« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008/07/28

第19節 東京V戦 1-1

先制するも、やっぱり追加点が取れずに追いつかれて結局、勝ち点1。
なかなか順位が上がりませんね。
ただでさえ後半になると運動量が落ちるのに、あの異常な蒸し暑さの中では
いつもより交代もタイミングよくしていただかないと。
でも効果的な交代って、今のチームにあるのかどうか謎ですが。

最初の交代が萬代だったため多くの人がビックリというか、ガックリ。
監督の頭の中ではそういう順番なんでしょうけど、
スタジアムの空気が変わるのが分かりませんかね。
いきなり「走れー!」と叫ぶ人もいたほど。
入った直後はボールを追う姿も見られたのですが。

そんな中、スカパーの解説をした長澤さんが、またまた言いたい放題。
理想はそうなんですけど、今の萬代にそれを求めても厳しいかも。
これから1つ1つレベルを上げていく段階ですから。

慣れないデビュー戦でロドリゴも早めに交代させて欲しかったですね。
福西の得意技にやられる前に。
いつもように犬塚が準備していたでしょうに、また後手後手になってしまった感じ。
引き分けの試合が多かっただけに、非常に勿体無いことをしました。

■7月26日(土) 観衆11,057人(ヤマハ)

「うなぎ丼」の前は長い行列ができていたので、
この日の夕食は主人が磐田カレー、ただし豚足抜き。
私は民民の冷やし中華(600円)。ゴマと辛子がないのが残念。
家から持参した枝豆と一緒にいただきました。

08072601

ジュビロプラッサに戻って、太田君の髪型をチェック。
この暑い季節に、どうしてまた?

08072602

もう少しで氷のジュビロ君が完成します。

08072603

民民のカキ氷を食べながら、選手のウォーミングアップを見物。
控えは中山、萬代、名波、河村、犬塚、鈴木。

08072604

新加入のロドリゴが先発デビュー。
連係の面で不安はあるものの、どんなプレーを見せてくれるのか楽しみ。

08072605

大分戦で15針を縫うケガをした川口が復帰し先発出場。
控えは八田。

08072606

シュート練習では、中山が何本も枠へ決めていました。
調子はどう?

08072607

ナカヤマ、ナカヤマ!
怖いくらい気合が入ってますね~。

08072608

大分戦でJ通算150試合出場を達成した前田選手に奥様から花束贈呈。
9月に女の子が生まれるそうです。

08072609

スタメンは

  前田 カレン
   ジウシーニョ
村井      駒野
  上田 ロドリゴ
茶野 田中 加賀
    川口

08072610

前半開始1分、上田のパスから前田がくさびになり、ジウシーニョへパスを送ると、
駒野の右クロスを前田がヘッドで決めて先制。

前田ようやく今季初ゴール!

さあ勝利のためには、とにかく追加点を!

08072611_2

4分服部のスローインをロドリゴがクリア。
6分加賀が服部からボールを奪いドリブル突破も、カレンへのパスは通らず。
14分上田の前田へのスルーパスを福西にカットされる。
18分村井が相手ゴール前でボールを拾いドリブル突破。前田へのクロスは服部クリア。
22分上田がミドルを狙うも右に外れる。

08072612

25分ロドリゴが平本を倒し、ディエゴが蹴ったFKはクロスバー。
27分村井が仕掛けて最初のCKのチャンスを得る。
28分村井のクロスをDFがクリアし、再びCKのチャンス。
34分福西のパスに大黒がターンしてスルーパスも抜け出した平本はオフサイド。
川口も飛び出し平本と接触し倒れ込みヒヤッとするも、すぐに復帰。

ボールは相手が支配。服部がフリーでクロスを入れる場面が目立つ。
43分上田のミドルは左へ外れる。
ロスタイム2分も終わり、前半1-0のリードで終了。
失点しなくて良かった。でも追加点が・・・

08072613

ハーフタイムに控え選手がストレッチとダッシュ。

08072614

ハーフタイムを終えて選手がピッチへ登場。
東京Vの福西が控え組と次々に笑顔で挨拶。

08072615  08072616

後半メンバー交代なし。
開始早々、福西がミドルを狙うも枠の上。
4分右サイドで前田が服部に倒されるも駒野が抜け出しビッグチャンス。
ところが審判の笛でプレーがストップ。これはやはり流して欲しかった。
7分ロドリゴが前線へロングパスを送るも、ジウシーニョへわずかに合わず。

*アウェーのゴール裏前に電光掲示板が登場。

08072617  08072623

8分村井が後ろから福西に足を踏まれ倒れ込む。
福西にイエローカードが出ると盛り上がるスタンド。
とにかく福西がボールを触るたびに、しつこいくらいにブーイングが(ーー;)

08072618

ロドリゴからのパスをカレンがヒールで落とし、前田が抜け出しシュートを決めるも
オフサイドの判定でガッカリ。
9分ジウシーニョが倒されFK。村井のクロスにカレンが飛び込むも合わない。
10分村井がまた福西に倒される。狙われてる?
11分駒野→ロドリゴのシュートはブロックされ、こぼれを村井がシュートもGK正面。

東京Vは18分に飯尾、22分に和田と2人メンバーを交代。この采配がズバリ当たる。
磐田は23分カレン→萬代に交代。この采配は・・・

和田→福西スルーに和田が抜け出しニアサイド上を狙ったシュートが決まり同点。
柱谷監督が何度も飛び跳ねて喜んでいました。

08072619

25分駒野が仕掛けCKのチャンス。上田の右CKから茶野が飛び込むもクリアされる。
27分服部のロングボールからのこぼれをロドリゴがスライディングでイエローカード。
そのFKからのこぼれをディエゴが狙うも枠の上に外れて助かる。
29分駒野のクロスに萬代がヘッドでそらし、ボールはGKキャッチ。萬代ボールを追う。
長澤:自分でコントロールして打てないですかね~。1番動けるんですから。

上田のスルーパスを萬代が落とし、浮いたパスを上田がミドルを狙うも枠を大きく外れる。
31分川口のゴールキックから萬代がDFに囲まれながら粘ってCKのチャンス。
上田の右CKからGKパンチ→上田が拾って駒野がシュートもGK正面。
32分平本が抜け出しディエゴの突破に川口が飛び出しキャッチするも、再び倒れ込む。
またアゴ?トレーナーが急いで駆けつける。そして無事に復帰しプレー続行。

08072620

37分前田→村井クロス→萬代がフリーでヘッドは相手DFに当たってCKに。
長澤:ここもヘディングにいかないで、胸でコントロールできたんじゃないですかね。

39分相手CKのこぼれを萬代が拾い→前田→中央で村井がボールをカットされる。
こぼれ球を拾いに来たロドリゴが福西を倒してしまう。
とにかく相手が悪かったです。報復行為の足蹴りは見逃され残念でした。
2枚目の警告でロドリゴ退場。数的不利な状況に。

42分ジウシーニョ→犬塚に交代。
田中のFKに前線の萬代はDFと競らない・・・
長澤:あーいうとこ競ってもらいたいですよね~。
上づえでは随分アドバンテージあると思うんですよ。
あそこを上手く味方に落とすことでポストプレーヤーの役割が出てくるので。

前田→村井のクロスに萬代は競り負ける・・・
ロスタイム4分。
前田が前線から激しく追う。その時、萬代は・・・

速攻から福西がヘッドで落とし、飯尾のシュートは外れて助かる。
村井→前田→萬代シュートはGKにブロックされるものの、その前にオフサイドの判定。
長澤:右に流れるんだったら自分の位置を確認しながら。
DFの最終ラインにいますから流れる方向も位置も確認できると思うんですよね。
そういう工夫をすることが大事ですよね。

茶野のロングフィードに萬代がジャンプもボールに触れない。
長澤:無駄ですね、あのジャンプは!大変だけど(落下点に)走る!!

ベンチの横で呼ばれるのをずっと待っていた中山でしたが、やはり出番はなし。
交代枠1つ残したまま、1-1で試合終了。

08072621

前田がメイン席の奥さんに向かって遠慮がちに手を振っていました。

08072622

| | コメント (0)

2008/07/24

山ぶどうチーズケーキ

今日から静岡伊勢丹で始まった東北物産展で、「沢菊」の山ぶどうチーズケーキを購入。
岩手県久慈地方の特産物、山ぶどうの果肉とソースをふんだんに使ってあり、
ふんわりと口当たりのいいチーズケーキ。(1,365円)

山ぶどうの他に、籠に入ったプレーン味とサクランボのチーズケーキもあり、
3種類を試食してから、この甘酸っぱい山ぶどうに決定しました。

0807243

24日の未明に岩手県で大きな地震が起こりました。
久慈市は震度5強だったようですが、大きな揺れでさぞかし怖かったことでしょう。

東北から今回、静岡に出張しているお店の方々も心配でしょうね。
被災された地域の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

| | コメント (2)

涼しげなアレンジ

今回はいつも使用しているオアシス(吸水性スポンジ)ではなく、
ジェルを入れた透明なガラスの器に花を挿していきました。
花材の色もホワイトとグリーンの2色使いでシンプルだったので、
とても涼しげなアレンジが出来上がりました。

斑入りのギボウシもアクセントになり、さらに蔓性のシュガーバインが
いい流れを作ってくれました。

花留め用に、アルミワイヤーを適当に折り曲げて器に絡めてありますが、
ジェルだけでも結構しっかり留まりました。

0807241  kazaru倶楽部

・トルコキキョウ
・カラー(クリスタルブランシュ)
・ギボウシ
・ミスカンサス
・シュガーバイン
・アルミワイヤー
・ジェル

(花材+器 3,200円)

透明な器なので茎は浅めに挿して外側から見えないように。
ジェルは水を入れると固まるので、ジェルのシャリシャリ感が残るように
水は器の半分ぐらいまで、と先生からのアドバイスでした。

0807242

| | コメント (2)

2008/07/22

第18節 大分戦 1-2

あの腹立たしい敗戦から、ようやく気持ちが落ち着きました。
負ける時はこんなもんですよ。
悔しいと思えるようになっただけ、以前より内容が良くなったということでしょうか。

スカパーの中継が始まり、アウェーのゴール裏が映し出された時に、
顔見知りの人達が皆はっきりと分かる大きさで登場。
浦和の真っ赤なゴール裏とは違って、1人1人の応援が伝わってきていいですね(苦笑)。
まるでACLの試合のようで、そこは韓国ですか?と突っ込みたくなりました。
ホーム&アウェー迷わずGO!の皆さん、本当にお疲れ様でした。

九石ドーム、2003年に行った時はビッグアイという名称でしたが、
あの時は湿度が92%で、応援していて頭がクラクラした思い出があります。
中2日の長距離移動の上に、風が通らず真夏には最悪な環境での試合。
それでも前半はリズムをつかみ、シュートは3本と少ないものの1-0とリード。

2点目が先に決まっていれば、何とか勝ち点3も取れただろうし。
後半は足が止まり押し込まれる展開になるのは、いつものこと。
あそこで同点にされても、というか、何をするんですかウエズレイ!!
最後は勝ち点1狙いで凌げたと思うんですけどね。

まあ2連勝した大宮戦も名古屋戦も、3点目が取れずに最後までヒヤヒヤでしたけど。
とりあえず1点では勝つのは難しいということですね。
前田の復活ゴールが待ち遠しいところ。でもそんなに焦らないでー。

あれだけ集中して守っていたDF陣も、川口の負傷退場で動揺したのかな?
ロングボールをダイレクトでクリアせず、目の前でバウンドさせてしまったのでは・・・

森島(186センチ)のような役目を萬代(184センチ)にも期待して入れたのでしょうけど、
それは難しいことだとサポには十分すぎるくらい分かっていました。
せめて前線からボールを追うことだけでもしてくれれば、トラップミスは大目に見たのに。

■7月20日(土) 観衆19,355人(九石ドーム)

2分ドリブルで仕掛けたジウシーニョが倒されFKのチャンス。駒野のFKは左へ外れる。
3分再びジウシーニョが倒されFKのチャンス。
相手はジウシーニョのドリブル突破を警戒し、厳しくマーク。
5分成岡の駒野へのパスをウエズレイにカットされる。
前田、カレン、ジウシーニョの3人が前線からプレス。

10分金崎の右クロスを田中がクリア→ウエズレイのCKは川口がキャッチ。
12分成岡のゆるいパスをカレンが何とかキープ→村井のシュートは大きく外れる。
13分村井の縦パス→成岡→ジウシーニョ→カレン→駒野が切れ込むもシュート打てず。
14分上田の右CKはDFクリア。
17分村井が左サイドを突破→上田のクロスはDFに阻まれる。

23分村井→カレンが中央に流れてシュートもGK正面。
26分プレスが甘く、金崎がドリブルからミドルシュートも右に外れて助かる。
34分前田の素早いリスタートから上田→成岡のミドルシュートで先制。
名古屋戦のゴールのイメージが残っていたのか、成岡2試合連続!!
で、アシストはというと、また上田(^_^;)

相手はボールの出し所がなく、バックパスばかり。
41分ウエズレイのFKから高橋が飛び込むもミートせず助かる。
細かくパスを繋ぎ、追加点を狙う磐田。
43分駒野のクロスに前田が抜け出すも、わずかに合わず残念。
ロスタイム1分。磐田ペースで前半1-0で終了。

後半メンバー交代なし。
相手はバックラインでボールを回し、前線へロングボールを放り込む。
DF陣のラインコントロールでウエズレイはオフサイド。
6分前田が中盤でキープしながら1人で持ち込みミドルシュートも、右に外れる。
10分前田俊介のシュートは加賀がブロック。

11分相手ゴール前に上がったボールがDFに入った村井の前でワンバウンド。
高橋にヘッドで合わせられるも川口がセーブでCKに。
その相手CKからの速攻でカレンが抜け出すもDFに阻まれる。
13分ウエズレイ→前田俊介のシュートはブロック。
速攻で前田→ジウシーニョのドリブルシュートはDFに阻まれる。

14分ウエズレイ→高橋のクロスに鈴木シュートも右に外れて助かる。
15分成岡が守備にいって、また足を痛めた様子。
押し込まれる展開も、ジウシーニョが再び速攻→上田→駒野のクロスは上がらず。
反対に相手の速攻を受けるも、パスミスで助かる。
18分右足を痛めた成岡→犬塚に交代。

21分前田俊介→C大阪から移籍したばかりの森島に交代。
23分ジウシーニョがボールを奪い→カレン→前田が前を向くもボールを奪われる。
24分ウエズレイと森島のマークについていた田中と加賀の裏にボールが抜けると、
ウエズレイがドリブル突破→飛び出した川口と交錯もヘッドで押し込み同点。
川口はウエズレイのスパイクがあごに当たり出血。

28分川口の負傷退場で、急きょ八田に交代。
八田の公式戦初出場は嬉しいけど、ドキドキです。とにかく落ち着いて!
30分八田が線審の旗を見てオフサイドと勘違い。ボールを持ったままペナの外へ。
やっちゃったー!!31分相手FKは壁に当たりCKに逃れピンチを脱出。
「クリア、クリア」と八田のコーチングする声が聞こえてきて、ひと安心。

37分カレンがカット→ジウシーニョのシュートはDFの足に当たり、右CKは左へ流れる。
41分カレン→萬代に交代。
ジウシーニョ→村井のクロスに前田が飛び込むもDFクリア。
42分上田→萬代が倒されFKのチャンス。上田のFKはヘッドでクリアされる。
犬塚のプレスから村井がドリブル突破→駒野のクロスに前田がヘッドも繋がらず。

ロスタイム5分。
犬塚→ジウシーニョ→駒野→ジウシーニョがドリブルで仕掛けCKに。
西川がボールを叩きつけ、(わざともらった)イエローカード。
右CKから前田→村井のシュートを狙うもブロックされる。
左サイドから犬塚→村井がドリブルからパスを送るも、萬代がトラップミス・・・。

上田がボールを奪い、前田へのパスは通らず。
八田からのゴールキックに萬代が競り負けるというか、競らない・・・。
前田がDFへプレスヘ行くも、萬代はプレスに行かない・・・。
その最後の寄せが大事だったのに、相手DFからロングボールが前線へ。
森島が胸で落としたボールを田中がクリアミス。ウエズレイに拾われ失点。

ジウシーニョがドリブルで仕掛けFKのチャンス。
駒野のFKは枠を大きく外れ、1-2の逆転負けで試合終了。
スカパーは勝利したチームだけ映すので、中山の姿を1度も確認できず。
TV観戦の辛いところです。

| | コメント (0)

2008/07/20

赤シソジュース

久しぶりに赤シソジュースを作ってみました。
以前は、お砂糖をたっぷり入れて作っていたのですが、
今年は甘味を控えたかったので、蜂蜜を少しだけ入れてみました。

沸騰した鍋に赤シソの葉を入れて煮ると葉は緑色に変わります。
煮出して葉をきれいに取り除いた後、お鍋の中にクエン酸を入れると
鮮やかな赤色に変わるのが楽しいです。

熱いうちに熱湯消毒した空き瓶に入れ、冷めてから冷蔵庫で保存。
水で薄めるとピンク色のドリンクが出来上がりました。

080720

赤シソ・・・じまん市にて、1袋(300g入り)210円
水 2リットル

| | コメント (0)

2008/07/19

第17節 名古屋戦 2-1

ホーム・ヤマスタでのリーグ戦勝利は、4月29日の京都戦以来、約2ヶ月半ぶり。
試合前は上位・名古屋から勝ち点1でも取れればいいなと思っていたのですが、
何とまあ、驚きの勝ち点3が取れて嬉しかったです。
リーグ前半戦が終了し、順位も12位にアップ。

前半立ち上がりのポカで、またか・・・と思った人も多かったはず。
でも下を向くことなく大宮戦と同じく攻撃的なサッカーを繰り返し、
何度もチャンスを作っていた前半でした。
そんな中、どうしてもボランチの2人が頼りなく感じてしまい、何度ため息をついたことか。

ところが後半の立ち上がり、そのボランチ2人が絡んでの逆転劇。
ビックリです。ロドリゴ加入の効果ですかね。
それまで文句を言いながら見ていた人達も、2-1からハイテンションに。

3点目が取れず、最後まで相手に押し込まれる展開が続きヒヤヒヤでしたが、
以前よりはマシなサッカーができてきたような気がします。
最近スタジアムから足が遠のいている皆さん、そろそろ戻ってきませんか?
それとも、もう少し様子見ですか?

■7月17日(木) 観衆8,216人(ヤマスタ)

『みんなで行かまい!ホームタウンデー』のイベントがあったので、
いつもより少し早めにヤマスタへ。
17時40分Bゲート前の広場、ジュビロプラッサに到着。

東海3クラブの「飲食交流戦」として、今回は豊田スタジアムのグルメが登場。
名古屋のひつまぶし茶漬けも気になったのですが、
楽しみにしていた「グラン巻」と、磐田カレーを購入。

隣のテントでは、ホームタウン6市町(磐田・袋井・掛川・菊川・御前崎・森)の
自慢の冷茶を飲み比べして投票するコーナーも。
正直なところ味の違いが分からず、プレゼント商品で菊川茶へ一票。

08071701

ショップの横の駐車場で、新加入のロドリゴを発見。
これからサイン会に向かうところなんでしょう。

08071702

夕食は地産地消、磐田の食材を使ったカレー。
この日は「お茶入りのソーセージとプチベールのカレー」でした。
プチベールが見当たらなかったけど・・・。
ルーが柔らかく、座席まで運ぶのに一苦労でしたが、ルーの味はグー♪

08071703

デザートは黒餡のグラン巻。
人気のチーズクリームはすでに売り切れでした。

08071704

18時から「女だらけのPK対決」がスタート。
ジュビィちゃん、グランパコちゃん、そして磐田市女子サッカーPRマスコットの
さっちゃんがピッチに登場。

08071705

パフォーマンス上手といったら、やっぱりグランパコちゃん。
体を横に倒してゴールを守ったり、PKを止められるとガックリして倒れ、
見学していたジュビロ君に慰めてもらったりしていました。

PKを止められてジュビィちゃんが足をバタバタさせて悔しがる姿も可愛かったです。
さっちゃんが成功すると、ジュビィちゃんも負けずにゴール。

次のキッカーはグランパコちゃん。
ボールの位置を前に移動させ、ジュビサポからブーイング。
キックをジュビイちゃんに止められて、またまたガックリ。
最後のキッカー、ジュビィちゃんが素早く蹴ってゴールイン。
ジュビィちゃんが優勝し、ジュビロ君と一緒に大喜び♪

08071706

ヤマスタでの俊哉は久しぶり。
でも残念ながら出場機会なし。

08071707

控えの中山、萬代、名波、松浦、犬塚、大井がバックスタンドの前で鳥かご。

08071708

相変わらず楽しそうですね~。
遠くから見ていたので、詳細は不明ですけど。

08071709

控えGKに入った八田にも熱い声援が飛んでいました。

08071710

シュート練習が終わり、いつもように中山コール。
胸をバンバン叩いた後、拳を突き上げて応えていました。

08071711

スタメンは出場停止の加賀に代わって、久しぶりに鈴木が先発。

  前田 カレン
   ジウシーニョ
村井      駒野
  上田 成岡
茶野 田中 鈴木
    川口

08071712

キャプテンマークを巻いた2人のGK対決も注目でした。

08071713

前半の立ち上がり名古屋が一気にプレスをかけてきて攻撃開始。
マギヌンのFKから吉田のシュートは川口がキャッチ。
ゴールキックのボールを上田の前でカットされシュートを打たれるも枠の外。
4分ゴール前の連係ミスから失点。鈴木と成岡がボールを譲り合った形に。
鈴木が普通に前に蹴り出していれば問題なかったのですが。

開始早々の失点で鹿島戦と同じ展開になってしまうのではと心配したのですが、
この試合は下を向くことなく、すぐに反撃を開始。
5分カレン→駒野が右サイドをドリブル突破でCKのチャンス。
6分再CKから駒野がフリーでシュートも右に外れる。
8分上田→駒野のクロスに前田がヘッドも左に外れる。

9分駒野のFKからジウシーニョが頭で合せるもゴールならず。
13分前田が中央でキープ→上田の左クロス→DF→駒野→DFでスローイン。
15分ジウシーニョがボールを奪い、カレン→前田のシュートはDFブロック。
16分村井のクロスはDFクリア。こぼれ球を相手に拾われるも、
ジウシーニョが奪い返し、最後は前田がシュートも左に外れる。

08071714

19分左FKから田中が飛び込むもDFクリア。ジウシーニョの献身的な守備から
前田→カレンと繋ぐもゴールが決まらない。ジウシーニョのミドルは枠の上。
21分上田のファールで、相手FKからマギヌンが走り込むもラインを割って助かる。
26分成岡のパスが弱いので、狙われたカレンが倒される。
29分鈴木が交わされヨンセンがシュートも枠の上で助かる。

相手に攻め込まれ、31分田中のバックパスに慌てた川口がキックミスで相手CKに。
33分ジウシーニョがボールを奪うと、そのまま突破しGKと1対1に。
少し持ちすぎたのか、楢崎にセーブされゴールならず。
35分カレンが頭で落としたボールを相手に拾われ、プレスにいった成岡が相手と交錯。
いつものように足を痛めた様子。でもすぐに復帰。

村井がボールを奪い、前田がシュート→クリアボールを再び前田がクロスもDFクリア。
成岡が横パスをカットされるも、駒野がカバー。
39分ジウシーニョが相手に囲まれながらもキープしカレンへパス。
40分成岡がふわっとしたロングボールを前田へ送るもDFクリア。
ジウシーニョがこぼれを拾って強引にシュートも決まらず。

41分ジウシーニョがまたまたボールを奪い、カレンがドリブルシュートもGKキャッチ。
44分上田の左CKからジウシーニョのクロスを茶野が飛び込むもGKキャッチ。
茶野が顔を抑えて倒れ込むも、すぐに復帰。
ロスタイム1分。
攻め続けながらもクロスが合わなかったり、シュートが枠を外れて、
0-1のまま前半終了。

7月26日から磐田市で行われる「第17回全日本高等学校女子サッカー選手権大会」
をハーフタイムにもマスコットのさっちゃん達がグラウンドを一周してPR。

08071715

ロドリゴがサポーターに挨拶、「ロドリゴです。」
プレー映像も流れたようですが、挨拶に気を取られて見忘れました。

08071716

アップを終えた控えメンバーに激励され、メンバーがピッチに再登場。
川口も檄を飛ばしていました。

08071717

後半1分、駒野のクロスにカレンが飛び込むもDFクリアでCKのチャンス。
2分上田の左CKに勢いよく走り込んだ茶野のヘッドで同点、1-1。
茶野、今季初ゴール。

08071718

4分ジウシーニョがボールを奪いドリブル突破→上田→成岡がミドルシュート。
2階席から入ったのかどうか、すぐに確認できなかったのですが、
左ポストに当たってゴールインした模様。成岡も今季初ゴール。
あっという間に2-1と逆転し、スタジアムは一気に盛り上がりました。
それにしても康太、抱きつき過ぎなんじゃない(^_^;)

08071719

控え室でアップしていたメンバーも、ベンチの前で輪になって大喜び。

08071720

とにかく3点目を取るまでは安心できません!
ジウシーニョのループは右に外れ、前田のへッドも決まらず。
上田が相手に突破され、茶野がカバーに入る。
6分上田のクロスにカレンが飛び込むも足が届かず。
7分成岡が、9分上田がボールを奪われ、DFがカバー。やっぱりボランチ・・・

10分前田が積極的にミドルシュートを狙うもGK正面。
16分カレンがドリブルでキープ→村井→ジウシーニョがシュート。
18分村井のクロス→DF→ジウシーニョ→上田のシュートは枠の上。
19分再び狙った成岡のミドルはGK正面。
相手のメンバー交代で徐々に押し込まれる展開に。

24分村井がマギヌンをファールで止める。前半にイエローカードで出ていたので、
ヒヤッとするもカードが出なくて本当に助かりました。
26分村井→犬塚に交代。
左サイドへ入った犬塚が早速、ゴール前で足を投げ出しクリア。
29分ゴール前で鈴木が相手を倒し、マギヌンのFKは枠の上に大きく外れて助かる。

08071721

33分ヨンセンが頭で落とし、阿部が強烈なシュートも、左に外れて助かる。
36分ジウシーニョ→松浦に交代。
リーグ戦デビューの松浦に大きな拍手。

08071722

37分成岡→前田が強烈なミドルシュートを狙うもGKセーブでCKに。
上田のCKから茶野が再び走り込むもGKキャッチ。
相手の速攻。上田が交わされクロスを入れられると、鈴木が足を投げ出しクリア。
連続で相手CKのピンチを逃れると、前線で1人待っていた松浦がドリブル突破。
DFに阻まれながらもキープしてクロス→前田とカレンの前でDFクリア。

さらに名古屋の反撃でピンチの連続。守備に追われる磐田。
41分成岡→大井に交代。4バックに変更。犬塚がボランチへ、松浦が左サイドへ。
44分犬塚と前田のキープから上田→松浦がシュートも右に大きく外れる。
ロスタイム3分。

楢崎のFKから頭でつながれ、上田がマギヌンと交錯もファールなしで助かる。
最後のヨンセンのシュートも枠を外れて助かる。
1点差を守り抜き、2-1で試合終了。上位の名古屋に逆転勝利。
思わず立ち上がって、「やったー!」と叫んでしまいましたが、
何より1番嬉しそうだったのが川口。

08071723

川口がスタンドに向かって何度も何度もガッツポーズ。
他の選手達も嬉しそうに互いにハイタッチ。
中山はインタビューに向かう茶野とハイタッチしていました。

08071724

いわしんマンオブは、貴重な同点ゴールを決めた茶野。
ヒーローインタビューでは、「まだ優勝を諦めていないので・・・」という
頼もしい発言も。
実は、えーー!!と驚いてしまったことは内緒。

08071725

メインスタンドの前で何かの記念写真の撮影。
茶野さん待ちです。

08071726

茶野さんも加わり、はいチーズ♪

08071727

シャトルバス乗り場に急いだため、チームバスの出待ちは諦めたのですが、
やっぱり藤田&名波&中山の3ショットがあったらしいです。
残念!

タッチの差でホームライナーには乗れず、21時53分発の電車で帰宅。

| | コメント (2)

2008/07/15

第16節 大宮戦 2-1

ヒーローインタビューで、カレンが思いっきりカメラ目線でサポにメッセージ。
ドキッとしてしまいましたよ(笑)。

前田とカレンの2トップが復活し、ジウシーニョも絡んで前線がかなり充実。
プレスはもちろん、ボールをキープできる選手が入ると攻撃が活性化。
村井と駒野の両サイドもいい感じだし、やっぱり後はボランチですかね。
リズムが良い時も悪い時も、ボランチの役目が重要ですから。

新加入のロドリゴがどれくらいでチームにフィットしてくるのか。
今日の練習試合で実戦デビューするそうですが、
とにかく早く本職のボランチに出て欲しいものです。
今の状態では前も後ろもボランチのカバーに忙しくて大変です。

2-1になった時点でリズムが逆転し、監督の泣きそうな顔が映る度にイライラ。
早く動かないと。失点してからでは遅いのに!
35分ようやく交代。
そして44分、最後の1人が交代したものの・・・

犬塚の交代は効果的だったとしても、後の2人は微妙というか、
上手く試合に入っていけなかった感じでしたね。役に立つどころか、もう・・・
テレビ観戦だったので言いたい放題言わせていただきました。

■7月12日(土) 観衆12,720人(NACK5)

  前田 カレン
   ジウシーニョ
村井      駒野
  上田 成岡
茶野 田中 加賀
    川口

前田とカレンが前線からボールを追うことで、全体の意識が前へ前へ。
トップ下のジウシーニョが豊富な運動量で動き回り、攻守に渡って貢献。
5分茶野のロングフィードからジウシーニョがフリーで抜け出すもハンドの判定。
6分茶野のロングフィードから前田が胸で落とし、カレンがボールを追う。
7分上田、8分成岡、ボランチからのパスが通らず速攻を受ける。

9分カレンのシュートのこぼれ球を前田がシュートも左に外れる。
村井のスルーパスから前田がシュートも枠の上。
10分村井のクロスを前田がヘッドで落とし、カレンが右足で押し込んで先制。
14分デニスマルケスのドリブル突破を駒野、田中、加賀の3人で阻止。
16分駒野が波戸に倒され、上田のFKはDFに阻まれる。

17分成岡がパスミス。18分上田は前を向けずにボールを下げる。
20分相手のパスミスを駒野が拾ってクロスも、カレンの前でDFクリア。
21分前田→駒野→カレンがキープ→上田が上がってくるも、DFに阻まれる。
29分茶野のロング→相手DFがクリアミス→ジウシーニョが左からシュートもDFクリア。
36分相手のパスミスを前田が拾い、駒野がミドルシュートも右に外れる。

38分駒野のクロスをカレンがヘッドで落とし、ジウシーニョがシュートもファールの判定。
40分上田がマークを外し、田中のクリアが小さくなり、加賀がファールで阻止しイエロー。
42分村井がボールを奪い、ジウシーニョから駒野のクロスはDFに阻まれる。
43分上田のCKからジウシーニョがヘッドもGK正面。相手の速攻を加賀が阻止。
試合を完全に支配するも追加点のチャンスを決められず、1-0のまま前半終了。

後半メンバー交代なしでスタート。
3分相手CKを連続で防ぐ。立ち上がりの失点は絶対に阻止しないと!
4分前田のプレスから駒野→成岡→駒野がシュートもDFにブロックされる。
5分成岡のパスミスから速攻を受けるも、DF陣が守り切りシュート打たせず。
6分ジウシーニョがボールを奪いロングシュートを狙うも左に外れる。

7分成岡→前田の絶妙なスルーパスにジウシーニョが抜け出しシュートで2点目。
喜びもつかの間、10分相手ロングボールから失点し、1点差に詰め寄られる。
DF3人でオフサイドをかけたのに、上田が1人だけ残ってしまったとか。
相手は交代で入った190センチのラフリッチへクロスボールを何度も入れて反撃。
中盤を拾えず相手のサイド攻撃をゴール前で凌ぐ時間帯が続く。

カレンが積極的にシュートを狙うも追加点ならず。
20分上田→成岡のパスが弱く、駒野が狙われファールを受ける。
27分ジウシーニョの右クロスを駒野シュート→DFクリア→カレンのシュートは外れる。
30分吉原のドリブル突破を阻止した成岡にイエローカード。
そのFKからラフリッチがヘッドも川口キャッチ。
35分成岡→犬塚に交代、足をつったジウシーニョ→船谷に交代。

39分前田がキープ→上がってきた犬塚の左クロスから駒野がシュートもGK正面。
42分船谷のファールで相手FKのチャンス。ラフリッチのヘッドで失点と思いきや、
オフサイドの判定で救われる。
44分前田→萬代に交代。交代枠終了、ガックリ。

ロスタイム4分、相手のパワープレーを体を張って凌ぐ展開。
前線で少しでも時間稼ぎしたいところなのに、萬代は走らず・・・。
先発したカレンが走ってボールを追っているというのに。
川口のゴールキックを萬代がDFと競るも、頭に当たらず足に当たって、
そのまま相手GKがキャッチ。何やってるんだか(ーー;)

カレン→積極的に上がった犬塚がシュートもGK正面。
ヒヤヒヤの連続も、運も味方にして2-1の勝利で試合終了。
貴重な勝ち点3ゲット!!

| | コメント (2)

2008/07/11

豆乳ジェラード

1ヶ月ほど前に深澤フーズ(内房よりあいどころ)の「天使の愛ス」という名前の
豆乳ジェラードを電話で予約注文。
そして今日、出店中の静岡伊勢丹の地階「ふるさと村」まで買いに行ってきました。

初めて食べる豆乳ジェラードなので、試しに7種類全部注文してみました。
ソイミルク、エスプレッソ、ラムレーズン、バナナ、緑茶ティラミス、黒ゴマ、きなこ。

0807111

まずは定番の「ソイミルク」を試食。
当たり前ですが、豆乳の味が口の中に広がりました。

いつも食べているアイスとは違う味に、主人は最初少し戸惑った感じでしたが、
続けてバナナ、夜にはエスプレッソと1日に3種類を2人で半分ずつ食べてしまいました。
やっぱり後味がさっぱりしているからでしょうか。

0807112

牛乳や卵を使用せず、北海道大豆100%の豆乳を使用した植物性ジェラード。
白砂糖も使用せず、メープルシロップの甘さだけなので低カロリー。
安定剤、乳化剤、着色料、保存料も使用しないので安全でヘルシー。

(原材料:豆乳、メープルシロップ、植物油、米粉、食塩)

「冷凍庫から冷蔵庫へ移して30分ほど経ってから食べてね」
と言われたのに最初は待ちきれず、少しシャリシャリした食感でしたが、
エスプレッソはクリーム状になってから食べたので、滑らかな食感で
とても美味しかったです。次は何味にしようかな?

*お知らせ

7月14日(月) 静岡第一テレビ「まるごとワイド」の街ぶらは芝川町です。
内房よりあいどころの紹介もあるそうです。
すでに収録済みとのことで、久保さんとの絡みが楽しみかも。

8月の伊勢丹出店の際(21日~26日)には、この豆乳ジェラードも販売するそうです。
「天使の愛ス」ファンの皆さん、お楽しみに~♪

| | コメント (2)

2008/07/10

赤茶色のヒマワリ

黄色いヒマワリでなく、シックな赤茶色のヒマワリを使用。
デザインもそうですが、先生の花材選びにもセンスの良さを感じます。
こんなに小さなヒマワリもあるんですね。
そして同じ緑の葉でも濃淡で、わざと違いをつけて選んでいるそうです。

ランの一種・アンブラックはモンステラの葉からさりげなく見える感じで。
ドウダンツツジは葉が重なる部分を間引いて涼しげに。
暑い季節なので、水はオアシスの上部よりも少し低い位置まで入れること。
オアシスより上まで水をたっぷり入れると、水が腐りやすい。

今回は長いスチールグラスがポイントなので、いつもの癖で短く切り過ぎないように
十分気をつけました。

0807101

・モンステラ
・スチールグラス
・アンブラック
・ヒマワリ2種
・セダム
・アワ
・リュウカデンドロン
・ドウダンツツジ

(花材費 3,000円)

0807102

| | コメント (0)

2008/07/08

蓮の花

日曜日はkazaru倶楽部のメンバーで蓮の鑑賞会へ出掛けました。
清水にある慶雲寺の住職さんが丹精込めて育てている蓮です。
例年よりも花数が少ないということでしたが、生の花を間近で見れただけでも満足。

08070601  08070602_2

08070603  08070604

蓮の開花期間は、わずか4日間だそうです。
固い蕾、花が散った後の花托(かたく)、散り際の花
と色々な表情を見ることができました。

08070605  08070606

08070607  08070608

08070609  08070610

お昼はフレンチレストラン・アンテラスへ。

08070611

色彩豊かなオードブルは、コンソメゼリー、桜えびのキッシュ、野菜のマリネ
アボガドとマグロのカナッペ、ラタトゥイユ、エスカベージュ、エビのオーロラソースあえ、
キュウリの・・・1つ1つ説明があったのですが、忘れてしまいました(^_^;)

08070612

メインは牛の頬肉の煮込み。とろ~りと柔らかいお肉でした。

08070613

パン、デザート、コーヒー付きで2,620円のコース。

08070614

食事の後は、先生の勧めで「すんぷ夢ひろば」内に6月14日オープンしたばかりの
すんぷガーデン美術館 風花」へ。

ランドスケープアーティス・石原和幸さんがチェルシーフラワーショーで受賞した
全作品を再現して展示。

[緑の扉] 2008年金メダル

08070615

[雲庭] 2007年金メダル

08070616

[青嵐] 2006年金メダル

08070618

[源] 2004年銀メダル

08070617

あくまでも再現なので、実際の出展作品の写真は、風花へ。
そういえばニュースで見たような気がしますね。
モコモコしたコケ玉が印象的でしたから。

美術館内にも多くの作品が飾られ、先生は仕事目線でじっくり鑑賞していました。

| | コメント (0)

2008/07/07

第15節 鹿島戦 1-2

サイドから攻めても攻めても厚い壁に跳ね返されるだけでした。
鹿島相手に先に失点してしまったことが1番の敗因かな。
さらに2失点目で勝敗が決まってしまったかも。
中2日で疲れが残る相手は省エネサッカーで、きっちり勝ち点3を狙う作戦。
強いチームに軽くあしらわれた感じでした。

勝利を信じて!
とマイナスのイメージはできるだけ持たずに応援したつもりでしたが、
やっぱり勝てませんでした。どうしてもボランチの力不足を感じてしまいます。
せめて同点に追いついて勝ち点1でもゲットできれば良かったのに。
また16位に逆戻りです。

ところで応援団も世代交代なのか、最近コールリーダーが新しくなったようですね。
もっと臨機応変に目の前の状況に合ったコールができるといいのですが。
同じ歌の繰り返しで、正直なところ途中で疲れてしまいました。
リーダーって難しいですね。

■7月5日(土) 観衆18,479人(エコパ)

エコパには17時頃到着。
エントランス広場ではホームタウン物産展が開催され、
袋井の農産物直売所「とれたて食楽部」をのぞいてみました。
アップルケーキの試食を勧められ、「好きなだけちぎってどうぞ♪」と。

08070501

夕食は磐田カレーと最後まで迷ったのですが、
20品目が入った「とれたて食楽部」のお弁当を購入。
おかずは野菜中心のおふくろ弁当でした。(500円)

08070502

ジュビログッズの詰め合わせ袋500パックが限定販売。
夕方になってもたくさん余っていたということは・・・
厳しい状況に陥っているのかも。

七夕宵まつりとして、願い事を書いた短冊がゴールネットに飾られていました。
(撮り忘れた選手やスタッフの短冊もあり)

08070503  08070504

ゴール裏で席を探していると、声を掛けて下さった女性がいて助かりました。
太鼓の音が真後ろで響くけど、全然OKです。

控え組は中山、前田、名波、犬塚、河村、鈴木。
川口が腰痛のため欠場し、急きょ松井が先発に入り、控えは八田。

08070505

オーーー!というサポの掛け声と共に中山がシュート!
ゴールが決まるまで何度も繰り返して。

08070506

最後に、ナカヤマ、ナカヤマ!

08070507

選手入場。一斉にゲートフラッグが掲げられました。
私はタオマフを!

08070508

スタメンは

  カレン 萬代
  ジウシーニョ
村井      駒野
  上田  成岡
茶野 田中 加賀
    松井

2分カレン→村井が思い切りよくファーストシュート。枠を外れて残念。
3分新井場の左クロスからファーサイドで小笠原に決められてしまい、0-1。
今度こそ!と強い気持ちで臨んだのに、立ち上がりに失点とは・・・。

08070509

7分上田がボールを奪われ、ジウシーニョが取り戻そうとして相手のファールを受ける。
8分上田→カレンがヘッドで落とすも繋がらず。
駒野のクロスに萬代→飛び出したカレンに繋がらず。
14分駒野のクロスをGKパンチ→こぼれ球を村井がシュートも内田に足で蹴り出され、
こぼれ球を成岡シュートも枠を外れる。

15分萬代のクロスにカレンが抜け出すもGKセーブ。
19分駒野のクロスに萬代が飛び込むもGKパンチ。
21分村井がドリブルで仕掛けるもDFに阻まれクロス上げられず。
23分本山のシュートを阻止しようと成岡がスライディングし足を痛めるも無事復帰。
ジウシーニョが仕掛け、こぼれ球をカレンがシュートもGK正面。

33分高い位置で成岡がボールを奪われ、本山にフリーで切り込まれ2失点目。
鹿島に2失点はキツイです!
38分駒野のクロスに萬代ヘッドも枠を外れる。
ロスタイム1分、村井のクロスにカレンのヘッドも外れる。
前半は攻めながらもゴールを奪えず0-2で終了。

ハーフタイム、静岡県からのお知らせ。
「薬物乱用は、ダメ。ゼッタイ。」

08070510

マクドナルドの「ドナルド」も登場しジュビロに声援を送ってくれました。
スタッフがスタンドに投げ込んでいたのはマック???

08070511

後半、交代なしでスタート。
2分上田のパスにカレンがシュートもサイドネット外。
5分村井→上田→成岡がミドルを狙うも枠の上。
6分上田からカレンへのパスを奪われ、カレンが追う。
7分萬代が倒されFKのチャンス。左45度ジウシーニョの強烈なFKはGKパンチでCKに。

9分駒野のシュートはDFに当たり→上田のCKをジウシーニョがヘッドも右に外れる。
11分ジウシーニョから駒野へのパスはDFに奪われピンチ。
小笠原のクロスを田中がスライディングで何とかクリア。
16分村井の低いクロスが右に流れ、ファーサイドにいたカレンがシュートで1点を返す。
ここで萬代→前田に交代。追いつけそうな雰囲気になったのですが。

08070512

18分ジウシーニョの右クロスは前田の前でDFにクリアされてしまう。
19分ボールを奪い返そうと前田が激しく追い相手を倒してしまいイエローカード。
20分成岡→犬塚に交代。
22分GK曽ヶ端がスパイクを交換。リズムを取り戻そうと時間稼ぎか?
26分犬塚がドリブルで持ち込みミドルシュートを狙うも右に外れる。

27分上田からのパスに前田が抜け出すもオフサイド。
29分上田→前田のシュートは枠を外れる。
31分ジウシーニョ→名波に交代。交代枠終了でガックリ。
駒野のミドルシュートは枠の上。
35分前田が前線から追い込みチャンスを作る。

名波から意表をついたパスが1本右サイドへ出るも、駒野は反応できずに残念。
ロスタイム7分。同点に追いつく時間はあったのですが・・・。

加賀がDF2人に囲まれクロスを上げられず。
加賀からカレンのシュートはGK正面。
犬塚のサイド突破からクロスを入れるもDFに阻まれる。
サイドから何度も攻撃を繰り返すも、鹿島の厚い壁をこじ開けられず、
1-2で試合終了。

08070513

ブーイングは比較的少なく、シーンと静まり返るゴール裏。
選手がメイン席へ挨拶に向かう姿を見届けてから、スタジアムの外へ。
偶然一緒になったジュビサポの甥と話しながら愛野駅へと向い、
21:28分発の電車で帰宅。
往復ともに空いている臨時電車に乗れてラッキーでした。

| | コメント (0)

2008/07/05

30分フィットネス

友人の紹介で6月末に1週間の無料体験から始めてみました。
30秒ごとに加圧式マシンで筋トレ→ステップボードで有酸素運動→筋トレマシン→
ステップボード→筋トレマシンへと移動していきます。
最後にストレッチをして終了。1回30分間のフィットネスです。

最初はマシンの使い方がよく分からず、アタフタしているうちに終わってしまい、
筋トレどころではなく、ただ次から次へとマシンへ移動しているだけでした。

体験初日に入会の申込みを済ませたものの、大丈夫かなと不安いっぱいでしたが、
7月に入り、本格的に通い始めました。
マシンにも少し慣れてきて、ようやくホッとしているところです。
今週は火、木、金と3回通いました。

終了後、カードに可愛いハンコを押してもらいます。
ラジオ体操みたいでしょ♪

080704

全国のカーブス各店舗にて無料体験の予約を受付中。
紹介という形だと1週間体験や入会金の割引などの特典があるようなので、
興味がある方は、ひとこと声をかけてみて下さいね。
ただし女性限定です。

昨年の今頃は食習慣を見直してダイエットをしている最中でした。
1年経っても減らした体重をキープできているのですが、
リバウンドしない体を作るためにも筋肉をつけて
基礎代謝量を増やしていきたいなと思います。
何もしないと筋肉がどんどん落ちていく年代に突入したので。

| | コメント (0)

2008/07/02

ラッキョウの甘酢漬け

JAのスーパーで土付きのラッキョウを1キロ購入。(500円)
もう7月に入ってしまったので地元のものは見つからず、茨城産のラッキョウを。
帰宅後、すぐに1つ1つ丁寧に洗って下処理をし、
いつものように簡単ラッキョウ漬けを参考にして漬け込みました。

080702

昨年、冷蔵庫へ入る大きさの容器を買ったので
今年もまた冷蔵庫の野菜室へ保存しました。
常温で保存すると、シャキッとした食感が早くなくなるそうです。
食べ頃は約1ヵ月後。

| | コメント (0)

2008/07/01

山形産のさくらんぼ

5月に予約注文した「紅秀峰」という品種のさくらんぼが本日到着。
佐藤錦よりも大粒で肉厚、甘味が強い品種です。
スーパーにさくらんぼが並び始めても買わずに我慢して楽しみにしていました。

山形の農家から収穫直後に発送されたものなので間違いなく新鮮です。
今回は保冷剤入りの発砲箱に入って届いたので、さらに!
そして保冷剤が直接さくらんぼに触れて冷やしすぎないようにと、
2ボックス構造の発砲箱に入っていました。

長時間冷蔵の保存は甘味が飛んでしまうので、今年はパックにラップをかけ、
さらにビニール袋へ入れて冷蔵庫の野菜室へ。どうかな~?
とにかく新鮮なうちに、できるだけ早く食べるのがベストのようです。

080701

バラ詰め1キロ 4,500円+イキイキパック代500円

| | コメント (0)

第14節 横浜M戦 1-0

勝ち点3を取ることができたので満足して帰宅したら、テレビ観戦の主人に、
「ちんけな試合だったね」と言われてしまいました。

ええ、確かに防戦一方な時間帯もあり、失点は時間の問題だと思ったことも事実。
後半の最後も虎の子の1点を守ろうとヒヤヒヤな展開でしたから。
でもウチには試合に飢えている川口がいましたからね。
前半のピンチを何度も救ってくれて本当に助かりました。

そしてジウシーニョの決定力にも感謝です。
目の前のゴールネットに吸い込まれた瞬間の喜びといったら、
やっぱり生観戦に適うものなしです。
J1残留のため、ギリギリ勝負の試合がこれからも続くんですね。

次は鹿島か・・・。
体当たりするのではなく、しっかり策を練って欲しいんですけどね。

■6月28日(土) 観衆27,549人(日産)

崖っぷちの16位という順位で中断に入ったので、個人的にも危機感たっぷり。
見え難いスタジアムでしたが応援に行ってきました。
久しぶりの遠征です。

アウェーのゴール裏も以前よりサポの数が減りましたね。
名前は知らないけど顔は分かる人達が多いですから。
応援団が後ろのブロックに陣取ったため、前のブロックは比較的席に余裕あり。

08062832

最初にGKの川口、松井がアップに登場。
ヨシカツ!ヨシカツ!もっともっと。ヨシカツ!ヨシカツ!
代表のこともあるので余計に声援も大きくなりますね。

控え組の中山、萬代、名波、船谷、犬塚、鈴木が鳥かご。
看板の後ろには横浜サポが大勢でカメラを持って構えています。
試合前に、こういうサービスがあるんですか?

08062833

横浜フランス月間・トリコロールデーマッチ。
この日の夕食は偶然にもトリコロールカラーの袋に入ったヴィド フランスのパン。
シーサードラインを降りて新杉田の駅で購入したもの。

08062834

アップを終えて控え室へ戻る選手を、太田君らしき人が出迎えていました。
東京でリハビリ中なので激励に来たのでしょうか。

08062835

スタメンは

 カレン  ジウシーニョ
      西
村井         駒野
   上田   成岡
 茶野  田中  加賀
      川口

08062836

立ち上がりから相手が激しくプレスをかけて中盤を支配。
3分坂田に抜け出されるもオフサイド。
すると突然、ビジョンに「今のホイッスルはオフサイドです」と。
えー、このスタジアムでは1つ1つ説明が入るんですか?!
と少しワクワクしたのですが、表示されたのは横浜のオフサイドの場面だけでした。

4分成岡のファールで左サイドからの相手FKは川口がパンチでCKに逃れる。
山瀬のCKは川口がキャッチ。
6分リズムを取り戻そうと村井が積極的にミドルシュートを狙うも右に外れる。
9分西がヒールで落とすも味方に繋がらず。
11分ジウシーニョの仕掛けから、こぼれを西が強烈なミドルシュートも枠の上で残念。

12分山瀬がロニーとのワンツーで抜け出しシュートも川口セーブ。
13分小宮山のミドルも川口キャッチ。
14分村井がドリブルで切れ込みマイナスクロス→ジウシーニョが反転シュートも
松田が足でブロック。西のショートコーナーから上田のシュートはGKセーブ。
20分坂田に抜け出されカバーに入った茶野が交わされ大ピンチも川口が足でクリア。

26分西が接触プレーで倒れ込む。
清水の右クロスからロニーのシュートは右に外れて助かる。
西が担架に乗って外へ。何と自ら×のサイン。
28分ジウシーニョがボールを奪われ、ロペスのドリブルシュートは川口がセーブ。
29分西→萬代に交代。ジウシーニョがトップ下へ。

相手のCKが何度も続き大ピンチも、ゴール前で跳ね返し川口のセーブで凌ぐ。
35分山瀬の直接FKも川口がパンチでセーブ。
39分上田がミドルシュートを狙うも枠を外れる。
41分駒野が山瀬にボールを奪われ、カバーに入った成岡が足を痛める。
最後は田中がカバーに入りピンチ脱出。

担架で外に出た成岡が足を引きずりながらピッチへ戻る。
ロスタイム1分。加賀から上田へのパスを奪われ清水→坂田のシュートを川口がセーブ。
こぼれを拾われシュートも田中がセーブ。
ここでもカバーに入ろうとした茶野が足を痛める。
川口とDF陣が体を張って守り切り、前半0-0で終了。

負傷者続出。西がアウト、成岡もダメそう。茶野は?
鈴木が急いで準備に入る。いったいどうなることやら。
ハーフタイムに控え組がアップを開始。
鈴木がいるということは茶野はOKなのね。

08062837

後半開始から成岡→犬塚に交代。
交代枠の残りは1つ、厳しい!

立ち上がり駒野のクロスをカレンがヘッドも右に外れる。
2分萬代が頭で落とし、ボランチの犬塚がシュートも枠の外。
7分中盤から前に出せずバックパスでブーイング。
8分シュートをブロックした加賀が倒れ込みヒヤッとするも復活。
もっと萬代のところでボールがキープできれば・・・。

15分ジウシーニョのドリブル突破を阻止した松田にイエローカード。
19分右サイドから上田→フリーのジウシーニョが右足を振り抜き先制ゴール。
ゴールネットにボールが吸い込まれると、サポも大喜び。
笑顔で前後左右とハイタッチ、ハイタッチ。

08062838

20分小宮山のクロスに坂田が飛び出すも田中がクリア。
先制したことで、徐々にDFラインが下がり始める。
31分山瀬の直接FKを川口がしっかりキャッチ。
DF陣も集中してクリアを繰り返す。
前線からカレンが追い込んで時間を作る。萬代ももっと追ってくれるといいのですが。

39分ジウシーニョ→船谷に交代。
萬代がヘッドで落としカレンにボールが渡るもDFに囲まれシュート打てず。
42分山瀬の左FKは逆サイドへ。ゴール前に放り込まれるボールを何度も跳ね返す。
サイドのできるだけ高い位置でキープしたい磐田。
ロングボールを放り込み最後の反撃を繰り返す横浜。

ロスタイム3分。最後まで声援を送り続けるサポ。
萬代が抜け出しドリブルシュートもGKセーブ。
カレンが詰め、船谷のシュートも決まらず。
追加点は奪えなかったものの、1点を守り切り試合終了。

ゴール裏サポはワッショイ!ワッショイ!と大喜び。
ギリギリの勝利で何とか勝ち点3をゲット。
嬉しくて自然と涙があふれてきました。

08062839

挨拶に来る選手達の足もいつもより軽い感じ。

08062840

決勝ゴールを決めたジウシーニョが、
ヒーローインタビューを終えてゴール裏へ挨拶。
ありがとうー!!

08062841

新横浜駅から新幹線で帰宅。
ひかりは自由席が満席。
少し前に発車した、こだまに乗ればよかったと後悔。

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »