« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007/08/31

黄金桃

070829

28日に山形から届いた黄金桃。
3キロ(12個) 3,000円(送料込み)・・・山形の百姓親父

果肉も黄色。
甘くてジューシーな美味しい桃でした♪

*桃の皮のむき方

・みぞにそって包丁を入れ、ぐるりと一周させる。
・両手で軽く持ってねじると、簡単に半分にできる。
・種を取り、好みの大きさにカットしてから皮をむく。

070831

特に黄金桃は皮がスルスルッときれいにむけます。

| | コメント (0)

第23節 横浜FM戦 1-4

横浜FM戦は前日に自由席が完売してしまったため、スカパーで観戦。
時刻表を確認し、今ならまだ間に合うかも!とギリギリまで迷ったのですが、
チーム状態や途中交代の可能性を考えて、やっぱり駅に向かうのは止めました。
新幹線代+SB指定席(当日券4,000円)も勿体無かったし。
でもテレビではベンチの様子が全く分からないので、それが残念。

無残な逆転負けの試合だったけど、もう1度振り返ってみます。
監督が自分の采配は間違っていないと断言しているので確かめる意味でも。

■8月29日(水) 観衆10,828人(三ツ沢)

   西   前田      
     成岡
パラナ     ファブリ
     エンリケ
上田 大井 田中 加賀
     川口

序盤はボールを支配して、完全に磐田ペース。
パラナのカットから前田のミドルシュートでCKのチャンス。
11分上田の左CKからのこぼれ球を相手DFがクリアミス。
これを加賀が落ち着いて蹴り込んで先制ゴール。
この後いいリズムの時に追加点が取れなかったのが痛かったですね。

マルケスの動きが目立ち始め、さらにジロー(清水)が交代で入ってから
徐々に相手に押し込まれる展開に。
43分成岡のパスミスから清水→マルケスのクロス→大島に飛び込まれ同点に。
前半リードして終わりたかったので非常に悔やまれる失点でした。

後半から成岡→太田に交代。
成岡を下げると必ず失点しているというデータはお忘れですかね。
以前よりボールを奪われることが少なくなり、前線でいい仕事ができるようになったのに、
どうして毎試合交代させてしまうのでしょうか?

後半は相手の勢いを止められず、パスミスからピンチの連続。
相手の速攻を止めたファブリシオにイエロー。はい、積もりました(ーー;)
FKの壁を作っている最中にパラナにもイエローカード。

8分パラナのパスミスから速攻を受けるも、ジュビロも速攻でお返し。
太田のドリブル突破から西のシュートは枠の上。
10分パラナのパスミスから山瀬→坂田のクロスを田中が頭でクリアも・・・
あっさり拾われ清水に決められて、1-2と逆転される。
13分パラナがマルケスを倒し、そのFKが味方DFの足に当たり失点、1-3。

19分ボールが足におさまらなくなった西→林に交代。
26分大井がドリブルで左サイドを駆け上がり攻撃参加も、林へのパスを奪われて
速攻を受ける。マルケス→坂田のシュートで4失点目。
28分マルケスのドリブル突破を止めた田中がイエロー。
ゴール前のFKは川口がセーブしCKに逃れる。

33分上田のスルーパスに抜け出した林がシュートもサイドネットの外側。
34分パラナが右サイドから切れ込んでシュートも枠の上。
35分マルケスのクロスから山瀬のボレーシュートは川口がキャッチ。川口激怒。
1点だけでも返したいのに足が止まり始める。
38分田中→犬塚と交代。加賀がセンターバック、犬塚が右サイドバックへ。

そして41分、上田が大島の突破を手で阻止し一発退場。
運動量が少なくなり、どうしても後から追いかけるような守備に。
いつものように途中から前目に上げてあげればよかったのに。
山瀬のFKは壁に当たる。前田も守備しています(ーー;)

犬塚の右クロス→こぼれ球をエンリケシュートも枠の外。
大井が振り切られ山瀬シュートはポストの右に外れる。
もうヤダー!
ロスタイム4分。トリコロールの傘がくるくると回るスタンドが映し出され憂鬱な気分。
弱いね、ジュビロ。またアウェーで惨敗。

明日のダービーはファブリシオと上田が出場停止。
よって3ボランチはできません。そして左サイドバックは村井かな?
村井の守備も心配な点があるけど、是非チャンスをものにして欲しいですね。
もし村井が先発でなかったら、どんな布陣にしてくるのか。
練習なしのぶっつけ本番ですか?!

それでは連係が合うわけがないって(ーー;)

前田のひざの具合も気になるところ。
控えFWの出番があるのかどうか。
次節の結果で何かが動くのか。
取り合えず明日こそはスタジアムへ行ってきます。

| | コメント (0)

2007/08/28

種ありピオーネ

070827

昨日は毎年楽しみしている静岡市小坂の大沢ぶどう園に行ってきました。
最近では珍しい種ありピオーネです。
今年は25日にオープン。(2キロ 3,000円)

果物もカロリーを考えて量を控えめにする必要があるのですが、
お菓子類は我慢できても果物はどうしても止められないんですよね。

カロリーBOOKを見ると、巨峰が70gで33kcal。
70g=5粒くらい。10粒食べても66kcal。
思ったよりカロリーが少ないので大丈夫かな?
でも食べ過ぎたら大丈夫じゃない!!

メロン、いちじく、すいか、桃、梨も大好き。
今日には山形から取り寄せた黄金桃が届く予定です。
9月は豊水、10月は南水梨、11月はラ・フランスと続きます(^_^;)
梨はカロリーが高めなので要注意ですね。

| | コメント (0)

2007/08/27

第22節 甲府戦 2-1

文句を言いながらもスタジアムへ行っちゃうのよね。
勝ってもそれほど嬉しくない試合を見せられても。
大敗しそうで怖いけど遠征したいと思ってしまうのは、どうしてなんでしょうか?
チームに対して何も言わなくなった時が終わりなんでしょうね。
水曜日の三ツ沢は日帰りできるけど、どうしようかなあ。

■8月25日(土) 観衆12,757人(ヤマハ)

先週が「ブラジルフェスタ」で、今週は「ゆかたde観戦ナイト!!」。
サポーターの気持ちとは裏腹に、夏休みということでお祭りイベントが続きます。
縁日屋台の様子はちらっと見ただけで、すぐにスタジアム内へ。
夕食のお弁当を食べている時に選手達が到着。
中山を先頭にゴール裏へと挨拶にやってきました。

ミニライブでは千里愛風さんとマスコットガールが浴衣姿で。
ダンスキッズの中で完ぺきに踊る女の子がいて驚きました。
とてもキレのあるダンスでした(*^^)v
センターサークルターゲットではヴァンフォーレサポの小さな男の子も参加。
担当のお姉さん「もっと前に行っちゃおう」って、ジュビサポの子には甘かったような。

07082501

選手の投げたサインボールが珍しく近くに落ちたのに、手を伸ばすのが一歩遅くて・・・。
中山さんが投げたボールなら負けなかったんですけどね。

この日の控えは佐藤、茶野、村井、加賀、太田、カレン、中山。
スポーツ新聞の予想通りに太田が控えに。
だからいつも以上にヨシアキコールが大きかったのね。
負けるなよ、ヨシアキ!

07082502

シュート練習では決定率がかなり高かったです。
特にヘディングがいい感じで決まっていて、出番さえあれば!
でも控えメンバーを見ると順番的に難しいような気もするし・・・。
中山さん、コンディションも良さそうなのに勿体無い。

07082503

   西   前田      
     成岡
パラナ     ファブリ
     エンリケ
上田 大井 田中 犬塚
     川口

07082504

ブラジル人の3ボランチが周囲と連係が合わずピンチを招くも、川口がスーパーセーブ。
序盤から相手のプレスがきつくてボールを前に運べず、バックパスばかりでウンザリ。
前線の3人は孤立気味で攻撃の形がなかなか作れない状態でした。

前半35分からファブリシオ、パラナ、前田の立て続けのチャンスはシュートミス。
細かいパスを繋いでくる相手と鳥かごゲームをやっているような時間帯も。
(ジュビロの選手が鬼で、なかなか相手のボールを奪い取れない状態)

そんな不甲斐ない状況に、サポーターから「太田を出せ!」という声も。
先発した犬塚のミスもあり、監督の采配に対して明らかにイライラしている様子。
川口も少し集中を切らし、キックを相手に渡してしまう始末。

そんな重苦しい雰囲気の中、終了間際にラッキーな先制点。
前半44分、前田のキープからファブリシオが右サイドを駆け上がり早いクロス。
中央から飛び込んできた成岡が足を伸ばしてシュート。
1-0とリードして前半終了。

07082505  ビジョンに上がった花火です♪

八田と森下が、みんなで「人権サポーター」になろう。の弾幕を持って登場。
手を振る八田君を見て、運転手の村田さん大喜び。
窓からのぞいている選手も笑顔。

07082506

ジュビロ君&ジュビィちゃんも浴衣姿で♪
ご苦労様です。

07082507

メンバー交代なしで後半がスタート。
前半とは違う動きで、前へ前へと積極的な攻撃を繰り返すジュビロ。
相手のプレスにイラつき気味だった西もエンジン全開。

07082508

犬塚が右サイドを駆け上がると、相手にファールで止められFKのチャンス。
後半11分、その上田のFKを前田が高い打点で合わせて追加点、2-0。

07082509  07082510

12分に甲府は長身のFWラドンチッチを投入。
すると13分、成岡→太田に交代。
やっぱり走るスピードが他の選手と全然違いますね。
気合はいつも以上。空回りだけには気をつけて。

07082511

加賀が準備。
前列にいる加賀ファンの人がまったりと座っていたので
「加賀ですよ!」と伝えると、にっこり笑って「予定通りです♪」って。
予定通りってなんじゃい。もっと気合入れてもいいのにさ(ーー;)
貴重な交代枠なんだから~。

18分足がつった犬塚→加賀に交代。
ダッシュでピッチへ入っていった加賀は体を張って相手の攻撃をブロック。
23分相手CKから秋本にヘッドで決められ失点、2-1。
秋本のマークに付いていたのは加賀。
3点目を狙うも、ファブリシオのシュートがどうしても決まらない(>_<)

徐々に運動量が落ち始め、上田の守備も怪しげに。
すると32分西→村井に交代。村井が左サイドバックに入り、上田が中盤へ。
交代枠が終了し、アップを続けていたメンバーがベンチへ。
村井が左サイドを駆け上がるも、相手DFに阻まれクロスを上げられず。

07082512

1点を追う相手の反撃。ラドンチッチの頭に合わせてクロスボールが入る。
ラドンチッチのミドルがグイーンと伸びてゴール前に。怖い、怖い。
川口がスーパーセーブ、DF陣が体を張って守る時間帯。
ビジョンの時計が壊れ、あと何分なのか?
ようやく時計が表示されロスタイム3分、2-1で試合終了。

ラドンチッチをマークしていた大井、足取りも重く感じられ、本当にお疲れ様でした。
前田も最後はヘトヘトだった感じ。
ベンチにはカレンも中山もいるのにね。

07082513

いわしんマンオブは、再三のピンチを救った川口選手。

07082514  07082515

マッチデープログラムのプレゼントに見事当選!
3回目だけど、今度はサブレじゃないです♪
試合後は、浴衣姿のジュビロ君とジュビィちゃんと一緒に記念撮影。
そしてスタジアムの外に出ると、智子さんと心晴ちゃんが駐車場へ向かう途中でした。
歩道の縁石の上を歩く心晴ちゃん、大きくなったわね~。

| | コメント (0)

2007/08/20

サテライトリーグ・甲府戦

今のジュビロがどんな試合の終わり方をするのかと、冷静に見ていた主人もがっかり。
千葉戦は生中継を見たいと、せっかくスカパーの契約を変更したのに、あんな結果で。

だんだん足元へのパスが多くなり、明らかにFC東京戦と違って運動量が低下。
前線の西を下げ3ボランチにしてバランスを崩し、
成岡を下げて船谷に代えた効果も得になく・・・。
1点を守り切れるチームではないので、3点目がカギ。
交代枠を1つ残したまま終盤に2失点し、3-2の逆転負け。

負ける時は監督の謎采配が多い気がしますね。
普通の人にはとても理解しがたい采配を貫いて。
やっぱりこれも自滅ってヤツですか?

フクアリに行かなかった分、昨日はサテ戦に行って来ました。
久しぶりに公式戦に出場する選手もいて、色々楽しみな一戦でした。
こちらも終盤に危ない場面がありドキドキしましたが、
どうにか1点差を守り切り、4-3と今季初勝利。

■8月19日(日) 観衆665人(ヤマハ)

レンタル自転車がすべて貸し出し中ということで、仕方なく路線バスでスタジアムへ。
余裕を持って自宅を出たので良かったのですが、少し焦りました。
雨対策ばかり気にして、帽子と日傘を忘れるし・・・。

   カレン  林
 船谷     松浦
  岡田   山本(康)
村井 森下 須崎 森野
      八田

07081901

前日の千葉戦で出場機会がなかった村井がキャプテン。
カレン、森下、岡田のベンチ組、そして途中出場の船谷が先発出場。

07081902

前半5分スルーパスから山崎光太郎に抜け出されて失点。
いつもやられちゃうんですよね、この選手に(ーー;)
立ち上がりは、やや甲府のペース。

07081903

抜け出すのが得意な林、残念ながら連続でオフサイド。
次は気をつけて!
20分須崎のロングフィード→村井の左クロス→林が同点ゴール。
37分山本のスルーパス→右サイドに抜け出した船谷のクロスを林が合わせて逆転。

このメンバーで1番目立ってもいいはずのカレンがあまり元気なし。
暑さに弱いのか、それとも精神的なダメージが大きいのか。
42分船谷がGKの位置を見て遠目からループを狙うも枠の上。
近くにいた林が「打て!」と言ったらしい。

07081904

内山監督、久しぶりの采配。
ベンチを飛び出し何度も注意を受けながらも、大きな声で指示を送っていました。
前半2-1で終了。

07081905

後半もメンバー交代なしでスタート。
4分に失点、2-2の同点に。

07081906

10分カレンが最初はトラップミスで打ち切れなかったものの、跳ね返ったボールを
再び蹴り込んで勝ち越しゴール、3-2。

07081907

12分船谷の左CKから山本のどんぴなヘッドで追加点、4-2。

07081908

13分森野→中島に交代。内山監督の「にゃんこ!」、久しぶりにキターー(*^_^*)
18分相手のシュートがポスト直撃でヒヤッ!
19分林→山崎に交代。
25分相手FKが直接決まって4-3と1点差に詰め寄られると、
前日のことが頭をよぎり嫌な予感。

26分カレン→押谷に交代。

07081909

31分足を痛めた松浦→原田開に交代。
40分山崎がGKと1対1も、GKに阻まれゴールならず。
41分押谷が抜け出しGKの頭上を狙いループもGKがキャッチ。
ロスタイム3分、相手にサイドを崩され、立て続けのシュートで危ない場面。
何とか凌ぎ切り4-3で終了。

トップと同じように、試合後は全員でサポーターにご挨拶。

07081910

帰りは磐田駅まで甥に車で送ってもらい助かりました。
17:12発の電車で帰宅。
東海道線は上下とも青春18切符の利用者が大勢いて、ものすごい混雑。
3両なんてケチケチせずに、もっと車両数を増やして欲しいですね。

| | コメント (0)

2007/08/17

第20節 FC東京戦

この異常なまでの暑さの中、Jリーグは過密日程で試合が行われていますね。
水曜日は中断明けの初めてのホームゲームでした。
ゴール裏2階席でも暑さを感じたくらいなので、ピッチはさぞかし蒸し暑かったかと。
それでも立ち上がりからみんな驚くほど動けていて、後半も全く運動量が落ちず、
やればできるのね~と感心して見ていました。

目の前でゴールラッシュを見届け、凄くいい気分で帰れるかなと思いきや、
終了間際に2失点。全くこういうところが若いというか、甘いというか。
相手の調子の悪さもあっての大量得点だったことを頭に置いて、
次の千葉戦でも危機感を持ち続けて、最後まで集中して戦って欲しいですね。
それにしても面白かったなぁ、敵チームの福西が。

■8月15日(水) 観衆14,854人(ヤマハ)

電車で磐田へGO。主人のチケットは義姉にプレゼント。
シャトルバスを降りて坂を下りていく途中、千里愛風さんの歌声が聞こえてきました。
まずはファン感のポスター写真を受け取るためショップへ立ち寄ると、
30%オフの商品が並ぶワゴンの前でカレンパパ発見。
カレングッズを探していたってことはないと思いますが(^_^;)

試合結果によっては監督の進退問題にも発展しかねない緊迫した状況の中、
それでも「ブラジルフェスタ」は予定通り開催されました。
東京サポが後ろから見つめる中、サンバチームがダンスを披露。
ブラジル料理の屋台も行列ができていましたが、肉っぽい料理だったのでパス。
サイン会は出場停止のファブリシオと登録が間に合わなかったエンリケ。

07081501  07081502

この日から待ちに待ったシーズンシートの席替えで~す♪
夕食のサンドイッチを食べながら試合前のアップを見学。
控えメンバーの鳥かご。中山さん、元気です!

07081503

シュート練習では佐藤に止められることが多く、ようやく決まって中山コール。

07081504

11試合ぶりに鈴木が先発復帰。
しかもゲームキャプテンです!
両センターバックはマコ&ヒデ、頼もしい選手が帰ってきてくれました
が・・・(ヒデさん精密検査の結果、右眼まぶた挫創、眼窩内壁骨折全治2ヶ月で再び離脱)

      前田
  西        成岡
   パラナ  犬塚
 上田 田中 鈴木 加賀
      川口

07081505

立ち上がりから全員がよく動いてボールを支配し、何度もサイド攻撃を繰り返して、
前節の神戸戦(0-4)とは全く比べものにならないほどの気迫を感じました。
特にボランチに入った犬塚のプレーが見違えるくらい安定していたのでビックリ。
やっぱり危機感を持ってやれば皆できるのね。

前半20分、太田のCKの跳ね返りを拾った成岡がパス→太田が左からシュータリング。
これが見事に決まって待望の先制点。
実はGKの位置を見てしっかり狙ったシュートだったとか。失礼しました。
西君の声のアシスト(打っちゃえ、打っちゃえ!)にも拍手を送りたいですね。

そのCKの際、相手選手のヒジが鈴木の右目に激突し、担架に乗ってピッチの外で治療。
得点は入ったものの、治療に時間がかかっているようで不安でしたね。
結局、鈴木は顔をタオルで押さえながらピッチを後に。25分大井と交代。

07081506

ライン際のボールの競り合いで福西が勢い余ってというか、
ボールを奪う振りをして、わざとアジウソン監督に体当たり。
嫌いで辞めたんだもの、とっても分かりやすい行動に大笑い。
監督は副審に抗議するも、全く取り合ってもらえませんでした。

07081507

相手のセットプレー、FKやCKが続き危ない時間帯も集中して守り、
こぼれ球にもしっかり反応して得点を許さず。
福西がマークについていた犬塚を倒し、他のDFも振り切ってシュート。怖い、怖い。

39分太田→西の右クロスに前田のヘッドは左に外れる、惜しい。
西のスルーパスには誰も反応できず。
西くん、そこは自分でシュート打っちゃえ!ですよね。
前半1-0で終了。

ハーフタイムはサテっ子達が、みんなで「人権サポーター」になろう。の弾幕を持って、
人権啓発活動をお手伝い。森野、松浦、山崎、中島。

07081508

後半は1点を追う相手が積極的な攻めを見せるも、
反対に磐田のカウンターのチャンスが増え、ますます面白い展開に。
ヨシアキ、行けー、走れー!!
太田が何度も右サイドをドリブル突破。そのまま狙ったシュートは枠の上。
太田のクロスに成岡がニアで合わせるも枠の外。

アップを途中で止めてベンチの横で戦況を見つめる中山。気になりますね。
ルーカスのシュートは川口がしっかりキャッチ。
石川のクロスを大井が頭でクリア。そのゴール前の競り合いで加賀が倒れ込む。
前列にいた加賀健クラブの皆さんは、ただ黙って座ったまま。
あの~倒れているんですけど~。

犬塚が右サイドをドリブル突破。茂庭に倒されFKのチャンス。
16分西→船谷に交代。
太田のFKに大井がヘッドもGKにセーブされCKに。
そのセカンドボールを拾った上田が加賀にパス。
すると福西が加賀の背中を両手で押し倒すという、らしいプレーに大笑い。

イエローカードが出た直後、福西は交代させられピッチの外へ。
早く出て行け!とばかりにジュビサポは一斉に大ブーイング。
試合前の選手紹介の時といい、ずいぶんと嫌われちゃったものですね。
ちなみにサブの川口信男には拍手。
スタメンの金沢(シュータリングの元祖)は・・・忘れていました、ごめんなさい。

07081509

後半18分パラナのミドルシュートがポスト右に当たってゴールイン。
2-0と、いい時間帯に追加点。
マルキはベンチの内山コーチと赤坂通訳とハイタッチ。

07081510

23分左サイドの太田→前線に勢いよく上がってきた上田がシュータリング。
DFに当たってポストにも当たってゴールイン、3点目。
上田はラッキーなゴールに照れ笑いだったのかな。

07081511

27分速攻で太田がドリブル突破から右クロス→前田がヘッドで落とし、成岡が4点目。
パーフェクト!!

07081512

28分成岡→カレンに交代。
交代枠が終了し控え室から出てきた中山がゴールを決めた成岡に祝福のハイタッチ。

07081513

相手の左からのシュートは川口がしっかりキャッチ。危ない、危ない。
でも相手が攻めてくる分、まだ取れるかも。行け行け磐田!
お盆休みで多くの人が集まったスタンドは大盛り上がり。
太田→カレンはオフサイド、残念。
途中から入った平山のヘッドは枠を外れる。

そしてゴールネットも枠から外れ、慌てて修理するという珍しい光景に、
川口も苦笑いでした。

39分船谷→パラナ→前田が華麗にターンしてDF3人を切り返してシュート。
ついに前田のゴールが決まって5点目。

07081514

カレンのゴールも見たいけど、途中から入ったのに少しバテ気味?
40分太田の右クロスにフリーで前田がヘッドも、バウンドした位置が前過ぎて
跳ね返ったボールは枠の外へ。簡単なシュートが入らないなんて。

5-0で気持ちよく終わるはずが、何と相手にPKを与えてしまうことに。
平山を密着マークしていた健ちゃん・・・(>_<)

蹴るのはU-22日本代表・平山。守るのは日本代表・川口。
止めてくれるかなと期待したのですが、残念ながら5-1。

07081515

嫌なムードのままロスタイム4分の表示。
あっさり2失点目を許すと、
ベンチに座っていた中山が持っていたタオルを叩きつけ怒っていました。
5-2で試合終了。
喜びも半減?周囲のため息が聞こえてきました。

07081516

試合後はサブメンバーも一緒にご挨拶。
ベンチに下がった西と成岡もアイシングした足をかばいながら。

07081517

終了間際に本当にいらない2失点でした。
川口も試合後のコメントで怒りをあらわにしていたとか。

07081518

いわしんマンオブは90分間走り続け大活躍の太田。
貴重な先制ゴールと、前田のゴールをアシスト。
ヒーローインタビューの後、バックスタンド前列のファン1人1人とハイタッチ。
そしてゴール裏サポともハイタッチ。
いいことですね。

07081519

試合後はバスが混みそうだったので急いでスタジアムの外へ。
磐田21:39発のホームライナーで帰宅。
座席もゆったり、新幹線のようで快適でした。

| | コメント (0)

2007/08/14

おめでとう静岡ユース!

SBSカップ国際ユースサッカー最終日の今日は
2勝同士の静岡ユースとU-18ウクライナ代表が対決。
エコパには応援に行けなかったので、結果が気になって気になって。

そして先程SBSテレビ夕刊で結果が伝えられました。
まず前半。
押谷が左ペナ内でボールをキープしマイナスに折り返すと、
前線に飛び込んできた松田がダイレクトで合わせて先制ゴール。

そして後半。
池川のドリブルからボランチの石神が松田とのワンツーからシュートで2点目。

得点シーンだけの放送だったので、詳しい試合内容は不明。
夜の録画放送が楽しみですね。
ウクライナ代表はどうしちゃったんでしょう。
細かいパス回しに手も足も出なかったの?そんなこともないと思うけど。

静岡ユースが2-0の完封勝利で、22年ぶりに優勝しました。
おめでとうございます。歴史的な快挙です。
これでチームを解散するのは勿体無い気もしますね。

22年前に優勝した静岡県選抜チームのFW武田とDF中山も
きっと喜んでいるでしょう。

| | コメント (0)

SBSカップ国際ユースサッカー

今日は静岡ユースが22年ぶりの優勝をかけた大事な試合がエコパでありますね。
22年前ということは1985年の第9回SBSカップ。
静岡県選抜が韓国の青丘を3-0で圧倒して優勝。中山選手がDFで出場しMVP獲得。
そして今回の相手は強豪ウクライナ代表。
体格に差があるので厳しい試合になると思うけど、頑張れ静岡ユース!!

エコパへ応援に行けないのが残念ですが、
2日続けて夕食の時間に家を空けるのは気が引けるので仕方がありません。
明日のジュビロ戦に備え、今日は我慢です。

■8月12日(日) 観衆5,122人(藤枝総合運動公園)

静岡ユースとU-18日本代表との対戦。
どちらを応援しましょうか?

07081201

日本代表は磐田ユースの山本(康)、須崎、原田(開)の3人がスタメン出場。

07081202

静岡ユースは磐田ユースの押谷がスタメン。(11日スタメンだった赤堀はベンチ)
藤枝東の村松、鳥羽、石神、河井、松田の5人がスタメン。

07081204  07081203

U-18日本代表のGKは元磐田ユースで順大の松本。
藤枝東の鳥羽とコイントス。
さあ、どちらを応援したらいい?

07081205

いつも磐田ユースを応援しているサポも迷ったんでしょうね。
みんなまとめて応援だー!かどうかは謎。

07081206

でも試合が始まってからは、すっかり静岡ユースの応援に夢中でした。
代表に磐田ユースの選手が出ていることを忘れてしまうほどに。
両サイドから効果的な攻めを繰り返し静岡ユースが終始、日本代表を圧倒。
スタンドの応援も完全に静岡ユース。日本代表はアウェー状態(^_^;)
静岡の高校サッカーファン恐るべし!

松本が右サイド突破してクロス→DFクリア→河井CKをGKパンチ。
池川が左サイドで原田を振り飛ばしてクロス→松本ヘッドは枠の上。
池川がDFをかわしてシュートもGKキャッチ。
池川の左クロスを押谷ヘッドも外れる。

日本・山本(康)のミドルはDFに当たってCK→原田CKはクリア。
池川のドリブルシュートはGKキャッチ。
相手の縦パスをことごとくカット。石神のシュートは枠の上。
河井のドリブル突破から池川シュートも枠を外れる。
攻撃のリズムはつかむも決定的なチャンスを外し続ける静岡。

前半31分吉野からのパスを受けた池川がドリブルで切れ込みゴール左隅に先制ゴール。
池川のドリブル突破を阻止した須崎がイエロー。吉野のFKは枠の上。
河井のドリブル突破から得たFK、松田がいわしんキック。
縦パスカットから河井がスルーパス。残念ながら誰も反応できず。
前半1-0で終了。スタンドから静岡に大きな拍手。

後半開始直後、押谷が絶妙なトラップからシュートを狙うもGK正面。
押谷が倒されFKのチャンス。日本GK松本が「ヤマ、ヤマ!」と壁の修正。
吉野のFKはGK正面。
ボールカットから、またまた池川がドリブルシュートも左に外れる。
池川のドリブル突破を阻止されFKのチャンス。

徐々に互いにミスが目立ち始める。
押谷がボールの上に乗ってしまう。
相手CKから横野のヘッドは枠を外れて助かる。
河井が中央をドリブル突破→押谷へのパスはDFに阻まれる。
24分日本の左クロス→宮沢のスルー→丸谷シュートで失点、1-1の同点に。

同点で日本が勢いづくも、
押谷の左ドリブル突破をペナルティエリア内で須崎が倒しPKの判定。
須崎2枚目のイエローで退場。
河井がPKを落ち着いて右隅に決めて2-1と勝ち越し。
盛り上がるスタンド。

07081207  07081208

日本代表の山本(康)は疲労が感じられ、まさに福西のような動き。
そういう部分まで似てもらっては困ります。
日本GK松本、ユース時代と同じように大きな声でコーチングを続ける。
でも最後まで元気のない日本代表、いいところなく試合終了。
喜びを分かち合う静岡ユースのメンバーでした。

07081209

ヒーローインタビューは先制点を決めた池川(静岡学園)と、
決勝点となったPKのチャンスを作った押谷(磐田ユース)。
池川くん、「先制点はまぐれだった」と謙虚にコメント。

07081210

2試合目はU-18ウクライナ代表とU-18アメリカ代表が対戦。
3-0でウクライナが圧勝。

07081211

国歌斉唱。

07081212

アメリカ代表の円陣。

07081213

ピッチがこんなに狭かったのかと思えるほど、選手の体格が日本人と大違い。
特にウクライナ代表は半分が身長180センチ以上。

| | コメント (0)

2007/08/09

日本クラブユース選手権決勝

磐田ユースのメンバーも何人か出場するSBSカップ国際ユースサッカー
11日から始まりますが、その前にこの話題。

3年前に同じ大会の決勝で敗れた相手、広島ユースと今年は準決勝で対戦。
そして延長の末4-3で競り勝っての決勝進出。
決勝の相手は2連覇を狙うG大阪。
これは応援に行くしかないでしょ!
ということで日曜日は久しぶりに主人と一緒に三ツ沢まで遠征。

■8月5日(日) 観衆2,252人(三ツ沢)

新横浜から地下鉄に乗り換え三ツ沢上町へ。
そして歩いて競技場へと向かいました。
夕食は崎陽軒の「おべんとう夏」。美味しかった♪
カロリーを考え、弁当選びは十分に気をつけて。
ダイエット中はご飯を半分残すことも重要なポイント。

スタンドは決勝戦だけあって多くのジュビサポが集結。
ゴール裏もユースを応援しているいつものメンバー以外に、
トップを応援しているサポも多く駆けつけていましたね。
中山選手の似顔絵弾幕(雄叫びを挙げている絵)も登場。

07080501

決勝にふさわしい音楽と共に選手入場。
これで一気に緊張してしまったのでしょうか?

07080502  07080503

前半の立ち上がりから動きが悪く、なかなかシュートまでいかず。
相手ペースで試合が進み21分、23分、33分と失点し、前半0-3で終了。
予想外の展開にガックリ。3点差はきつ過ぎます。

ハーフタイムに吉田監督から「自分達のサッカーをやれ!」と指示。
そうです、まずは1点でも返したいところ。

後半は何とか落ち着きを取り戻し、反撃開始。
FW2人の動きも活発に。
16分右サイドから原田開がクロス気味のミドルシュートを狙う。
シュータリングが見事に決まって1-3。
22分には押谷がペナルティエリア内で倒されPKゲット。

23分キャプテンの山本がPKを落ち着いて決め、2-3と1点差に。
よし、行ける!とスタンドの応援が一気に盛り上がる。
ところがその直後の24分、速攻で右サイドを突破され失点、2-4と再び2点差に。
これからという時に非常に痛い失点でした。
最後まで戦う気持ちを見せるも、疲労もあってか追加点を奪えず2-4で試合終了。

選手全員でゴール裏サポに挨拶。

07080504

今大会の得点王に輝いた押谷君、悔し涙でピッチに座り込んでしまいました。
決勝トーナメントに入ってからは相手のマークが厳しくなり無得点。
でも勝利には十分に貢献。胸を張って帰りましょう。

07080505

後半ジュビロのサッカーができただけに、非常に悔いが残る前半でしたが、
準優勝は素晴らしい成績だと思います。
今回の悔しい思いは、ぜひ次の大会に生かして欲しいですね。
山本君はMIP賞を獲得。

07080506

雷が鳴り出したので、表彰式の途中でスタジアムを後にしました。

07080507

*第31回 日本クラブユース選手権

 予選 仙台戦 6-0 鈴木(翔)、押谷4、加藤潤
     福岡戦 7-0 原田開、鈴木(翔)2、押谷4 
     三菱戦 2-0 原田開、鈴木(翔)

 準々決勝 新潟戦 3-1 鈴木(翔)、佐藤、山本
  準決勝  広島戦 4-3(延長) 山本4
   決勝 G大阪戦 2-4 原田開、山本   

| | コメント (2)

2007/08/08

オールスターサッカー・その2

すでにオールスターの話題はあちらこちらにあり、あまり新鮮味はないけど
一応振り返ってみました。
副音声、まだ全部は聞いていませんが、加地さん最高です!
たまにはぬる~いトークも面白いものですね。
もちろんハイテンションな中山トークも聞き逃せませんけど。

(追記)

久しぶりに俊哉さんのプレーを見て、最後には(磐田バージョンの)俊哉コール。
胸がジ~ンとなりました。

■8月4日(土) 観衆30,941人(エコパ) 

16時半、両チームの選手がピッチに登場。
中山は藤田と組んでパス練習。
前日練習でもペアを組んでいたようです。

07080415_2

ホームのゴール裏はこんな感じ。
チームごとに分かれて席が陣取られ、1番目立ったのはオレンジなチーム。
水色の幅、ちょっと狭いです。

07080416_2

両チームの選手紹介が始まりました。
J-EASTの小野、三浦には拍手。福西にはブーイングですか(^_^;)
J-WESTの川口、藤田、中山には大きな拍手。
各チームのフラッグも順番に登場。
オールスターはお祭りだけあって、カラフルで綺麗ですね。

マスコットもゴール裏で、それぞれが大きなフラッグを振って参戦。
グランパス君のフラッグに絡まる姿がまた可愛らしくて(*^_^*)

07080417

選手が1人ずつ紹介されて登場。
毎年恒例、マスコットボーイと一緒に派手なポーズでダー!!

07080418

J-WESTの記念撮影。両隣は長身の市川と矢野。
背伸びすればよかったのに~。

07080419

前半19分、相手CKの際にDFに入っていた中山が頭で、ゴウンゴール
頭を抱える中山の姿が場内のスクリーンに映し出されると大爆笑。
そしてゴール裏サポから中山コールも。

07080420

GKとの1対1、絶好のチャンスを止められる。
何度も決定機を決めきれず、ちょっと悲しくなりました。
今までもそんな光景をいっぱい見ているはずなのにね。
そして、その直後・・・

07080421

前半28分カウンターから小野→我那覇に決められて0-2。

07080422

前半38分、坂本の左クロスを頭で決めて今度こそ、ゴンゴール
スクリーンにリプレイが映し出され、ゴール裏から中山コールが。

07080423

前半1-2で終了。
申し訳ないと、頭を抱える中山。
すると川口に「大丈夫、大丈夫。気にすることないですよ。2-1で終わったのでいい展開。」
と慰められたようです。

07080424

後半もカズ&ゴン揃って登場。
開始直後、挑発された中山がカズを削りにいくシーンも。

07080425

同点ゴールを狙ってゴール前に飛び込む中山。
GKと接触し、ヒヤッ。気をつけて下さいね。

07080426

後半21分ようやく矢野と交代。
ベンチで汗を拭き、タオルをぶんぶん振り回して観戦。
その後、やべっちFC副音声の特別放送席へと移動。
ランナーズハイ状態で、飛ばしまくりの中山でした。

「2得点です!やっちゃいました。はい、分かってます、分かってます。
その後1対1のビッグチャンスを外して逆襲で取られました。
はい、分かってます、分かってます、全部分かってます。
ハーフタイムで決めるとこ決めようって言われました。」

07080427

後半33分、佐藤のゴールで同点2-2。
このまま終わったら予定通りカズ&ゴンが補助グラウンドでPK合戦?
ゴウンゴールゴンゴール、2点取った中山がMVPか???
まさかね~。(マスコミ的にはそれを希望していたようです)

後半44分、坂本のクロスに大久保が頭から飛び込み勝ち越しゴール。
3-2でホームのJ-WESTが勝利。

07080428

最後は表彰式です♪
勝利チームJ-WESTを代表して藤本主将がオールスターサッカー杯を。

07080429

MVPは決勝点を決めた大久保選手。
賞金100万円。副賞はマグロ1尾、静岡コシヒカリ1トン、クラウンメロン88個、袋井茶。

07080430

敢闘賞は2アシストしたJ-EASTの小野選手。
そして最も印象に残った選手に贈られるMIP賞は中山選手。
壇上に勢いよく駆け上がり、突然姿が消える。
滑って転倒も、すくっと立ち上がりポーズ!

07080431

副賞の100万円のボードを頭上に掲げ、いつものようにクルクルッと回転。
ボードを抱えスキップして戻っていく姿が何とも可愛いらしい。
中澤、大爆笑しています。

07080432

記念撮影、副賞のボードが絵になります。
誰が持つのか、各ボードが行ったり来たり。
遠藤が中山の顔をわざと隠してます。ナイスです!

07080433

両チーム全員で記念撮影。
みんないい笑顔です♪

07080434

ホームゴール裏の方から全選手が挨拶周り。
中山は最後にゆっくりと1人でファンに挨拶。

07080435

1番最後の記念撮影には何とか間に合いました。

07080436

スタジアムの外へ出ると、ちょうど智子さんが目の前に。
お母様と心晴ちゃん、お友達の家族と一緒に観戦されたとか。
「智子さん、MIPおめでとうございます」と声を掛けたのですが、
キョトンというような顔つきでした。
やっぱり見知らぬ人からいきなり言われても驚きますよね、失礼しました。

| | コメント (2)

オールスターサッカー・その1

先週の土曜日は初めてオールスターサッカーへ行って来ました。
地元・静岡での開催なので、1度は見に行ってもいいかなと思って。
とにかく歩いた、歩いた。万歩計を持参すればよかったなと。
最近は停滞気味だったのに、何と1日で体重が800gも減ったからビックリです。
オールスター万歳(*^^)v

■Jリーグサッカーパーク in SHIZUOKA

昨年までは選手協会の会長として中山選手も午前中から参加。
名誉会長となった今年はどうかな?とも思ったけど、早めにエコパへ。

そしてスタンプラリーをしながら補助競技場へと急ぎました。
第1回目のサッカークリニックは事前募集のサッカー少年達が対象。
最後にジュビロの選手と一緒に記念撮影していました。
スタンプラリーの賞品をいただいてから、エコパ正面入り口の特設コートへ移動。

07080401   07080402

特設コートでは「ハッピーファミリーサッカー」が行われ、
家族や友人3人のグループがジュビロの選手3人とミニゲーム。
鈴木、田中、大井らが1回目を終えて控え室へ戻る途中でした。
11時からは成岡、犬塚、中島、松浦、西、ファブリ、パラナら。
村井が募金活動のお手伝い。気軽にサインや記念撮影に応じていました。

12時からサッカークリニックの2回目が開始されるので、補助競技場へ移動。
そして休憩テントの中で軽い昼食。
1回目のメンバーに鈴木強化部長、内山コーチ、鈴木も加わりました。
鬼ごっこのようなゲームでしたが、小さな男の子が泣き出すハプニングも。

07080403  07080404

12時半、特設コートへ移動すると、前泊組とご対面。
残念ながら中山選手の目撃情報はなしとのこと。
ファミリーサッカーをしばらく見学。
休憩中の選手は気軽にファンサービスも。
いつもと違って選手は野放し状態。でも混乱は特になし。

07080405  07080406

突然、正面のチケット売り場付近で歓声が沸き起こりました。

何事かと近寄ってみると、そこはまるでディズニーランド状態(*^_^*)
次々と各チームのマスコットが登場し、みんな大興奮。

きゃ~~~~~♪
グランパス君がモソモソとやってきました。

さらに奥で大きな歓声が。
パルちゃん達がビリーズブートキャンプ。
きゃーきゃーと、それはもう大騒ぎ。

これがオールスターの1番の魅力なのかもしれませんね。
2ショット撮影、サインもOK。
カメラを向けると、みんなポーズもしっかり決めてくれました。

マスコット大好きさんにとっては、まさに夢の時間。
自分の可愛い息子(ぬいぐるみ)と2ショット撮影させて大喜び。
その光景はちょっと怖い気もしましたが。
だってみんないい大人なんだもん。

07080407

ファミリーサッカーに申し込むも、清水の選手に入れ替わったので途中で諦めました。
ヤマと一緒にサッカーするのはいいけど、他の選手とは・・・ね。
15時から始まるアトラクションに合わせて、いよいよスタジアムの中へ。

■マスコットアトラクション・FK合戦

「本日の主役」・ジュビロ君とジュビィちゃんがピッチに登場。
そして「本日の幹事」・パルちゃんが巧マークが入ったハッピを着て登場。
各チームのマスコットに続いて選手がピッチに登場。小野、小林、藤本、家長。
そして最後にカズ&ゴンが揃って登場。

07080408_2

ゴン:「FKといえば中山です!見せちゃおうかなあ。」
カズ:「ゴンちゃん、小学校以来蹴ったことないんでしょ?」

最初のキッカーは中山。
カズさんにボールで邪魔され滑って転倒。(お約束)
「見上げたらモーニングムーンだったよ。」

07080409

蹴り直したボールは大きく枠の上。

07080410

マイクを持った中山が大暴走。
小野の番になると、「(この間のジュビロ戦で)このくらいの位置で決めたよな」とか、
「シャチ下がって。前に出過ぎなんだよ、シャチ、シャチ、シャーチ!」
グランパス君を「シャチ」呼ばわり。

壁より前にレディア君とアルディ君が出てくると、
「レッズちけーよ!レッズのマスコット何ていうの?ちけーんだよ!」
と言ってレディア君とぶつかり合い。

カズさんのキックではマスコットが扇形の壁を作り、またしても
グランパス君を「シャチ」呼ばわり。

07080411

最後に中山がもう1度挑戦。
邪魔しようと前に出てきたレディア君とまた衝突(爆)。

07080412

約30mのキックを見事成功し、選手とハイタッチしてマジに大喜び。
祝福に来たレディア君と熱い抱擁。
この人、来月で40歳になります!!

07080413

■マスコットアトラクション・PK合戦

J-WESTのGKはジュビロ君。何本止めるかな?
J-EASTのGKふろん太君が顔面セーブ。
パルちゃんがグランパス君をボールと勘違い、するわけないって(爆)。
モーヴィ君がズルしてボールを2個蹴ってもPK失敗でガックリ。
サンチェ君の靴が脱げたり、どのマスコットも芸達者。

そしてMVP賞を獲得したのはのグランパス君でした。
PK失敗でみんなに慰められていたのにね。
あの姿にMVP?
「なんでもやる係り」、他にもいろんなネタを披露していたのね。

07080414

| | コメント (0)

2007/08/02

練習試合・Honda FC戦

昨日の練習試合はカターニャ戦の代替で行われたわけですが、
JFLのホンダ相手に何とか2-1で競り勝ちましたね。
まだまだコンビネーション不足、各選手の調整不足が感じられ、
カターニャ戦が中止されてよかった気がします。
練習試合だから許せるけど、高いチケット代金を払ってあれを見せられては(ーー;)

リーグ再開まであと10日。間に合うかな?
間に合わせて欲しいけど。

■8月1日(水) 16時~(ヤマハ)

路線バスの時刻表を事前に確認してから磐田へ。
何しろ1時間に2本しかありませんからね。

スタジアムに到着した時には、すでに前半に出場するメンバーがアップ中でした。
両ひざにテーピングを巻いた成岡だけは軽めのランニングのみで終了。

07080101

前半は4-3-1-2の布陣。

    西   前田
      船谷
 パラナ     犬塚
     ファブリ
村井 大井 鈴木 加賀
      佐藤

07080102

左からパラナのロングクロスに、船谷がゴール前に飛び出すもGKキャッチ。
犬塚がドリブルで仕掛けるもDFに阻まれる。
左サイド西から村井のクロスはDFクリア。
前半5分パラナの左パスを、西が押し込んで先制、1-0。
船谷が粘ってボールキープし相手のファールを誘う。

ファブリシオのロングボールに船谷が飛び出すもGKキャッチ。
パラナがドリブルで持ち込み、西が左サイドでCKをゲット。
村井ショートコーナー→パラナ→村井チャンスを生かせず。
加賀と犬塚のワンツーパスは失敗。
前田→西のクロスにファブリシオのヘッドはGK正面。

ファブリシオ→前田が反転してシュートはGKキャッチ。
14分前田が中央で起点となり、左サイド西の折り返しをファブリシオが決めて2-0。
ホンダの8番、西の弟がミドルシュートを狙うも、佐藤がキャッチ。
加賀がボールを奪い西へパス→加賀が前田に合わせるもクロスはDFに阻まれる。
前田、あまり本調子でない様子。(右ひざをがっちりテーピング)

07080103

2点を追って相手の反撃。
「縦に切れって!!」と鈴木が味方に守備の仕方を指示。
犬塚がドリブルで仕掛けると相手3人に囲まれ何とかCKに。
西のショートコーナーからファブリが相手2人に囲まれてチャンス生かせず。
加賀がボールを奪いドリブル突破。ゴール前へのパスは長すぎてGKキャッチ。

「ワンちゃん、前!!」鈴木が犬塚に守備の指示。
西が犬塚へパス。ワンツーパスが欲しかった西が「も~~~!!」と嘆く。
ボールを受けた加賀に西が「ヒデを使え!」と指示。
ファブリシオ→西→DFクリア→前田がこぼれ球をシュートもGKキャッチ。
キャプテンの鈴木が激しくボールを奪いにいく。

加賀→船谷が飛び出すもGKキャッチ。
加賀からのボールをパラナの前でカットされシュートを打たれるも、佐藤がセーブ。
ホンダ18番のシュートを佐藤セーブでCKに逃れる。
相手ショートコーナーからシュートもGK正面で助かる。
パラナのサイドチェンジを右サイドの西が受けられずボールはそのままラインを割る。

犬塚ドリブル→船谷の右クロスを西がヘッドもGKセーブ。
村井が船谷へパス。フォローにいった村井にイエロー。
加賀がゴール前に飛び出し倒されてFKゲット。
ファブリシオのFKは壁に当たる。
相手スローインに誰もプレスにいかず、鈴木「詰めろ!!」と注意。

07080104

大井のロングフィードは左サイドの前田に合わせるも長すぎてラインを割る。
前田のシュートは相手GKの足に当たりゴールならず。
鈴木が味方のプレーにイライラ。
犬塚→DFに阻まれ前田シュート打てず。
24番についていた大井が交わされ10番の左クロスorシュート?は外れて助かる。

加賀がぺナ内へ進入しドリブルシュートもGKセーブでCKに。
船谷のショートコーナー→ファブリシオがDFに奪われ村井がカバーに入り何とかクリア。
西→加賀のクロスは相手DFクリア。
船谷のCK→相手GKが接触プレーから倒れ込み、そのまま前半終了の笛。

後半のメンバーがアップを開始。
中山は中島と組んでパス練習。

07080105

後半は4-4-2の布陣。
最後にキャプテンマークをつけた中山が登場し、スタンドが沸く。

    林  中山
 船谷      松浦
  ファブリ  犬塚
村井 茶野 田中 加賀
     八田

07080106

林の左クロスをDFクリアでスローイン。
加賀→松浦スルーパス→中山オフサイド。
八田が犬塚に指示。「ワン、ワン、前見て!」
ファブリシオ→右サイドの中山→松浦が倒されFKゲット。
ファブリシオのFKは右に外れる。

ファブリシオからのパスに船谷が飛び出すもオフサイド。
ファブリシオの右サイドからのロングパスはラインを割る。
犬塚のサイドチェンジはバックパスのようになり、そのままラインを割る。
船谷からのパスに飛び出した林はオフサイド。
茶野がボールを奪われシュートを打たれるも八田がキャッチ。

林がドリブルで仕掛けるも、DFを倒してファール。
林が左クロスを入れるも、中山の前でDFクリア。
ファブリシオが相手DFに阻まれる中、それでもドリブルで強引に突進。
松浦が相手DFに囲まれてボールを奪われる。

07080107

後半18分、村井→森下、ファブリシオ→岡田に交代。
森下がセンターバックに入り、岡田が左サイドバックへ。茶野がボランチへ。
犬塚が足を痛めピッチの外で治療。
20分犬塚→中島に交代。中島が入ってすぐにミドルシュート。GKに弾かれCKに。
船谷の左CKから中山ヘッドも右に外れる。

松浦のスルーパス→林のクロスに中山が飛び込むも転んでシュート打てず。
倒されたと一応アピールしていましたが。
岡田→林→中島がキープ→加賀の右クロスに中島シュート。
中島のキープ力と動きの速さにスタンドから大きな拍手。
森下が右サイドへロングフィードも、ボールはそのままラインを割る。

田中が相手選手を倒してゴール正面でFKを献上。
FKは大きく上に外れて助かる。
その後すぐに相手のゴールが決まるも、副審がオフサイドの旗を上げる。
しかし主審がゴールを認め、ついに失点。

07080108

田中のロングボール→中山→松浦→中島→林のシュートはGKセーブ。
CKから中山のヘッドはフィットせず、こぼれ球を田中がシュートもGKに阻まれる。
加賀から中山へのボールはDFクリアでスローイン。
DF陣のバックパスがかなり怪しげで危ない展開に。
相手CKはサイドネットの外へ。

岡田の縦パスに船谷が飛び出すもDFクリア。
林のクロスに中島が飛び出しシュートも枠を外れる。
中島がボールを奪われシュートを打たれるも、左に外れて助かる。
八田のゴールキックを中山がヘッドで競る。
相手15番のドリブル突破を森下が防いでCKに逃れる。

その相手CKからヘッドがバー直撃。こぼれ球からシュートは枠を外れる。
スローインから林シュートでCKのチャンス。
船谷CKから中島シュートをカットされ速攻を受け、岡田がクリア。
何とか2-1で逃げ切りました。
大丈夫かなあ。

ケガで別メニューの森野はスタンドで観戦。
山崎はピッチの隅でコーチと2人で練習。

07080109

試合後は中山だけクールダウンのランニング。
3周目に入ったところでバスの時間が迫っていたので、さようなら~。

07080110

| | コメント (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »