« W杯の見所 | トップページ | クロアチア戦を終えて »

2006/06/14

オーストラリア戦を振り返って

代表戦は、この4年間あまりじっくり見ていなかったのですが、
やっぱりWカップですからオーストラリア戦はしっかり最後まで見ていました。
でも何だかジュビロの負け試合を見ているかのようで憂鬱な気分に。

もっとシュートを打てよ。
足が止まった、危ない!早く手を打たないと・・・。
能活スーパーセーブも、最後にやられた・・・。
2点目を決めていれば・・・。
決定力が・・・。
あの采配は何???

まるで一緒じゃないの。
何度も何度も体験してきたことなので落ち込んだりしないけど、
4年に1度の大会ですからね、やっぱり非常に悔いが残りますね。

ブラジルがクロアチアに1-0勝利。2点差以上の勝利を期待していただけに
日本はますます厳しい状況になりました。でもやってみないとわかりませんからね。
あと2戦、悔いのないように精一杯戦って欲しいものです。

スカパーCH.181、さすがWカップ専門チャンネルですね。
本物のサッカー好きな人達が大集合。
本音もズバズバと聞けて、現地の様子もタイムリーに伝わってきます。
ワイドショーやスポーツニュースでコメントしている人達の話よりずっと面白いです。

★13日夜のスカパー「デイリーハイライト」

財徳さんが今の気分を聞かれて・・・

「ブルー。サムライブルー。

あまりいいネーミングではなかったというのが1試合を終わった感想ですね。やっぱり力の差ですよ。」

スタジアムで生観戦した原さんは・・・

「やっぱり現地でコメンタリーブースにいても暑いんだよ。で明らかに選手が何人かもう疲労しているから、そこにフレッシュな選手を入れた方がいいなあっていう感じはあった正直。ただジーコ監督は今までもそんなに早く動かないから、アクシデントで茂庭を1人代えたと。

だけど見てると、中村俊輔とかいつもの動きじゃないし、かなり激しく来られて足も痛そうだったし。あるいは柳沢もケガ上がりで、凄いFWは運動量が要求されていたから守備も含めて。だからそこら辺をフレッシュな選手を入れることが必要かなという感じはしてたね。

(小野がボランチに入ったのは)ちょっと驚きだった。小野はそのまま前に入るのかなと見てたら中田とポジションを変わっていた。小野が試合を終わってから、自分が入ってから取られて負けたっていうことで、伸二のせいじゃないんだけど、ちょっと表情が暗かったね。中田も何で前に行ったのか分かりにくかったかな上から見てても。中田はそのままの方がよかった気がした。

(次のゲームに関して)こういう状況になってしまったら、少なくても今まで日本代表がやってきたその良さを出すしかない。昨日は1点取ったけど、1点取ってあれで逃げ切れればよかったけど、そんなに出来は良かったと思わない。

やっぱり予想通りヒデと俊輔のところはかなり激しく来られたし。オーストラリアも日本に合わせて普段と違う並びになっちゃったから、あんまり良くなかったんだよ。それで早めのパワープレーにしてくれたから、むしろ助かったなあっていう感じはしてたの。

だけど3トップに対して3バックはマンツーマンの状態が多いんだよ。ボールを抑えに行けないから。行けないんだったらもっと後ろに帰ってきて、後ろを1人余らしたり厚くしておけばよかったのに、放り込まれちゃうけど前は前にいてマンツーマンになってると。だからこぼれ球にケーヒルがどうしても空いてきちゃうっていう状況に。

もし前から行けなくて、あの暑さだったら、もしあの段階で入れるんだったら守備が強い人を入れてくる。例えば稲本を入れて。やっぱりあの頃こぼれ球を拾われてた。だからそこを抑えにいって。それか前に、もっと早く巻でも大黒でも入れて前からもう1回追わせるっていうことをするか、どっちかだと思う。

だからどっちでもなかったというところがちょっと選手も、さっき言ったようにヒデをずらして伸二が後ろに行ったということも含めて、空回りみたいな感じになっちゃったかなっていう気はしたけどね。」

試合前は「パワーー!」と元気だった中山さんも少しテンションが下がり・・・

元気ですよ。まあ日本代表だけでなくね、日本代表を応援するみんなが元気出して次の試合に向かっていかなきゃいけないですね。

でもオーストラリアは凄く強いなあと思いましたよ見てても。凄く相手のシュートミスとかに救われたところもありましたし、シュート数を見てもかなり押し込まれていたというのは実証されてますからね。そう考えると、まんまとオーストラリアにやられてしまったのかなっていう感じを受けますけどね。

立ち上がり見てたら明らかでしたよ。ビドゥガのポストプレーが素晴らしかったなと。日本はそこに当てた後のボールを対処っていうことを多分練習でも繰り返していたと思うんですけれども。相手はそこをかいくぐって、そのプレー、攻撃でシュートまで持って行ってましたから。

試合のことは、もうすっかり忘れたと言っていた土田さんでしたが・・・

「1対3でしたけど、あの1点というのも、明和FC(少年サッカークラブ)並みのゴールキーパーに対する攻撃でしたから。あれがもしなかったとして、あれはファールを取られてもおかしくないんでね、そうなった時に、能活のファインセーブ連発でしたけど、あれをやられていたら、もっと5対0とかだったかもしれないですよね。

プレシアーノとかも良かったですもんね。良かったのに代えた、ヒディングの采配の凄さだと思うし。1-0で勝ってたのに最終的に3対1になったというのは監督の差だと思いますしね。やっぱり采配凄かったですからね。」

(東京のスタジオにいる野々村さんが)

もっとお話を伺いたいのですが、フロワーさんが引き取れ引き取れって言うんでこの辺で(爆)。

★13日朝のスカパーの生番組「デイリーニュース」で土田さん激怒

「がっかりとしか言いようがないですね。Wカップは4年に1度ですし。待ちに待った開幕でしたから、ほんとにがっかりですね。初戦でちょっと緊張していた選手も多分いたと思いますけれども、全部トータルで見たら不甲斐ないの一言で。もうどうにもならないんじゃないかと思ってますけどね。

僕はサッカー協会の人間ではないので、どんなに毒を吐こうが、この先サッカーの仕事がなくなっても大丈夫な立場なんで、どんどん言っていきたいと思います。いい時はほめる、ダメな時はけなす、それでいこっ!と思ってます。

電車の中で行きも帰りもサポーターと一緒でしたが、サポーターそれぞれの意見をテレビで言えないぐらいのことをみんな言ってました。日本のサポーターもの凄い暗い中で、オーストラリアのサポーターが生き生きしてる。Wカップで1勝もしたことない国に1勝をプレゼントしたこの屈辱、ざけんなよ!と思いました。

もっと言えばプレスセンターの中も、もの凄いみんな毒吐き攻撃で凄かったですよ。

全員がセルジオ越後でしたから。

ほんと凄かったですよ。みんなもうジーコ今からでも××にしてオシムを呼べ!と言ってましたよ。」

(東京のスタジオにいる平畠さんが慌てながら呼びかける)

土屋さん、土屋さん、え~中継を終わりにしたいと思いま~す(爆)。

|

« W杯の見所 | トップページ | クロアチア戦を終えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71614/10521065

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリア戦を振り返って:

« W杯の見所 | トップページ | クロアチア戦を終えて »