« 第17節 鹿島戦 3-3 | トップページ | 種ありぶどうへの拘り »

2006/08/25

第19節 千葉戦 3-1

土曜日に瑞穂で行われた名古屋戦(1-3)のビデオを見た限り、
あの運動量の無さでは厳しい試合になるんじゃないかなと思っていました。
千葉は日曜日にFC東京と白熱した試合をして逆転負け。疲れもあるだろうし、
運が良ければ引き分けるか、ひょっとして勝つこともある?
さあ、それはどうでしょうねと、期待薄で出掛けた千葉戦でしたが・・・

勝っちゃいました、それも2点差で。
でも数的不利な状況で72分間、ずーっと引いて守ってカウンター狙いのみ。
後半は特に、いつ逆転されてもおかしくないほどに防戦一方。
勝利の瞬間に思ったのが、名波にはとても見せられるような内容じゃないなと。
それでも気持ちが入った試合で久しぶりの勝利となれば、喜んでいるサポも多かったけど。

■8月23日(水) 観衆11,992人(ヤマハ)

17:36 選手達がスタジアムに到着。
みんな日焼けして真っ黒でしたよ。

06082301  06082302

「向かうところ敵梨」 1パック300円。
カット売りだと割高ですね。

06082303

ウォーミングアップの風景。
最近これだけなんだもの、寂しい・・・

06082304_1

    前田  カレン
  西       太田
   福西  ファブリシオ  
上田  金  田中  鈴木
      川口

両チームの監督に花束を渡している人は誰?

06082305

シーズンシートの席替えがあり、後半戦はこんな目線で。
左隣のブロックはハーフシーズンシート席。
あまり売れていないので空席あり。

06082306

控えは松井、茶野、服部、菊地、船谷、西野、中山。
交代枠は3つ。

06082307

前半18分、金がスライディングタックルで一発退場。
いきなりレッドを出した家本主審に抗議。
でも足の裏を向けてのタックル、仕方がありません。
攻撃のリズムをつかみ始めた時だっただけに、とても残念。

06082308

菊地が慌てて準備開始。
服部が退場する金に励ましの声をかけていました。
さすが元キャプテン。

06082309

上田のクロスを相手DFがクリアミス。こぼれ球をカレンがシュートもGK正面。
22分カレン→菊地に交代。2トップから1トップに変更。
24分西がドリブルで持ち込みDF2人を交わしてパス→太田のシュートで先制。
巻の飛び出しは連続でオフサイド、ストヤノフのシュートはバーに救われる。
前半1-0で終了。

06082310

後半開始から前田→茶野に交代。
えっ、キープできてた前田を下げて茶野を入れるんですか???
菊地をボランチに上げ、福西を前目のポジションに。
西と太田が前線で走りまくる。菊地もサイドを駆け上がり攻撃参加。
DFラインがずるずると下がり、苦しい時間帯が続く。上田も守備に奮闘。

18分西→服部に交代。交代枠すべて終了。
ついにFWがいない布陣に(>_<)と思ったら、福西の1トップに変更。
アジウソン監督が理想とする前線で動き回らないFWが完成。
ええ、見事に動きません。腹が立つほどプレスにもいきません。
チャンスが来るまで、じっと待つだけです。

25分羽生のシュートを川口が弾き、そのこぼれ球を巻に押し込まれ失点。
ついに同点に追いつかれ、1-1。
29分上田のCKから相手の速攻。上田が全速力でボールを追う。
相手選手のユニを引っ張ったということで初イエロー。
集中した守備が続く。もう少しDFラインを上げてもいいと思うんですけど。

06082312

いつもなら交代枠が終わればベンチに座るはずなのに、
室内のアップルームで、延々とダッシュを繰り返していた中山さん。
20時40分ようやくアップを終了し、ベンチの後ろを歩いてクールダウン。
そしてベンチ横でストレッチしながら試合を見つめていました。

06082311

37分福西が倒されFKのチャンス。ファブリシオから福西がキープ→
ファブリシオの右クロスに菊地が飛び込みペナ内で倒され、PKゲットで下ガッツ!
39分キッカーに指名された太田が落ち着いて決め、2-1。
ベンチ横で喜ぶいつもの仲良しカップルと中山さん。
3人でVサインもしていたようです(^^)v

06082313

勝ち越したもののDFラインが下がったままなので、当然攻められっぱなし。
連続のCKを体を張って守っている状態。
福西も下がって前線には誰もいません。
ベンチで見守る選手達も、ずっと横向きの体勢(^_^;)
カウンターのチャンスがあっても複数で攻め上がらないので単発で終了。

06082314

43分川口のゴールキックから服部が左サイドを駆け上がりコーナーでキープ。
相手の速攻から鈴木がヘッドでクリア、またまた相手のCK。
ロスタイム3分の表示。まだまだ安心できない時間帯。
服部のカットからファブリシオが右サイドをドリブルで持ち込みパス、
福西がDFと競りながら足を投げ出しシュート。駄目押しの3点目!

06082315

苦手な千葉にようやく勝利。
2004年6月12日(ヤマハ) 3-2の勝利以来でした。

06082316

再三のピンチ(枠内シュート)をパンチで防いだ川口がいわしんマンオブ。
にっこり笑った表情がとても印象的でした。
やっぱりね、ご両親が久しぶりに観戦にいらしていたそうです。
GKが目立った試合、良かったのか悪かったのか。
ビデオを見ると、千葉はいつもの千葉じゃなかったですね。

06082317

|

« 第17節 鹿島戦 3-3 | トップページ | 種ありぶどうへの拘り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第19節 千葉戦 3-1:

« 第17節 鹿島戦 3-3 | トップページ | 種ありぶどうへの拘り »