« サテライトリーグ・清水戦 | トップページ | レオニダス »

2007/10/26

いけばな国風展

先週の18日、「国風華道会」という流派の華道展へ行ってきました。
各流派が勢ぞろいした華道展とは違って、その流派の特徴が
はっきり出ているように感じました。

07101801

三世家元継承5周年記念、家元の作品がお出迎え。
紅葉のライトアップを思い出し、また京都へ行きたくなりました。

07101802_2

4人の合作。
野バラの実、キク、ケイトウ、ススキ、ワレモコウ

07101803

ダリア、グロリオサ、アルストロメリア

07101804

ザクロ、リンドウ、ケイトウ、ススキ

07101805

雲竜柳、口紅コチョウラン、オンシジュウム

07101806

パンパス、ブルーベリー(紅葉)、スカシユリ、山帰来、オンシジュウム

07101807

07101808

三又、エリンジューム、マリンブルー、カスミソウ

07101809

バラ、紅アオイ、巻き柳

07101810

キウイのツル、ピンクッション、フォックスフェイス、インデアナ

07101811

こちらも家元の作品。
他にも2点ほど大作が飾られていました。

アレンジでも最後に、ミスカンサスやアイビー、雲竜柳などでアクセントをつけるのですが、
自分のセンスで適当に入れればいいのに、これが結構むずかしいんですよね。
この流派は、このアクセント素材の使い方がポイントでしょうか。
三又を使った作品も多く目立ちましたから。

|

« サテライトリーグ・清水戦 | トップページ | レオニダス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サテライトリーグ・清水戦 | トップページ | レオニダス »