« サポーターズクラブフェスタ・その1 | トップページ | サポーターズクラブフェスタ・その3 »

2008/09/17

サポーターズクラブフェスタ・その2

トークショーの選手が入れ替わったので近寄ってみると、
ようやく中山選手を発見。(15時)
すでに多くの人が集まっていて、後ろから見えやすい場所を探していると、
お友達から最前列のポジションを譲っていただきました。
ありがとうございました。

司会はスタジアムDJの杉山直さん。

08091415

杉山:中山選手、山崎選手、中島選手で~す、よろしくお願いしま~す♪今までドッチボールやったんですか?

中山:何かね、やってきましたよ。勝ちましたけどね。完勝です!

杉山:あの~子供相手に何か大人気ないことしたんじゃないですか、また?

中山:勝負だから。勝負の厳しさですし、子供じゃない。俺が当てたのは修斗かな。修斗は俺のボールに手が出なかったから。まだまだだね。ドッチボールに関してはまだまだだね。

杉山:サッカーはいいかもしれない?

中山:サッカーはいいね、全然いいね~。

杉山:ドッチボールはダメ?

中山:ドッチボールはダメだね。俺、だって下から投げたもん。

杉山:それで取れないの?

中山:取れないの。ライトボールだったから。

杉山:ワッハハハ。そんなこと。

中山:上野ばりのライトボール。

杉山:上野すごかったね、そういえば。

中山:すごかったね~!3連投。

杉山:上野って、毎日300回腹筋してるんですって。

中山:たいしたことないね。だって末次は2,000回でしょ。何かそのようなこと聞いたことがある。

杉山:中山雅史は?

中山:俺はそれなりに適度に。適度に刺激を入れて。

08091416

杉山:今はパラリンピック。北京オリンピックの時なんか結構ご覧になったんじゃないですか?

中山:まあそうですね。ちょうど時間帯も合いますしね。見てましたけどね。まあでも、女子の方がね、活躍してましたね。女が強い時代になりましたね。100歳以上生きているご老人、女性が圧倒的に多いですからね。3万人突破したって、この間どこか新聞に載ってて。7、80%が女性ですよね、確か。

杉山:まあ大体が男の方が平均寿命が短いんで。

中山:やっぱね、出産のね、あーいう苦しみっていうのは男じゃ耐えられないっていう話を聞いたことがありますから。

杉山:でもこうやって見ていると、中山さんも長生きしそうだよ。

中山:いや僕は。今、最高齢が113歳って知りまして。そこを目指したいですね。そこを目指してね、やはり113歳、114歳、115歳、そのぐらいになって、で最高齢になった時に、「理想の女性は?」って聞かれた時に「年上の人」って、こう言いたい。こう言いたいですね。

杉山:なかなかいないよ。山崎さん、山崎さん、こんな大先輩に言葉はありますかね?何か気おくれしてるよ、もう完全に。

08091417

山崎:いや敵わないです、それは。

杉山:敵わない(笑)。あの山崎さんも結構、北京オリンピックとか見てた?

山崎:サッカーは見てましたね。相手も強かったんで。

杉山:それはそうだけどね~。山崎さんは普段、例えば食生活とかね、気をつけていることってある?何か食べるもので。

山崎:まあ、やっぱスナックとかは食べないようにして。小さい頃から言われていたんですけど、「そういうの食うなら飯食え」って言われてたんで。

杉山:ああ、「スナック食うなら飯を食え」。凄いね。

08091418

中山:凄いですね~。だから、それがしっかり行き届いてる体してますよね。風呂で見るとブヨブヨですよ!

(会場笑い)

中山:でもね、さっき記者会見で、お好み焼きが好きだって。

山崎:はい。

中山:具のない。具はいらないだって。ソースが好きなの?って聞いたら「ソースもいらない。マヨネーズが少しあればいい」。質素な男なんです。皆さん、小麦粉高いですけどね、送ってやって下さい。

杉山:じゃあ素お好み焼きとかね、作ってね。

山崎:そうですね。

杉山:「スナック食うなら飯を食え」って言われてる割にはお好み焼きかい?

山崎:はい、そうですね。

杉山:ちゃんと栄養とってよー。

山崎:取ってますよ、もちろん、はい。

杉山:中島さんはどう?小さい頃から今みたいな「飯を食え」みたいなこと言われたことある?

08091419

中島:やっぱ牛乳、あと煮干を。

杉山:牛乳と煮干?

中山:でかくなんねーなあ。

(会場笑い)

中山:こいつ弱いんですよ、基本的に。グラウンドでニャン汁はきますからね。汚い話ですけどね。汚い話ですけど、ニャン汁はくんです。フィジカル練習の時にね。

中島:過去1回です。

杉山:1回のことが中山さんにかかっちゃうとね、毎回毎回みたいに。

中島:グラウンドの脇にはいたんですけど。

杉山:真ん中にはいたみたいな感じにね。

中島:中山さんが臭い臭いって言って。

中山:ニャン汁だもん、ニャン汁だもん。

杉山:牛乳とか煮干とか?

中島:はい、取ってました。

杉山:今は?取ってました?

中島:ただ今は、牛乳は取ってますよ、毎日。

杉山:どのぐらい?

中島:1リットル。

杉山:1リットル?

中島:いや、そんな取ってないかもしれない。

08091420

中山:嘘つきです、こいつは。2リットルぐらい飲まなきゃダメだよ。俺だって大学時代に何か筑波に協力してくれっていうことで、牛乳を毎日2リットルと、チーズ立方体のやつ、あれを半分食べて、それをずっと毎日続けてくれってやったけど、飲めないし食えないんで、飽きちゃうんで。あんまり飲みすぎるといっちゃうからね、すぐいっちゃうから。すぐいっちゃう。だから難しいですよ、牛乳を飲みすぎると。

杉山:確かにね、牛乳とかチーズとかね。

(別のイベント場所から呼びかけが入る)

アナ:直さん、直さ~ん。

杉山:何?何?

アナ:今度はドリブルのコーナーに来ましたよー。

杉山:そんなこと言ったってね。

中山:それ皆見たいの?見たくないでしょ。はい、いいよ。切っていいよ、切っていいよーそこ。ここはいい、ここはいい、オーロラビジョンで届かなくていいじゃん。ここはずっと話しようよ。ドリブル頑張って!牛乳とかいいんですよ。いいんですよ。なかなか飲めない食えない。でも牛乳は美味しい。

杉山:美味しいよ。体のためにはいいんですよね。

中山:牛乳は強くなりますよ。飯食う時にね、高原がいつも1リットルの置いときました。あいつ1リットル、全部は飲んでないかもしれないけど、ずっと飲んでました。飯食って牛乳。

杉山:飯、牛乳、飯、牛乳?

中山:そうそう。そういう感じで飯食ってました。

杉山:中山さんはどう、小さい頃から気をつけていたことは?牛乳は飲んだ?

中山:牛乳はまあそんなに。家族で、僕の家は1日1本しか取らなかったので。その1本の奪い合いですよね。まあでも煮干とかは食べてましたよ。それしかなかったからね、食べるものが。

杉山:煮干だけじゃないでしょ?

中山:煮干だけではないけれど、そういうもので空腹を満たしていたところはあります。

杉山:塩昆布とか?

中山:腹減った時にお菓子がないか?って聞いたら、ないって。今の子はね、やっぱね、恵まれてるね。ちょっとねあれだね、飽食の時代になってきたね。だから物の有り難味っていうのが、ちょっと食べたら捨てちゃうたり、凄く勿体無いですよね。だからってそれを食いすぎると太っちゃうしね、難しいとこなんですけど。

杉山:山崎君、プヨプヨしちゃダメだよ。大丈夫?

08091421

山崎:大丈夫です、はい。

杉山:スナック食わなくったって、塩むすび食っとけ、塩むすび。

山崎:はい、食べます。

中山:最近ポニョになったんで。

杉山:ほんと?反論は?

山崎:いや、今初めて聞きました。

中山:初めて言いましたから。

杉山:でもやっぱりね、最近の子供たちは今、中山さんが言ったように飽食の時代になってきた。お菓子もいつでもあるし。だからその辺を親御さんが色々考えて、食育の日に考えてもらってね。子供の頃はそうだけれども、今まさにサッカー選手、スポーツ選手として、やっぱり日々考えていること、栄養バランスとかあるんですかね?奥さんが中心に?

中山:そうですね、まあ僕はそうですね。出されたものを食べているだけなんですけど。奥さんもそれほど考えてはいないと思うんですけどね。

杉山:やっぱりでも朝昼晩、色々とバランスとか考えていますか?

中山:ん~まあでも朝練がある時とか、午前中の練習の時には重くなりすぎると走れなくなっちゃうんで、軽~くですよ。ニャン汁はいちゃうと困るから。ゴン汁はいちゃうと困るから。そうするといけないから。まあでも少食の方ですね、朝は。

(別のイベント場所から呼びかけが入る)

アナ:直さん、中山さ~ん!ちょっと画面見て下さい。

中山:おー頑張ってる、頑張ってる。カレン、そこから、そこから、そこから。はい、あげてあげてあげてあげて。大人気ねーな、おめーは。はい、ご苦労さん。

(会場笑い)

杉山:はい、ご苦労さん。山崎さんは普段の食生活で気をつけていることはある?

山崎:寮生活なんで、出されたものは最後まで。

杉山:出されたものは残さずに?

山崎:はい、できるだけ。

杉山:寮だと割りとバランス取れてる?

中山:そうですね、カロリー計算もされていますし、それなりに必要なバランスの取れた食事を提供してくれていますから。寮で食べるのが1番いいと思いますよ。

杉山:でもやっぱり途中でお腹が減ったりとかあるのかな?

中山:減るでしょ、この辺は。入っているんじゃない?口を動かしてムニャムニャ、ロバだと思いましたよ。初めて言いましたけど!

杉山:途中でお腹減ったりとかってある?

山崎:はい、あります。バナナが置いてあるんで寮に。

杉山:じゃあ寮にいりゃーね、その辺は大丈夫だね。中島君は?

08091422

中島:はい僕も寮生活なんで、特に。

杉山:好きな食べ物、嫌いな食べ物は?

中島:好きな食べ物は白いご飯とみそ汁。

杉山:白いご飯が好きなんだ、へ~。昭和20年代に生まれても大丈夫だね。

中山:白いご飯っていうのはなかなか昭和20年代じゃ食べられないんじゃないですか?

杉山:30年代から。

中山:30年代、40年代でしょうね。

杉山:白いご飯とみそ汁。いいじゃない。

中山:1番ぜいたくですね。

杉山:今は特にね、ぜいたくかもしれませんね。

中山:白いご飯って言いながら、事故米食ってるんじゃないの?今話題ですからね、事故米。気をつけて下さいよ皆さん、事故米。何に含まれているか分かりませんからね。

杉山:そう、白いご飯とみそ汁。それがあればいい?

中島:いや他におかずも欲しいですけど。

杉山:おかずは何が好き?

中島:やっぱりフライものとか揚げ物とか好きですね。

杉山:でもこの2人ぐらいじゃ、よく食うでしょうね、この若さじゃ。

中山:当たり前でしょうね。その分、絶えずエネルギーを発散しているから、ちょうどのカロリーに。基礎代謝がいいですから、どんどん消化されていっちゃうからね。

杉山:だけど中山さんだってね、40超えて、これだけ動いてりゃ今でも結構食べるでしょ?

中山:そんなことないですよ。

杉山:減ってきた?

中山:落ちましたね、それは。食べ過ぎると太っちゃうかなっていうのもありますし。気にしますよ、やっぱり。

杉山:そうですか。でもやっぱり未だに体脂肪は相当少ないでしょ?

中山:まあ、それなりに維持してますけれども、見た目どうなのかな?風呂上りにこう裸を見ながら、このくびれは大丈夫なんだろうか?自分でこう脇をさすりながら、ついたんじゃないだろうか?色々不安になりますけどね。

杉山:中山さんがそれじゃあね~。

中山:山ちゃんの裸を見たことがないと思いますけどね、結構すごいんですよ。凄いんですよ結構。抱いてみませんか?

杉山:特にスポーツ選手は何といっても体が基本ですからね。

中山:そうですね、まあ僕がこれだけしゃべってますからね、もうそろそろ締めに入ってるでしょ?

杉山:そうだよ。

中山:ここの2人あんまりしゃべってないんでね、こっち中心にもうちょっといきましょう。それでいいでしょ、次待ってないでしょ?何もやらないでしょ?ニャンコ、しゃべれ!ニャンコ彼女いるの?

中島:いや、それは・・・

中山:メス猫?あっ、好きな子いるの、彼女?付き合って何年?

中島:えっ!

杉山:真剣になってるよ。

中山:いいんだよ、作り話でいいんだ。

中島:作り話でいいんですか?

中山:作り話でいい。彼女いるの?

中島:はい。

中山:いるんだ~!

中島:はい。

中山:いるんだ~。何年、付き合って?

中島:2年。

中山:2年も付き合ってんのか~。いいなあ。山ちゃんは?お母さん元気?

山崎:はい。

中山:良かったね。山ちゃん、いないんだって。彼女になりたい人?

(はーい!と手を上げた女性がいて)

08091423

中山:あーいた!どうぞ、どうぞこちらへ。お母さんお母さん、お母さんお母さん。チャンスタイム!

杉山:写真も撮ってあげたら?

中山:ここまでね、手を上げれるね、勇気がね素晴らしい。山ちゃんの横へ。

(写真を撮ってあげようとするのですが・・・)

08091424

中山:はい、いきますよー、いきますよー。

(カメラを自分の方に向けて)

杉山:それは違うだろ。はい、撮ってあげる。

中山:手なんかつないじゃった方がいいんじゃない。肩組んじゃおうか。

杉山:よし、撮った!

中山:じゃあ、お互いね、電話番号交換してね。ありがとうございました。

杉山:なかなかないですね。

中山:なかなかないですよ。他に山ちゃんと付き合いたい人?あー、あそこにいる!あっ、逃げた、逃げた。

杉山:じゃあ、そんなことで、締めますよ!中山選手、山崎選手、中島選手でしたー。お疲れ様でしたー。

大きな拍手でトークショーは終了。
3選手は次のイベント場所へ移動。

その3に続く。

|

« サポーターズクラブフェスタ・その1 | トップページ | サポーターズクラブフェスタ・その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サポーターズクラブフェスタ・その1 | トップページ | サポーターズクラブフェスタ・その3 »