« 全日本ユース・G大阪戦 0-3 | トップページ | 全日本ユース・開志学園戦 4-1 »

2007/09/18

第25節 大宮戦 2-0

駒場からの日帰りは難しいからと大宮戦は諦めていたのですが、
チーム状況が変わったので急きょ参戦することに。
内山ジュビロの初陣ということで、やっぱり現地で応援したいし、
2トップに変わったことで少しは出番があるかなと期待して。

ところが交代したのはロスタイム。あまりにも短くて・・・(ーー;)
前回出場した6月の川崎F戦もロスタイムでしたから。
試合は久しぶりの完封勝利で嬉しかったけど、ちょっと複雑な思いも。

試合後のゴール裏にいる自分をビデオで見たら、やっぱり両隣にいた仲間より
タオマフの振り方といい、喜び方が中途半端でした(^_^;)
監督が変わってすぐにチームが激変するわけもなく。
今はとにかく結果重視とはいえ、危ないシーンもいっぱいあったしね。
大宮だから無失点で終わったけど、問題は次のガンバ戦ですよ。

■9月15日(土) 観衆8,432人(駒場)

東京駅で京浜東北に乗り換え、浦和駅に15時到着。
3年前に国体サッカーの応援で訪れた場所。
でもこんなに小さな町だったかしら。
伊勢丹前のバス停を探しても、シャトルバスの案内板が見当たらずウロウロ。
仕方なく路線バスでスタジアムへ。

6月23日の川崎F戦以来のアウェー観戦。
開門を待つ仲間と合流。皆さんお久しぶりです。

*公式の中継レポート

 ピッチを見に来る選手たちの表情も気持ちが入っている。

選手達がスタジアムに到着し、ピッチの状態を・・・
しっかりと確認しているような感じではなかったですね。
試合前にしてはリラックスムードで、皆でおしゃべりしていたような。
でも前半は固かったと言うから、やっぱり気持ちが入っていたのかな?
スタッフが持ってきたフェアプレーフラッグにサインを入れていました。

07091501  07091502

オーストリア遠征から帰国したばかり。
強行出場の川口に何度も応援コール。
GKコーチは「バモス、オスカー!」から「大橋さ~ん!」に。

07091503

控え組は鈴木、エンリケ、上田、船谷、成岡、中山。(GK松井)
メイン側で鳥かごした後、バックスタンド側に移動して、また鳥かご。
これって特別サービスですか?

07091504

ようやく2トップが復活。3-5-2の布陣。

  カレン 前田
     西
村井       太田
 パラナ  ファブリ
 茶野 大井 加賀
     川口

コイントスで勝った大宮が風の影響を考えてエンドを逆に。
そんな~後半のゴールが遠くなるじゃないの。

07091505

前半5分西のスルーに飛び出したカレンが倒され→ファブリシオのFKは右上に外れる。
10分加賀が寄せ切れず、藤本の左クロスから森田ボレーも左に外れて助かる。
村井がサイドを駆け上がるも、DF2人に囲まれクロスを上げられず。
中盤が取れない状態。
太田のクロスに西がヘッドも横へ流れてしまう。

25分左コーナーへボールを追った西が相手に後ろから倒されるもノーファール。
なかなか起き上がれず、治療後にピッチへ戻るも自ら交代を要求。
30分西→上田と交代。
控え組は以前よりも早めにアップを開始。

07091506

大宮は前線から厳しいプレスをかけ、いつも通りの固い守備。
32分相手の右クロス→森田ヘッド→マルケスに飛び込まれるも川口が飛び出しセーブ。
40分村井が左サイドでキープ→フリーで抜け出したパラナのシュートは枠の上。
42分上田→太田→茶野のヘッドは右に外れる。
終了間際に少しずついい形が見え始めるものの、前半は苦しみながら0-0で終了。

ハーフタイムにはピッチの上で控え組がまた鳥かご。
後半はメイン席前のスペースでストレッチやダッシュを繰り返していました。
中山のダッシュのスピードが速まるも、ベンチの動きはなし。

07091507

後半4分加賀のロングボールに前田が抜け出すもオフサイド。
ゴール裏サポが前田コールを繰り返す。大きな声で、さらにもっと大きく!
7分加賀がオーバーラップも相手DFに阻まれクロスを上げられず。
クロスボールの跳ね返りをファブリシオがシュートもGKキャッチ。
そこから速攻を受けるも、ファブリシオが素早く戻って守備、川口にバックパス。

グラウンド状態が悪く、両チームともに浮き球パスが続く。
13分パラナがグランダーのミドルシュートを狙うもGKがキャッチ。
15分藤本のクロスに森田がオーバーヘッドも川口がしっかりキャッチ。
18分マルケスのシュートがゴール左に外れ助かる。危なかった~。
22分大井がドリブルで前線へ。村井のクロスはDFにブロックされる。

23分前田のキープから村井がシュートも枠の上。
26分ゴール前で細かいパスが繋がり、ゴール裏からは良く見えなかったけど、
選手の喜ぶ姿を見てゴールが決まったことを確認。
上田→前田がつぶれ役→カレンのヒールパス→上田が先制ゴール。(J1最速900ゴール)
茶野が後ろから倒されると、ベンチの鈴木が素早くユニに着替えて準備。

40分上田→パラナ→カレンのスルー→太田が得意の角度からシュートで嬉しい追加点。
太田にボールが渡った瞬間、決まる!と思いました。
41分太田→エンリケに交代。パラナが右に入り、エンリケはボランチへ。
42分パラナのバックパスを川口が慌てて前にキック。
そのボールが相手の背中に当たり、あわやOGかという位置へ。恐ろし~い!

ロスタイム2分。ようやく中山が準備。前田→中山に交代。
相手CKのこぼれ球を中山がライン際まで走って前線へ大きく蹴り出す。
ゴール正面で加賀が相手を倒しFKを与えてしまう。
藤本のFKは壁で跳ね返し、CKに逃れる。(ボールを避けるので加賀は壁に入らず)
相手CKのこぼれ球を中山が素早く反応するも、ここでタイムアップの笛。
ボールを地面に叩きつける中山でした。

試合後の表情・・・

川口が加賀に熱血指導。
中山&茶野の2人はニッコリ。
大井はお疲れ様でした。

07091508  07091509

そしてベンチメンバーも合流して・・・

07091510

看板を越えてゴール裏サポーターに挨拶にやってきました。
残念ながら写真はボケちゃいました。カメラマンが邪魔だし・・・。
次に通称・出島のサポーターの元へ行って挨拶。
最後にメイン席のサポーターにも。

サポーター代表が清水戦後にクラブ関係者と会い、幾つかの提案をしてきたというので、
その中の1つ「ピッチとスタンドの精神的距離感を縮める」というのを
こういった形で実行してくれたのでしょうか。

07091511

最終の新幹線に間に合わせるためには、浦和駅21時18分、最悪でも24分発に
乗る必要があり、ダッシュすべきかどうか?
でもやっぱり難しいだろうなと判断して、勝利の余韻も楽しんでから帰ることに。

アウェーの勝利は久しぶりということで、「嬉し~い♪」を連発する仲間と一緒に
タオマフを広げて勝利の歌と、最後はワッショイ、ワッショイ。

ゆっくりとスタジアムを出たため浦和駅行きのシャトルバスは長蛇の列。
バスは次々と来るのに利用する人の数が多いためでしょうか。
浦和駅22時06分発の電車に乗り、東京駅に着いたのは22時46分。
ながら発車時刻は23時10分。少し焦りましたが無事に乗車(^_^;)

久しぶりのムーンライトながら、ひと寝入りして起きたら隣の席に知らない男性が。
どこから乗ってきたのでしょうか?
まあ、こちらも知らないおばさんなのでお互い様ですけどね。
若い女性の話し声が少し気になったけど、それ以外は座席も快適だし結構使えるかも。
東京―静岡2時間39分(乗車券+指定席券510円)

|

« 全日本ユース・G大阪戦 0-3 | トップページ | 全日本ユース・開志学園戦 4-1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全日本ユース・G大阪戦 0-3 | トップページ | 全日本ユース・開志学園戦 4-1 »