030712

前半1分、加賀がスローイン。相手のクリアボールを拾ってシュートも右に外れる。
相手のミドルシュートは川口がキャッチ。
4分古橋に抜け出されるも茶野が対応。宮沢の左クロスは枠を外れて助かる。
5分駒野のクロスはクリアされ、スローインから加賀→太田→ジウシーニョと繋ぐ。
7分相手FKから長谷川のヘッドは左へ外れる。

8分ジウシーニョが右の太田へ大きくサイドチェンジ。
山本(康)が上がって切れ込みDFクリアでCKのチャンス。
太田のCKから前田→西のシュートはDFブロック。
こぼれを拾った太田のクロスをジウシーニョがヘッドで繋ぎ、茶野がシュートもオフサイド。
10分相手の右クロスを駒野が防ぎCKに逃れる。ショートコーナーも駒野がクリア。

11分石川のFKから古橋シュートも犬塚クリア。
12分茶野の太田へのロングパスが相手に渡る。
13分ジウシーニョがキープして出し所を探すも、山本から犬塚への横パスをカットされる。
14分茶野のロングフィードが長すぎて前田が追うもラインを割る。
15分茶野のロングボールが太田に渡らずラインを割ってしまう。

17分川口→西が素早く左のジウシーニョへ大きく展開。
ジウシーニョ→犬塚→西→ジウシーニョがペナ内で倒されPK獲得。
自らがきっちり決めて待望の先制点。

09030713

20分西がボールを奪うも山本のパスミスで相手DFカット→加賀が奪い返す。
21分那須のロングパスが太田の前でクリアされる。
22分駒野のロングパスも前田の前でクリアされる。
さらに茶野のパスも相手に渡ってしまう。
23分加賀がボールを奪いドリブル突破→中央のジウシーニョがシュートもGK正面。

24分山本が太田へのパスをカットされ、加賀がカバーに入る。加賀が攻守に大忙し。
茶野のパスがラインを割る・・・。キャプテンマークが重いですか?
27分西からのパスを受け手の山本の判断が遅いためボールをカットされる。
宮沢のクロスを茶野がヘッドでクリアミス。ボールがラインを割ってCKに。
28分相手CKから前田がヘッドでクリア。カウンターからジウシーニョがクロスもDFクリア。

古橋に抜け出され大ピンチも、空振りシュートで助かる。
29分那須のロングボールを前田がヘッドで繋ぎ、ジウシーニョとのワンツーもDFクリア。
30分山本→西→駒野と素早く繋ぐも最後、山本が突破できず残念。
31分川口のゴールキックをジウシーニョが繋ぎ、太田のミドルシュートは左に外れる。
33分犬塚がボールを奪われカウンターを受けるも、何とかクリア。

35分犬塚が後ろから相手を倒しFKを与えてしまう。
36分石川の左FKからキムがフリーでヘッド。1-1の同点に。
38分キムの右クロスから古橋のダイビングヘッドで失点、1-2と逆転される。

(駒野のサイドを崩されると、解説の名波が思わず、あー!!)
40分西のクロスから前田が右サイドに流れるもオフサイド。

連続失点にバタつく磐田。41分相手の左クロスを川口パンチでクリア。CKに逃れる。
43分山本の横パスを奪われるも何とかクリア。
相手のプレスがきつくなり、茶野のパスは太田に通らず。
ロスタイム2分、加賀から山本への横パスも奪われる。
長谷川のシュートを川口セーブ。CKからカウンター。西から太田へのパスも通らず。

ハーフタイムは控え選手がアップに登場し、ダッシュを繰り返すも、
やっぱり物足りない。何か違うんですよね~。
ジュビロ君とジュビィちゃんが場内1周。

1-2で折り返した後半、交代なしでスタート。
今季始動からボランチを激しく競争させての選択だから仕方がないのか。
それでも代えてくると思ったのに・・・

09030714

後半2分西→駒野のクロスはGKキャッチ。クロスに対して飛び込む選手なし。
西からのパスに前田が抜け出すもオフサイドの判定。
4分山本から加賀へのパスがラインを割る。
7分西が右の太田へサイドチェンジ。太田ドリブル→犬塚→前田がDFに囲まれ、
こぼれを西がシュートもDFブロック。カウンターから古橋のミドルは川口がキャッチ。

8分茶野のロングフィードにジウシーニョが左に流れるも相手を倒してファール。
9分駒野のクロスはファーに流れた前田に合わずラインを割る。
10分両チーム最初の選手交代。犬塚→松浦に交代。
12分右ショートコーナーから太田のクロスに那須がヘッドもバーの上、惜しい。
15分茶野のパスをカットされ→古橋→長谷川のフリーのシュートは枠の上で助かる。

09030715

18分西→加賀→太田のクロスをジウシーニョ→こぼれ球をジウが押し込み同点。
ようやく2-2に追いつきました。
20分山本のクロスから加賀が右サイドを突破しDFクリアでCKのチャンス。
太田の右CKからのこぼれ球を松浦がゴール前にクロスを入れるもチャンスにならず。
22分山本が太田へロングパスを通し、太田のクロスを前田がDFと競り合いGKキャッチ。

23分相手のプレスがきつく、川口のキックはラインを割る。
24分パスを奪ってカウンターを狙うも、肝心のパスが通らない。
1本通れば違った展開になるのに勿体無いです。
25分太田が右サイドを突破してCKのチャンス。太田→加賀が仕掛けるもラインを割る。
27分前田→西の左クロス→GKのこぼれ球を松浦とジウシーニョが狙うもDFクリア。

松浦を入れて攻撃的布陣にしたのに攻め疲れか?
30分中盤の寄せが甘くなったところをつかれ、宮本の右クロス→宮沢の折り返し、
最後は中央から長谷川に決められ失点、2-3と勝ち越されてしまう。

太田のCKから那須のヘッドはGK正面。
31分相手GKがハンドの反則でFKのチャンス。ジウシーニョの直接FKは枠の上。

09030716

33分松浦のトラップが大きくなりカットされる。長谷川のシュートは右に外れて助かる。
35分足が止まっているなと思った瞬間、相手のパスが繋がり・・・・
サイドを簡単に崩され右クロス→長谷川のスルーを北村シュートで2-4。
ゆりかごダンスは失点のショックで気がつきませんでした。
35分ジウシーニョ→萬代、西→村井に交代。

38分相手FKをクリアしカウンター。太田→松浦→加賀の村井へのパスは通らず。
相手のCKが続く。ボールは相手が完全にキープ。このままでは5失点目もあり?
44分相手の左CKからレオナルドにフリーの状態でヘッドで押し込まれ失点、2-5。
周囲から拍手が沸き起こりました。もちろん相手の攻撃が素晴らしくて。

一斉に席を立ち、帰り始める観客多数。
毛布に包まれた赤ちゃんを抱いて帰る父親の姿も。
2階席もバックスタンドもメイン席もゾロゾロと。

後ろが誰もいない状態だったので、仁王立ちで観戦。
ロスタイム3分。何とか1点でも返したいところでしたが。

駒野が交わされると、右クロスから長谷川がフリーでヘッドを決め、ついに2-6。
開幕戦でボロ負け。
どうしてここまで崩れてしまうのか。弱いというしかないですね。
昨年の辛い経験は生かされていないのでしょうか?

09030717

J1昇格後の歴史的初勝利で喜ぶ山形サポ。
応援に来た甲斐がありましたね、おめでとう。
選手達のひたむきなプレーが伝わってきました。
その粘り強さを少し分けて欲しいです。

09030718

こちらは当然のようにスタンドから大ブーイングでした。

09030719

試合後、両チームのサポに向けて「夢と感動のスタジアムへようこそ♪」
で始まるアナウンスがあるのはご存知ですか?

要は来場のお礼と、気をつけて帰るようにというアナウンスですが、
昨年のような戦いが続いても変わりなく、そしてこんな大敗の後でも
無神経にも「夢と感動のスタジアムへようこそ♪」なんですよね・・・。

この日の夕食はスタジアム近くの「魚々よし」で、和風会席御膳。
開幕戦後なのに、店は意外に空いていました。
皆さん怒って、とっとと帰宅されたんでしょうね。

|

« スタジアムグルメ | トップページ | 投げ入れのアレンジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スタジアムグルメ | トップページ | 投げ入れのアレンジ »