« 第10節 清水戦 1-1 | トップページ | デジカメ修理へ »

2008/05/07

第11節 川崎F戦 1-4

強い相手との対戦なのに、何も武器を持たせずに選手をピッチに送り出したようなもの。
まともにぶつかったら跳ね返されるのは目に見えていたはずなのに。
ケガ人等でやりくりも大変だとは思うけど、練習試合じゃないんですからね。
それとも勝ち目の薄い川崎戦は捨てて、次の新潟戦に重点を置いているのでしょうか。
それならばアウェーの地で絶対に勝ち点を奪って帰ってきて欲しいものです。

*スカパー解説の長澤さんがロスタイムに言いたい放題(^_^;)

長澤:辛い4分ですね。

アナ:ここで1点取れば次への繋がりができると思うんですが。

長澤:状況的には難しいですよね。諦めるわけじゃないですけど。下世話な話ですけど、
レフリーもきっちり4分取らなくてもいいような気がするんですけどね僕は(苦笑)。

アナ:適正な判断ではあると思いますけど。

長澤:あると思いますけどね。どうみても取れないでしょ!お客さん、よく分かってますよ。

アナ:まあその中でもね・・・

長澤:見たいのは確かですけどね。

アナ:いかに最後までボールを追っていくかというところも見たいと思うんですけれども。

長澤:ああ、そうですか、それだったら最初からそうしろ!!ってちょっと言いたいですね。
でも前田選手と名波選手が見れましたから長い時間。それは良かったと思いますけど。

■5月6日(火・祝) 観衆13,602人(ヤマハ)

中山が先発かも♪という朝刊のニュースに、ワクワクしながらスタジアムへ。
久しぶりにフラッグの長い棒も持参。
やっぱり組み立て式よりも振りやすいですしね。

ところが、ところがですよ、この日のスタメン2トップは萬代と山崎。
萬代の相手が山崎とは、想像もしていなかったので唖然!
2人とも前線で起点が作れないのに、どうやって攻撃するのでしょうか?

気を取り直して、選手が売り子をしているゴール裏の売店へ。
茶野、岡田、藤井、カレンがいました。
カレン調子はどう?やっぱりヒゲは剃りましょうね。

08050601

控えメンバーは中山、前田、名波、松浦、船谷、森下、(GK松井)。
お帰りなさい、前田。
45分だったらOKかな?

08050602

ジウシーニョが左肩を痛め欠場。前節退場した河村は出場停止。
ボランチの先発は犬塚。FWの山崎は公式戦初先発です。
相手の右サイドをケアするため、加賀が左で大井が右へ。

08050603

   山崎  萬代
      西
村井         駒野
   上田   犬塚
 加賀  田中  大井
      川口

08050604

ここ最近、試合の入り方はOK。
積極的に前へ前へという気持ちがプレーに現われています。

開始直後、駒野のクロスに山崎がシュートを狙うもDFブロック。
4分西のクロスに萬代が走り込むもGKキャッチ。
8分やはり萬代、山崎ともに起点がつくれず。
9分犬塚のドリブル突破から、左に流れた萬代のシュートで先制ゴール。
ここまではリズムが良かったのですが・・・

08050605

10分山崎が左から仕掛けようとしてボールを奪われる。
11分犬塚がボールを奪われピンチ。中村から鄭大世につながり加賀がスライディング。
15分、16分と続けて、村井のパスから山崎がつぶされる。
そしてジュニーニョのシュートは川口がキャッチ。
17分萬代のヘッドは、いつも通りに競り負ける。。。

18分相手CKを萬代がヘッドでクリア。まともにクリアできてホッとひと安心。
19分犬塚が中村にボールを奪われ、鄭大世シュートを川口パンチ。
20分萬代がDF2人に囲まれ、中村のミドルシュートはわずかに左に外れ助かる。
21分川口からのボールを萬代が足元でおさまらずDFに奪われる。
パスをつながれ加賀がファールで阻止するもファールを与えてしまう。

23分中村FKをニアの谷口にヘッドで決められ、1-1の同点に追いつかれる。
24分大井のパスは山崎の前でDFに跳ね返されるだけ。
25分西がボールを奪い返し、萬代→上田がキープから萬代へのパスを奪われ、
森→ジュニーニョのシュートはGK正面。
27分犬塚が出し所を探しながらドリブル。山崎へのパスは奪われ連続シュートを浴びる。

パスミスからボールを奪われ、相手のカウンターを受ける形ばかり。
加賀のスライディングと川口のセーブがなかったら何失点していたことか。
前半は1-1で終了したものの、このままではマズイです。
何とか手を打たなければ。

ハーフタイムは、ジュビロ君が折り紙の兜をかぶって登場。
ファミリージョインデー、小さな子供達も大勢観戦していました。

08050606

ビックリです。後半メンバー交代なしでスタート。
引き続き、萬代と山崎の2トップです。

08050607

ドリブルで上がった犬塚がボールを奪われ、カウンター。ジュニーニョのシュートでCKに。
2分、中村のCKから寺田のヘッドで1-2と逆転される。
4分駒野のFKはGKパンチ。こぼれ球を山崎シュートも枠の上。
9分犬塚のパスを受けた山崎がボールを奪われ、またまたカウンター。
11分上田のCKを萬代ヘッドも枠の上。萬代のヘッド・・・

ようやくベンチが動きました。遅いよ!
11分山崎→前田に交代。スタンドから前田コールが沸き起こりました。
山崎にとっては厳しい先発デビューとなりました。

13分西→前田のスルーパス→村井のシュートはGKキャッチ。
14分左サイドで犬塚が交わされ鄭大世→ジュニーニョのシュートで失点、1-3。
こんなんじゃ皆帰っちゃうよ!と呟いたら、主人が「帰ろう、帰ろう!」と大声で叫ぶ。
そして本当に隣の男性が2人席を立ってしまったからビックリ(ーー;)
16分中村のスルーパスからジュニーニョに抜け出され失点、1-4。

3点差がついてから再びベンチが動く。17分犬塚→船谷に交代。
えっ、船谷ですか???
札幌戦と同じじゃないですか。何ができるの?
加賀が右DFへ戻り、大井が左DFへ。

20分萬代が相手GKにプレスにいき、ボールはラインを割る。
30分駒野のボールに飛び出した萬代がオフサイド。
やればできるじゃないですか。オフサイドになるくらい早く動き出せるじゃないですか。

相手は余裕の交代でも、ボールを自由に繋ぎ、やりたい放題。
31分ついに最後のカード。西→名波に交代。
パスもシュートも上手くいかず、時間ばかり過ぎていく感じでした。
41分前田のシュートも、いわしんでした。

08050608

ロスタイムは4分。
得失点差も重要になってくるはずなので、1点でも返したいところ。でも・・・
ベンチ横で中山は、どんな思いで見つめていたのでしょうか。
残念ながらというか、試合前の予測通りに1-4の大敗で試合終了。

08050609

内山監督はベンチに座ったまま動かないメンバーの肩を叩き、挨拶に行くように指示。
選手達は重い腰をあげてバックスタンドへ。
そしてゴール裏、メインのサポへ挨拶。

08050610

スタジアムの外へ出ると、小さなアイドルが名波ファンの女性に囲まれていました。
マジックを持たされてユニにサインを!
当然、ママは大慌てでしたけど。
いくらなんでもサインを求めるのは早すぎますよね。

|

« 第10節 清水戦 1-1 | トップページ | デジカメ修理へ »

コメント

>のりこさん
 1番可愛い時期かもしれません。
 見逃さないためにも是非スタジアムへ(笑)。 

投稿: パセリ | 2008/05/09 21:44

こちらにコメントするのは、はじめてかな?
名波サポの女性たちの暴走ぶりは、「・・・」ですね!
こんなだから、名波のサイン嫌い、写真嫌いに拍車がかかっちゃうんですけど・・・(ヤレヤレ)。

昨年は、スタジアム観戦0でした。
今年もまだですが、そろそろ行こうかな?と言う気にさせられる名波Jrではありますね。
もちろん、遠くで見守る「大叔母」さんの気分ですけど。

それと、アドレスを変更しました。

投稿: のりこ@名波・・・ | 2008/05/08 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第10節 清水戦 1-1 | トップページ | デジカメ修理へ »