« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/12/31

きんとん

黒豆と田作り以外に、きんとんも作ってみました。
はなまるで紹介された作り方を参考にして。
ハンディ・フードプロセッサーと電子レンジで簡単に。

061231

年越しそば用に、芝川の生そばを伊勢丹で購入。
(2人前300円×2)
夕食は、ざるそばと桜海老の天ぷら。

錦玉子を作ろうと思ったけど、時間切れでした。
天神屋のおせちも取り寄せたので、取り敢えず正月の準備は完了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/25

天皇杯準々決勝・浦和戦

中山の欠場で迷ったんですけど、やっぱり最後まで付き合いたいなと思って、
土曜日は埼玉スタジアムへ行って来ました。
で、本当に今年のラストゲームになったわけですが、行ってよかったなと思います。

残念な結果でしたが、あの若いメンバーで最後までよく頑張りました。
まだまだ気持ちの面でも技術の面でも、足りない部分が多くて不満ばかりだけど、
この経験をぜひ来年に生かして欲しいですね。
勝ち切るためには何が必要なのか、しっかりと反省して。
同じミスを繰り返しているうちは、タイトルは絶対に獲れませんから。

「We are Redes! We are Redes!」
はいはい、何度も言わなくても分かっていますから~。
今や時代はレッズですよ。レッズ中心でJリーグが動いていますから。
あーあ、PK戦に入る前にビシッと決着つけたかったですね。
カレン、あの空振りはありえないですよ~(>_<)

■12月23日(土) 観衆27,242人(埼玉)

11:30浦和美園駅に到着。
シャトルバス(100円)の誘惑に負けそうになるも、歩いてスタジアムへ。

   西   前田
福西       太田
 ファブリシオ 菊地
上田 金 鈴木 犬塚
     佐藤

控えは松井、大井、船谷、成岡、西野、カレン。(ベンチ外・ユースの山本康裕)

06122301

前半31分犬塚のクロスに前田のヘッドで先制。
ドンピでした♪

06122302

後半1分上田のクロス→前田ヘッドで落とし、走り込んだ福西ボレーで2点目。
ここまでは良かったのですが・・・。

9分に永井ヘッドで失点、2-1。
18分に小野ヘッドで失点、2-2の同点。
25分西→船谷に交代。
32分福西→大井に交代。3バックに変更。

鈴木が足を痛めた直後、35分また小野に決められ、2-3と逆転される。
36分こぼれ球を犬塚シュートで3-3の同点に。よくやった、ワンちゃん!
37分鈴木→カレンに交代。4バックに変更。
そして3-3のまま延長戦へ。

06122303

延長後半、前田とカレンが決定機を外し、決着つかず。
PK戦へ突入。磐田は後攻。
1人目の前田がグラウのような助走で、まず成功。
4人目の酒井を佐藤が阻止。やったー!と喜ぶも蹴り直しの判定。
録画で確認しても、早く動いた感じではないんですけどね。

8人目の菊地が成功してニッコリ笑顔で列に戻る。
9人目の大井がサポに盛り上げるようにアピール。
そして10人目の犬塚が左に外してしまって試合終了。

ジュビロはファブリシオ以外、全員左サイドネットへ。
みんなPKが上手でビックリでした。落ち着いていましたね。
気合を入れすぎないことも大事なのかしら?

1人目・・・小野○左下/前田○左下
2人目・・・山田○右下/太田○左上
3人目・・・ポンテ○左下/金○左上
4人目・・・酒井×左を阻止→蹴り直し○右上/上田○左上
5人目・・・長谷部○左下/ファブリシオ○中央
6人目・・・都築○中央/船谷○左下
7人目・・・内館○右上/カレン○左上
8人目・・・鈴木○右上/菊地○左下
9人目・・・坪井○左上/大井○左上
10人目・・・細貝○中央/犬塚×左へ外す

試合後、ファブリシオが蹴り直しの判定に対して主審に抗議。
警告累積のレッドカードで来年の開幕戦に影響あるかも。
最後の最後になんてこったい!な出来事でした。

帰りは浦和美園駅前のイオンタウンで食事をしてから新幹線で帰宅。
発車2分前のひかりに飛び乗り、最後まで諦めない大切さを実感(*^^)v

*デジカメ電池の充電は忘れずに!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

門松作り

世間ではクリスマスですが、我が家では正月準備。
昨日は主人と一緒に門松作りに挑戦してきました。
場所は藁科都市山村交流センター。

テーブルの上に用意されていた材料がこちら。(1組1,000円)

06122401

・丸い竹筒の中に砂を入れ、高さを調節してから3本の竹を入れる。
・隙間にオアシスを入れる。
・松、蝋梅、千両、菊、松かさ、稲穂をバランスよく挿していく。

06122402

左が私の作品、右が主人の作品。

我が家の玄関には、クリスマス用アレンジと門松が同居中(^_^;)

061221

・ヒムロスギ
・ユリ(ブラックアウト)
・オールドローズ(ザ・プリンス)
・スプレーストック
・チョコレートコスモス
・リボン、松かさ、雲竜柳

(花材費 3,700円)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/16

VHSからDVDへ

ようやくDVDレコーダーを購入しました。
近所の電気屋さんと相談して、使い方が分かりやすいという理由で、
パナソニックのDIGA(ディーガ)に決定。
HDD容量は迷った結果、やはり400GBのタイプに。
今年4月に発売されたばかりでも、すでに旧製品扱いのDMR-EX350。

HDDに録画しなくても、直接DVDにも録画できるタイプ。
新製品には付いてない機能で、これがあると便利だと聞いたけど、さて?
日本製のレコーダーというのも貴重らしいけど、さて?
ネットで見る価格より高めでしたが、やっぱり量販店より
町の電気屋さんが頼りになるということで。

取り付けてもらったばかりの昨夜は、スポパラとFORZA!Jubiloを録画。
まだ心配だったのでVHSと同時録画で(^_^;)
VHS録画は番組を見ながらCMの部分だけ一時停止して。
DVDレコーダーへはアナログ放送を予約録画で。
FORZAはゴンちゃんが出演するので標準モードで。

HDDに録画すると、編集がとても楽なんですね~。
30分番組のスポパラは不必要な部分をカットしたら、わずか2分に。
そして15分番組のFORZA!Jubiloは11分に編集できました。

今後は、これらを保存しておくためにDVDにダビングするわけですが、
1枚のDVDには標準の録画モードで2時間。長時間モードで4時間。あるいは6時間。
DVDもかなり枚数が必要になるんですね、驚きました。
家にあるVHSテープをDVDにダビングした場合、いったい何百枚必要に?
全部は無理かな。ダビングが完成する前にレコーダーが壊れたら大変。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/10

天皇杯5回戦・大宮戦

シュート1本、CKゼロでも準々決勝進出!
こんな勝利でも次に進んでいいんでしょうか。
天皇杯はトーナメントなので勝てばいいんだけど、それにしても内容がひどすぎます。
来季のことを考えると非常に心配。福岡vs神戸、他人事ではないですね。
さて23日の埼玉はどうしましょう?

■12月9日(土) 観衆4,328人(ヤマハ)

川口が鹿島戦で負傷(左ひざ内側側副じん帯損傷)したため、
佐藤が255日ぶりの先発出場。控えは八田。
ゴール裏サポから2人に何度も大きな声援が飛んでいました。

06120901

控えメンバーの鳥かご。森下、服部、中村、西、西野、中山。
最近ベンチ入りが続いている豪君がとても楽しそうでした。
でも本当に移籍しちゃうのかな?

06120902

中山コールに応えるも、少し渋い顔でした。
気合が入っていたのかな。
前半の途中、アップも皆より早めに始めたので。

06120903

スタメンは、鹿島戦での惨敗から再び4バックに戻して

      前田
船谷   福西   太田
 ファブリシオ  菊地
上田 大井  鈴木 犬塚
      佐藤

06120904

鹿島戦でJ通算350試合出場を達成した服部に花束贈呈。
おめでとうございます♪

06120905

雨のため、ゴール裏1階席を選択。
何とかスペースにもぐり込んで応援できました。
周りに結構ユニークなサポがいて、その点は楽しめたけど、試合の方は(ーー;)

相手チームを「ク○ったれ!」と叫び続ける男子。
腹の底から大きな声で応援コールをする女子。その声が羨ましい。
前田コールの度に「店長~♪」と付け足す女子(笑)。
西の行動を観察し、突っ込みを入れる女子。
途中からあるブロガーさんもやってきました。はは~ん、この人ね(*^_^*)

前半の立ち上がりは大宮ペース。
1分小林のFKはわずかに外れる。7分藤本のシュートは佐藤がセーブ。
徐々にリズムを取り戻すも、守りを固める相手に苦戦。
ボールを回すだけで、前線にスペースがなくパスの出しどころなし。
ミスしてカウンターを受けるという場面が目立ちました。

相手のシュートミスに救われ、前半0-0で終了。

06120906

後半から船谷→西に交代。
11分前田が相手DFに囲まれながらドリブルでボールをキープ。
そのこぼれ球を拾った西のシュートで先制点。
特に喜ぶこともなく、普通に戻っていく西。
試合前のシュート練習でキレキレだった西がしっかりと決めてくれました。

06120907

ファブリシオvs藤本。
そこへ秀人が登場。さらに熱くなるんじゃないかと心配したけど、
公式レポに「鈴木が主審をなだめにいく」と書いてありますね(^_^;)

06120910

30分福西→服部に交代。上田を上げて服部が左サイドバックへ。
終了間際にアップルームから出て来て、試合を見つめる中山。
ロスタイムになると、終了の笛が鳴る前に中へ入ってしまいました。
怒ってるんでしょうね。

06120908

DF陣とGK佐藤が最後まで体を張って守り切り、1-0の勝利。
試合終了の笛と同時に両手を挙げて雄叫びを上げる男子。
純粋に勝利を喜ぶことができる人って幸せですよね。
ワッショイするほどの試合じゃないので私はパスしましたけど。
このままでは、勝利はどこまでも続かないわよ。

06120909

1本前の電車にわずかに乗り遅れ、16:04発に乗って帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/07

ふんわり名人

アレンジのレッスンで、うまいもん情報をゲットしてきました!
越後製菓の「ふんわり名人 きなこ餅」。
ネット注文で箱買いしたという人からのおすすめで、試食させていただきました。
南海キャンディーズのしずちゃんが、はなまるの“おめざ”で紹介。
すでに大人気で、かなり出遅れている感じですが、一応お知らせまで(*^_^*)

他の生徒さんは、お正月用のアートフラワーアレンジ。
私は一人だけ生花のアレンジ。
一足も二足も早く、春の花・チューリップをメインに♪

061207

・チューリップ
・アルストロメリア
・スプレーストック
・モンステラ
・ニューサイラン

(花材費 3,000円)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ショパンの秋

昨夜は静岡音楽館AOIで開催されたシェバノワのピアノリサイタルへ。
主人の誘いで行ったのですが、客層としては年配の女性がとても多かったです。
どこかで聞いたことがあるかな?程度の知識でしたが、やはり生演奏は素晴らしい!
彼女の美しく、力強い演奏に何度も拍手を送りました。
感激して「ブラボー♪」と叫んでいた男性も。

主人はというと、やっぱりヤマスタへ行く方が楽しいと言っていました(^_^;)

*シェバノワさんの体調不良により、Bプログラムを変更して演奏。

ショパン
バラード第1番 ト短調 op.23
舟歌 嬰ヘ長調 op.60
ワルツ第6番 変ニ長調 op.64-1「小犬」
ワルツ第7番 嬰ハ短調 op.64-2
ワルツ第8番 変イ長調 op.64-3
3つのエコセーズ op.72-3
  1. ニ長調 2.ト長調 3.変ニ長調
ポロネーズ第6番 変イ長調 op.53「英雄」

     ◆15分間の休憩

ショパン
即興曲 第1番 変イ長調 op.29
即興曲 第2番 嬰へ長調 op.36
即興曲 第3番 変ト長調 op.51
幻想即興曲 嬰ハ短調 op.66
マズルカ第30番 ト長調 op.50-1
マズルカ第31番 変イ長調 op.50-2
マズルカ第32番 嬰ハ短調 op.50-3
バラード第4番 ヘ短調 op.52

アンコール曲は不明。知識がないので・・・(^_^;)

彼女のCDを買って来なかったので、今日は図書館で「ベスト・オブ・ショパン」
アルトゥール・ルービンシュタインのCDを借りてきました。
そのCDにはプログラムのラスト曲が1つだけ入っていました。
(バラード第4番 ヘ短調 op.52)
そのCDを聞きながらブログを書いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/04

第34節 鹿島戦 0-3

今季2度目の完封負けでしたね。遠征された皆さん、お疲れ様でした。
でもまあ、こんなもんでしょ、実力的には。
若いメンバー中心なので、ひたむきに走らなければ勝てませんよね。
それにやっぱり福西のやる気次第ということでしょうか。
何ですか、あのキャプテンマークの付け方は。リストバンドじゃないんだから。

リーグ戦17勝7分け10敗、試合内容を考えれば5位は上出来だったかもしれません。
開幕当初、私が立てた目標がJ1残留だったので一応、目標達成!
アジウソン監督就任後、降格の危機は脱したものの来季への不安は変わらず。
天皇杯で、その不安を少しでも払拭して欲しいものです。
大宮に勝てるかしら。

■12月2日(土) 観衆16,433人(カシマ)

4:55起床、6:22発のこだまで出発。
7:40東京駅着。集合場所の丸の内南口へ。
今回はQBK鹿島遠征バスツアーで鹿島に乗り込みました。

06120201

バスから降りると、ヒンヤリと風が冷たかったです。
お昼は、モツ煮込み(大)とおむすび1個。残りの1個は夕食用に。
日向でまったり時間潰しをしていると、続々とジュビサポが到着。
連勝中なので、みんな期待して来ちゃったのね~。

控えメンバーが楽しく鳥かごゲーム。

06120202  06120203

スタメンは

   前田 太田
     福西
上田        犬塚    
 ファブリシオ 菊地
 大井 鈴木 茶野
     川口

06120204

キックオフされたのに、お菓子を食べ続けて応援する人がいて、
あんまり驚いたので記念に撮影(^_^;)
一応ゴール裏です。

06120205

立ち上がりから攻め込まれる展開でした。
それでも最初は上手く守ってカウンター狙いだったのかな。
スカパー解説の遠藤さんによると、磐田は新井場を警戒し、逆サイドへ追い込み
相手に右から攻撃させる作戦だった模様。

ところが前半24分、上田のスローインを受けた福西が軽いプレーでボールを奪われると、
そこから細かいパスで繋がれ、本山からフリーの野沢にシュートを決められ失点。
26分アレックスミネイロと競り合った大井が頭から落下。
鈴木が審判に抗議に行くと、福西も審判に何気なく体当たり。
29分ファブリシオから上田がミドルシュートも右に外れる。

DFを交わしてファブリシオがミドルを狙うも、GKセーブでCKに。
35分犬塚のクロスから福西が胸トラップでシュートも、GKセーブでCKに。
上田のショートコーナー→太田のクロスで再びCKのチャンス。
ここで同点にしておきたかったですね。

40分大井のバックパスが鈴木に合わず、川口も飛び出し・・・(>_<)
アレックスミネイロのループシュートを茶野がヘッドでクリア。
前半0-1で終了。

後半から福西→船谷に交代。
1分マークの甘さから野沢にミドルを綺麗に決められ0-2。
出鼻をくじかれた感じ。

06120206

クロスを入れても前田の前でDFに跳ね返されるだけ。
前田のポジショニングの悪さを遠藤さんが何度も指摘していました。
2列目の飛び出しもないし、ミスからボールも奪われるし・・・。
16分アレックスミネイロのシュートを川口がセーブ。
この時に左ひざを痛めるも、まだまだピンチは続く。

21分自ら×サインを出した川口→佐藤に交代。
川口は最後の最後でリーグ戦フル出場達成を逃す。
お疲れ様でした。ケガの具合が気になりますね。

06120207

1点でも返そうと反撃するも、犬塚がチャンスを潰しまくり大ブーイング。
26分菊地がボールを奪われ、最後は大井が交わされ野沢ハットトリックで0-3。
交わされたら終わりなので、あの場面でDFは1発でいってはダメらしい。

30分菊地→服部に交代。服部はJ通算350試合出場達成。
交代枠終了でガックリ。
ウオーミングアップを続けていた中山も気になって試合を見つめていました。

06120208

突破を興梠に邪魔された鈴木が切れる。
若い興梠も負けていないので、さあ大変。
秀人、落ち着いてー!やめてー!!
43分イエローカードが自分だけに出て、さらに怒る。
これ以上抗議すると退場になるからやめてーーー!

06120209

服部がピッチにいてよかった・・・。

06120210

ついに中山がアップをやめてベンチ横へ。

06120211

太田に向かって手を叩きながらゲキを飛ばす。
試合終了の笛が鳴ると、後ろのコンクリートの壁を拳で叩き
控え室へと戻っていきました。
そんな姿を見て、切ない気持ちでいっぱいに。

06120212

この敗戦が、いい薬になればいいんですけどね。

06120213

試合後は、ツアーバスで鹿国を脱出。
東京20:06発のひかりで帰宅。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »