« 初めての機種変更 | トップページ | 静岡まつり »

2007/04/01

第4節 千葉戦 1-0

ビリでスタートしたチームが3連勝して現在5位!
名古屋、ガンバ、柏、清水、磐田。
エイプリールフールじゃないですよね。

内容が悪すぎるので試合後に文句ばかり言いたくなりますが、
やっぱり勝利することは本当に大事ですね。
なかなか勝てずにいたら、毎日が憂鬱で仕方がないですから。

土曜日の千葉戦、SBSの中継は柳下さんの解説でした。
1つ1つのプレーに、こうしたら良くなると、素人の私でも分かりやすい、
納得できるような解説でした。
選手達も是非この中継を見て、柳下さんのアドバイスに耳を傾けて欲しいものです。

・攻守の切り替えを早くすることが大切。
・攻守に渡ってサポートが必要である。
・動かないと、1つしかパスコースがない。(だから読まれてカットされる)
・2トップが両サイドに開き過ぎる。

・成岡が成長するためには、もっともっと動く量を増やさないと。
上手いけどボールを失うことが多いので、いい状態でボールを受けるようにすること。

中盤から前ならどこでもできるので動きで目立つように。

・犬塚のサイドをファブリシオやマルキーニョスがカバーに入るので、
中央の空いたスペースを成岡と上田が埋めていかないとフリーでシュートを打たれる。

・2トップがプレスに行く時、上田や成岡もプレスに行くべき。もっと連動しないと。
・足元へのパスが多いので、スペースへのパスが欲しい。
・人が動いてボールを動かすように。

・上田が動いて空いたスペースへ成岡が入ってあげれば、パスコースができる。
わずかな距離でも動くことが大切。

・犬塚は何度もボールを奪われるので、確実にキープしたい。
・前半残り2分、慌てずにキープして1-0で終わりたい。
・前半の磐田は足元のパスが多く、背後のスペースを突破することがなく
決定的なチャンスなし。
・千葉の方が中盤で奪って人数をかけてゴール前まで攻め込んでチャンスを作ったが、
ハンドやシュートミスで助かった。

・早く2トップのラインに犬塚が入ってしまうので、逆にスペースを潰している。
もう少し後ろのポジションから出て行ったら背後のスペースをつける。
前線に4、5人が入っているとダメ。

・成岡が左のスペースに出てクロス。GKにキャッチされるも、この動きを続けること。
・ファブリシオは1人で危険の芽を摘んでいる。
仕事量が多いので犬塚や上田がカバーしないと。

・千葉がボールを支配。水野をフリーにさせるのは厳しい。
・(上田から太田へのパスをカットされ)動きが1人だから、もう1人が動けばDFしにくい。
・(監督が村井にポジショニングの指示)アナ:何でしょうね?柳下:分かりません。
・スペースを作ると千葉のサッカーになる。できるだけ早く押し上げてコンパクトに。
・成岡は後半スペースに飛び出しチャンスを作った。(成岡→山本に交代)

・高い位置にいる山本は羽生をマーク?菊地と山本の位置が反対では?
・(防戦一方で)ここが踏ん張りどころ。
・(ずるずるDFラインが下がり)もっとラインを押し上げよう!
・(菊地がコーナーでキープ)もう1人行ってサイドでキープしたいですね。

・何とか逃げ切ったゲーム。でも勝つことで自信がつき、90分間の中で
いいプレーがもっと出てくると思う。
・2、3人で動いてできたスペースを使ってボールを運んでいる時はチャンスを作っている。
そういうプレーを増やせるとゲーム内容も良くなって勝ち点3が取れるようになってくる。
・後半の立ち上がり、成岡が相手の背後のスペースに飛び出してチャンスを作った。
もっともっとチームとして、そういうプレーを増やせれば2点目、3点目が取れると思う。

以上が柳下さんの主な解説。
カレンがボールを持ちDF2人に囲まれてもサポートがなかったですから。
チームとして、もっともっと連動した動きが必要ですね。

■3月31日(土) 観衆12,379人(ヤマハ)

静岡のさわやかでランチを済ませてから出発。
メンバー紹介が始まった頃にスタジアム到着。
サブメンバーのシュート練習には間に合いました。
そしてコールに応えて、中山がいつものポーズ!

07033101

スタメンは

   カレン 太田
 上田      成岡
  マルキ ファブリ
村井 大井 田中 犬塚
      川口

07033102

控えは松井、茶野、菊地、山本、船谷、林、中山。

そしてベンチのある変化に気づきました。

通訳が赤坂さんに交代(*^_^*)
バインダー片手に、しっかりと監督のサポートをしてくれそうです。

07033103

半袖のピチユニで張り切るファブリシオが素早いカバーリング。
前半6分、そのファブリシオが絶妙なロングパス→太田が右サイドを走り抜けクロス。
ゴール前に切れ込んだカレンの今季初ゴールで先制。
カレンと能活のゆりかごは残念ながら両方とも見逃しました。

07033104

アジウソン監督と内山コーチの間に入り、少し戸惑っている感じの赤坂さん。
内山コーチも指示を出したいんでしょうね。
でも黙っていて下さいと言われているような(ーー;)

07033105

14分水野のFKからヘッドが決まるも、オフサイドトラップをかけて助かる。
18分水野のミドルシュートはバーに当たり助かる。
27分右サイドを破られ中央からシュートが決まるも、巻のハンドで助かる。

37分相手CKからの競り合いで田中が右ひざ裏を痛め、40分茶野と交代。
中盤を抑えられサイドを崩されるも、前半1-0で終了。

07033106

交代を告げられた菊地が飛び跳ねるような勢いで控え室へ。
後半10分村井→菊地に交代。マルキが左サイドバックへ下がり、菊地がボランチへ。
最後のカードを切るためベンチが動くも、中山は窓から戦況を見つめたまま。
ケガのため今週は別メニューを続けていた山本が準備。そんなのあり???
24分成岡→山本。

前を減らして1点を守り切る作戦らしい・・・。

追加点を取って逃げ切ることは考えないのね。
ロングボールから中山の落としが必要だと思ったのに。
質の高い動きも見たかった、残念です、悔しいです。

07033107

山本の入ったポジションが違うと、ベンチが大慌て。
菊地より下がった位置に入って欲しかったようです。
もう内山コーチも黙っていられません。立ち上がって指示。

07033108

この交代でバランスが崩れ防戦一方。
試合はグラウンドの半分で行われています。
カウンター攻撃だけが頼りなのに、そのチャンスも生かせず。
攻め切れずに相手のカウンターを受けたり・・・。

07033109

ロスタイム2分、コーナーで時間稼ぎ。
ところがそのキープも失敗。全く下手くそなんだから(ーー;)
最終ラインの踏ん張りで何とか1点を守り切り、1-0で試合終了。

先発フル出場の大井が集中した守備で巻を抑え、体を張って何度もクリア。
サポのコールに応えてエンブレムをつかんでアピール。
完封できて嬉しかったんでしょうね。

我慢だぁぁぁぁぁぁ!と、いい準備をしてくれていた茶野も落ち着いた守備で貢献。
お疲れ様でした。

07033110

いわしんマンオブは、ゴールを決めたカレン。
インタビューの後、珍しくゴール裏の近くまで挨拶に。
「3連勝はサポーターのおかげです!」

07033111

内容はともかく、完封勝利でリーグ3連勝。
ワッショイして喜ぶ周囲をただじっと見つめる私。
負けている展開の方が出番あり???

不機嫌だったところに、思わぬお口直しのような出来事が。
ベンチメンバーがフィジカルコーチの指示を聞いています。
何かが始まりそうです♪

07033112

ゆっくりジョギング開始。

07033113

ウオークの後、ダッシュ!

07033114

ダッシュ、ダッシュ、ダッシュ!!
負けるな中山!

07033115

この日のメインイベントが終わるのを見届けてから帰宅。

|

« 初めての機種変更 | トップページ | 静岡まつり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初めての機種変更 | トップページ | 静岡まつり »