« デジカメ戻る | トップページ | 第13節 FC東京戦 1-2 »

2008/05/19

喫茶楽塾で緑茶パーティー

先週の金曜日は「喫茶楽塾」という、お茶体験講座に初めて参加してきました。
今回の講座内容は、緑茶パーティーの楽しみ方。

各テーブル4人ずつに分かれて着席。
人数の関係で私のテーブルは2人だけでした。

テーマ一覧表の中から好きなテーマを1つ選んだ後、
そのテーマに合ったテーブルコーディネート作業を開始。(20分間)

テーブルクロス、ランチョンマット、急須、湯冷まし、湯のみ、コースター、茶托、
テーブルに飾る花、花器、道具や小物、お菓子を大急ぎで選んでテーブルセッティング。

普段ランチョンマットなど使わないし、テーブルコーディネートも初めての体験で、
とにかく2人だけの作業なので時間が足りなくて大変でしたが、何とか形になりました。

私達のテーマは、
「初めてホームステイで日本に来た学生さんを日本茶で歓迎する時のコーディネート」

季節は初夏。和風スタイル。アットホームな雰囲気を出したつもり。
テーブルクロスは迷った末に、やっぱり大好きな水色♪
2色使いの花柄の可愛い急須。
花は、もっとしっかりアレンジしたかったけど時間がなくて適当に。

0805161

各テーブルのコーディネート発表が行われた後、作品の見学撮影会。
テーマをメモするのを忘れましたが、多分このテーマだったと思います。

「午前中、近所の仲間と毎日恒例となっている会話をお茶で楽しむ時のコーディネート」?
または
「庭先でガーデニングをしながら、お茶を飲みながら仲間と会話を楽しむ時」?

0805162

「家で仲間とお茶を飲みながら海外旅行に行く打ち合わせをする時のコーディネート」?

0805163

それぞれ個性的なテーブルコーディネートが完成。
時間がなくて、すべての写真が撮れず残念でした。

見学の後は、日本茶インストラクターの方から美味しいお茶の入れ方の説明があり、
いよいよ各テーブルで実際に緑茶パーティー。

選んだお茶は煎茶。茶葉の量は1人分3g。
湯の温度は70~80度。浸出時間は1分前後。(深蒸し煎茶の場合は30秒~1分)
この茶葉が開くまでの時間が大切なので、途中で急須を回したり、ゆすったりしてはダメ。
じっくり待つことが大事。今まで思いっきり回してました(^_^;)

お湯は必ず1度沸騰させる。
やかんで沸かす時は沸騰後そのまま3分ほど火にかけカルキ臭を飛ばす。
お湯をポットへ移す。

ポットに入ったお湯を湯呑茶碗へ→湯冷まし→急須に移しかえ、
湯呑茶碗を並べて、お茶の量と濃さを均一にするよう少しずつ回し注ぎ分ける。

最後の数滴に旨み成分が凝縮されているので、最後の1滴まで残さず注ぎ切る。
1煎目を注ぎ終えたら、急須の蓋を開けて熱気を逃がし、茶葉の蒸れ過ぎを防ぐ。

新茶は香りが命なので勿体無いと思わず、1ヵ月以内に使い切りましょう!
とのことでした。こちらも反省です。

お土産は新茶と、テーブルセッティングしたお菓子と花。
もっと豪華に花を飾れば全部持ち帰れたのに残念でした~(^_^;)

ところで、この喫茶楽塾は6月4日~6日まで東京の有楽町でも開催されます。
興味がある方は、静岡県茶商工業協同組合へ。

日程と申込みは喫茶楽塾からどうぞ~♪
参加費が無料なので、申込み多数の場合は抽選になります。

|

« デジカメ戻る | トップページ | 第13節 FC東京戦 1-2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デジカメ戻る | トップページ | 第13節 FC東京戦 1-2 »