« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/30

第8節 広島戦 4-2

日曜日の残り2試合が終わり、暫定4位だったジュビロは6位に落ち着きました。
この位置なら居心地はそれほど悪くないですよね。
得失点差は相変わらずマイナスですけど(^_^;)

念願の2トップで開始して、中山選手の素晴らしい動きから前半2-0とリード。
後半から相手の猛攻を受け、2→1→0とFWの数を減らしバタバタした展開に。
それでも少ないチャンスを確実に決め、何とか逃げ切りましたね。
これでリーグ戦ホームは4連勝。

次は敵地・日本平です。
やはり立ち上がりが大事。強い気持ちを持って最後まで集中していきたいですね。
順位はたまたま1つ上にいるけど、力的にはウチは挑戦者。
応援団は気負いすぎから恥ずかしい弾幕を張ることだけは止めて下さいね。
よろしくお願いします。

■4月28日(土) 観衆10,131人(ヤマハ)

5時過ぎ、スタジアムに1番近い「魚々よし」で早めの夕食。
店員さんが「今日はどれくらい入りますかね?」と心配していました。
前節のガンバ戦で大敗したので、多分あんまり・・・。

スタジアム限定販売第2弾の商品を一応チェック。
タオルマフラーと胸にYAMAHAの文字が入ったコンフィットシャツ。
誰が考えているのか、残念ながらそれほど魅力を感じません。
ジュビロ会員の入会を勧めるバイトさん達が増えたような気がします。
それなりに営業も頑張っているんでしょうけど、なかなか厳しい状況ですね。

携帯サイトのMVP投票画面を見せて行う抽選を初めてやってみました。
横浜FM戦の分でクジを引くと、残念ながらサインボールは外れてシールをゲット。
すると担当者が「G大阪戦の分もできますよ」と。
あんな負け試合でMVPを投票ですか、無理やりですね。
2ゴールを決めた村井さんに投票して、もう1回くじ引きするという手もあったわけですが。

今季からサインボールを各選手2個ずつ持ってピッチに登場。
中山さん、バックスタンドへ1個投げた後、今度はメインスタンドへ蹴り上げると、
大きく屋根の上へ飛んでいってしまいました(ーー;)

選手入場の直前、双眼鏡で様子を確認すると、キャプテンマークを付けた中山さんが
背筋をピンと伸ばし、まっすぐ前を向き集中力を高めていました。

   中山 カレン
 成岡     太田
  マルキ ファブリ
上田 大井 菊地 犬塚
     川口

07042801

記念撮影の後、いつものように水を飲む中山。
あっ!

07042802  07042803

キャプテンの仕事を忘れていて、慌てて審判の元へ。
この後、広島の戸田キャプテンとがっちり握手。

07042804

前節の失敗を反省し、立ち上がりから集中。
前半1分カレンのプレスからこぼれ球を中山が落とし、太田がミドルシュート。
GKにキャッチされるも、いい形でスタート。
4分上田のクロスから中山がニアに走り相手DFを引き連れると、
ファーでフリーになったカレンがボレーを決めて先制。

07042805

控えメンバーは松井、加賀、森下、村井、岡田、船谷、林。
同じようなヘアスタイルの選手が並んでいます(^_^;)

07042806_1

20分上田のクロスに中山が飛び込むもDFクリアでCKに、残念。
22分犬塚のクロスに中山ヘッドも枠を大きく外れる。
27分再び犬塚のクロスに中山ヘッドも右に外れる。
動き直して、必ずいいポジションに入っているのですが、枠へ飛びません。

36分中山が右サイドを突破しDFクリアでCKのチャンス。
37分上田の右CKから中山がDFを引き連れてスペースを作ると、
フリーで頭から飛び込んで2点目をゲット。
誰、誰、誰?

07042807

両手を上げてピョンピョン飛び跳ね大喜び!
5年目にしてJ公式戦初めてのゴール♪
エンブレムにチュ~する大井君でした。

ウェズレイが素早くセンターサークルでボールをセット。(写真左上)
勝手にゲームを再開しゴールを決めるも、判定はノーゴール。
危ない、危ない。

07042808

広島は攻撃に怖さはあるものの、守備が甘いので前半2-0で終了。
中山と太田が話し合いながらピッチを後にする。

後半も中山登場でホッと一安心。
1分駒野のクロスに佐藤ヘッドで失点。早過ぎます(ーー;)
5分犬塚のクロスに中山が飛び込むもGKパンチで防ぎ、成岡シュートも左に外れる。
広島の攻撃に勢いが増し、危険な場面が目立ち始める。

07042809

2トップは機能していたと思うんですが・・・

07042810

後半18分中山→加賀に交代。
ゴンゴールを期待していただけにガックリ。
サイドでボールを奪われた犬塚が交代だと思ったのに、アジ采配は違います。
加賀をセンターバックに入れて菊地を中盤へ。
菊地のセンターバックは良かったのに、なぜ途中で変えたのか?

07042811

菊地の入ったポジションが違っていたらしく、慌てて指示を送るベンチ(ーー;)
カレンの1トップになり、ずるずると全体が引き気味になり守備の負担が増え始める。
菊地もセンターバックの方が良かったような。
でも相手の攻撃時間が増えた分、速攻からのチャンスもあるわけで。
23分犬塚のクロスからカレンのダイビングヘッドで追加点、3-1。

加賀が佐藤に交わされ、犬塚が後ろからスライディングで防ぐと、PKの判定(>_<)
36分PKをウェズレイに決められ、3-2と1点差に。
37分カレン→村井に交代。ついにFWがゼロになってしまいました。

41分太田のクロスに成岡ヘッドで4点目。運良く追加点が入り一安心。
42分成岡→林に交代。
44分相手ゴール前のFKは川口がしっかりキャッチ。
ロスタイム2分、最後までバタバタしながらも何とか守り切り試合終了。
結果的に良かったのか悪かったのか、良く分からないアジ采配した。

07042812

いわしんマンオブは2得点のカレンではなく、J初ゴールを決めた大井。
ヒデ&マコがいない中、大変よく頑張りました。
真面目に辛抱強くやってきたご褒美でしょうね。
お立ち台に上がってヒーローインタビューです♪

07042813

バックスタンドに移動して、応援団の前で挨拶。

07042814  07042815

そしてゴール裏サポからTシャツをもらい、受け取った拡声器で元気にコメント。
「4点入ったけど1番良かったのは2点目ですね。ダービーもゴールを狙っていきます!」
大喜びのサポーター、何度も何度も大井コール(*^_^*)
マンオブ選手の恒例パフォーマンスになるといいんですけどね。

07042816

| | コメント (0)

休日の昼食

丸子の「ABURI ALLA GRIGLIA」でランチ。
何種類ものメニューが入った和食膳(2,000円)も気になったけど、
やっぱりいつものように、アーリオ・オーリオ・スパゲティ。
前回はホタテ&キノコだったので、今回はエビ&キノコを選んでみました。

0704301

デザートは抹茶のムース。
サラダ、デザート、コーヒー付きで1,800円。

0704302

普段1人で食べる昼食と大違いです。
カロリーもですが(^_^;)

| | コメント (0)

2007/04/27

試聴のみ

無料で試聴できるサイトを利用して、最近パソコンで音楽を聞くようになりました。
どの曲も短いですけど、それなりに楽しむことができます。
もし気に入った曲が見つかったら、ダウンロード購入でしょうけど、
試聴だけでも結構、満足しちゃったりして(^_^;)
聞いたことがあるなと思うような曲は、やっぱりドラマの主題歌が多いですね。

★音楽配信サイト

[楽天ミュージックダウンロード ]

 中西圭三・眠れぬ想い ・・・この曲を聞いて「オッ!」と思った方は中山ファンです(*^_^*)

 絢香・三日月・・・お気に入りです

 キロロの1番イイ歌あつめました ・・・癒されます

[MUSICO]

 ランキング・・・Flavor Of Life、三日月、 茜空、Jupiter、I believe

 Mr.Children・・・アルバム「HOME」より 箒星、しるし

 アルバムはアーチスト検索してから。色々な曲がメドレーで流れるのでおすすめ♪

  キロロのいちばんイイ歌あつめました

  MISIA

  チャングムの誓いサウンドトラック

[OnGen]

[music.jp]

[MySound]

★着メロ

携帯を新しくしたので、着メロも楽しんでします。
パソコンで気にいった曲が見つかったら、下記サイトで着メロをゲット。

[ケータイBIGLOBE]

 長い間、銀の龍の背に乗って、ありがとう、見えない星、桜色舞うころ、しるし、蕾、桜。

★着うた

契約がパケ・ホーダイではないので、今のところ自粛中。

[うたババァ]・・・無料着うたサイト

| | コメント (0)

2007/04/26

ダリア(黒蝶)

シックな色合いの大輪ダリア。

人気がある種類で、ブーケにもよく使われる花だそうです。

直径14センチ。

存在感があるので、この1輪だけでも十分なくらい。

0704261_1 

kazaru倶楽部 2回目のレッスンは、フレッシュ3名、アート1名。
少人数制なので先生が1人ずつ丁寧にチェックして手直しも。

0704262

・ダリア(黒蝶)
・カラー
・デンファレ(ファティマ)
・トルコキキョウ
・スノーボール(テマリカンボク)
・ニューサイラン
・オクラレウカ

(花材費 3,200円)

P903i 携帯のカメラで撮った画像も載せておきます。

0704263  240×320 スーパーファイン 32.8KB

4月から主人が転勤になり、通勤時間が10分から50分に変更。
今、電車に乗ったとメールが届いたところ。
40分後に到着予定。
残業すると遅い夕食になってしまいます。
私は父と先に済ませますけど。

| | コメント (0)

2007/04/16

第6節 横浜FM戦 1-0

久しぶりの先発のチャンスに、どうしても結果を残して欲しかったので、
ちょっとしたミスにも「ゴンちゃん、いや~ん(>_<)」な心境でした。
でもしっかり決勝ゴールのアシストをして、J1最速ホーム150勝にも貢献。
翌日の静岡新聞の一面も飾りました。さすが~♪
本当はゴールを決めて欲しかったけど。

えっ、「8割は僕の点」?
まあ、そういうことにしておきましょう(^_^;)
解説の遠藤さんも「DFから離れて前に入ってくる、これが(あの中山の動きが)すべて!」
と褒めていましたしね。

■4月14日(土) 観衆11,864人(ヤマハ)

袋井インターを下りて信号待ちをしている時に、ふと隣の車を見ると
中山さんのご両親が乗っていたのでニッコリ笑って会釈。
ジュビサポだと分かってくれたかしら。

スタジアムに到着し、まずは中山の先発を確認。
代表やケガ人の影響で控えメンバーは八田、森下、岡田、犬塚、森野、船谷、山崎。

07041401

いつもと違って中山、村井、加賀の3人が先発!
期待しちゃいます。

07041402

     中山
  成岡   太田
     ファブリ
 マルキ    菊地
村井 大井 鈴木 加賀
     川口

中山が手を叩き、全員に気合を注入したためか、
いい試合の入り方ができました。

07041403  07041404

2分右サイドを中山がドリブル→ファブリの右クロスに成岡が飛び込むもGKキャッチ。
3分加賀が縦へドリブル突破も、抜け出せず残念。
4分太田の中山へのパスはラインの外へ流れてしまう。
5分太田がドリブル突破から右クロス→中山がDFから離れファーに入るもGKキャッチ。
6分大井が坂田に抜け出されるも秀人がカバー。

7分村井→中山が頭で落とし成岡が右へサイドチェンジ。
太田→菊地が前に飛び出すもコントロールミスでシュート打てず。
8分相手スローインから加賀が坂田に突破されシュートを打たれるも川口セーブ。
9分成岡がDFの裏へスルーパス→中山が触る前にGKが飛び出しキャッチ。
ややスピードが・・・

13分大井が狩野に抜け出されクロスを入れられる。
14分大井がパスをカットされ、秀人がカバー。大井のミスが続く。
15分マルキ→太田の右クロスに中山がヘッドで飛び込むもDFクリアでCKに。
17分太田がドリブル→中山が右に流れリターンパス→太田のシュートは枠の上。
(遠藤の解説・・・太田はDFに向かってドリブルで仕掛けてからパスを出せば中山がフリーになった)

22分太田→中山が頭で落とし→前線に飛び出した菊地に通らずボールをカットされる。
27分太田→サイドに流れた中山へのスルーパスは流れてしまう。
太田→中山がスペースに飛び出すもGKキャッチ。
太田→菊地からのパスをカットされた中山が取り返しに行く。
33分村井のスローインから成岡のミドルシュートは左へ外れる。

35分中山が前線からプレス。相手にパスを出させない。
36分ファブリがミドルシュートもGKキャッチ。ここまでシュート3本。
クロスは入るがシュートまでいかない。押上げが足りずサポートなし。
40分坂田にドリブル突破からクロスを入れられるも大井がクリアでCKに。
ショートコーナーからクロスを入れられ中澤ヘッドも右に外れる。

42分大島のシュートは左へ外れ助かる。
43分村井の右足シュートはGKキャッチ。
44分村井のクロスに中山ヘッドも成岡には通らずカットされる。

後半も中山登場でホッとひと安心。

07041405

太田CK→中山が飛び込む→こぼれ球を太田ヘッド→成岡の右クロス→
中山がトラップしてシュートもDFに阻まれ→秀人のシュートは枠を外れる。
成岡→中山→加賀ドリブルしてパス→ワンツーパスが欲しかった中山と意志が合わず。
成岡がボールを奪われる→大井が坂田の突破を阻止。前半のミスを帳消し。
8分菊地→中山がぺナ内で倒される?倒れるもファールなし。

9分ファブリ→村井のクロス→中山が左足に合わせるもボールの上に乗ってしまい・・・
倒れながらもボールをキープしパス
→走り込んだ成岡のゴールで先制。

07041406  07041407

11分菊地→太田→中山ヘッドで落とし→太田→中山→太田のシュートはGKセーブ。
13分相手CKからボールを拾って成岡カウンター→村井のクロスに太田シュート打てず。
ファブリのクロスに中山ヘッドもボールは上へ→村井のシュートはミートせず。
15分ファブリ→中山が右クロス→DFクリア→成岡の左クロスを太田は空振り。
21分中山→船谷に交代。お疲れ様でした。

07041408

22分相手FKは川口パンチでセーブ。
中山の交代後、相手の反撃が続き、徐々に引き気味に。
こぼれ球を拾って太田、成岡、船谷でカウンター。
もうベンチに座って見ているどころではありません。
守備に貢献していた加賀が足を痛めた模様。加賀に声を掛ける中山。

07041409

何度もあったカウンターのチャンスで2点目を決めきれなかったものの、
ことごとく枠を外す相手のシュートミスに助けられ、1-0で試合終了。
バンザーイ!!

07041410

笑顔でサポに挨拶する選手達。
よく頑張って守り抜きました。
でも、もう少し上手に戦いたいですよね。

07041411

いわしんマンオブは秀人選手。
インタビューで一言「きつかった」と。
本当にお疲れ様でした。

07041412

2点目が決まっていればワッショイ!したと思うけど、
そんな気分にもなれず、帰り支度を優先。
もっとスカッとした気持ちで喜びたいものです。
今のチーム状況では贅沢かしら?

| | コメント (2)

2007/04/12

kazaru倶楽部

負けはしたものの土曜日の浦和戦で、いい内容の試合ができたと思えば、
昨日のナビスコ杯FC東京戦では、またまたミスのてんこ盛りだったとか。
引いた相手には、とことん弱いジュビロ何とかなりませんかね。
横パスやバックパスを奪われカウンター。失点後にガックリしちゃうのも、
シュートが枠にいかないのも、監督のこだわり采配も、いつもと同じ。

速報掲示板でつい笑ってしまった部分は、成岡のプレーがどうだったのかの質問に、

「カウンターの起点になってる・・・・・瓦斯の」

ダメじゃん(ーー;)

いつもより早い登場だった中山選手、横浜戦はどうかな?
期待しているんだけど。

070412

アレンジのレッスンがkazaru倶楽部としてRe.スタートしました。
そしてフラワーアートの新ブランド“kazaru”が今、名古屋のマダム達の間で
ブームになりつつあります。頑張れ、先生!!
マダムじゃない私は陰ながら応援するのみですが。
アレンジ写真の背景に映っているのが“kazaru”の新商品です♪

・カーネーション(ロイヤルグリーン)
・エビデンドロン
・ドラセナ
・黒い実(アート)
・バンリード

(花材費+器 3,500円)

| | コメント (0)

2007/04/05

ナビスコ杯横浜FC戦 0-1

気温もゲーム内容も、実に寒かった~。
体の震えを抑えるのが大変でしたよ。
ゴールの1つでもあれば少しは温まったのにね。

足元ばかりのパスが多く、連係もイマイチで何回ため息をついたことか。
サイドの突破は何度も見られたけど、クロスやシュートの精度を欠き無得点。
中山もせっかくのチャンスに結果を出せず残念でした。
2トップで勝ちたかった・・・。

■4月4日(水) 観衆8,896人(ヤマハ)

気になるスタメン・・・

FWはカレンと林の2トップでした。中山はベンチスタート。
カズさんと同じピッチに立てるのかどうか???

07040401

   カレン 林
 上田      太田
  マルキ ファブリ
村井 大井 茶野 犬塚
      川口

07040402

先発したカズさんに2階席からも声援が飛んでいました。
この笑顔は余裕の現れ?

07040403

気温6.9度。
アジウソン監督でさえもコートを着用。
控えは松井、鈴木、加賀、菊地、山本、船谷、中山。

07040404

ベンチに動きあり!
中山に急いで準備するようにと指示が出た模様。

あれ、もう交代ですか?

前半31分林→中山に交代。
思いがけず早い時間にチャンスが!
と思ったら、林は右太腿裏を痛めたようです(>_<)

07040405

好機を生かせず前半0-0で終了。

07040406

後半開始前、カズさんが中山のところへ歩み寄り握手。
見た瞬間、しまった!と。写真を撮り損ねてしまったので。
1分右サイドからの中山のパスを受けた村井がドリブルで勝負も、DFに阻まれる。

あっ、やられた!!2分アドリアーノのシュータリングが決まり痛い失点。
5分中山が倒されて得たFKをファブリシオが蹴るもGK正面。
8分太田のクロスをカレンのヘッドは枠の上。
9分犬塚の右クロスから中山が低い体勢からボレーも、右へ外れる。
11分村井→菊地に交代。菊地がボランチ、マルキーニョスが左サイドバックへ。

20分ファブリシオがドリブル突破からクロスも、カレンのヘッドは枠を外れる。
23分上田のCKから犬塚のダイビングヘッドも右に外れる。
30分マルキーニョスのロングボールに中山が飛び出すも、オフサイドの判定。

07040407

先制した相手はいつものウチと同じ作戦、守って守ってカウンター。
相手にゴール前を固められ、パスを回して回して回して・・・・・・
シュート打てよ!!って感じ。

36分犬塚→船谷に交代。菊地を右サイドバックへ。
攻撃的な布陣で攻め込むも、こじ開けられず。
ロスタイム3分も、相手のボールキープで試合終了。

07040408

早めにバスに乗ろうと、バックスタンドの上に出てAゲートへ。
人工芝グラウンドの横にある桜並木を通ってバス停へ。
21:26発の電車で帰宅。

07040409

| | コメント (0)

2007/04/02

分かってます!てば

千葉戦でのカレンのゴールが「巧」だったようですね。
やべっちFCを見忘れましたが、2ch掲示板を見て知りました。
おめでとう、カレン。あの動きを忘れないこと。

KICK OFFという番組で堀池さんがジュビロの序盤戦を分析。
まだ3試合終わった時点での収録で、磐田も清水も2勝1敗。
同じ勝率でも、清水との差は大きいと、はっきり言われてしまいました。
おまけに3連敗してもおかしくない仕上がり状態だと。
はい、その通りでございます。

前田に続き、西も離脱。
そんな緊急事態に、どうしたらいいかという話になり、
林と太田でスピードがある攻撃を。疲れてきたら中山を投入。
後ろはベテランで何とか踏ん張れば点を取れるチャンスも。

え~と、秀人もマコもケガしましたが(>_<)

そこで巧のワンポイント!「FWの補強」
FWの補強の方が早いですよと。
運動量、高さがあって体を張れるFWをと。

それは重々分かっていることなんですよね。
でも探しているけど見つからないのか、それとも探していないのか。
こちらは全く分かりませ~ん。

| | コメント (0)

静岡まつり

昨日は静岡まつりの最終日。
久しぶりに大御所花見行列だけでも見ておこうと、浅間通りまで自転車でひとっ走り。
ちょうどいいタイミングで行列がやって来ました。
携帯のカメラを持つ多くの観客に向かって笑顔で手を振り、ピースまでも。
とっても愛想のいい大御所役の渡辺徹さんでした。

ちなみに31日の大御所役は宇梶剛士さん。
昨年は太川陽介さんと大和田伸也さん。
最近はニュースでチェックしていただけですが、昔と比べて
ずいぶん感じが変わってニコニコ笑顔の家康公になりましたね。
あまりムスッとされても嫌ですけど。

0704011

こちらもニコニコ♪
御台所と上ろう役の静岡クイーンの女性達。

0704012  0704013

お祭りといえば、ペットショップにも可愛い動物がいっぱい(*^_^*)
販売するには少し赤ちゃん過ぎるとは思うんですけどね。
でもめったに見ることができないので一応チェック。

0704014  ロップイヤー 12,000円

0704015  ネザーランド 9,000円

まだ手の平に乗るほどの小さなウサギ達です。
連れて帰りたくなったけど、そこは我慢、我慢。

| | コメント (0)

2007/04/01

第4節 千葉戦 1-0

ビリでスタートしたチームが3連勝して現在5位!
名古屋、ガンバ、柏、清水、磐田。
エイプリールフールじゃないですよね。

内容が悪すぎるので試合後に文句ばかり言いたくなりますが、
やっぱり勝利することは本当に大事ですね。
なかなか勝てずにいたら、毎日が憂鬱で仕方がないですから。

土曜日の千葉戦、SBSの中継は柳下さんの解説でした。
1つ1つのプレーに、こうしたら良くなると、素人の私でも分かりやすい、
納得できるような解説でした。
選手達も是非この中継を見て、柳下さんのアドバイスに耳を傾けて欲しいものです。

・攻守の切り替えを早くすることが大切。
・攻守に渡ってサポートが必要である。
・動かないと、1つしかパスコースがない。(だから読まれてカットされる)
・2トップが両サイドに開き過ぎる。

・成岡が成長するためには、もっともっと動く量を増やさないと。
上手いけどボールを失うことが多いので、いい状態でボールを受けるようにすること。

中盤から前ならどこでもできるので動きで目立つように。

・犬塚のサイドをファブリシオやマルキーニョスがカバーに入るので、
中央の空いたスペースを成岡と上田が埋めていかないとフリーでシュートを打たれる。

・2トップがプレスに行く時、上田や成岡もプレスに行くべき。もっと連動しないと。
・足元へのパスが多いので、スペースへのパスが欲しい。
・人が動いてボールを動かすように。

・上田が動いて空いたスペースへ成岡が入ってあげれば、パスコースができる。
わずかな距離でも動くことが大切。

・犬塚は何度もボールを奪われるので、確実にキープしたい。
・前半残り2分、慌てずにキープして1-0で終わりたい。
・前半の磐田は足元のパスが多く、背後のスペースを突破することがなく
決定的なチャンスなし。
・千葉の方が中盤で奪って人数をかけてゴール前まで攻め込んでチャンスを作ったが、
ハンドやシュートミスで助かった。

・早く2トップのラインに犬塚が入ってしまうので、逆にスペースを潰している。
もう少し後ろのポジションから出て行ったら背後のスペースをつける。
前線に4、5人が入っているとダメ。

・成岡が左のスペースに出てクロス。GKにキャッチされるも、この動きを続けること。
・ファブリシオは1人で危険の芽を摘んでいる。
仕事量が多いので犬塚や上田がカバーしないと。

・千葉がボールを支配。水野をフリーにさせるのは厳しい。
・(上田から太田へのパスをカットされ)動きが1人だから、もう1人が動けばDFしにくい。
・(監督が村井にポジショニングの指示)アナ:何でしょうね?柳下:分かりません。
・スペースを作ると千葉のサッカーになる。できるだけ早く押し上げてコンパクトに。
・成岡は後半スペースに飛び出しチャンスを作った。(成岡→山本に交代)

・高い位置にいる山本は羽生をマーク?菊地と山本の位置が反対では?
・(防戦一方で)ここが踏ん張りどころ。
・(ずるずるDFラインが下がり)もっとラインを押し上げよう!
・(菊地がコーナーでキープ)もう1人行ってサイドでキープしたいですね。

・何とか逃げ切ったゲーム。でも勝つことで自信がつき、90分間の中で
いいプレーがもっと出てくると思う。
・2、3人で動いてできたスペースを使ってボールを運んでいる時はチャンスを作っている。
そういうプレーを増やせるとゲーム内容も良くなって勝ち点3が取れるようになってくる。
・後半の立ち上がり、成岡が相手の背後のスペースに飛び出してチャンスを作った。
もっともっとチームとして、そういうプレーを増やせれば2点目、3点目が取れると思う。

以上が柳下さんの主な解説。
カレンがボールを持ちDF2人に囲まれてもサポートがなかったですから。
チームとして、もっともっと連動した動きが必要ですね。

■3月31日(土) 観衆12,379人(ヤマハ)

静岡のさわやかでランチを済ませてから出発。
メンバー紹介が始まった頃にスタジアム到着。
サブメンバーのシュート練習には間に合いました。
そしてコールに応えて、中山がいつものポーズ!

07033101

スタメンは

   カレン 太田
 上田      成岡
  マルキ ファブリ
村井 大井 田中 犬塚
      川口

07033102

控えは松井、茶野、菊地、山本、船谷、林、中山。

そしてベンチのある変化に気づきました。

通訳が赤坂さんに交代(*^_^*)
バインダー片手に、しっかりと監督のサポートをしてくれそうです。

07033103

半袖のピチユニで張り切るファブリシオが素早いカバーリング。
前半6分、そのファブリシオが絶妙なロングパス→太田が右サイドを走り抜けクロス。
ゴール前に切れ込んだカレンの今季初ゴールで先制。
カレンと能活のゆりかごは残念ながら両方とも見逃しました。

07033104

アジウソン監督と内山コーチの間に入り、少し戸惑っている感じの赤坂さん。
内山コーチも指示を出したいんでしょうね。
でも黙っていて下さいと言われているような(ーー;)

07033105

14分水野のFKからヘッドが決まるも、オフサイドトラップをかけて助かる。
18分水野のミドルシュートはバーに当たり助かる。
27分右サイドを破られ中央からシュートが決まるも、巻のハンドで助かる。

37分相手CKからの競り合いで田中が右ひざ裏を痛め、40分茶野と交代。
中盤を抑えられサイドを崩されるも、前半1-0で終了。

07033106

交代を告げられた菊地が飛び跳ねるような勢いで控え室へ。
後半10分村井→菊地に交代。マルキが左サイドバックへ下がり、菊地がボランチへ。
最後のカードを切るためベンチが動くも、中山は窓から戦況を見つめたまま。
ケガのため今週は別メニューを続けていた山本が準備。そんなのあり???
24分成岡→山本。

前を減らして1点を守り切る作戦らしい・・・。

追加点を取って逃げ切ることは考えないのね。
ロングボールから中山の落としが必要だと思ったのに。
質の高い動きも見たかった、残念です、悔しいです。

07033107

山本の入ったポジションが違うと、ベンチが大慌て。
菊地より下がった位置に入って欲しかったようです。
もう内山コーチも黙っていられません。立ち上がって指示。

07033108

この交代でバランスが崩れ防戦一方。
試合はグラウンドの半分で行われています。
カウンター攻撃だけが頼りなのに、そのチャンスも生かせず。
攻め切れずに相手のカウンターを受けたり・・・。

07033109

ロスタイム2分、コーナーで時間稼ぎ。
ところがそのキープも失敗。全く下手くそなんだから(ーー;)
最終ラインの踏ん張りで何とか1点を守り切り、1-0で試合終了。

先発フル出場の大井が集中した守備で巻を抑え、体を張って何度もクリア。
サポのコールに応えてエンブレムをつかんでアピール。
完封できて嬉しかったんでしょうね。

我慢だぁぁぁぁぁぁ!と、いい準備をしてくれていた茶野も落ち着いた守備で貢献。
お疲れ様でした。

07033110

いわしんマンオブは、ゴールを決めたカレン。
インタビューの後、珍しくゴール裏の近くまで挨拶に。
「3連勝はサポーターのおかげです!」

07033111

内容はともかく、完封勝利でリーグ3連勝。
ワッショイして喜ぶ周囲をただじっと見つめる私。
負けている展開の方が出番あり???

不機嫌だったところに、思わぬお口直しのような出来事が。
ベンチメンバーがフィジカルコーチの指示を聞いています。
何かが始まりそうです♪

07033112

ゆっくりジョギング開始。

07033113

ウオークの後、ダッシュ!

07033114

ダッシュ、ダッシュ、ダッシュ!!
負けるな中山!

07033115

この日のメインイベントが終わるのを見届けてから帰宅。

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »