« 中山トークショー | トップページ | トークバトル(後半) 9.18 »

2006/09/20

トークバトル(前半) 9.18

どんな派手なポーズで登場か?!と思ったら、中山さん普通に登場。

中山:今日はカレンの良い所を引き出していかないと。これからチームを引っ張っていく男だから。

カレン:お願いします。

★まずは恒例11の質問から

Q1.昨日の川崎F戦の勝利は満足できる戦いだった。(中山NO、カレンYES)
Q2.昨夜のスポーツニュース、今朝のスポーツ新聞には目を通した。(2人ともYES)
Q3.キット勝つフラッグが作られたエピソードを知っている。(2人ともNO)
Q4.アウェーの国内遠征は好きだ。(中山YES、カレンNO)
Q5.オフの日は部屋にいることが多い。(2人ともYES)
Q6.最近はまっていることがある。(2人ともNO)
Q7.チームメイトの面白い特技(弱点)を知っている。(2人ともYES)
Q8.若手に、中心選手に、それぞれ言っておきたいことがある。(中山YES、カレンNO)
Q9.自慢できるゴールがある。(2人ともYES)
Q10.ターニングポイントになったゲームがある。(2人ともYES)
Q11.ジュビロのサッカーは確実に前に進んでいる。(2人とも少し考えながらYES)

★キット勝つフラッグ

中山:受験生の間でキットカットがお守りになっていることは聞いたけど最近だよね。「キット勝つ」って言ったのは俺が最初に言ったと思う。93年Jリーグに昇格した時、ユニホームの発表会見で「熱する(ネッスル)思いで、きっと勝つ(キットカット)!」って。

ネスレさんには、ずーっとスポンサーになっていてもらわないと。やめたら(キット勝つを)消さなきゃいけないってことですよね。頼みますよ、ネスレさん。

★コーヒーの匠

中山:どっちかというと深入りですね。甘い方が好きなんですよ。
カレン:僕も甘党なんで。ブラックはまだ。
中山:まだまだ子供だからね~。カレン今何歳?
カレン:21です。
中山:ということは・・・高校の時?あの頃だったらカレンなんて簡単に抜いてたね。フェイントいらずで。

★川崎F戦について

中山:結果は満足しているけど、失点場面は満足できないね、甘さが出てしまって。先制点もしっかり繋いでいれば取られなかったんじゃないかな。でも見ている人達には雨の日でも来て良かったと思えるゲームだったと思う。

我那覇いいシュート打ったね~。能活かなり悔しかったと思うよ。

★福西のシュートについて

中山:今日新聞見たら9本も打ってたからね。決めて欲しいけど、そこに持っていくまでの技術、ポジショニングが上手いから。あれが毎試合できればなあって!

中西:でも、決めてくれよ!っていう場面もあったのでは?
カレン:多少ありましたけど。

中山:不運だったのはボールが左側に行き過ぎたので。入った点もビビリましたよ。ドーン!ってゴール越しちゃうと思いましたからね。何度ベンチで立ち上がったか。

★今シーズンの川崎について

中山:ジュニーニョは抜け目ないし速い。我那覇も見逃せない存在に。
中西:我那覇は4年くらい我慢して、やっと目が出た選手。今25ですけど。
中山:25なの?!若いね~!!25か。

★今季リーグ初ゴール

中山:何で取れなかったのかな。チャンスがなかったわけじゃないし。とりあえず今年1点取れたんでホッとはしてますけどね。
中西:昨日のヘディングシュートは、中山さんらしいゴールでしたね。
中山:首が痛いんだけどね、かなりね。
中西:なかなか反応できないですよ。
中山:そう?あれは当たり前の反応なんだけど。足より頭の方が正確だからね。

★カレンの同点ゴール

中山:カレンの同点ゴールがなければ。大きいねえ、ニアに走り込んで足を出したら当たっちゃったらしいですよ。
中西:当たっちゃったんですか?
カレン:当たっちゃいました。
中西:足の裏ですか?
カレン:先っぽ。

★カレンのアシストをした服部

中山:いいボールだったね~。ハットも色々文句言われて怒ってましたけどね。新潟戦でブーイング食らって。勝ってんのにさ!何で俺だけブーイングなのさ!って寂しい気分になったらしいよ。
中西:ハットは東海大学の時代からクロスは上手かったよね。
中山:中退だけどね。だからまた復学するんじゃないの?まだ単位は残っているわけだから。
中西:人の人生設計まで。
中山:人のこと心配している場合かよ!!って(爆)。

★カレンへアドバイス

カレン:クロスに入るのが苦手で。
中西:何で苦手なの?
カレン:怖いから。
中山:致命的だね!!
中西:恐怖心をなくすためには?
中山:何も考えないことだよ。
中西:何が怖いの?
カレン:足の裏が・・・。
中西:サッカーだよ。

中山:でも頭から行くと危ないよ。俺も失明の危機に陥ったから。蹴られると痛いよ目は。頭から行かなくても技術、タイミング、ポジショニングを会得すればいい。クロスを上げる人の特徴を体で覚えていかないと。

カレン:考え込む。

中山:クロスに突っ込まなくても、自分で打開していく力を持ってるから。スピードあるもん!だから隣に船谷でもいりゃーいいじゃないの!!船谷が一緒なら何でもできると思うよ、こいつは。練習終わった後に一緒に走ってて、ふにゃ~って気持ち悪いんだよ、お前ら!

中山:あとは人生ゲームやってんだろ一緒に。ボード盤の。船谷とどっちが人生設計をうまくいくかっていうのを人生ゲームでやってんだよ。こいつら、おかしいんだよ。

★オフの日の過ごし方は

カレン:友達の部屋で。寮が窮屈だから、友達は部屋にいないけど。
中西:何をしてるんですか?
カレン:1人でDVDとか見たり。帰ってきたら「お帰り~」って。
中西:大丈夫ですかね、中山さん?
中山:最近の若いもんはね~。

どんなDVDを見ているか聞かれても何も応えられないカレンに・・・

中山:見てねーんじゃねーの。困るような質問すんなよ。映画じゃないかもしれないじゃねーかよ。若いんだぞ!色々あんだよDVDにも。太田ヨシもね、よく地元のTUTAYAで「太田じゃない?」って言われた瞬間に返却しにいったらしいよ。苦労してるって。

★中山家へご招待?

中山:ウチは会費制だもん。会員にならないと入れないから。
中西:先輩の家にご飯とか食べに行かないの?
カレン:ないですね。
中山:じゃあ、いいよ。くりゃーいいじゃん!じゃあ今度メシ食おう、な。
中西:ご飯食べたりしないの?
中山:寮の栄養バランスを考えた食事を食べずに外食するのはいかがなものかと。若いうちはそういう食生活をしていないと体作りがしっかりできないから。それに若手に気を使わすのも嫌だと思うから俺は。(年齢が)離れすぎているんだもん。

カレンは茨城の実家へ帰ることもある

中山:お母さん大好きだもん。お母さんも大好きだし、めちゃくちゃ仲いいからね。
中西:お母さんの料理は好きですか?
カレン:さすがに好きです!
中西:その形容詞は間違いですから(爆)。

★藤田俊哉の相槌

中山:プライベートは結構無口だからね俺。聞き役だね。俊哉が1番しゃべる。俊哉は相槌が早いんだよ。「うんうんうんうんうん・・・・」どんどん早口になる。電話でも「うんうんうんうん、そうだね頑張ろうね、じゃあね。ガチャン!」って。相槌が凄い。でも話しやすいんだよ。

中西:逆に福西は相槌打たないよね。
中山:福西はもう超マイペース。俊哉もある意味マイペースだから。
中西:中山さんは静かですよね。
中山:人の話を聞いてね、それをどこかで話そうと聞いてるんだよ。ネタを拾わないと。

★国内遠征について

中山:どっちかっていうと好きだけど、長い移動をすると体が固まっちゃうから移動はあまり好きではない。川崎は散歩するところがないので、とっても楽しくない。
中西:どういう散歩コースが理想?
中山:川とか。生物がいっぱいいそうな川がいい。亀とかね。浜松いっぱいいるよ!アクトシティの近くの川にも亀がすげーいる。ご利益ないけどね。おっ!って思うものが欲しい。蛇とかね。怖いんだけど、ぎょっ!とするじゃん。

中西:でも昨日ちゃんと点取ったから川崎もいいじゃないですか。
中山:何も見なかったけどね。(思い出して)○○本が落ちてた。あれか~やっぱ!(爆)

カレンは移動中に雑誌を読んでいる。それも先輩が買った雑誌を。

中山:こぼれ球を狙ってるからね常に。
中西:サッカー雑誌は?
カレン:それは自分で買います、両方。
中西:必ず毎週?
カレン:いや、えっと~。
中山:活躍した時だろ。(自分は)最近買ってないね~。活躍してないからね。

★U-16代表の話

中山:昨日はメシ食いに行って帰ってきたら12時過ぎていて、U-16のアジア選手権見て寝たのは3時。興奮して寝れなくて。延長前半から出てきたあの子、よかったねキレキレで。みんな上手い!しっかりとした戦術を持って戦っているから。自分はその頃、蹴って走ってただけだから。上手いなあって思うね。

★高校時代はDFも

国体選抜ではFWに武田がいたので中山はストッパー。

中山:国体準決勝で三重に8-0。決勝は長崎と2-1。その時おれがマークしていたのは高木。強かった~あいつのヘディング。

DFからFWに戻るのはまれなケース。田中マコも元々はFWだからね。清水FCのFWだって豪語してたから。

★スポーツ新聞でJ2の入りをチェック

中西:今日いっぱい出てましたね。
中山:珍しいんだろうね。
中西:最近は見ない?
中山:見るよ。J2とか、どれくらい人が入ってるかなって気になるわけ。一応選手協会の会長だから。Jリーグ全体が盛り上がらないと。そういう意味でスカパーは素晴らしいね。来年からJ1、J2全試合ライブだからね。凄いありがたいこと。

★ジュビロの現状は?

中山:波があるから。ただ少しずつ前へ進もうとはしていると思う。結果が現れる時と現れない時の差が激しい。安定させるのは難しいと思うけど、高い波にしていければ。
カレン:出ていなかった時は勝ったり負けたり引き分けたり。でも自分が出ている時だけは勝ってる。
中山:自分の出てる時だけは?チームのこと考えろよ!!
中西:普通に聞いてたけど凄いこと言ってるね。
中山:トトが言ってたね。「負けたけどトトさん1ゴール、大丈夫」って。

★個人の自覚

中山:船谷が大事なところで扁桃腺炎で熱出しちゃうから、あいつも。監督は怒ってないけど、ずっとサブに入ってきたところだけに、なかなかチャンスを与えられなくなることも。それは個人が注意しなくてはいけない問題なのかな。カレンも一昨日ノドが痛いとか。多分一緒にいたからだよね。

★強くなるために

カレン:(中山さんがいるといないとでは)練習の雰囲気が違う。みんな声出さないんで。
中山:ちょっと暗い時があるんだよね。自然に声が出て行かないとチームとしては強くならない。若手でもベテランでも声を出さなきゃいけないものだから。

中西:2001年の頃はボールを持った瞬間に中山さんを見る。みんながスペースに走り連動性があった。

中山:それを今やろうとしてもメンバーが違うので。今のメンバーに合った戦い方もあるだろうし、それを今模索している。連動するためには運動量も必要。意識の高さ、切り替えの速さ、すべてがまだまだなのでボールもキープできない。

中西:クロスボールに入る時に中山さんと高原が必ずクロスしている。後ろから回り込む選手も。

中山:1人1人の力も必要だし、そんな動きもあれば。

★自慢できるゴール

中山:全部ですよ。取ったゴールは自慢できますよ。公式戦で取ってるんだから。155に至るまでが大変だったね。4から5になるところが。

中西:155ゴールって想像つかない。
カレン:考えられない。今15。
中山:(カレンはあと)10年続ければいいんでしょ。余裕じゃん。200位いっちゃうよ。

★印象深いゴンゴール

中西:ジョホールバルの1点目、あれは最高。
中山:よくインサイドで蹴ったよね。練習でずっとニアサイドを狙っていた成果だね。でもキーパーに止められ、すげえビビッたんだよね。
カレン:?????
中西:岡野選手がスライディングしてゴールを決めた。
カレン:そこは知っています。
中山:あれれれれー、おかしいぞー何か。

中西:中山さんは?
中山:今1番残っているのは昨日のゴールだね。前田がバーに当てて、もう1回下がろうとしたのかな。でも絶対間に合わないから「絶対来んじゃねー!」って思った。そしてヘディングしたら入った。○○本のお陰だね。

中山:(等々力は)いいグラウンドだったね。でもなぜOB戦を?雨降ってんだぞ。OBのリレー大会でいいじゃん。競技場の周りにいるんだから喜ぶよ。頑張れー!って。
中西:OBのサッカーしている姿をみんな見たかったの。でカレン、何か思い出しました?
カレン:???
中山:これだけ時間かけたのにな。
中西:中山さんの思い出のゴールは?
中山:集中しろよ!!アジウソンに言われるだろ「アテンソン!アテンソン!」って。お前と菊地だけだぞ、言われてるのは。菊地が1番言われてる。あいつは「うるせぇ!」って言うけどね。

★カレンが自慢できるゴール

カレン:高円宮杯決勝で決めたゴール。
中山:静学戦の時の雨の日の?
中西:なんで知ってるんですか?
中山:知ってるさ、俺は日本のサッカー事情、全部知ってるよ。もの凄いロングシュートだよな。ペナの倍ぐらい、30mぐらいでしょ。それもそうだけど天皇杯のマリノス戦。あのドリブルも凄かった。DFを引きずってたもん。Jリーグの2点目も凄かった。振り向きざまのボレー。ふかさずに枠に決めたのも凄かった。

中西:ところで中山さんのゴールは?
カレン:???
中山:もういいよ。

★大学時代はサイドバックも

中山:国体の時はサブキーパーだった。GKユニを持ってた。国体ではキーパー1人だけしか連れて行かなかったんだよね。

(後半に続く)

|

« 中山トークショー | トップページ | トークバトル(後半) 9.18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71614/11969053

この記事へのトラックバック一覧です: トークバトル(前半) 9.18:

« 中山トークショー | トップページ | トークバトル(後半) 9.18 »