« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/28

安倍川花火大会

毎年7月の最終土曜日に行われている花火大会。
今年はJリーグが中断中のため、珍しく自宅にいました。
夕食後は外に出て、ご近所さん達と一緒にのんびりと花火を見物。

河川敷や土手に行けば、もっと迫力があるんですけどね。
でも最後の大仕掛けは、一応満足できました(*^^)v

070728

追記

他のブログを見ると、やっぱり河川敷で見た花火の方が迫力満点でした。
そして花火は動画がいいですね♪

| | コメント (0)

2007/07/26

聞きまつがい

「今回は赤い毛糸を使うので、赤が映えるように白い器を持ってきて下さい。」と
アレンジの先生から電話連絡が。

「はい、わかりました。」と返事はしたものの、頭の中は???
この暑い時に、どうして「赤い毛糸」をアレンジに使うんでしょうか。

教室に到着し、今日の花材を見て笑ってしまいました。

完全に私の「聞きまつがい」(^_^;)
なんのことはない、
「赤い毛糸」ではなく、「赤いケイトウ」でした。

先日、初めて「タモリのジャポニカロゴス」を見たのですが
「言いまつがい」という言葉も、その番組で初めて知りました(*^^)v
検索すると、当然ながら「聞きまつがい」という言葉もあるんですね。

0707261  0707262

・クルメケイトウ
・八重トルコキキョウ
・バラ(ティネケ)
・アンスリウム
・スプレー菊
・ミスカンサス
・キイチゴ

(花材費 3,000円)

| | コメント (0)

2007/07/12

パイナップルリリー

暑い時にはグリーン系のパワフルなアレンジを!と
先生が今回選んでくださった花は、パイナップルリリー。

南アフリカ原産、ユリ科の球根植物。
甘い香りに誘われて、昨日は外から蝶が家の中に飛んできたそうです。
パイナップルに似たユニークな形の花ですね。

0707122

0707121

・パイナップルリリー
・木イチゴ
・アンスリウム
・カーネーション(プラドミント)
・ピンポンマム
・ゴールデンスティック
・粟
・スチールグラス
・ミスカンサス

(花材費 3,300円)

| | コメント (0)

2007/07/08

プリンスリーグ東海・静学戦 3-1

昨夜は久しぶりに磐田ユースの応援にヤマスタへ行って来ました。
首位の静学と2位の磐田ユースの直接対決。
どちらも絶対に負けるわけにはいきません。意地と意地のぶつかり合い。
ピッチもベンチもスタンドも、そして審判を含め予想通り激しい戦いになりました。

今年のチームを見るのは初めてなので、顔が分かる選手はごくわずか。
3年の山本康裕、原田開、押谷祐樹ぐらいかな。

スタメンはGK赤堀、4バックに加藤(充)、須崎、小川、永井。
ボランチに山本、上村。右MFに原田、左MFに中倉。
2トップは押谷、鈴木(翔)。

07070701

前半の立ち上がりから中盤でボールが取れずに完全に静学のリズム。
16分に右サイド突破から折り返されたボールを押し込まれて失点。
そんなに縦に攻め急いでも仕方がないのに、ロングボールを前線へ。
でも高さのある相手DFに跳ね返されるだけ。
パスミスも目立ち、最後のところでボールを失い、攻撃に厚みなし。

スピードのある原田の突破から作ったCKのチャンスは惜しくも決まらず。
そして前半38分、ゴールほぼ正面でFKのチャンス。
山本康裕がFKを左上に直接決めて1-1の同点に。
前半のうちに追いついて本当によかったです。

味方選手と抱き合った後、胸のエンブレムをつかみながらベンチへ猛ダッシュ。
吉田監督と抱き合って喜ぶ山本キャプテンでした。
正面はボケてしまいましたが、後姿はバッチリ!

07070702  07070703

大量点で勝った試合も、前半は悪かったと聞いていたので後半に期待。
中盤でボールが取れるようになり攻撃に厚みが増しました。
10分に押谷が巧みなトラップからDFを交わしシュートで、2-1とついに逆転。
盛り上がる磐田側のスタンド。

07070704

21分にも押谷がDF2人を抜いてシュート。これが鮮やかに決まって駄目押しゴール。
相手は次々と交代枠を使って反撃開始。
静学のお母様方の声援がますます大きくなってきました。
ところが藤枝東との対戦(総体)の時と同じく、焦ってシュートミスを繰り返す静学。

35分に中倉が2枚目のイエローで退場。
スローインの際にボールを取りに行き、遅延行為と判定された模様。不思議です。
審判のジャッジにイライラし始めるベンチやスタンド。
吉田監督、大橋GKコーチはもちろん、冷静そうな森下コーチまで前に飛び出し抗議。

足がつって倒れ込む選手が続出。
38分押谷→松井、40分原田→高瀬、41分鈴木(翔)→加藤(潤)に交代。
1人少ない状況でも集中して守る磐田ユース。
ロスタイム5分。小川→佐藤、山本→杉本に交代。
GK赤堀のスーパーセーブでピンチを何度も凌ぎ切り、3-1で試合終了。

07070705

勝ち点21で首位に立ちました!
静学に対し3年ぶりの嬉しい勝利。

07070706

ゴール裏サポに全員でご挨拶。

07070707

2位以内が確定し、高円宮杯出場が決定!
最終節の常葉橘戦に勝てば、6連勝で優勝。引き分けでもほぼ確実。
最後まで勝ちにこだわり、ぜひ優勝を。

07070708

ヒーローインタビューは、2得点を決めた押谷選手。
5試合連続得点、リーグ最多ゴール記録15。

07070709

押谷:「こういう強い相手に2得点というのはFWとして最高の仕事だし、
自分の気持ちも最高に嬉しかったです。」

山本:「全国に出るだけじゃなくて、もっともっと上にいけるし、
もっともっと強くなっていきたいと思います。」

第1節 四日市中央工業高 ○6-0 原田、押谷2、山本(康)、加藤(潤)、鈴木(翔)
第2節 藤枝東高 ○1-0 原田
第3節 清水ユース ×1-4 山本(康)
第4節 名古屋ユース ○5-1 山本(康)3、押谷2
第5節 岐阜工業高 ○11-0 原田、山本(康)、押谷5、鈴木(翔)2、鈴木(貴)2
第6節 中京大中京高 ○5-1 山本(康)、押谷3、加藤(潤)
第7節 浜名高 ○4-2 原田2、押谷、加藤(潤)
第8節 静岡学園 ○3-1 山本(康)、押谷2

第9節 常葉橘戦 7月14日(土) エコパ補助 18:15
来週は多分こちらには行かずに、藤枝に行く予定。
藤色のタオマフを持って。

| | コメント (0)

2007/07/05

紅秀峰

3日に山形の農家からさくらんぼが到着。
今年は初めて「紅秀峰(べにしゅうほう)」という種類を予約注文。
佐藤錦よりも大粒で食べ応えがあり、酸味が少なく甘味が強いです。

日持ちがいいというので毎日少しずつ。
果物も食べ過ぎないように言われているので。
(1粒 10g・・・8キロカロリー位)

冷蔵庫で保存していたら、やはり糖度が少し落ちたようです。

070703

(バラ詰め1キロ 4,500円)

| | コメント (0)

2007/07/03

ファン感謝デー

ファン感に行かれた皆さん、日焼けの具合はいかがですか?
私は長袖を着ていたにもかかわらず、手首と首周りが真っ赤。
今も服が触れると、ピリピリと痛いです。
タオマフを首に巻いていればよかったなと、すごく後悔しています。
長い時間、芝生の上にいたので焼けるわけですよね。完全に油断しました!

■7月1日(日) 4,000人(ヤマハ)

磐田駅から貸し自転車でヤマスタへGO。
開門直後だったため、すでにCゲートもDゲートも長蛇の列。
中に入るだけでも時間がかかりそうで、2つのゲートを行ったり来たり。
そんな時、選手を乗せたバスが到着。
最後に降りてきた中山選手、ファンの声にしっかり手を振って応えてくれました。

ようやく中へ入り席を確認した後、ピッチへ降りてみました。
すると、またまた長蛇の列が。サイン会の抽選をするための列でした。

え~、これに並ぶの~???

しばらく並んでいたのですが、場内アナウンスとともに選手が入場。
歓声は聞こえるものの選手の姿は全く見えず。
もうダメ、ここで並んでいても仕方がありません。
サインを諦め、列を離れて選手のところへ移動。

まず右近社長が挨拶。例の件のお詫びから。
社長さん、かなり疲れている様子。
次にアジウソン監督が挨拶。

07070101

そして中山主将が挨拶。

おはようございます。

今回チーム内の不祥事により、皆さんの信頼をだいぶ失ってしまったと思いますが、
これから僕らの態度で皆さんの信頼をまた戻せるよう頑張っていきたいと思います。

これからの厳しい戦い、皆さんの声援が本当に僕らの力になっています。
昨日の試合も2-0という形になってしまいましたけれども、
皆さんの大きな声援に僕らはすごく後押しされています

これからも熱い声援をいただけるよう、僕らはグラウンドの上で
頑張っていきたいと思います。

今日は皆さんと触れ合って、皆さんのエネルギーを吸い取りたいと思います。
よろしくお願いします。

07070102

選手達は5つのグループに分かれて各イベント場所へ。
ファンはそれぞれのお気に入りの選手を追っかけます(*^_^*)

Aグループ・・・鈴木、前田、加賀、松井、松浦
Bグループ・・・大井、村井、西、船谷、森野
Cグループ・・・中山、佐藤、犬塚、林、山崎
Dグループ・・・田中、茶野、カレン、岡田、中島
Eグループ・・・成岡、ファブリシオ、上田、森下、八田

ボール回しをしている選手から2人の子供がボールを奪うゲーム。
ちびっ子達が一生懸命ボールを追うものの、すぐにかわされます。
徐々に大きな子供達に入れ替わると、ようやくボールを奪えるように。

07070103

Aグループと子供達のミニゲーム、Bグループのバナナキングを見学。
そしてグッズ販売のお手伝いをする成岡とファブリシオ。

07070104

Jリーグ各地域の物産展ブースも大人気でした。
中山選手は広島のもみじまんじゅう、神戸のプリンを販売。
「おすすめは?」との質問に、少し考えながらも「プリンかな~♪」と。
お客さんになれば会話も握手もできたのですが、見ているだけで我慢。
お菓子も食べられないし。

07070105

選手達はランチタイムで控え室へ戻ったため、私も席に戻り休憩。
ピッチでは千里愛風さんがミニライブ。
アジウソン監督も飛び入りでダンサーとして参加。

サイン会の抽選券を譲っていただいたので、午後からはEグループのサイン会へ。
持参したミニフラッグに、場所を指定してサインを書いていただきました。
右上に成岡、左上にファブリシオ、下のスペースには同期の3人。

Dグループの岡田君、愛想よくピースサインでポーズ。
Bグループの健ちゃん、ちびっ子にはとびきりの笑顔で♪
Aグループのサイン会も見学。クールな加賀君、大人気でした。

07070106

バナナキングに挑戦!
ボールの行き先は見ていなかったので分かりませんが、
このポーズをしたということは、成功したの?

07070107

色々しゃべっているようだったので、声が聞こえるように後ろへ移動。
小さな女の子が挑戦!
優しく見つめる中山選手。
ゴロゴロとボールが前に転がり、思わずニッコリ。

07070108

反対に男の子には厳しかったですね。
「ノーバウンドだぞ。蹴れるか?」
「バナナに当てろ。当たらなかったら往復ビンタだからな!」って。

07070109

カメラの注文に応えて、周りのファンと一緒に元気よく、
「もっと中山、もっとジュビロ!!」
この映像は何に使われるんでしょうね。

Bグループのバナナキングでは、サッカー少年達が挑戦。
みんな上手に決めて、選手もビックリ。
選手がいなくなってから、私も挑戦。
蹴ったボールはバナナの手前に落ちただけ。
もう少し上手に蹴りたいですね。

07070110

Eグループがちびっ子達と本気モードでミニゲーム。
両チーム点の取り合いで面白かったです。
ロングキックがそのままゴールインしたり、八田君が足元を狙われ失点したり。

07070111

全員のポスター撮影会が終わり、最後に選手とハイタッチで終了。
中山選手は昨年と同じくホーム側の列へ。

07070112

ファブリシオが陽気にハイタッチ。

07070113

一応、アウェー側もチェック。

07070114

子供達には優しくタッチ♪

07070115

ホーム側の長い列に並び順番待ち。
申し訳ないけどマスコットガールはパスして、ジュビロ君&ジュビィちゃん、選手とだけ
「お疲れ様でした」と言いながらハイタッチして、さようなら~。
中山選手のハイタッチ、昨年よりは弱めだったけど、やっぱりジ~ン!

今回のファン感で一番印象に残ったのは、中山選手と握手した男性のガッツポーズ。
本当に嬉しそうでしたよ。

07070116

自転車で磐田駅まで戻り、15時05分発の電車で帰宅。

| | コメント (2)

第18節 浦和戦 0-2

また以前のジュビロに逆戻り。あの試合の入り方は、な~に。
あらためて浦和戦に向けてのコメントを読むと、あなたたち口ばっかりね(ーー;)
と皮肉のひとつでも言いたい気分になります。
守備が堅いチームに先制されると厳しくなるのは分かっていたことなのに。

多くの観客が集まった試合で、ミスの多い恥ずかしい内容と結果。
営業スタッフの努力も水の泡。

でも、こんな試合の後でもファン感には行っちゃうんですよね~。
ということで翌日の話は、また後ほど。

■6月30日(土) 観衆35,072人(エコパ)

エコパでの年間指定席はバックスタンド。
5月の名古屋戦とは違って、次々とバックスタンドが埋まっていくので
正直驚きました。やっぱり相手が浦和だからかしら。
ところでメインスタンド前の特別席はいったい何だったんでしょう?

控え組は佐藤、鈴木、茶野、船谷、西、カレン、中山。

07063001

スタメンは4バック、3ボランチ。

      前田
          太田
     成岡
  上田     犬塚
    ファブリシオ
村井 大井 田中 加賀
      川口

07063002

どちらのゴール裏も超満員!

07063004_1  07063003

ボールを奪われた成岡が後ろから田中達也を倒してしまい、
前半1分ゴール前のFKを小野に直接決められ早々の失点。
CKのクリアボールを拾われ、相手カウンターからワシントンのシュートは枠の上。
川口のフィードミスから山田ループシュートも、川口セーブでCKに逃れる。
そのCKをヘッドでクリアも、こぼれ球を拾われ阿部がフリーでヘッド。

中盤を支配され、相手のシュートを防ぎCKに逃れる展開が続く。
相手のプレスがきつく、クリアボールも拾えず。とにかくもっと動かないと。
14分山田にフリーでクロスを入れられると、川口が村井に「もっと寄せろ!」と。
反対に犬塚はサイドで相手DFに阻まれクロスを上げられず。
太田のクロスやシュートはゴール前で跳ね返されるだけ。

28分には田中達也の突破を川口がペナルティエリアの外に飛び出して阻止。
ところがこぼれ球を小野に拾われ、ループシュートで2点目を献上。
ベンチではカレンが監督の指示を聞いて交代の準備を始める。

ところが、このプレーに異議を唱えたという田中が一発退場。
DFの退場でカレンの交代はなくなりました。

中日サイトの情報によると、田中は
「浦和の田中の抜け出しがオフサイドじゃないのと副審に言っただけ」と。
でも副審には、それが警告に値する態度に見えたので主審に告げ口?
大井がもの凄い勢いで副審の元へ。そして他の選手達も猛抗議。
犬塚が主審をにらみつけています!
意外にも前田がしつこく何か言っていますね。

07063005 07063006

後半開始から加賀→茶野に交代。
スローインをカットされ、ガックリ。
気持ちを入れ替え、徐々に反撃モードへ。

パスを繋ぎながら果敢に攻め込むも、守備が堅くシュート打てず。
反対にワシントンに何度も裏に飛び出されシュートを打たれる場面も。
ワシントンのシュートミスやオフサイドの判定で救われる。
11分犬塚のクロスに前田がヘッド。GKにセーブされゴールならず。

まず1点を返したいところ。
控え組も心配そうにピッチを見つめています。

07063007

バックスタンドの観客が席を立ち始め、「早い帰宅ですね」と思っていたら
どうやら雨が降り出した模様。
16分成岡→西に交代。

07063008

雨がさらに強く降り出し、観客が屋根のある位置へ移動。
犬塚がボールを奪われシュートを打たれると川口が犬塚にゲキを飛ばす。
犬塚がトラップミス。ワンちゃん(>_<)

25分村井→船谷に交代。
交代枠終了。

数的不利を感じさせない動きで反撃を繰り返す。
上田から太田のシュートは枠の上。
太田のクロスに西が飛び込むもオフサイド。
船谷のクロスから西のシュートは右に外れる。
前田のミドルシュートはGKに阻まれる。

07063009

ロスタイムに相手の速攻。ワシントンのシュートはまたまた外れる。
ワシントンの不発に助けられたというべきか、0-2のまま試合終了。

この日も全員で挨拶。
バックスタンドに駆け寄る選手達。

07063010 07063011

ゴール裏のサポーターへも、礼!

07063012

法多山の駐車場から東名掛川インターチェンジまで約1時間。
こんなに渋滞するとは思いませんでした。
少ないエコパも寂しいけど、大勢入るのも良し悪しですね。

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »