« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008/06/30

第9回 八景島あじさい祭

土曜日はスタジアムへ行く前に、横浜の八景島まで足を延ばしました。
新横浜→東神奈川→新杉田からシーサイドラインで八景島へ。
11時40分に到着。

08062801

目的は29日まで開催されていた「あじさい祭」(入場無料)。
約2万株のあじさいが植えられているそうです。
あじさい園路をゆっくり歩きながらスタンプラリーに挑戦。

08062802  08062803

あじさいは色が変化していくので、色のグラデーションが楽しめます。

08062804  08062805
セイヨウアジサイ              1番手前が、ガクアジサイ

08062806  08062807

やっぱりブルー系のアジサイが目にとまります♪
「丘の広場」に上がると、ベンチでお弁当を広げている人達も。
そして野点が開催され、順番待ちの列ができていました。(お茶券1枚200円)

新スポット・花の宝石箱をイメージした「あじさいの庭」には
多品種のあじさいが植えられていて、初めて見るものばかりでした。

08062808  08062809
ガクアジサイ:隅田の花火           レッドバロン

08062810  08062811
ブルー・ダイヤモンド

08062812  08062813
ガクアジサイ:城ヶ崎

08062814  08062815_2
ロイヤルピンク              手前がフェアリーアイ、その奥がピンクシャワー

08062816  08062817
最新品種「妖精の瞳」と呼ばれているフェアリーアイ

08062818  08062819
城ヶ崎                    カシワバアジサイ

08062820  08062821
アナベル

08062822  08062823
花の清流をイメージした「あじさいの滝」

08062824

スタンプラリー終了者に先着で、あじさい根付のプレゼント。
スタート時にプレゼントはすでに終了しているとのことでしたが、
18日まで配布された「銀のあじさい」が余っていたのでしょう。
金が銀になったものの無事ゲットできてラッキーでした。

水族館にも入りたかったのですが、時間がないので今回は諦めて、
アクアミュージアム前広場の特設ステージで開催されていた
マレーシア民族舞踊ショーを見学。
色鮮やかなパレオをなびかせて踊っていました。

08062825  08062826

遅い昼食は、せっかくなのでマレーシア料理を。
代官山にあるマレーシアレストラン&カフェ「ジョム マカン」が出店。
「ミーゴレン」というスパイシーな焼きそば。

08062827  08062828

マンゴー&パイナップルジュース

08062829

ショップを見学。
亀さんのパワーって、まだあるのでしょうか(^_^;)

08062830

ペンギンのパフォーマンスも気になったのですが、有料なので
ぬいぐるみで我慢です。

08062831

シーサイドラインで新杉田→東神奈川→小机→日産スタジアムへ移動。

| | コメント (0)

2008/06/26

カラーのアレンジ

アートフラワーkazaruのコレクション展が28日までMKSTYLEで開催。
ということで、今日のレッスンは奥の部屋に移動して行われました。
いつもと違って広くて明るいスペースだったので、写真を撮る上でも最適でした。

今回はkazaruのコンセプトでもある“シンプルモダン”なデザイン。
アートフラワー(造花)のようにも見えますが、すべてフレッシュな花材。
ピンクのモカラは葉の間から、さりげなく見える感じで挿すようにと先生からアドバイス。
そして左後ろのクッカバラをもう少し長めにした方が良かったと。

確かに~。

0806261

・カラー(ウエディングマーチ)
・モカラ(カリプソ)
・クロトン
・クッカバラ

(花材+花器 3,800円)

0806262

レッスン終了後に、コレクション展を見学。
kazaruの花は“シンプルモダン”な家具に映えますね~。
展示販売もしているので気に入ったものがあれば欲しいなと思いながら。

2階に上がると、ゼブラ模様の葉や黒のカラーを使った花もあり、
アートフラワーの世界は奥が深いです。

| | コメント (0)

2008/06/23

黒米ざるうどん

今日のお昼は冷凍庫にある材料で済ませたのですが、
冷凍の桜えびでかき揚げを作ってから、冷凍の黒米ざるうどんをさっとゆでたので、
いつもより少し豪華なお昼になりました。

自分1人なら前日の残り物とか、冷蔵庫にあるもので済ませるのですが、
父に残り物というわけにもいかず、毎日メニューに悩みます。

ビタミンE、ミネラル、繊維質が豊富に含まれている黒米を使用したうどん。
見た目が黒いので蕎麦のようですが、うどんです。
先に食べ始めていた父に説明すると、「道理で蕎麦の味と違うと思った」と。
説明が間に合ってよかったです。

内房よりあいどころの季節限定「薬膳 黒米ざるうどん」ですから。

0806231

プランターのトマトが赤く熟したので初めて収穫。
1番大きいもので直径4センチ。
ゴルフボール大の大きさのレッドオーレという種類。
たった4個ですが、ずっしりと重みがありました。

0806232

| | コメント (0)

2008/06/19

トマトゼリー再び!

札幌へ行った時に1個だけ試しに買ったmorimotoの太陽いっぱいの真っ赤なゼリー
が今日から1週間、静岡伊勢丹の地階で販売。
美味しいトマトゼリーだったので楽しみにしていました。
家で食べるのでお得なバラ売りを購入。(1個251円)

杉山フルーツの生ゼリーと違って、こちらはトマト以外に、
砂糖、オレンジジュース、レモン果汁、洋酒などが含まれていて、
賞味期限は9月6日まで。

0806191

地階の「ふるさと村」がおすすめ。
静岡県内の美味しいものがいっぱい集められているので、
毎日が「静岡フードフェスティバル」のようなもの。

今日は静岡を代表する素朴なお菓子を2つ買って来ました。

・藤枝のおたけせんべい (6種類入り小袋262円)
 明治初期からの製法を守り続けているおせんべい

・三村の飴玉
 この道50年という職人さんの手作り飴。
 カンロ・黒糖・落花生・お茶・ハッカの5種類の大きな飴玉が40個入って315円。

0806192

ところでプランターに植えたトマトの実がようやく色付き始めました。
実が付いてから約1ヵ月。長かった~。

0806193

イソトマの花も順調です♪

0806194

| | コメント (0)

2008/06/18

雨蝉(あませみ)

「キワモノたちの饗宴」と題して、雨蝉の公演が14日、静岡のアイセル21で行われました。
各地で活躍しているパフォーマーが集結し、この日だけの特別コラボレーション。
入場無料だったこともあり、行ってみることにしました。

出演者は4人。

あ:あまる(静岡・一人芝居&ジャグラー)
ま:舞丸(東京・自作自演一人芝居)
せ:制球難轟姫(愛知・アコーディオン)
み:加藤みきお(三重・アングラ道化師)

大道芸人といっても自分にとっては初めての人達ばかり。
どんな芸をするのか全く不明。
でも前の席に座った観客は知っているんでしょうね、皆さん顔見知りのようでしたから。
開演前から仲間内でかなり盛り上がっている感じ。
始まってからは1つ1つ反応が大きく、芸人さんにとってはホームな環境でした。

前説として、ある1人の芸人さんが登場。
誰???

そして、いよいよ開演。

1.コント その1 

教室での風景。首だけ使った一発芸を各自披露。

観客3人ほどが途中で退席。
仕方がありません、ちょっと違うかなと感じたのでしょうね。

2.アコーディオン演奏

演奏も素晴らしいのですが、綺麗な歌声にも感動♪

3.うたのおねえさん

腹話術の何君でしたっけ?さすが女優さんです。

4.ジャグリング

少し失敗が多かったような。それとも狙いだったのか?
完ぺきな演技も見たかったかな。

08061415

5.マイム (生と死)

08061414

6.「ASAKO」

怖い!
でも主人曰く、完成されたネタで、素人にはできない演技。
確かに、この道19年だそうですから。

08061401

7.踊り

8.芝居

夫婦喧嘩の後に作ったお弁当には、気をつけましょう!

08061402

9.マジック

最近の紙おむつは吸収力抜群。

08061403

10.バランス

観客がヒヤヒヤ!それも狙い?
でも最後は見事に決まって大成功!

08061404

11.パントマイム

のぞみ→のぞき

08061405

12.漫才

1番面白かったかも。内容は忘れたけど・・・

08061406

漫才 その2

焦れば焦るほど台詞が出て来なくてパニくる加藤さんの姿に大爆笑。
カンペを取り出しても、ギクシャク ギクシャク(苦笑)。

08061407

13.コント その2

理髪店の風景。

えっ、マジ?

08061408

寝ている間に、自慢のロン毛が・・・

08061409

本物の髪の毛でした。

08061410

加藤さんはこの日がちょうど誕生日なので、記念にみんなの前で髪をバッサリ。
でも後悔しているとか。これから「ASAKO]はどうするんでしょう。
ケーキが登場したということは・・・

08061411

やっぱり~(笑)。
顔を上げた瞬間を狙えばよかった~。

08061412

最後に出演者の紹介。
前説を担当したのは静岡で活躍中の、ももっちさんでした。

08061413

次々とテンポよく進んでいくので、観客を飽きさせない点はよかったのですが、
もう少し項目を減らして、1つの内容を充実させてもよかったような。

出演者だけでなく、企画、宣伝に始まり、当日の会場受付、照明、音響と
色々なスタッフが力を合わせて1つの舞台を作り上げたそうです。

最後は観客から大きな拍手が沸き起こりました。
帰りにほんの気持ちだけ投げ銭を帽子の中へ入れてきました。

| | コメント (5)

2008/06/15

イチゴを加えて

今年の4月に小樽へ行った時から気になっていたものが、
静岡伊勢丹「夏のスウィーツフェア」に登場。

札幌の丸井今井の「きたキッチン」でも買おうかどうか迷ったものなので、
ラッキー♪とばかりに早速、購入。

小樽にある洋菓子の老舗・あまとうのクリームぜんざい
冷凍庫から出して30分ほど自然解凍してからいただきました。

あっさり味のソフトクリームに、小豆あんと求肥が2つ入って280円。

080614

小樽のお店では、季節限定メニューがあるとのこと。
今日はイチゴを加えて、お家でイチゴクリームぜんざい♪
レトロな雰囲気も真似て作ってみました。

1個を2つに分けたので、ソフトクリームの量が少し物足りない感じでしたが、
カロリー的にはこれくらいで十分ですね。

080615

来月は、ヘルシーでとても美味しいと評判の豆乳ジェラードを購入予定。
日々の小さな幸せに感謝。
いつ何が起こるかわからない世の中ですから。

| | コメント (0)

2008/06/13

杉山フルーツの生ゼリー

10日の静岡フードフェスティバル最終日にも伊勢丹へ行って来ました。
前日に続き、杉山フルーツ店生ゼリーの列へもう1度。

暇つぶしに隣に座った女性とおしゃべりしていたのですが、その女性は
80歳を超えたおばあさまで、1年に何度も海外旅行へ行くほど元気な方。
好奇心たっぷり。前回はナチュレナチュールのケーキをたくさん買って帰ったとか。
タヒチ旅行の写真を見せて下さったりして、あっという間の30分でした。

11時前、杉山フルーツの店長・スギキヨさんが登場。
その日のメニューを説明しながら私の前で立ち止り、
「連日ありがとうございます」と声を掛けてくれました(^_^;)
覚えてる?!さすが商売人ですね。

今回の目的はパッションフルーツ。店のブログでスタッフさんが
「パッションとゼラチンが組み合わさると「1+1=2」ではなくて3にでも4にでもなる。」
と言っていたので、やっぱり食べないわけにはいきませんから。

次々と売れていくショーケースの中をじっと見つめてしまいました。
前回より早めに並んだものの、またまたイチジクは完売。
パッションフルーツ(400円)、ラズベリー(300円)、完熟パイン(300円)、
グレープフルーツのルビー(300円)、イチゴ(350円×2)の5種類を購入。

先日、関西のテレビでも取り上げられたそうで、ますます注文が殺到。
この機会を逃したくなかったので、今回は色々試食しながら味わいました。
やっぱりミックスより単品。果汁が入ったものが美味しかったです。
パッションフルーツ、イチゴ、ルビー、ラズベリー。

080610

最終日なので、販売のお手伝いをしていた友人にもご挨拶。
びすとろぷろばんすラスク、今回は木苺を購入。

フランス料理のシェフが丁寧に作ったソースをフランスパンに塗って
ゆっくり、じっくり、カリカリに焼き上げたラスク。
伊勢丹の地下「ふるさと村」にも置かれている人気商品です。
もちろん通販も可能。

ガーリック、サラダ、黒オリーブとアンチョビ・・・おつまみ
木苺、きらら(プレーン)、ショコラ・・・おやつ

080613

最後に深澤フーズ(内房よりあいどころ)にもお邪魔して、終了(笑)。
豆乳ドーナツを美味しくいただいたので、小麦まんじゅうは冷凍しました。

| | コメント (0)

地元では初?

昨夜は1年に1度のお楽しみでもあるコンサートへ出掛けました。
グッズにはあまり興味がなかったので、最新アルバム「place to be」だけ購入。

全部で21曲。
今年も盛り上がったわねー♪と満足気分で会場の外に出ると・・・

0806123

関東の試合に行った時には見かけたこともあるけど、
何十年も通っている地元のコンサート会場の外で見たのは初めてでした。
それとも今まで気がつかなかっただけ?

4枚で500円と、手に入りやすい値段だから余計に困ったものです。
嬉しそうに数字を選んでいる人もいましたが、
買うのもダメないんじゃないのー!と思いながら帰ってきました。

スタジアムはカメラの持ち込みOKですが、
コンサート会場は禁止なので、写真があること自体、変なわけで・・・。

| | コメント (0)

2008/06/12

挿し直し

アレンジのレッスンで最後の最後に大失敗。

いつものように写真を撮ろうとして、壁際に移動させた椅子の上に花を乗せたのですが、
今までと違うクッションがついた椅子で、その上、今回は縦長の器だったこともあり、
カメラを取りに行こうとしてちょっと目を放した隙に・・・

ガッシャーン!

不注意でした。
せっかく出来上がった作品が椅子から落ちて、器も見事に割れてしまいました。
長い茎の花が折れ、バランスの悪い形に様変わり。
仕方なく、予備で持っていった器にオアシスごと入れて持ち帰ることに。

0806121

そして家でもう1度挿し直したのですが、
全体的に小ぶりなアレンジに変わってしまいました。
スモークツリーが短くなったせいかもしれません。
でもダリアとベルテッセンが無事でよかったです。

0806122_2

・モンステラ
・スモークツリー
・ダリア(黒蝶)
・ベルテッセン(ドランディ)
・丹丁アリウム
・白バラ(エスキモー)
・赤のドラセナ

(花材費 3,000円)

| | コメント (0)

隊長らしい行動

シュート練習の時に蹴ったボールが枠を外れてゴール裏へ。

ボールはサポの顔面に当たってしまったようで、

心配した中山は、「大丈夫だった?」と気づかいも忘れませんでした。

中山が蹴ったボールなら当たっても痛くない、多分ね。

むしろ嬉しいかも~。

有難い、有難いと拝んじゃうかもね(^_^;)

08060817

交代でピッチから出る時、必ずしっかりと会釈します。

きちんと会釈しない選手も多いんですよね。

| | コメント (2)

2008/06/11

山本さんの講演会

昨日はサッカー解説者・山本昌邦さんの講演会に行って来ました。
静岡県広告協会の記念講演会で、事前に400名の募集がありました。
場所はホテルアソシエ静岡3階。受付で葉書を渡し、会場の中へ。

テーマは「サッカーを通した人材育成論」。

山本さん、横の扉から登場。

[映像]

まず最初の15分間は、山本さんがコーチや監督として携わっていた時の、
オリンピックや日本代表、そしてジュビロ磐田の試合映像が流れました。
ジュビロ磐田では97年のチャンピオンシップと、04年05年のリーグ戦ゴール。
どれも懐かしい映像ばかりでした。

[前置き]

・磐田から東京へ引っ越したので静岡は久しぶり。実家がある沼津には帰るけど。

・7日の土曜日に行われた「+1 FOOTBALL MATCH」にコーチとして参加。
スキラッチとホテルが一緒で話をした。「チームはどうなってるんだ?」と言ってたが、
今日はその話は・・・(そこを1番知りたかったのに残念です!)

・W杯ドイツ大会決勝戦を生で(現地+テレビ)見ていたのは世界の人口の半分。
W杯はそれだけ多くの人が関心を持っている大会。
出場国32の中に入るため日本は今、アジア3次予選を戦っている。
先日のオマーン戦では、チームのため、国のため、38度の猛暑の中で戦っていた。
ちなみに過去の3次予選は全勝。引き分けもなし。

[一流選手を見てきて]

・子供は真似の天才。できるだけ本物を見せてあげることが大切。
幸い静岡にはJリーグが2チームあり、スタジアムで生で見ることができる。

・一流選手の特徴は3つ。負けず嫌い。人の話を聞ける。高い目標を持っている。

・中田ヒデとは17歳以下の代表で会い、こいつはいろんなことを聞いてくるなと思った。
20歳以下の代表合宿ではイタリア語の勉強をしていた。
その時すでに「俺さ、セリエAでやるから!」と高い目標を口にしていた。

・負けず嫌いといったら中山。ピッチでいいプレーをするために、
練習開始の2時間前に来てマッサージや治療をして体を温めている。
練習後もしっかり体のメンテナンスをしてから帰宅する。
食べることも休むことも仕事だと考えている。
気持ちがきれていないので、まだできる。
自分が監督時代、選手が練習の30分前に来なかったら遅刻にした。

・中山は10点満点で技術は5点位、戦術理解10点、体力10点(今は落ちたけど)。
Jリーグで2回得点王に。W杯日本人初得点。一生動かない記録。
変なヤツが取らなくてよかったと思う。
練習では下手でも試合で決めるのが中山。
才能と精神力が重なった部分がパフォーマンスとして出る。
毎日、練習に来て大きな声で「やるぞー!!」と気合を入れている。

・努力する才能がない子は一流にはなれない。
サッカーで成功したら、どれだけ家族を養うことができるか。
マラドーナはスラム街に住んでいた親戚全部を面倒みている。

・高原がいいシュートを決めた。「才能があるな」と言ってはダメ。
「コツコツ練習してきた成果が出たな」と努力の部分を褒める。
「一生懸命やってきてよかったなと。俺は見てたぞ!」と。
たとえ見ていなくても褒めることが大事。

・高原が「どうしても続けて練習をやりたい」と言ってきた。
「疲れているから休め!」と言うと、「どうしてもやらせて下さい」と言うので
「10本だけだぞ」と集中させてやらせた。
決められなくても10本で終わりにする。決まるまで蹴らせるのはダメ。
試合ではありえないこと。

・川口はとんでもない努力をする男。1センチでも遠くへ飛ぶために体脂肪を管理。
日本代表の体脂肪は8%前後。10%を超える選手はいない。
GKは朝、体重を測ることから。200g落ちたからパンを食べなきゃ。
白身魚のフライでも衣だけ外して食べる。
そこまでしても勝ちたいと追い込める選手。ピッチだけでなく、全部が仕事。

・私生活でさぼる選手はダメ。
ある情報網から「○○が浜松で飲んでます」と連絡が入った。
次の日、「今日は楽しみにしているぞ」とわざと声をかける。
そして「昨日、浜松に行かなかったか?」と聞き、
「それならいいけど、次も楽しみにしているぞ」と言う。
「ちゃんとご飯を食べているか?」と選手の携帯にかけた時に、「食べてます」という返事。
でも「家の電話にかけるから」と言うと、その選手は慌てていた。
そして次の朝、その選手は早く練習に来た。

・小さい子は頭が柔らかい。熱中しやすい。だから挨拶したら褒める。
すると、もう1度挨拶するようになる。「挨拶しなきゃダメ」というよりもいい。

・判断力を伸ばすため、少年サッカーの試合ではサイドコーチングはしないように。
そして試合に負けたことをレフリーのせいにしない。
レフリーがジャッジミスしても、それ以上に点を取って勝つようにと指導する。

・子供が試合から帰ってきて、「勝った?負けた?ダメじゃないの~」と言ってはダメ。
何が楽しかったのか、何が上手くできたのか聞くことが大事。
結果でなくパフォーマンスに注目する。

[映像]

2002年W杯日韓大会、日本の試合映像

[一流の指導者とは]

・専門知識だけでなく、指導能力があるかどうか。伝える能力、伸ばす能力。
選手を説得できるか。選手の心をつかめるかどうか。
子供の心に火をともせるかどうか。

・主体的に動くことができるようにしていく。
コーチが実際にプレーして見せたり、映像を見せたり、とにかく本物を見せること。

・ゴールデンエイジの10歳から12歳で、95%神経の発達は終わる。
1回神経の回路ができれば落ちないので、その頃までにスキルを伸ばすこと。

・中学2年位の時期は骨が伸びるので、今までより思うように体が動かなくなる。
だから「最近ヘタになったね~」とか絶対に言わないこと。
粘り強さが身に付く時期でもある。中3から高1まで心臓や肺を大きくするチャンス。

・たくさん失敗した人の方が成功が多い。
それだけチャレンジする回数が多いということ。
「よく走ったな」、「タイミングがよかった」など、具体的に良くなっていることを褒める。
12歳以下の育成は、明日どんなプレーをするのか楽しむこと。

・ミーティングで褒める時は、みんなの前で褒める。
厳しい話は部屋に呼んで後で個人的に。頭の中を事前に整理させておく。
指導者は選手より低い位置で話すこと。
「君ならできる」、「どうしたんだ?」、「そうか、そうだな~」と聞き出すことが大事。
それでも成長できない選手は次、呼ばない。

・試合前のテクニックとして、ミーティングで選手のストレスを取ってやることが大事。
プレーに集中させる。ネガティブなことは取り去る。
「自分の最高のものを出してごらん」。

・直接言うとへこむ選手には、大久保のように言ってもへこたれない選手に向かって、
「嘉人、1対1で勝負しろ!バックパスなんかするな」とわざと回りの選手に聞こえるように。

・試合前のミーティングでは部屋に誰も入れさせないようにマネージャーに強く言う。
社長が来る場合もあるが、その時は1番最初に話してもらう。

・良かった時は、「君たちは素晴らしい出来だった」と、選手主体で褒める。
悪かった時は、「今日の俺たちはダメだったな」と、自分も入れる。

[映像]

Jリーグのある町。芝生開きや学校訪問など。

[最後に]

勝つことではなく、勝とうと思うこと、チャレンジし続けることが大事。
最後まで諦めない気持ち。希望がある限り、可能性はなくならない。

[質疑応答]

*日本人選手のシュート力、決定力の低さはどうしようもないことなのか?

Jリーグの得点王になった日本人選手は、福田1回、中山2回、高原1回の3人だけ。
世界中でストライカーは不足している。だからC・ロナウドにオファーが集中する。
でも、ちょっとずつ上がってきているとは思う。
今行われているユーロは世界一質の高いサッカーである。
未来のサッカーの可能性を感じる。

以上、約1時間半の講演会でした。
今回は、「道標 日本サッカーへの提言」という本の宣伝も兼ねていたのでしょうか。
そういえば受付で、特別価格で販売していました。

コーチとしての山本さんは大好きだったけど、監督としては・・・。
世代交代も進めなければいけない時期に、目標は世界基準(ーー;)
理想が高すぎて、選手の実力と合わなかったですね。

「褒めて伸ばす」
内山監督も同じようなやり方で選手を指導し始めたようです。

| | コメント (0)

ナビスコ杯・清水戦 2-0

今更ですが、日曜日に行われた静岡ダービーの話。
予選突破は自力では無理だったので、とにかく勝利だけを祈っていた清水戦でした。
何より久しぶりのヤマスタでのダービーで、絶対に負けるわけにはいきませんから。
相手が予選突破を目的に、最後は得失点差を重視した采配だったにせよ、
やっぱり清水に勝てたことは嬉しかったですよね。

2点リードで迎えた後半、3点目のチャンスを決めきれずに時間だけが過ぎていき、
少しでも相手の反撃が続くと、怖くて怖くてたまりませんでした。
いけないとは思いながらも、どうしても悪いイメージばかり頭の中をよぎって。

ところがベンチはというと、船谷を犬塚に代えた後はドッカリ座ったまま。
いつものように1点返されたら動くのか?
もう心配で心配で、ベンチ、動けー!!と何度叫んだことか。
もしかして中山選手も同じような気持ちだったのでは?

でも結局、交代が1人だけだったというのは、
若手だけで最後までやらせて自信をつけさせたかったのでしょうか。
辛抱強いというか、ナビスコだからできた采配ですよね。
それとも2-0なのに、私がビクビクしすぎるのでしょうか。
今後はもう少し選手達を信じて応援しないといけませんね。

6月8日(日) 観衆11,731人(ヤマハ)

スタジアムに到着し、いつものようにジュビロプラッサの様子をチェック。
東海3クラブ「飲食交流戦」と題して日本平のスタジアムグルメの1つ、
鐘庵の「桜えびかき揚げ丼」がヤマスタに初登場。
桜えびはその場で揚げていたので熱々のかき揚げ丼が食べられたようです。

空クジなしの「Fun!Fun!スピードくじ」はすでに完売でした。
サイン会は山崎と押谷。列は若干短め。あれ、2枚サインをもらっている人も!
いつもよりゆる~い感じのサイン会は遠くから眺めるだけ。

そしてメイン席の裏側、9NOVE(ノービ)の売店にようやく看板が設置されていました。
でも特に目新しいメニューはなし。
たこ焼き、焼きそば、牛丼、カレー丼、ジュビロ弁当など。

08060801

控え組は中山、萬代、名波、岡田、犬塚、鈴木、(GK八田)。
フリーゾーン席の人は目の前で見学できますね。
笑いながら全員でひっくり返るシーンも。何があったの?

08060802

ダービーということで、いつも以上に気合が入っている様子。
さらに接近してゴール裏サポに何か言っているようでした。

08060803

馬渕社長もスタメン選手を出迎えてハイタッチ。

08060804

選手入場の際、アウェーゴール裏は一斉にオレンジの小旗を振って盛り上げていました。

スタメンは・・・

ジウシーニョ カレン
     西
上田      松浦
  船谷  成岡
茶野 田中 加賀
    松井

08060805

前半5分、上田の左CKを田中がヘッドもGK正面。
9分抜け出した清水の原を加賀がスライディングタックルで阻止。
足がザックリ深く入り込むので一瞬ヒヤリ。
でもボールに行っているということでOKなんですね。
22分カレンの右クロスをジウシーニョがヘッドも、枠を外れる。

27分原に抜け出されシュートを打たれるもオフサイドで助かる。
原に決められるのはもうゴメンですから。
33分松井がボールをキャッチする際にハンブル。ドッキーン!
36分それまで少し消極的だった松浦が思い切り良くサイドを駆け上がり右クロス。
ワンバウンドしたボールをDFとGKより一瞬早くカレンが頭で叩きつけて先制ゴール

08060806

44分トラップミスした藤本から船谷がボールを奪うと、
カレンがくさびになり、左サイドへパス。
ジウシーニョが相手DFに囲まれながらも巧みに交わして2点目

08060807

2-0で前半終了。
名波と中山が、よくやった!と頭や肩をポンポンと叩いてお出迎え。

08060808

控え選手がピッチに登場しアップ開始。

08060809

浜松のチアリーディングチーム「ミッパーズ」が登場し、華麗なダンスを披露。
小学生のラインダンスは初めて見たかも。完ぺきなダンスでしたね。
幼稚園児も可愛かった~♪
ピッチでストレッチしていた控え選手もじっと見つめていました。
専属のダンサーとして契約したらどうかしら(笑)。

08060810

後半メンバー交代なしでスタート。
やはり今までのことを考えると、後半の立ち上がりは1番緊張しますね。
無事に時間が過ぎてくれることを祈るばかり。

08060811

後半10分、相手シュートを松井がパンチでセーブ。こぼれ球を西澤がシュートも、
松井のファインセーブでピンチを防ぐ。
12分上田からのパスに左サイドから走り込んだ松浦がシュートも、左に外れる。
15分船谷→犬塚に交代。

18分左45度の位置でFKのチャンス。上田、松浦、成岡がボールの前へ。
松浦、無回転シュートだ!と期待するも、
成岡がふわっとしたボールをゴール前に上げDFにクリアされてガッカリ。
23分成岡→松浦が思い切り良くシューを狙うも、枠を外れる。
25分ジウシーニョ→松浦シュートも枠の上。

行けー松浦!!スタンド全体が右サイドの松浦に注目でした。
ところが3度目のチャンス、27分にも松浦がシュートを狙うも枠の外。
いい加減に枠に飛ばそうよ。
なかなか駄目押しの3点目が決まらずイライラ。

08060812

相手の反撃を松井がセーブ、田中が顔面クリアで何とか凌ぐ。
疲れが見える時間帯、そろそろメンバーを代えないと危ないんじゃないかと
不安ばかりが頭をよぎりました。

そんな時に控え室から突然、中山が飛び出して来ました。
おっ、いよいよ出番か?!
と思ったら、途中でターンして控え室へ逆戻り。
あれー???
監督へのアピールだったのでしょうか?

とにかく2点リードも、いつ失点してしまうのかとハラハラドキドキ。
中山も心配で、居ても立ってもいられない状況だったのでしょう。

08060813

ロスタイム3分も無事に過ぎて、2-0のまま試合終了。
完封勝利に、中山もホッとした様子でした。
柳下コーチから説明を受けている感じ。交代のことかな?

08060814

清水の伊東が名波に挨拶にやってきました。

08060815

勝利の後は、グーッと近くまで選手達が来てくれます。
やっぱりダービーに勝つのは、いい気分です。
相手はゴール裏サポからブーイングを受けていたので余計にね。

08060816

さあ中断明けはリーグ戦に集中です!!

| | コメント (0)

2008/06/09

噂のフルーツ生ゼリー

午前中に雨が止んだので、またまた静岡伊勢丹へ。
11時から販売開始の富士市/杉山フルーツ店生ゼリーに再挑戦!

10時半から並び、販売開始30分後にようやく順番が回ってきました。
いざショーケースの前で注文しようとすると、希望していたイチジク(400円)は完売。
どうしましょう?何種類もあるので目移りしてしまって。

結局、オレンジ(300円)、ミックス(350円×2)、イチゴ(350円)の3種類を購入。
何しろ初めてだったのでメロン(500円)、マンゴー(1,000円)を注文する勇気なし(^_^;)
消費期限は6月11日まで。

早速、昼食後にミックスをいただいてみました。
メロン、イチゴ、パイン、グレープフルーツ(ルビー)、オレンジ、サクランボ、キウイ。
見た目も鮮やか、1つで7度美味しい♪
ゼリーを味わうというより、1つ1つ生の果物を味わう感じで一気にペロリ。

果物をカットしたり皮をむいたりするのが面倒な人にはグー。
でも、わざわざゼリーにしなくても、果物をそのまま食べても十分満足できるかな、
と思ったのですが・・・

後でイチゴを1口試食してみると、甘い!
ミックスよりも濃厚な味。ゼリーとしてはこちらの方が美味しいかも?
生の紅ほっぺがゴロゴロ入っているので、家族で分け合って食べることもOK。

(追記)

夕食後、イチゴの生ゼリーを家族で分けて食べてみました。
ゼリーの甘さと紅ほっぺの甘酸っぱさが上手にミックスされて美味しかったです。
好みもあるかもしれませんが、ミックスよりも単品のゼリーの方がおすすめかな。

0806091

生ゼリーを購入後、芝川町/深澤フーズ(内房よりあいどころ)さんへ。
販売のお手伝いをしている方のブログを偶然見つけたので、その旨を伝えると
とても喜んで下さり、芝川町のおすすめスポットも紹介していただきました。
豆乳ジェラードが抜群に美味しいそうです。

生そば以外は冷凍可能ということで、生パスタと期間限定の黒米ざるうどんを購入。
小麦まんじゅうが美味しかったことも忘れずに伝えて。

今日の昼食は、芝川生そば、桜えびの天ぷら付き。
大変おいしゅうございました♪

0806092

| | コメント (4)

2008/06/07

小麦まんじゅう

静岡フーズフェスティバル3日目の土曜日、人気商品の前は初日以上の長い行列でした。
中村屋の親子丼、杉山フルーツの生ゼリー、ナチュレナチュールのケーキ。
やっぱり生ゼリーは平日に再挑戦です。

ところで今日の目的は、芝川町/深澤フーズ(内房よりあいどころ)の芝川生そば。
(240g  341円)

そして「1度食べたら絶対にはまっちゃいますよ!」という店員さんの言葉を信じて
豆乳入りの小麦まんじゅうも追加で購入。(3個で350円)

ケーキも好きだけど、こういうヘルシーで自然なお菓子はもっと大好き♪
本当に美味しかったので感想を言いに、来週もう1度行く予定です。
気になる商品もいくつかあるので。

080607

原材料

 国産小麦粉(自家製粉の地粉)、豆乳、あんこ(小豆、砂糖)、塩、植物油、重曹

| | コメント (0)

2008/06/05

静岡フーズフェスティバル

今日から静岡伊勢丹で「静岡フーズフェスティバル」が始まりました。
昨年まで「しずおか話題のうまいもの展」と題して行われていた静岡の物産展です。

初日で混むことは分かっていたのですが、朝1番で行って来ました。
開店と同時にエレベーターで8階の催事場へGO!
お目当ては、駿東郡清水町/ナチュレナチュールのケーキ。

TVチャンピオンで2連覇したケーキ職人・吉田守秀さんのお店ということで、
あっという間に長い行列ができました。

広告に載っていたもの以外にも色々な種類のケーキやプリンがケースに並んでいて、
迷った結果、紅ほっぺ苺のコンフィチュロール、M、桃のパリパリタルトの3種類を購入。

0806051

・紅ほっぺ苺のコンフィチュロール 3cm/1個で260円

 (15cm/1本で1,000円)

濃縮された苺の甘酸っぱい味が口いっぱいに広がります♪

・M (480円)

多分このチョコレートケーキが限定商品だと思います。
ビターチョコレートでコーティング、チョコムースとメイプルシュガームースに
オレンジのコンフィ(砂糖漬け)入り?

半分だけ食べようとしたけど、あまりの柔らかさに・・・
全部1人で食べちゃいました(^_^;)
大満足!

0806052

・桃のパリパリタルト (450円)

タルトも好きだけど、半分だけ食べてストップ。

0806053

試食しながら会場をぐるぐる回って品定め。

・静岡市駿河区/びすとろぷろばんすラスク (ガーリック420円)

 偶然、販売の手伝いをしていた友人とバッタリ。慣れないので少し戸惑っている様子。
 木苺、ショコラなど何種類も試食させてもらいました。

・静岡市葵区横山/やましちわさび (401円)
・焼津市/焼酎屋の花丸漬 (120g525円)

富士市/杉山フルーツ店の生ゼリーは11時から販売。
最後尾に並んだのですが、今日はケーキがあるので次回に変更。
代わりに生の果物を。

・袋井市/メロー静岡の種取りメロン (840円)

 来期の栽培用に割って種を採取したマスクメロン。
 果汁たっぷり、ずっしりと重いメロンを選びました。

0806054

| | コメント (0)

2008/06/02

信州大物産展は明日まで

やっぱり物産展は休日明けの月曜日が狙い目ですね。
昼過ぎから雨の予報だったので、午前中に出掛けて正解でした。
昼前からポツリポツリと降り出し、今は土砂降りです。

まずは28日の初日に行った時に完売していた商品を求めて。

ブランジェ浅野屋石釜焼パン
色々な種類の中から軽井沢ブルーベリー(642円)を。
トーストすると、よりブルーベリーの香りが広がるそうです。

あずみ野菓子工房 彩香森の恵みロール
ハーフサイズで800円。
メープル味のスポンジ、生クリームに栗や色々なナッツ類が入ったロールケーキ。
通販で扱っていない商品で、今回は実演販売です。
プリンやフロマージュはお取り寄せ可能。

0806021

ゼリー好きな主人に、飯島商店みすゞ飴(ゼリー菓子)。
原材料はすべて国産で、果実、砂糖、水飴、寒天のみの無添加。
(1キロ入り 1,260円)

今日のお昼は、おやきの食べ比べ。

小川の庄縄文おやき(1個160円)・・・野沢菜、しめじ野菜、なす
 小麦粉を練った皮に味噌や醤油で味付けした野菜を包んで蒸して焼いたもの。
 肉まんの野菜バージョンって感じ。
 
いろは堂炉ばたのおやき(1個150円)・・・野沢菜、切干大根、かぼちゃ
 皮には小麦粉の他にそば粉も少し入っているのが特徴。
 油をくぐらせ高温釜でカリッと焼いたもの。

0806022

父と2人で少しずつ色々な種類を試食してお腹いっぱいに。
写真を撮っているうちに冷めてしまったので、
残りはレンジやトースターで、もっと熱々にしてから食べてみようと思います。

0806023

山形村のながいも豆腐・・・丸五山形食品と田内屋が共同開発 (385円)

0806024

飯島商店四季のジャム(580g)・・・ルバーブ756円、三宝柑840円

春月のおたふく豆 (250g714円、400g1,050円)
 煮こわれ豆・・・煮ている時に豆の皮が破れたり、豆の形がくずれたもの。
 (500g787円)
 あんこのような甘さ。

080603

| | コメント (0)

イングリッシュラベンダー

ラベンダー(ブルーセント)の花がたくさん咲きました。

0806011

ドライにするためには満開になってからでは遅いのですが、
1株で一応これだけ収穫できました。

0806012

葉を取って束ねる作業をしていたら、何だか鼻がムズムズ。
でも部屋中、ラベンダーの良い香りでいっぱいです。

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »