« 潜入レポ? | トップページ | 第11回メモリアルマラソン・その1 »

2008/11/07

横浜中華街の旅

ある企業の「秋のお客様謝恩キャンペーン」に応募して当選した?
日帰りバスツアーの話の続きです。
色々怪しい部分もありましたが、まあその辺は無料ご招待なので。

■10月30日(木) 快晴

とある場所の見学を済ませ、ホッとひと安心。
朝が早かったのでお腹はペコペコ。
昼食場所の横浜中華街に着いたのが11時40分。
バスを降りて、まずは関帝廟(かんていびょう)へ。

そして下の写真のように並んで記念写真を撮影。
写真は欲しい人だけ予約注文という形でした。(1枚1,000円)

08103014

順海閣というお店へぞろぞろと入って行き、丸テーブルに案内されて着席。
テーブルの上には、お土産用のゴマ団子(3個入りパック)が。
嬉しい!

1番最初に出てきたのが、焼き豚と中華くらげの和え物。
知らない人達との食事だったので写真を撮ろうか迷ったのですが、
やっぱり次の料理からはしっかりと(^_^;)

海鮮入りとろみスープ、豆腐とカニ肉の煮込み、芝エビのチリソース煮。
ここから一気に料理が運ばれてきて、食べるのも忙しいほど。

シュウマイ、ミニ肉まん、黒酢の酢豚、春巻き、
白身魚と野菜の炒め物、順海閣特製チャーハン、ザーサイ、杏仁豆腐。

8人で1皿を分け合うのですが、女性ばかりなので量的には十分満足でした。
チャーハンはイマイチでしたが、酢豚と白身魚の炒め物が美味しかったです。

08103015

30分ほどで食事を済ませ、残りは貴重な自由時間。
パスで隣同士になった女性と一緒に行動することに。
まずは旦那さんに頼まれたという豚足を捜しに街へ出ました。

そして金陵という自家製の炭火焼肉を販売している店を発見。
豚足が1本420円。
安い上に、食べやすいようにと半分にカットしてもらって喜んでいました。
ヤマスタのおもろカレーも食べないので、私はパス。

08103016

世界チャンピオンの肉まんも気になったのですが、
とりあえず江戸清のブタまんを1個(500円)だけ購入。
冷凍品なのでまだ食べていません。

中華街を歩くと、とにかく甘栗屋さんが多くて、「お姉さん、お姉さん」と言いながら
甘栗の試食を差し出してきます。
でも口の中がモソモソしちゃうので、できるだけ遠慮しておきました。

中華街大通りを目指して歩いていくと、善隣門に到着。
そして重慶飯店の第2売店でお土産選び。
食べてみたかった月餅を購入。
手相占いも興味があったのですが、順番待ちだったので諦めました。

08103017

集合場所に戻る途中、関帝廟(かんていびょう)の前を通り、
せっかくなので境内へ入ってみることにしました。

08103018

守護獅子

08103019  08103020

中国のお線香は長いですね。

08103021

本殿の神様に参拝するには、受付で線香と金紙を購入するそうです。
香炉へ線香を立てて身を清めてから参拝するとのこと。

08103022

ツアー客全員が時間通りに集合し、中華街を14時出発。
最後の目的地、赤レンガ倉庫へ。
ここは1人で自由散策。

08103023

08103024

08103025

事前にチェックして唯一気になっていたのが
BASHAMICHI ICE(横濱馬車道あいす)。
バニラとカスタードのミックス(290円)をバスの中でいただきました。
15時10分バスで横浜を出発。途中、足柄SAでトイレ休憩。
マナーのいい客ばかりだったので、予定より早い17時50分に駅前到着。

08103026

お土産に買った重慶飯店の伍仁百菓小月餅。(1個 220円)
これはやっぱり美味しかった~♪

中華菓子の柚香餅(ユウシャンピン)は柚子餡入り。

08103027

このバスツアーに同伴者も参加することができるのですが、
その場合は10,290円の参加費が追加で必要になります。
ですから1人で参加するのがベスト。

バスの中で翌日の大道芸の見学の予定を立てようとガイドブックを持参。
ところが横に座った女性がおしゃべりで、ずーっと聞き役に回っていたので
あっという間に横浜に到着。

その女性は67歳ぐらいでしたが、化粧もしっかりとして身なりもお洒落。
ちょっとただ者ではないなと思ったら案の定、化粧品のセールスを30年以上も
続けている方でした。メナードレディで売り上げトップ5に入り海外旅行の招待も
受けたことがあるそうです。話が好きなはずです!

自宅に泥棒に入られて、集めていたたくさんの宝石を盗まれた話から始まり、
化粧品販売の苦労話など色々プライベートなことまで。
バスの中で飽きることなく過ごすことができました。

|

« 潜入レポ? | トップページ | 第11回メモリアルマラソン・その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 潜入レポ? | トップページ | 第11回メモリアルマラソン・その1 »