« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007/05/29

第13節 新潟戦 2-4

試合当日の新聞で予想スタメンを見た瞬間、一気に勝利への期待が薄れた新潟戦。
快勝したナビスコ杯の大分戦とは違って、またカレンの1トップに逆戻り(ーー;)
しかも結果が出ていない最悪の3ボランチですからね。

予想は外れることも度々あるし・・・と少しだけ望みを持っていたのですが、
悲しいことに心配していた通りの展開に。

カレンは一生懸命に動いても前線で孤立するだけ。太田も空回り。
ボランチの菊地はタラタラ歩き、左サイドの上田はボールを奪われ、
頼みのファブリシオも疲れているのか精彩を欠いていたし。
試合開始3分であっさり失点。前半のうちに逆転するも、後半に何と3失点。
被シュート率第1位!あまりにも守備がザルであきれてしまいました。

3連敗で順位も11位に後退、下位チームとの勝ち点差を比較すると恐ろしくなります。
今のチーム状態のままでは、正直どことやっても勝てる気がしませんから。

再開後に対戦する甲府は細かくパスを繋いで良いサッカーをしています。
磐田は力がない分、相手よりも動いて走って運動量で勝負していかないと。
もっと激しくプレスしてシュートを打たれないようにしてくれないかなあ。
魅力的なプレーは無理でしょうから、せめて戦う気持ちだけでも見せて欲しいですよね。

■5月27日(日) 観衆11,734人(ヤマハ)

注目は長期離脱から復帰した前田の登場があるのかどうか?
試合前から前田コールで期待が高まります。
サブメンバーは中山を中心に楽しく鳥かご。

07052701

シュート練習の時、中山コールに応えて胸を何度もバンバン叩き、
アップが終了して戻る時にもゴール裏サポに向けてガッツポーズ!
そしてまた胸を叩いて控え室へ。

07052702

控え室から出てくる選手を迎えるのは西と大井。

07052703

新潟から多くのサポが磐田入り。
観客数が1万人を超えました、ありがとうございますm(__)m

07052704

田中キャプテン、ようやくリーグ戦にも復帰。

   カレン 太田
     成岡
 マルキ     菊地    
    ファブリ
上田 田中 茶野 加賀
     川口

07052705

前半の立ち上がりは新潟。
菊地、田中が交わされエジミウソンがシュート。川口セーブでCK。
3分相手の連続CKからこぼれ球を拾われ右クロスからエジミウソンに決められ失点。
いくらなんでも早過ぎます!

徐々にボールを回し始めるも、速攻から矢野→エジミウソンにフリーで抜け出され、
決定的なシュートは左に外れて救われる。
17分成岡が上田とのワンツーパスから左クロス→マルキの鮮やかなシュートで同点。
何とか早い時間に追いつくことができてホッと一安心。

07052706

ベンチの前で中山と大井から祝福を受けるマルキーニョス。
来日初ゴールおめでとう♪

07052707

20分矢野が上手いターンからドリブルシュートも川口セーブで助かる。
23分矢野のドリブル突破を茶野がファールで止める。
29分オーバーラップした松下へエジミウソンからパスが入るもオフサイドで助かる。
36分上田の右CKからフリーの加賀が頭で合わせて逆転。J1初ゴールおめでとう。
相手の攻撃に何度もヒヤヒヤするも、前半は2-1で終了。

07052708

後半の立ち上がり、新潟が激しくプレッシング。
反対に磐田は寄せが甘く、ゆるゆる状態。
エジミウソンの際どいシュートを川口がセーブ。
ボールを奪われミドルシュートを打たれるも川口キャッチ。

7分左サイドで上田がエジミウソンにボールを奪われると、ドリブルからクロスを入れられ、
ニアで矢野にシュートを決められ、2-2の同点に。
10分太田がドリブル突破→成岡→菊地→カレンの右クロスに太田のボレーは枠の上。

同点に追いつかれ慌てる監督。
試合中なのにベンチで作戦会議ですか(ーー;)

07052709

後半16分、田中→前田に交代。
えっ、マコを下げちゃうんですか?
前田とカレンの2トップ、菊地がセンターバックへ。4-4-2に変更。

07052710

戦況を見つめるサブメンバー。
後半早々からユニを着て準備していた大井と村井でしたが。

07052711

20分成岡がひざを痛めて犬塚と交代。
心配して控え室の窓から飛び出した大井が成岡に声をかけていました。

07052712

25分太田の左クロスを前田がヘッドもゴール左に外れる。
予想に反して中山が準備を開始。
26分ゴール前で菊地がファール。ちょうど相手FKの場面、
27分カレン→中山に交代。FKは枠を外れて助かる。

07052713

川口のゴールキックを中山バックヘッド→前田→犬塚サイドでボールを奪われる。
相手の速攻を右サイドで菊地が体を張って止めるもファールの判定。
28分このFKを直接決められ、2-3の逆転。
中山と前田の2トップで何とか得点を!

07052714

ところがトップ下を置かない初めての3-3-2-2の布陣に変更。
FWへボールが来ないため、チャンスなし(>_<)
右サイドから犬塚がドリブルで何度も仕掛けるも、相手DFに阻まれて・・・。
クロスが入った時には精度が悪くて・・・。

07052715

35分菊地のパスミスからボールを奪われ速攻を食らう。
エジミウソンのドリブル突破から坂本の左クロスを再びエジミウソンで4失点目。
バックスタンドの客がぞろぞろと帰り始め、とても寂しい光景でした。

矢野が川口に激しくプレス。タッチに逃れるしかない川口。
菊地が矢野に交わされ→エジミウソンのシュートを川口セーブでCKに逃れる。
ロスタイム3分、交代で入った寺川のシュートは何とか川口キャッチ。
結局2-4の逆転負けで、2年半ぶりの3連敗。
ゴール裏サポから大ブーイングを受ける選手達でした。

07052716

何かが起こるんじゃないかと思ったけど、何もない様子だったので
そのままシャトルバスに乗り込み、18:52分発の電車に乗って帰宅。
3連敗ではいくらなんでも早過ぎるかな。
後のことも十分に考えないといけないですしね。

| | コメント (0)

2007/05/26

県高校総体サッカー準々決勝

新人戦の決勝と同じカード、藤枝東と清水商の対決。(藤枝総合、35分ハーフ)
同じ相手に連敗するわけにはいけません!

ところが前半8分、FKからドンピなヘッドで決められ失点。
清水商の鋭い出足に苦しみ、ゆっくりとしたパス回しからボールを奪われ
速攻から決定的なチャンスを何度も作られてしまいました。
サイドからの展開では味方のサポートがなく数的不利な状況で孤立。
運動量でも相手に負けていたような。

07052601

後半メンバーを入れ替えて反撃も、相手の固い守備をこじ開けられず。
ボールの持ちすぎなのか、なかなか最後の崩しまでいかない状態でした。
スタンドからは不満の声も。

後半30分、左サイドを突破した松田のクロスから稲葉が右足で待望の同点弾。
終了間際でようやく盛り上がる藤枝東の応援席(^_^;)

07052602

1-1で延長戦(10分ハーフ)に突入。

07052603

延長前半2分、渡辺の左CKから中村(龍)のヘッドで勝ち越しゴール!

07052604

控えメンバーに祝福される中村(龍)選手。

07052605

相手の反撃を跳ね返し、最後はボールをキープし2-1の逆転勝利。

07052606  07052607

明日の準決勝は東海大翔洋と対戦。
日本平11時キックオフ。
主人は日本平へ。でも私は磐田へ。

もう1つの準決勝は、静岡学園対静岡西。
今日の2試合目で日大三島を5-2で下した静岡西に期待したいところ。
ゴール前で綺麗にパスを繋いで奪った1点目といい、
ミドルシュートの追加点や素晴らしいボレーシュートもお見事でした。
でも後半は2失点しちゃったのね。

ところで高校サッカーの応援スタイルも、すっかりJリーグバージョンになってしまい、
昔からの応援ソングが聞けないのが少し残念。
藤枝東は浦和の応援ソングでスタート。
清水商は清水のようなサンバの応援を始めたかと思えば、磐田の応援ソングも。
どっちなのよ!って(^_^;)

| | コメント (0)

2007/05/22

第12節 神戸戦 2-3

「村井選手よりメッセージ」って一瞬、驚いてしまったじゃないの。
私ったら考えすぎ、考えすぎ。
普通に「新潟戦に応援に来てね♪」ですよね(^_^;)

ついにホームの連勝記録が10でストップ。今季リーグ戦初の連敗。
こんなことを書くと、何だか強いチームのように聞こえるけど実際はというと、
ホームでも綱渡りのような内容で勝ち星を拾っていた状態でしたからね。
ですから、あれだけミスを繰り返していては勝てるはずもないということ。

気をつけなければいけない立ち上がりに自分達のミスからボールを奪われて、
速攻から2失点を食らい、何とか奮起して前半で同点に追いつくも、
後半チャンスを逃し続けているうちに、またミスから失点。
逆転する力どころか、追いつく力もないなんて本当に弱くなりました。
以前より個々の力も落ちている上に、連係も取れていないので厳しいですね。

そして選手交代も解説者の皆さん???でした。
試合中に何度もシステム変更するのも、選手が戸惑う原因になると言っていましたし。

そんな中、五輪代表での悔しさを糧にしてカレンが変わり始めました。
髪を短くした成岡、相変わらずボールを奪われることも多いけど少しずつ上向きに。
やっぱり今は我慢の段階なんでしょうかね。
でも太田を生かす意味でも、1トップはそろそろ我慢も限界だなと思ったら、
また林が左肩を脱臼して離脱とは・・・。

■5月20日(日) 観衆12,149人(ヤマハ)

スタジアムに到着し、まずは2階右隅の日陰席で待機。
選手達がアップに登場してから、いつもの席へ移動。
日差しが強烈で、帽子だけでは防ぎ足りないほど。
多くのサポがタオマフを頭から顔に巻きつけ紫外線対策。
格好など構っていられませんからね。

控えは松井、加賀、犬塚、岡田、船谷、林、中山。

07052007

フラッグサポーターと共に選手入場。

07052008

でん部痛から回復したばかりの大井と、長期離脱から復帰した茶野がセンターバック。

   カレン 太田
     成岡
 上田     菊地    
    ファブリ
村井 大井 茶野 マルキ
     川口

07052009

前半の立ち上がりからパスミスだらけ。
最初はファブリシオやマルキーニョスがカバーして何とか防いでいたのですが。

前半10分太田CK→クリアボールを一気に繋がれ、大久保がドリブルシュート。
こぼれ球にレアンドロが抜け出しシュートもポスト→最後は近藤に押し込まれ早くも失点。
先制点を相手に取られると引かれて厳しい展開になるのは分かっていたはずなのに。
試合への入り方、完全に失敗。

そして14分サイドチェンジしようとした成岡のパスをカットされ、中央突破から
カバーに入った茶野の裏に抜け出され、大井も交わされ、あっという間に2失点。
2枚のセンターバックまで抜かれてしまっては、どうにもなりません。

ここからカレンの動きが増す。前線から激しくプレッシング。
得意のドリブルでボールをキープ。いいぞ、カレン、1トップだけど頑張れ!

28分上田FK→右ポスト→マルキーニョスがヘッド→成岡ヘッド→カレンのヘッドで1点。
37分太田→カレン→右からファブリシオの低いクロス→成岡ヘッドで同点、2-2。
前に座っていた9番ユニを着た男性が2人でフラッグを振るので、
ゴール直後のシーンはいい写真が撮れず残念。(1人はピチユニ!)
ようやくリズムが出始めて、菊地の右クロスから成岡ヘッドも右に外れる。

ところが相手FKからピンチ!レアンドロのシュートは外れて助かる。
そしてパスカットから大久保のシュートは1対1となった川口がセーブ。
前半はどうにか2-2で終了。

ハーフタイムはいつもと同じイベントのため、まったり。
ビッグフラッグの登場。
ジュビロ君&ジュビィちゃん&マスコットガールの旗振り行進。
バックスタンドのフリーゾーン席には招待客の小中学生がいっぱい。

07052010

後半の立ち上がりも相手の勢いに押され、川口の怒りからスタート。
速攻から太田のクロスを菊地がヘッドも左に外れる。
ファブリシオからマルキーニョスへのパスをカットされるも茶野がカバー。
菊地から上田へのパスをカットされるも、またまた茶野がカバー。
19分村井→加賀に交代。大井、茶野、加賀の3バックに変更。

  カレン 成岡
     菊地
上田      太田    
 ファブリ  マルキ
大井  茶野  加賀
     川口

太田の右クロスにフリーで抜け出した菊地がボレーシュートも左に外れる。
ファブリシオがドリブルで持ち込み、マルキーニョスがシュートも枠の上。
勝ち越しのチャンスを逃し、残念。
次の交代は、林のようですね。

07052011

27分ファブリシオ→林に交代。

   カレン  林
     成岡
上田      太田    
  菊地  マルキ
大井  茶野  加賀
     川口

29分太田の左クロス→DFクリア→上田のクロスをファーの菊地がヘッドで折り返すと、
混戦の中で林がオーバーヘッド!もミートせず肩から落ちる。
その後、腕をぶらりとさせていたのでもしや?と思ったら、やはり脱臼していた模様(>_<)

マルキーニョスのスローインから成岡がパスカットされ、大井が近藤に交わされると、
32分レアンドロにフリーで抜け出され角度のない位置からシュートで失点。
速攻からまた失点し、2-3と先に勝ち越し点を許してしまうことに。
誰ですかマークについていないのは?茶野でしたか・・・。
茶野から加賀へのパスを狙った大久保が加賀と競り合い倒れ込む。

中山が呼ばれて監督の指示を聞く。
35分菊地がボールをカットされる。だからアテンソンでしょ!!
36分カレン→中山に交代。
ファブリシオに続き、良かったカレンも代えちゃうんですか?

07052012

39分茶野のロングパスを受けた林からのマイナスボールを中山が左足でシュート!
打った瞬間、同点ゴンゴールだ♪と期待するも、
ボールは枠を大きく外れ、“いわしん”どころかゴール裏2階席上段へ。

えええーー!とボールを見上げ、思わずカメラで写そうかと思っちゃいましたよ(ーー;)
「どうしてあそこまで蹴り上げるかなあ?」と主人がひと言。
下がりながらのシュートなので押さえが効かなかったようですが。
でも以前よりチャンスが少なくなった分、もっと決定力を高めていかないとね。

07052013

決定的なチャンスを何度も逃した後、相手はFWを下げ、DFを入れ守りに入る。
ロスタイム3分、時間稼ぎでボールをキープされ、2-3のまま試合終了。
サポーターからはブーイング。仕方がないです、こんな試合では。

07052014

夕食は静岡に戻ってから近所のお店で。
この店のメニューは、どれも美味しいけど大盛りなのが難点。
残せばいいのですが、やっぱり勿体無くて完食してしまうのが怖いので、
甘酢あんたっぷりな天津飯を選びました♪
あえて、ご飯を2口ほど残してね。

07052015_1

| | コメント (0)

2007/05/21

バラ満開!

昨日はスタジアムへ行く前に、磐田農業高校のバラ園へ立ち寄りました。
ジュビロと違ってバラの花は満開!
見頃としては1週間ほど遅い気がしましたが、
たくさんの花を付けているので見応えは十分にありました。

07052001  07052002

    ブルーバユー              アイスバーグ

07052003  07052004

     花霞                   モナリザ

07052005  07052006

1996年に学校創立100周年を記念して造られたこのバラ園は、
環境科学科の生徒さん達が丹精込めて育てているそうです。

2005年5月の写真と比べるとバラ園の成長が分かりますね。
   ↓

0505151

0505152_1  0505153

| | コメント (0)

2007/05/16

なないろ小町

1ヶ月ほど前にホームセンターで購入した「なないろ小町」という名前のナデシコが
次々と可愛い花を咲かせています。
ホワイト→薄いピンク→濃いピンクと、花の色が徐々に変化していきます。
どうして色が変わるんでしょうね?不思議です。

070515

磐田農業高校のバラ園も今ちょうど見頃だと思います。
無料で一般公開されているので、スタジアムへ行く前にいかがでしょう。

ところで「どうぶつの村」、すっかりはまりました(*^_^*)
今日の「なかやま村」は朝から雨。「パセリさん」傘を差してお散歩。
虫取りもかなり上達し、週末には魚釣り大会が待っています。
昨夜、偶然「9番玉」という服をゲット。(胸に9が付いた服)
他にも可愛い服があるのですが、嬉しくなって今これを着ています。

コンポから音楽も流れるし、ギターも自分で作曲した村メロが流れるし、
鉄道模型の電車もしっかり動きます。凄いです!

070516

| | コメント (0)

第11節 鹿島戦 1-2

スルーしようとも思いましたが、一応メモしておきます。
先週の土曜日のアウェー鹿島戦は日帰り不可能のため座布団隊でした。

■5月12日(土) 観衆13,259人(カシマ)

立ち上がりは相手の厳しいプレスに苦しみ、13分こぼれ球を中後に決められ失点。
その後はボールを支配し、何度もチャンスを作るも決めきれず。
前半のうちに同点にしておくべきでした、本当に悔やまれますね。

後半13分に大岩が退場したことで、返ってジュビロにとっては苦手な状況に。
1点リードの相手は数的不利な状況となり、あとは守りを固めるのみですから。
17分犬塚→中山、24分成岡→船谷に交代。
猛攻をしかけるも、逆に31分マルキーニョスに決められ2失点目。これが痛かった(>_<)
38分村井→林に交代。

いつもと違って前線を増やす采配。両サイドを外し3トップにして反撃。
相手が引いて守る中、こちらの攻撃陣も増えて余計にスペースなし。
裏に飛び出すのが得意な林には厳しい状況。
44分ゴール前で混戦となり、林がこぼれ球から何とか1点を返すも1-2で試合終了。
またまたアウェーのカシマで敗戦。

今回は行かなかったもの、過去に私がカシマへ遠征した試合の勝率は何と2勝6敗。
やはり相性が悪いスタジアムなんでしょうかね。
鹿島に勝ったリーグ戦はというと、2002年の9月までさかのぼるんでしょ!
独特な雰囲気と言っても最近はサポも減り、それほどのものは感じないんですけど。
あまりにも遠すぎて、行くだけで疲れちゃうところもあるのでしょうか(ーー;)

[鹿国遠征記録]

1994. 8.10 リーグ戦 ○2-2 PK4-2
1997.11.29 ナビスコ杯決勝第2戦 ×1-5
1997.12.13 チャンピオンシップ第2戦 ○1-0
1998.11.28 チャンピオンシップ第2戦 ×1-2
2001.12. 8 チャンピオンシップ第2戦 ×1-2(延長負け)
2003. 7. 5 リーグ戦 ×2-5
2004. 6 .19 リーグ戦 ×0-1
2006.12. 2 リーグ戦 ×0-3

| | コメント (1)

2007/05/14

ばらの丘公園

土曜日は島田市ばらの丘公園へ行って来ました。
たくさんの種類の中から幾つか選んでご紹介。
19日から春のフェスタが開催されるので、磐田へ行く前に立ち寄ってはいかがですか。
混雑を避けて、なるべく午前中の開園直後がおすすめです。

07051201  07051202

    ホットココア              ブルーバユー

07051203  07051204

  シャルル ドゥ ゴール           ピース

07051205  07051206

  ロイヤル ハイネス            黒真珠

07051207  07051208

   ブラスバンド               絵日傘

07051209  07051210

スノーライン(エーデルワイス)       アイスバーグ(シュネービッチェン)

07051211_1  07051212_1

                    万葉

07051213  07051214

    イントゥリーグ             ブルームーン

ついでに先週のアレンジ写真も♪

070510

・バラ(ブルーキュリオーサ)
・トルコキキョウ
・ヒマワリ
・カーネーション(ネボ)
・ハラン
・ニューサイラン
・ミスカンサス
・ワイヤープランツ

(花材費 3,500円)       

| | コメント (0)

2007/05/10

ナビスコ杯大分戦 1-0

せっかくの2トップも、前半は全体的に運動量が少なく連係もかみ合わずグダグダ状態。
メンバーを落としてきた相手にシュートを打たれまくり、
こんな試合に来てしまった私は負け組?と思うような内容でした。

ところが後半になって少し修正され、途中から菊地が守備に入ったことで引き締まり、
相手DFが退場になってからはスペースができて攻撃も徐々に良くなってきました。
ゴンゴール(PK)&ゆりかごも見ることができたし、完封勝利だし、おまけに
新人の山崎と岡田のデビューにも立ち会うことができて、やっぱり勝ち組かな(*^^)v

39歳の中山が今季初のフル出場で、カレンは鹿島戦に向けて温存か?
と思っていたら風邪をひいたようですね。林の運動量が意外に少ないので、
やっぱり相棒はカレンかなと思うので早く治して欲しいです。
といっても鹿島戦の中山先発は難しいだろうし、多分また1トップでしょうか。

■5月9日(水) 観衆3,876人(ヤマハ)

磐田駅から16時55分発のシャトルバスでスタジアムへ。
お客5人を乗せてバスが発車しました(^_^;)

コルテア会員の優待販売で購入した席はゴール裏2階の最前列!
最初その指定席に女性が座っていて驚きましたが。
天皇杯などのフリーゾーン席と勘違いしていたようです。
一応ここは200円高い席ですからとチケットを見せて説明。

07050901

大分からサポーターが30人ほど。
遠いところまでご苦労様です。

07050902

平日の夜、しかもすでに予選敗退が決まっていたため、空き空きのスタンド。
19時を過ぎたのにバックスタンドはご覧の通り。

07050903

中山キャプテンを先頭に選手入場。

    林  中山
 船谷      太田
   上田  山本
村井 大井 加賀 犬塚
     松井

控えは八田、森下、森野、菊地、岡田、松浦、山崎。

07050904

今回は忘れませんでしたよ。
大分のキャプテンよりも先に審判の元へ。
コイントスを終えてから、水を飲んで気合を入れました。

07050905

中山&林の2トップでスタート。
船谷のボールに中山ヘッドもGKキャッチ。
久しぶりにトップの試合に出た山本がちょっと不安。
ボランチを組んだ上田も大変そうで。
相手の積極的なシュートも何とか守って0-0で終了。

07050906

ハーフタイムのゴール裏2階席はこんな感じ。
リーグ戦でも減少しているのに、さらに寂しく・・・
メインも中央部分だけで、あとはガラガラ。
2005年天皇杯の時のサンキュッパ(3,980人)より少なかったですね。
ファブリシオとマルキーニョスが奥様と一緒にメイン席で普通に観戦。

07050907

後半から相手は2人交代。磐田は交代なしでスタート。
18分犬塚→菊地に交代。
菊地がセンターバックに入り、加賀が右サイドへ。

07050908

27分林→山崎に交代。
ぎゅんぎゅん!と試合中に呼ぶのは、やっぱり言いにくいですね(^_^;)
チームメイトは「ヤマ」と呼んでいるようです。

07050909

28分船谷のスルーパスに抜け出した中山が相手DFに後ろから倒されPKを獲得。
DF三木にレッドカードが出ると、大分の選手が審判に抗議。
その間、中山は集中するのみ。

07050910

ボールをセット。本人もでしょうけど、サポも緊張する瞬間です。

07050911  07050912

真ん中上にズドン!と決め、1-0。
いつもはゴール裏サポの元へ駆け寄る中山なのに、
一目散にベンチにいる林の元へ。えっ???
この後すぐに船谷、村井もやってきて一緒に揺りかごポーズ。
後ろから見ていたので、それらしいポーズをしているなという感じでしたが。

07050913

5月9日、林選手に2番目の男の子(優太くん)が生まれたそうです。
おめでとうございます。

07050914

34分山崎のクロスを受けた中山がシュートしようとして倒されるも、
主審は「ボールにいっていた」という仕草でノーファールの判定。
35分中山がゴール前でタメを作り、自分で打てばいいのにと思ったけど山崎へパス。
山崎は一歩遅くDFに阻まれシュート打てず。
36分中山がゴール右から振り向きざまにシュート!

流れの中からゴンゴール♪
と期待するも、残念ながらボールはポストをかすめて左へ外れてしまいました。
追加点を奪えずにいると、ゴール前でFKを与えてしまい大ピンチ。
中山が体でブロックしてクリア。

07050915

新人の岡田が呼ばれました。
監督の指示を聞く岡田に緊張をほぐすように八田が背中をポンポンと。
40分船谷→岡田に交代。
気合を入れてピッチに飛び出す岡田。
岡田のデビューに感激したのか女性の叫び声も(^_^;)

07050916

主審の家本さん、この日も不安定なジャッジを繰り返し、
選手だけでなくサポーターもイライラ。ゴール裏1階から野次が何度も。
普通に磐田のFKだと思って中山が素早くボールをセットすると、
ジャッジは大分のFKに変わってしまいました。

07050917

41分加賀→太田のクロスに中山がボレーシュートもミートせずGKキャッチ。
チャンスをすべて決めていればハットトリックも可能でしたが・・・。
42分ゴール前で縦パスを受けた山崎が倒されるも、主審のジャッジはノーファール。
ロスタイム3分、速攻から太田→山崎がフリーで飛び出すもオフサイドの判定。
中山が山崎に対して動き出しのアドバイスも。

試合前は勝利はともかく、ケガ人が出ないことだけを祈っていたのですが、
やはり途中からは絶対に勝ちたい!と思ってしまうもので、
1-0の完封、ナビスコカップ初勝利は嬉しかったですね。

07050918

中山コールに応え、胸を叩き拳を突き上げ、いつものポーズ。
すると大井君もコールに応え、体を揺らしながら真似してポーズ。
ゴール裏サポは大喜び。
これからも試合中と試合後の素敵なパフォーマンス期待してますよ大井君。

07050919

急いで磐田駅行きのシャトルバスに乗るも、人数が集まるのを待ってから
ようやく発車。上り列車の時間まであと15分。
いや~焦りました。
バスを降り、駅までダッシュ。改札口を通ると21時26分発の電車が到着。
階段を駆け下り、そのまま電車へ乗り込みました。

| | コメント (0)

2007/05/09

「どうぶつの村」始めました♪

今日のナビスコ杯大分戦、消化試合ですけど行って来ます。
新鮮なメンバーが見られるのかなと思いきや、ケガ人を除いたベストメンバーだとか。
鼻息荒く、「公式戦はすべて勝ちに行く!」と監督は言っていますが、
サポーターは勝利よりもまず、鹿島戦の前にこれ以上ケガ人を出さないことと、
新しいメンバーのプレーが見たいと思っているのでは?

でも前売り券の売れ行きが寂しいことになっているので、これではいけないと、
慌ててベストメンバーに切り替えたような気もするんですけどね。
とにかく今夜の観客数がすごく楽しみです(^_^;)
携帯から速報した方がいいかしら?

ところで最近ようやく任天堂DSライトを手に入れることができました。

30台限りの時には、自分の3人前で完売。
諦めきれず5日後の5月4日、60台限りの時に再挑戦。
開店1時間前に並んで整理券25番で無事ゲット!
でも希望の色だったアイスブルーは2人前で終了。

ソフトは何がいいかなと迷いましたが、
皆さんもやっている、やっていた?という「どうぶつの村」に。

始めたばかりなので村中を走り回って遊んでいます。
虫取り、魚釣りも初体験。
部屋はタヌキ商店で買った物や、もらった物でごっちゃごちゃ。
お洒落なレイアウトどころじゃありません(^_^;)

そうそう、最初に村に行く時に乗ったタクシーの運ちゃん、
あまりにも言葉がなまっていて岡部町出身ですか?
と聞きたくなりました。

070504

| | コメント (0)

2007/05/08

第10節 名古屋戦 1-0

連休最終日、エコパへ行かれた皆さん、お疲れ様でした。
内容はともかく、名古屋戦3年ぶりの勝利でホーム5連勝。
昨季から数えるとホーム10連勝なんですね。これはちょっと驚きます。
そして順位も8位から5位に浮上。連敗しないのは本当に有難いことです。
気分的にもかなり救われます。

試合後、愛野駅に向かう足取りも軽くなりましたが、実際のところ
得失点差がマイナスなのは上位チームではウチだけ。
他のチームと勝ち点差があまりない分、負けると一気に下がるので要注意。
決して強いのではなく、しぶといという表現がぴったりの磐田さんですから。

■5月6日(日) 観衆23,142人(エコパ)

夕食の準備をしてから出掛けたので愛野駅に到着したのは14時頃。
ダービーに続き、またまた思ったより大勢のサポがゴール裏に集合。
雨のため稼動席はあまり利用されず、皆さん後ろの屋根のある位置へ。

エコパの年チケはバックスタンドなので一応位置を確認すると、かなりアウェー寄り。
その上、雨に濡れる稼動席だったためホーム寄りの空いた席に座ることに。
バックスタンドは、どこでも自由に選び放題という感じでした(^_^;)

07050601

選手入場。
キャプテンは川口選手。

   カレン 太田
 上田      成岡     
  マルキ  ファブリ
村井 大井 菊地 加賀
     川口

控えは松井、森下、犬塚、岡田、船谷、林、中山。

07050602

名古屋サポはゴール裏2階席に集まり、赤いビニール袋を持って応援。
天井に声が響いて迫力満点でした!

07050603

藤田選手がJ1通算最多の392試合出場を達成。
おめでとうございます。
ボランチでの藤田選手、とても怖い存在でした。

07050604

前半は名古屋の厳しいプレスでボールを奪われ、川口が何度も激怒。
ミスも目立ち、お互いシュートが少ないためか、退屈な内容でした。
申し訳ないけどピッチよりゴール裏やメインの様子を眺めてばかり。
これではいけないと、途中から少し手拍子もしてみましたが・・・。
両チーム決め手を欠いて前半0-0で終了。

後半に向けて席を変更。
中山の登場を待ってアウェー寄りに移動。
(この日はエンドが逆で、後半はアウェー側に攻め込みます)

小腹が空いたのでハーフタイムに売店に行ってみると、
「チョロス」の前に長い列。美味しいのかなと思って私も1本購入。
席に戻ると、すでに後半がスタート。
慌てて40センチぐらいの長い「チョロス」を折って少しだけ味見。
シナモンシュガーにひかれて買ったものの、ちょっと期待外れな食べ物でした。

後半から村井に代わって犬塚。システムも3-5-2に変更。

  カレン  太田
     成岡
上田        犬塚     
  マルキ  ファブリ
 大井 菊地 加賀
     川口

いきなり犬塚がボールを奪われる。
その後もサイドでDF2人に囲まれ何度も。
それでもベンチに近いため、とにかく前へ前へと言われていたとか。

ややリズムを取り戻し、15分成岡シュートも楢崎セーブ。
16分カレンがドリブルからシュートを狙うもDFに阻まれる。

中山がユニに着替えて準備完了。
来ましたよー!

07050605

後半17分太田のスルーパスに抜け出したカレンがダイレクトで決め先制ゴール。

07050606

18分カレン→中山に交代。
やっぱりこの日もFW同士の交代でした。
どうしてゴールを決めたカレンが?とブーイングが起こったとか。

07050607

中山がDFと競り合ってボールを落とす。
23分名古屋は巻(弟)を入れて反撃開始。それを守備陣が集中して守る展開に。
39分太田の右クロスに中山がフリーで飛び出し決定的なチャンス。
ところがボールを持ち替えている間に楢崎に飛び出されシュート打てず。
追加点が・・・流れの中からのゴンゴールが・・・残念。

07050608

40分足をひきずっていた成岡→林に交代。
ロスタイム3分の表示。
ファブリシオが2枚目の警告で退場。鹿島戦が・・・(>_<)
何とか1点を守り切り試合終了。

バックスタンドに挨拶に来た中山、シュート場面をしきりに反省している様子。
以前よりチャンスの数は確実に減っているので、きっちり決めて下さいね。

07050609

いわしんマンオブは菊地。5年目にして初めての受賞だったとか。
ヒーローインタビューでやってくれました。

「ケガ人の多い中で、アジウソン監督からポジションの指示が出ていましたが
いかがでしたか?」の質問に

「アジウソンはいつもうるさいので、気にしてないです。」と菊地。

それを聞いたサポはみんな苦笑いでしたね。
監督は一生懸命指示を出しているので、少しは気にしてあげて下さい(^_^;)

インタビューを終えると、看板を超えてゴール裏サポの元へ。
でも残念ながら大井君の時のような拡声器での挨拶はなしでした。

07050610

試合後に450円→200円に割引された焼きそばを買って、
帰宅してからレンジで温めて食べたのですが、
ジュビロの試合内容と同じくらい美味しくなくて、ガッカリ(ーー;)
キャベツを追加して味付けも修正すればよかったなと反省。
苦手な鹿島相手に監督は、次どんな作戦を立てるのか気になるところです。

| | コメント (2)

2007/05/05

第9節 清水戦 1-2

実は先発メンバーから大敗もありえると覚悟した静岡ダービーでした。
でも意外にも清水の攻撃が大したことがなかったので余計に悔しいのですが、
ウチの選手達もミスが多くて、勿体無い試合を落としたなという感じです。
せめて後半は最初から2トップに変更して攻めて欲しかったですね。
そうすれば相手の固い守備もこじ開けられたかも。

という考えはアジウソン監督にはないんですよね。
さあ次の名古屋戦はどんなメンバーが先発に選ばれるのでしょう?

■5月3日(木) 観衆20,318人(日本平)

民間駐車場を確保するため、早めに車で出発。
イチゴ通りが渋滞していたため14時15分に駐車場に到着。
歩いて日本平に向かうと、開門待ちの列は思ったより長く伸びていました。
広島戦の勝利で皆さん期待して来ちゃったのね。

アウェーサポにも楽しいパフォーマンスを披露。
ちゃっぴーがパルちゃんの得意なポーズに挑戦。

07050301

選手達がブーイングを受けながら会場入り。
しばらくすると若手達がコーヒーを飲みながら登場。
広島戦のマンオブ・大井君に2階席からコールが沸き起こりました。

07050302

オレンジウェーブのダンスを特等席で見つめる控えの3人。

07050303

静岡ダービーだというのに、くつろいじゃってますね~。
大敗した万博でも試合前に同じような光景が見られたとか。

07050304

スカパーさん提供による花火250発!

07050305

コレオグラフィーができるほど観客が集まっていいですね。

07050306

スタメンは1トップ気味の3ボランチ。

     中山
  成岡   太田
     ファブリ
 マルキ    菊地
上田 大井 鈴木 加賀
     川口

静岡ダービーですから、いつも以上に気合が入りますよね、中山さん。

07050307

試合の入り方は良かったんですけどね。
前半6分成岡のスルーに右サイドに流れた上田が中山へパスの選択。
DF2人に阻まれ中山シュート打てず。
7分加賀が振り切られ、秀人が体を張ってカバーに入る。
上田のクロスは中山の前でDFにクリアされる。

徐々に清水の攻撃が目立ち始め、守備陣大忙し。秀人が間に合って良かったです。
大井のクリアミスから兵働のシュートを川口が足でセーブ。
そのこぼれ球を再び兵働シュートをマルキが何とかかき出す。
中山へのパスはDFに阻まれ攻撃に繋がらず。
市川のクロスを大井がクリア。

18分上田と大井が左サイドを岡崎に突破され、クロスをチョに決められ失点。
21分太田スルー→中山が右に流れて作ったスペースに成岡が入り倒されてPKゲット。
蹴るのは中山。22分きっちり決めて同点に。
中山の今季初ゴールで盛り上がるゴール裏。

07050308

加賀、鈴木、大井の3バックに変更。
上田→中山ボールがおさまらず。
ゴール前に飛び出した菊地のパスに中山反応できず。
ファブリシオからのパスを中山が落とすも相手にボールを拾われて・・・
40分市川のクロスからチョに決められ2失点目。1-2で前半終了。

ハーフタイム、カレンのアップは通常通り。後半開始から登場する気配なし。
後半も中山の1トップでスタート。
太田のトラップミス、成岡のお洒落ヒールで繋がらず(ーー;)
クロスボールは相手DFに跳ね返されるだけ。
7分加賀→村井に交代。マルキが右サイドバックに。村井が左サイドバックへ。

07050309

1点リードしたためか相手は守備的。それに対して残念ながら磐田は前線に厚みなし。
後ろや横へパスを回していてもしょうがない。もっと動け、動け!だったのですが。
25分菊地→成岡のクロスに中山が飛び込むもわずかに合わず。でもオフサイド?
30分中山→カレンに交代。FWの交代ですか・・・(ーー;)
いつものように丁寧に会釈して下がる中山。

07050310

34分菊地→林に交代。菊地は怒りながら控え室へ。
今更2トップ?
ロングボールを放り込んでも林では競り勝てません。
マルキがボールを持つたびにイライラ。
ロスタイム3分。

ファブリのスローインから林→村井が抜け出しクロス→成岡シュートを相手DFハンドも
見逃され→GKからのこぼれ球を太田シュートもクリアされノーゴール。
最後の反撃も実らず、1-2のまま試合終了。
後半の相手シュートはゼロだったとか。悔しーい!!

素早く席を立ち、駐車場へと急いだのが大正解。
150号線にも比較的スムースに入ることができて、家に到着したのは22時ちょうど。
日本平って意外に近かったのね~。
帰りが渋滞しても本当は勝って喜びたかったというのが本音ですけど。

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »