« 桶ヶ谷沼の菜の花畑 | トップページ | 日本の美味しいもの展 »

2008/03/24

ナビスコ杯FC東京戦 0-2

完封負けでガッカリするはずが、ジュビロの試合で
久しぶりにワクワクしたプレーを見ることができて少し満足した部分も。
それもわずか16分+ロスタイム3分と短い時間でしたけど。

だって、いつも皆パスが本当に下手くそなんだもの(ーー;)
上から見ていて思った通りのスペースへ、名波のパスが正確に通るので楽しかったです。
昔は当たり前のように見ていたプレーが、最近のジュビロではさっぱりでしたからね。

■3月23日(日) 観衆10,543人(ヤマハ)

今季初のヤマスタでした。
前半のシーズン席はゴール裏2階のメイン寄り。
1階席の応援が残念ながらあまり響かない場所。
隣のブロックは一般発売用の指定席で、かなり空席が目立っていました。

08032305

控えメンバーは中山、名波、成岡、船谷、大井、鈴木、(GK佐藤)。
アウェーと同じくバックスタンド側で鳥かご。
あれ、名波がターゲットですか?

08032306

シュート練習では最初なかなか枠に行かず。
バランスよく蹴ればゴールの中へ入るのですが。
名波のFKはポスト直撃、惜しい。

08032307

誰の子供でしょうか?
8番ユニを着ていますね。
やんちゃな男の子で困っていたところ、大井君があやしてご機嫌とり。

08032308

パパと一緒に記念写真を撮るつもりだったのね。

08032309

スタメンは

ジウシーニョ  萬代
      西
上田         太田
  河村     犬塚
 茶野  田中  加賀
      松井

08032310

前半開始直後、競り合いから茶野と茂庭が頭をぶつけて倒れ込みヒヤッ。
ジウシーニョが倒されて得た右コーナー前のFKのチャンスは生かせず。
萬代が奪ったボールからジウシーニョ→上田のビッグチャンスも生かせず。
萬代のシュートも決まらず。若いチームにはやっぱり先制点が大事でしたね。
中盤のミスから徐々にリズムが崩れ、再三のピンチを松井がかろうじてセーブ。

ロスタイムの萬代シュートもGKにセーブされ、前半0-0で終了。
中盤でボールが落ち着かず行ったり来たり、バタバタと慌しい展開でした。
松井も前半は抑えることができたのですが。

08032311

ハーフタイムは100%ヤマザキ祭りの抽選会。
山崎が笑顔で登場。
当選番号を決めるため、数字の付いたボールをひく役目でした。
控えメンバーがピッチでアップを開始。

08032312

抽選会が行われている横では、控えメンバーがダッシュの後にストレッチ。
スタメン選手がピッチに登場すると、すかさずアドバイスを送るベテラン組でした。

08032313

ハイタッチして力強く送り出します。
名波が念入りに河村とジウシーニョにアドバイスを。

08032314

後半メンバー交代なしでスタート。
ボールを受けると自分1人でドリブル突破を狙うジウシーニョ。
開始直後、またまたジウシーニョが倒されてFKのチャンス。
ボールの前に太田と上田が立ち、太田のキックは枠を外れる。

08032315

8分相手カウンターからサイドを崩され、赤峰に押し込まれ失点。
14分FC東京の川口が交代で入り、左サイドへ。
16分犬塚→成岡に交代。
20分相手カウンターから川口シュートも枠を大きく外れる。信男・・・
21分再びサイドから崩され、粘ったカボレが横へ流し、フリーで赤峰に押し込まれ失点。

カボレ、カボ~レ そ~うカボレ♪と歌いまくるFC東京サポ(ーー;)

23分河村が倒されて得たFKからのチャンスを成岡シュートもバー直撃。
2-0となり相手は守りを固め、ますます厳しい状況に。
隣の男性が席を立つ。そうですか、もうお帰りですか。

ついに名波が準備。お願いです、何とかして~!
続いて中山も準備。オオー!!
29分、太田→名波に交代、ジウシーニョ→中山に交代。
2人同時にピッチへ。名波の次なる目標が達成するかもと期待。

08032316

早速、名波が魅せてくれました。
右のスペースへ抜群のコントロールでスルーパスを送ると、
右からのクロスボールに中山が飛び込みGKと競るも、残念ながらファールの判定。
34分、名波がアウトサイドで左サイドへスルーパス。西のシュートは決まらず。
名波の好パスと中山の鋭い動き出しでリズムは一変し、何度もチャンスが。

08032317

38分名波のロングボールを中山が頭で落とすも、成岡が決定的なボレーシュートを外す。
40分名波の右CKを中山が頭で落とすも、茶野のシュートは枠の外。
ロングボールを前線の中山と萬代へ。
西の縦パスに中山がダイビングヘッドもGK正面。
主人がGKに向かって「空気を読めー!」と叫ぶ(^_^;)

相手GKはゴールキックが何度もラインを割るほどキックの精度が悪かったので、
中山がプレッシャーをかけて狙っているのが分かりました。

08032318

好機は作ったものの、無得点のまま試合終了。
2点ビハインドからでは、やはり厳しかったですか。お疲れ様でした。

08032319

0-2の敗戦も、今日の中山は良かった!と主人が喜んでいました。
ただ単にロスタイムに出るだけでなく、しっかり試合に絡んでいましたからね。

予選リーグB組は、まだ勝ち点の差がそれほどなく混戦状態。
予選突破を目指して最後まで諦めずに戦いましょう。

08032320

試合後、心晴ちゃんが「ジュビロく~ん、ジュビィちゃ~ん♪」と
元気よく大きな声で何度も呼んでいましたが、
しっかり会うことができたのかな?

|

« 桶ヶ谷沼の菜の花畑 | トップページ | 日本の美味しいもの展 »

コメント

>ともろっしさん
 初めまして。コメントありがとうございます。
 次の観戦時には、しっかり名波チェックして確かめてみたいと思います。
 ポストに必ず当てるということは枠に入れる可能性大ということですね。

投稿: パセリ | 2008/03/28 10:26

いつも楽しく拝見しています。
シュート練習で、名波のFKはポスト直撃、惜しい!とありますが、本当にそうでしょうか?
私はエコパでのガンバ戦を見に行きました。試合前にやはりFKの練習をしていたのでずっと見ていました。1本目ポスト直撃、惜しい!2本目ポスト直撃、惜しい!!3本目ポスト直撃・・・惜しい!?
もしかして・・・
4本目枠ギリギリにゴール!その瞬間彼は天を仰いだように見えました。あいつは狙ってんですよ、きっと。
だからこの日も、狙っていたのだと思いますよ。


いったいどのくらいの人が気づいていたかわかりません。私が見始めた時が1本目だったのかもわかりません。もし、詳しく知っている方がいれば、教えていただきたいと思います。 

エコパでの試合後、彼のすごさに感激し、会う人会う人に「あいつは狙って当てている」と話しまくり。そのあと「きっと試合でもポストに当てるけど」と笑いを取ることも忘れません。もちろん笑いを取るために言うだけで、試合ではきちんと決めてくれると信じています。

投稿: ともろっし | 2008/03/28 06:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桶ヶ谷沼の菜の花畑 | トップページ | 日本の美味しいもの展 »