« 丹波の黒豆 | トップページ | 紅ほっぺ »

2006/01/10

野州サッカー

滋賀県代表の野州高校が選手権で初優勝し、まるでお祭り騒ぎですね。
我が家でも昨日はテレビを見ながら野州高を応援していたわけですが、
立ち上がりは鹿実のペースで始まり、ヒールパスもカットされ嫌な予感。
ところが前半23分、金本がFK→こぼれ球を金本がクロス→荒堀がヘッドで先制。
リズムをつかんだ野州は自由にパスを回し、ドリブルで攻撃をしかけるも
追加点ならず。

後半34分、同点に追いつかれてからは、危ない場面が続きハラハラドキドキ。
どんなに相手に囲まれてもドリブルする野州の選手たち。
早くボールを放せ!パスしろ!と言ってしまうのは、いつものクセ?
延長に入り、やっぱりテクニックより最後はフィジカルの強さかな、
なんて弱気になり始めた直後でした。

延長後半7分ロングボールでサイドチェンジ。
乾がドリブルで仕掛けヒールで平原へ。
平原→中川とダイレクトで繋がり、最後はスーパーサブの瀧川が決めて2-1。
決勝点に繋がったあのパスワークが完ぺきだっただけに
多くの人に感動を与えたのでしょうね。
自分達のサッカースタイルを最後まで貫いての勝利でしたから。

でも鹿実の攻撃を凌いだGKとDF陣の踏ん張りにも大きな拍手を送りたいです。
準決勝の多々良戦では多くのチャンスがありながら、得点はわずか1点のみ。
素晴らしいパス回しができていても最後が決まらなければ。
決勝でも前線に抜け出して、あとは決めるだけというところで
シュートミスやパスミス。
千葉に入団する青木君がシュートする度に仰け反っちゃったわよ(苦笑)。

やっていて楽しい、見ていて楽しいサッカーが優勝という最高の結果を出し、
本当にうれしいことですね。おめでとうございます♪
ジュビロも今年は楽しいサッカーを目指していって欲しいなあ。
たとえ勝てなくても見ていて楽しいサッカーを。
あっ、やっぱり不細工でも勝って欲しい場合も。う~ん、難しいところです。

|

« 丹波の黒豆 | トップページ | 紅ほっぺ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71614/8125718

この記事へのトラックバック一覧です: 野州サッカー:

« 丹波の黒豆 | トップページ | 紅ほっぺ »