« 発売初日 | トップページ | コルテアズーパーティー 08-09 »

2009/01/25

出版記念サイン会

前日の23日に発売された「夢の中まで左足」の出版記念として、
24日13時から静岡市の戸田書店で名波さんのサイン会が開催されました。

前日に購入した本と整理券を持って、30分前に到着。
すでにサイン会を待つ列は階段の上まで伸びていました。
そして2階フロアーにも次々と並び始め長蛇の列に。

館内放送でサイン会における注意事項がアナウンスされ、
2ショット撮影、サインへの名前入れは受けられないとのこと。

そして13時、拍手とともに名波さんが到着。
残念ながら階段の上からでは様子が全く見えません。
2階フロアーの店員さん達も1階を覗き込み、とても気になる様子でした。

店内はファンや一般客で大混雑。
いよいよ順番が回ってきました。
気が利いたことは言えないので、普通に
「ありがとうございました。長い間お疲れ様でした。」と言って握手。

サインをしていただいて列から離れると、人が多くてこんな状態。
看板の下でサインをしている名波さんの姿が全く見えません。

090124a

何とか撮れました♪

090124b

そして店内に来ていらっしゃった、この本のもう一人の著者・増島みどりさんを発見。
お会いするのは初めてだったので、多分そうかな?と思いながらも近寄ってみました。

名波ファンの女性とは顔見知りなんでしょうね。
親しくお話されていたので、私も少しだけ立ち話。

残留が決まった仙台戦の時、ゴール裏にいた少年も会話の中に入ってきました。
終了後、名波さんが投げ入れたスパイクが隣に飛んできたとのこと。
あら、残念。そのスパイクをゲットしていたら本の中に登場したかもしれないのに。

この日のサイン会も大勢の人が集まり、東京の書店でも好評らしく、
増島さんはとても喜んでいらっしゃいました。
名波さん本人がこだわりを持って作った点が随所に現れていて、
製本には余分なお金がかかったけれど、とても素敵な本に仕上がっていること。

藤田選手との対談部分で、テープの文字起こしする人の苦労話。
2人の間では通じる「あれ」、「それ」が文字起こしする人には当然何のことかさっぱりで
文字起こしに?マークが非常に多かったというエピソードも。

昨年はとにかく頻繁に磐田に通われたそうですが、
やっぱり試合に出ていない時のインタビューは苦労したそうです。

サイン会の終盤になって、スタジアムでよく見かける名波ファンの女性達が到着。
そして増島さんにも本にサインをお願いしていました。
増島さんは照れくさそうに「価値が下がるよ」と言いながらも、嬉しそうに
『ありがとうございます』とメッセージ入りでサインしていらっしゃいました。

サイン会(150人)は13時30分に終了。
この後いったん家に帰って、今度は浜松へ。

090124c

|

« 発売初日 | トップページ | コルテアズーパーティー 08-09 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 発売初日 | トップページ | コルテアズーパーティー 08-09 »