« 天皇杯5回戦・G大阪戦 | トップページ | まずは残留を決めてから »

2008/12/01

第33節 鹿島戦 0-1

小倉さんがカシマに来ていたのでスーパーサッカーを録画したら、
何と何と、画面いっぱいに自分が映っていてビックリ。
ただし顔はカットされ、祈りを込めた手だけね。
手タレじゃないので綺麗にお手入れしていなくて恥ずかしいのですが、
見ても誰だか分からないので、思い切って告白しちゃいました(^_^;)

私の祈りもまだまだということで、大宮戦はさらにパワーアップして
サポートしたいと思います。
勝利すれば念願のJ1残留が決定します。
さあ皆さん、終了の笛が鳴る瞬間まで今度こそ
ガンバロー、ガンバロー、ガンバロー!

■11月29日(土) 観衆29,820人(カシマ)

鹿国へ乗り込むため、5時45分起床。
大急ぎで支度をし、7時42分発のひかりで東京へ。

初めてIWATA-EASTのバスツアーを利用したのですが、
集合場所の地図を持参したにも関わらず、渋谷駅を降りてちょっとパニック。
四方八方に歩道橋がかかっていて、どの方向に行けばいいのか???
迷っても困るので、とりあえず渋谷署まで行って道を尋ねることにしました。
出発時間まで30分の余裕があったのに、少し焦りました。

同じように道を尋ねにきたジュビサポさんを案内しながら集合場所へ。
そして予定時間を若干遅れてバスが出発。
やはり大人数になると大変ですね。有志の皆さん本当にご苦労様です。

11時20分、途中のSAを出発。昼食はバスの中で。
渋滞のため予定時間より大幅に遅れ、12時30分過ぎに駐車場に到着。
当然ながら選手はすでにスタジアムに到着した後でした。

スタジアムグルメの新商品、つみれ汁を試食。
おにぎり+つみれ汁をセットで買うと100円割引の600円。
手作りのつみれが1個、ニラとなるとが入って栄養満点!
珍しくコートもいらない気温でしたが、熱々のつみれ汁で体が温まりました。

控えメンバーは、中山、名波、村井、西、成岡、大井、松井。
ベンチ外の太田と萬代も一緒に鳥かご。

08112901

中2日ですが大丈夫?

08112902

選手入場。
いつもようにホーム側のゴール裏に大きな旗が何枚も広げられました。
写真には撮らなかったけど。

08112903

スタメンは、

ジウシーニョ 前田
     松浦
山本(康)     駒野
  犬塚   ロドリゴ
 岡田 鈴木 加賀
     川口 

加賀と入れ替わって茶野が出場停止、田中が腰痛で欠場のため不安なDF陣でしたが、
発熱して27日の練習を休んだ鈴木が復帰してくれて本当に助かりました。

08112904

前半の立ち上がりから、両サイドから攻め込まれたものの、これは予想の範囲内。
粘り強い守備で凌いでいたのでゴールさえ決められなければ問題なし。
でも攻撃に関しては、相手の中盤のプレスがきつくボールを奪われたり、
繋げようとしても後ろへ下げるしかできず、いつものように前線が孤立。
特に山本がボールを持っても、すぐにパスを奪われることが多くて・・・。

11分、相手の右FKからこぼれ球を犬塚がクリアしCKに逃れる。
そのCKのこぼれ球を何度も跳ね返し、何とかピンチを脱出。
15分ジウシーニョが相手DFと競り合いイエローカード。
17分ロドリゴがカットし、山本がドリブルで仕掛けるもDFに阻まれる。
18分松浦→前田が左クロスを入れるもジウシーニョがDFに阻まれシュート打てず。

加賀がマルキーニョスをマンマーク。
21分本山の左クロスに興梠がヘッドも川口がキャッチ。
23分前田のシュートのこぼれをジウシーニョがキープしてシュートもGK正面。
25分スローインを受けた内田からボールを奪おうとしてジウシーニョがタックル。
2枚目か?とドキドキするも、ボールへいったことで審判から注意のみ。

29分本山のスルーパスから野沢のシュートは左に外れて助かる。
ジウシーニョが内田の裏のスペースをついて左サイドへ意識的に流れる。
山本がボールを奪うもパスが内田に渡ってしまい、興梠のシュートは右に外れる。
37分駒野のクロスに前田のシュートはミートせず。
38分犬塚→ロドリゴ→前田が裏に抜けるもGKセーブでCKに。

39分ロドリゴのスルーに抜け出したジウシーニョが倒されFKのチャンス。
駒野のFKは枠の上に外れてガッカリ。
42分相手のFKから興梠がヘッドで落とし、野沢のシュートは左へ外れる。
43分ジウシーニョの左クロスはDFにクリアされ、CKのチャンス。
右CKはヘッドでクリアされ、この時ジウシーニョが足を痛めピッチの外へ。

ロスタイム2分、興梠に抜け出されるも川口が飛び出しキャッチ。
前半0-0で終了。

後半メンバー交代なしでスタート。

08112905

守るだけでは勝てません。何とか得点を!と攻撃陣の奮起を期待するも・・・。

08112906

1分駒野から松浦のシュートは枠を外れる。
2分駒野から前田へのパスは合わず。こぼれ球をロドリゴがシュートも枠の上。
3分山本がドリブルで持ち込むもDFに阻まれる。
興梠の仕掛けを岡田がブロックしCKに逃れる。
5分CKのこぼれ球から野沢が低いクロスを入れるも、マルキーニョスに合わずに助かる。

6分山本がスライディングするも右サイドを突破され、速いクロスを入れられると、
飛び込んだマルキーニョスをブロック→こぼれ球のシュートは川口がキャッチ。
7分松浦のドリブルから山本がクロス→ジウシーニョへのボールをGKがキャッチ。
相手のクリアボールが山本の顔面に当たってしまう。
8分前田がGKに詰め寄り、慌てたGKが足を滑らせるも外へクリア。

10分岡田がボールを奪われ、新井場のクロスを犬塚がヘッドでクリア。
こぼれ球をジウシーニョ→ロドリゴ→ジウシーニョが倒され、本山にイエローカード。
11分山本(康)→大井に交代。大井がDFに入り、岡田がボランチへ。
12分大井がいきなりマルキーニョスを倒しFKを与えてしまうも、ラインを割り助かる。
15分相手のベンチも動く。野沢から高さのある田代に交代。

さらに攻撃的布陣になった相手の猛攻を跳ね返す展開に。
25分岡田が突破を図り倒されてFKのチャンス。松浦のFKはヘッドでクリアされる。
29分興梠の右クロスにマルキーニョスが飛び込むも川口がキャッチ。
35分犬塚→名波に交代。中2日で名波???
と驚いている間もなく、37分ジウシーニョ→中山に交代。

互いに中盤を省略しロングボールのパワープレーで勝負。
37分相手の長いFKからゴール前の田代のヘッドは外れて助かる。
39分岡田→裏に抜けた中山の前にボールが落ちるも、GKが飛び出しヘッドでクリア。
40分相手の右サイドからのFKはオフサイドで助かる。興梠の飛び出しもオフサイド。
43分ロングボールを前田が頭で落とし、中山が右サイドで折り返しきれず残念。

44分増田の直接FKはバーを大きく越えて助かる。
ロスタイム4分の表示。集中した守備を続ける磐田。
46分相手FKから田代→興梠が打ち切れず、マルシーニョのシュートは川口キャッチ。
47分ロングボール→田代が落とすも駒野がクリア、前田も守備に入る。
岩政からのロングボールに川口と競った田代がヘッドもボールはラインを割る。

48分松浦がミドルシュートを狙うも大きく枠の上に外れる。
残り1分。キープ、キープ、キープ!ところが相手FKのチャンス。
相手はFKをゴール前に送ると、こぼれ球にマルキーニョスが素早く反応。
駒野が後ろから追い、マルキーニョスを倒した形でファールを取られFKを与えてしまう。
時計は49分。ラストワンプレーでした。

増田の左FKを岩政にヘッドで合わせられ失点、0-1。
一斉に歓声が上がったので、入ってしまったことを確認。
ガーーーーン!残り数秒でタイムアップ。最後の最後にまた岩政・・・
04年の1stステージもロスタイムにCKから失点。そして今回もFKから。
貴重な勝ち点1を逃してしまいました。

ガックリ肩を落とした選手が挨拶にやってきました。
肩を組んで「トップ・オブ・ザ・ワールド」を歌って励ましていたところ、
不思議なことに突然に雨が降り出しました。
雨に濡れながら歌ったこの日のこと、絶対に忘れません。
次の大宮戦に絶対に生かします!

ホーム最終戦のセレモニーで監督の挨拶が始まる中、素早く外へ出て駐車場へ。
ところが駐車場から出るまで1時間以上もかかり、その後も大渋滞。
はたして最終の新幹線で帰れるのか不安でいっぱいに。
不安でもお腹は空くので、夕食はスタジアムで買った大きなおにぎりを2個完食。

潮来インターに入ったのが18時50分。試合後2時間かかってようやく脱出。
20時、東京の夜景を楽しみながら順調に首都高を走り、
20時20分頃に渋谷に到着。
品川からのこだまより若干早く着くので、
渋谷から東京まで移動して、21時30分発のひかりで帰宅。

劇的な負けは、もう何度も味わっているので免疫ができちゃったかな。
落ち込むことなく、すぐに次の試合に切り替えられました。
下位チームが負けたことで、ウチには自力の望みがありますからね。

|

« 天皇杯5回戦・G大阪戦 | トップページ | まずは残留を決めてから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天皇杯5回戦・G大阪戦 | トップページ | まずは残留を決めてから »