« 春のスイーツフェスタ | トップページ | 最終日の大京都展 »

2008/04/22

第7節 大分戦 1-1

やはり同点に追いつくだけで精一杯で、逆転できる力はありませんでした。
眠っていたような前半でしたし、後半ようやく中山に起こされてから動き出してもね。
途中から完全に流れを引き戻すも、追加点のチャンスをなかなか決めきれず。
ロスタイムにはバタバタとして、どちらに点が入ってもおかしくない展開でした。

スカパー解説の長澤さんが途中出場の山崎のプレーを見て、
「フレッシュな選手なのに・・・、経験不足だね~。若いね~」とバッサリ!
若い選手を入れて経験を積ませることも大事ですが、
名波を入れて試合を決定づけるパスを出して欲しかったのですが、
願い叶わずでした。

土曜日に名古屋が千葉に逆転勝ちした試合をテレビ観戦。
さすが6連勝しているチームは違いますね。後半になって怒涛の攻撃が続き、
同点に追いつくのは時間の問題でしたし、勢いでそのまま逆転。
途中から出て勝ち越しゴールを決めた杉本の試合後のパフォーマンスも
キラキラと輝いて見えました。

■4月20日(日) 観衆11,229人(ヤマハ)

控えメンバーは中山、山崎、名波、犬塚、大井、鈴木、(GK松井)。
ターゲットは名波?

08042005

上本大海が挨拶にやってきました。
磐田では出場機会が少なかったのですが、大分ではレギュラーを獲得。
昨年のリーグ戦(アウェー)では大海の活躍で磐田は完敗してしまいましたね。

08042006

ジウシーニョが息子さんを連れて入場。
今回はしっかり写真撮影できました。

スタメンは西の出場停止により、

 ジウシーニョ  萬代
      成岡
上田         駒野
   山本   河村
 茶野  田中  加賀
      川口

08042007

12日の札幌戦でJ通算300試合出場を達成した茶野選手へ花束贈呈。
おめでとうございます。

08042008

2分ジウシーニョと萬代のワンツーは合わず。
3分駒野のスルーも萬代に通らず。
5分駒野のクロスは萬代の前でDFクリアされる。

ポツリ ポツリと雨が降り出したので屋根のある位置へ素早く移動。
2階席の1番上で見ていたのですが、あまりのグダグダっぷりに
居眠りしている観客を見つけてしまいましたよ(ーー;)

6分鈴木慎吾のFKがクロスバーを直撃。いきなり冷や汗。
10分成岡が倒されて得たFKを駒野が低い弾道で直接狙うもGKキャッチ。
相手ゴールキックを茶野がトラップミス。慌てて松橋を倒しFKを与えてしまい、
17分金崎のFKのこぼれ球を、フリーでホベルトに押し込まれ失点。
19分茶野のロングフィードは右の誰もいない場所へ・・・

25分相手CKからのこぼれ球を拾ったエジミウソンがミドルシュートも外れて助かる。
28分鈴木慎吾の左クロスを高松ヘッドも川口がしっかりキャッチ。
31分金崎の突破を加賀がスライディングタックルで阻止。
34分上田のショートコーナーから駒野のクロスに茶野ヘッドも外れる。
川口のゴールキックを萬代がヘッドで落とすも、こぼれ球を拾われて・・・

前半0-1で終了。
人もボールも動かず、攻撃の形はつくれず。反対にパスミスから何度もピンチ。
いくら普段おとなしいジュビサポでも大ブーイングでした。

08042009

雨が止み、元の席へ戻る。

ハーフタイムが終了し、中山がベンチで準備しているのを発見。
出るよー!と私達夫婦のテンションも
横のおじさんも、後ろの兄さんも「ゴンが出る!」と大喜びでした。
そしてメインの家族席をチェックすると、心晴ちゃんも双眼鏡でパパを確認中♪
成岡→中山に交代。

08042010

円陣を組み、チームメイトに声を掛ける中山。
「積極的に行こう。いつもやっていることをゲームで出そう!」

中山と萬代の2トップ、ジウシーニョがトップ下へ。

08042011

前半開始直後と同じく、ジウシーニョが積極的にシュートを狙うも、いわしん。
川口のゴールキックを萬代が頭で中山に繋げるも、中山オフサイドの判定。
山本からのパスを受けた中山が左で起点になるも、茶野のクロスは誰もいない場所へ。
4分中山が背中でボールを落とし、山本がドリブルで仕掛けるもカットされガックリ。

5分萬代がライン際で相手を追い込みボールがラインを割るも、大分ボールの判定。
ベンチから何人も飛び出し抗議。スタンドからもブーイングが。
山本がボールを奪われるも、茶野がカバーに入って助かる。

中山の素早い動き出しで、つられるように全体の動きが一変しました。

08042012

8分ジウシーニョ→河村→上田の左クロスに萬代ヘッドは右に外れるも、
中山がDFを引きつけて初めていい形の攻撃が。
9分ジウシーニョが左で起点となり→走り込んだ上田がクロス→萬代が左足で流し込み
同点ゴール。
中山がガシッと萬代を力強く抱擁(笑)。

08042013

そういえば、リーグ戦ホーム通算500ゴール目でしたね。
よーし、勝ち越しゴールはゴンゴールで勝利のゴンダンスだ!
と気合を入れたのですが・・・。

08042014  08042015

中山が落とし河村がサイドチェンジも駒野に合わず。
右コーナー付近までボールを追った中山にスタンドから大きな拍手。
上田のスルーパスに中山が左サイドに抜け出すもオフサイドの判定。
駒野のミドルシュートはGKキャッチ。
上田からのパスに中山が再び抜け出すもぎりぎりオフサイド。

17分山本→犬塚に交代。
ミスが目立ったことで交代させられ、山本はベンチで頭を抱えガックリ。
縦に急がず、もう少し繋いでもよかったですね。

08042016

18分中山→加賀→駒野がシュートも枠の上。
20分犬塚が高松を倒してしまいゴール前でFKを与えてしまう。
21分蹴るのは鈴木慎吾。前半はクロスバー、今度はポストを直撃!
跳ね返りからの左クロスはしっかりクリア。

08042017

22分駒野から中山ヘッド→右のジウシーニョから左の上田がクロス。
23分犬塚のクロスに中山が飛び込むもGKキャッチ。
ボールではなく、中山がネットの中へゴールイン(笑)。惜しかったです。
24分ジウシーニョの左クロスも中山の前でGKキャッチ。
中山の頭に合わせて怒涛の攻撃も追加点ならず。

29分ジウシーニョのクロスに中山が飛び込み、ペナ内で倒れながら足を伸ばして
マイボールに。茶野とジウシーニョがかぶってしまいシュート打てず。
32分駒野のクロスを中山が頭で落とすも、DFに前に入られて萬代シュート打てず。
萬、絶好のチャンスだったのに~。
39分犬塚が中央をドリブル突破→駒野のクロスに中山ヘッドもDFクリア。

08042018

40分足がつったジウシーニョ→山崎に交代。
相手CKからのこぼれ球を相手陣地で守っていた中山が大きく前線へクリア。
そのボールを右サイドで拾った山崎がドリブルで仕掛けるもDFに阻まれる。

上田のパスから山崎が再び仕掛けるも、DFに阻まれシュート打てず。
山崎のパスが強すぎて左サイドを走る犬塚に渡らずボールはラインを割る。
山崎は相手DF3人に囲まれ潰される。

ロスタイム3分、河村が中央をドリブル突破しシュートも、右に外れる。
駒野のクロスを中山が足でトラップしDFを交わしシュートを狙うもDFにブロックされる。
こぼれ球を上田がゴール前に上げるもGKキャッチ。
駒野から犬塚がシュートもミートせずDFクリア。
こぼれを上田が再びゴール前へ。萬代が飛び込むもGKキャッチ。

1-1のまま試合終了。

08042019

挨拶を済ませた後、中山はベンチへ座り込んでしまいました。
水曜日のナビスコは先発し後半32分まで出場。
そして大分戦は後半45分間出場。
勝ちたかったですよね。

08042020

試合後は久しぶりにバスの出待ちをしたのですが、
歓声が大きかったのはダントツで名波。次に中山。
康太の声援も大きかったです。年上のファンも多くいますしね。

重い足取りで歩いてきた中山が大海と話し込んでいました。
この日は何度もバトルしていたけど、何の話かな?
本当にお疲れ様でした。

08042021

大分の選手はバスに乗り込む前にファンサービスを。
GKの西川選手があまりにも爽やかな笑顔で好感度アップ。

08042022

バスを見送ってから帰宅。

|

« 春のスイーツフェスタ | トップページ | 最終日の大京都展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春のスイーツフェスタ | トップページ | 最終日の大京都展 »